MBTIランキング

【MBTIで見る生きづらさランキング】16タイプ別の理由と対策について徹底解説!

MBTIとは、マイヤーズ・ブリッグス・タイプ・インジケーターの略で、人の性格や行動の傾向を16のタイプに分類するものです。

MBTIは、自分や他人の個性を理解するための有用なツールですが、同時に、自分のタイプによって生きづらさを感じることもあるかもしれません。

この記事では、MBTIの16タイプごとの生きづらさをランキング形式で紹介し、その理由と対策を解説します。

忙しい方向けに、本記事の内容を私がまとめると以下の通りです。

生きづらさランキングの1位はINFP(仲介者型)16位はESTJ(幹部型)です。理想と現実のギャップに苦しむ加減が大きければ大きいほど生きづらさを感じてしまいます。

MBTIで嫌われるランキング!性格悪いタイプはどれ?SNSの声も紹介

【MBTIで見る生きづらさランキング】16タイプ別の理由と対策について徹底解説!

MBTIの生きづらさランキング【総合】

それでは、MBTIの16タイプごとの生きづらさランキングを発表します。このランキングは、以下のような基準に基づいて作成しました。

  • 自己肯定感の高さ:自分の価値や能力を認めることができるか
  • 社会適応力の高さ:周囲の人や環境に対応することができるか
  • ストレス耐性の高さ:困難や不安に対処することができるか

このランキングは、一般的な傾向に基づいていますので、個人の経験や感じ方には違いがあるかもしれません。また、生きづらさは必ずしも悪いことではなく、自分の個性や強みとして活かすこともできます。ランキングの順位にとらわれず、自分のタイプについて深く理解することが大切です。

※このランキングは一般的な傾向を示すものであり、個人差があることをご理解ください。

ランキング MBTIタイプ 生きづらさの理由
1位 INFP(仲介者型) 理想と現実のギャップに苦しむ
2位 INFJ(提唱者型) 理解されにくい孤独感に悩む
3位 INTJ(建築家型) 高い期待との戦いに疲れる
4位 INTP(論理学者型) 非論理的な世界への適応に苦労する
5位 ENFP(広報運動家型) 理想と現実のバランスを取るのが難しい
6位 ENFJ(主人公型) 他者への過剰な配慮に疲弊する
7位 ENTJ(指揮官型) 自己主張と人間関係の葛藤に悩む
8位 ENTP(討論者型) 豊かなアイデアと具体的な行動計画の欠如に苦しむ
9位 ISFP(冒険家型) 個性と社会の調和の難しさに直面する
10位 ISFJ(擁護者型) 内面的な苦悩の蓄積に苦しむ
11位 ISTJ(管理者型) 変化への適応の困難に直面する
12位 ISTP(巨匠型) 感情的コミュニケーションの難しさに悩む
13位 ESFP(エンターテイメント) 自己管理や自己規律の難しさに悩む
14位 ESFJ(領事官型)  自分の感情や欲求の抑圧に苦し
15位 ESTP(起業家型) 衝動的な行動やトラブルの発生に苦しむ
16位 ESTJ(幹部型) 自分の意見や判断の正しさに固執することに苦しむ

MBTIの生きづらさランキング1位 INFP(仲介者型)

MBTIの生きづらさランキングで1位に挙げられることがあるINFP(仲介者型)は、その独特な性格特性から、日常生活において特定の課題に直面することがあります。

INFPは理想主義的で、内省的かつ感情豊かな性格を持ち、自分の価値観や信念に深く根ざした行動を取ります。彼らはしばしば、現実世界の要求や制約と自分の理想との間で葛藤を感じることがあります。

INFPは、自分の内面の世界と外界との調和を重視しますが、それが常に容易ではないため、ストレスを感じやすいと言われています。彼らは変化に対して敏感で、他人からの批判や否定的なフィードバックに深く傷つくことがあります。また、INFPは自分の感情を表現することに苦労することがあり、それが孤立感や誤解を招く原因となることもあります。

しかし、INFPは同時に、創造性と想像力に富み、人々や世界に対して深い共感を持っています。彼らは自分の内面の価値観に従って生きることで、芸術、文学、カウンセリングなどの分野で顕著な成果を上げることができます。INFPの持つ独特の視点は、彼らが直面する課題を乗り越え、他人に深い影響を与える源泉となるのです。

MBTIの生きづらさランキング2位 INFJ(提唱者型)

MBTIの生きづらさランキングで2位に位置するINFJ(提唱者型)は、その希少性と複雑な内面の世界から、特有の課題に直面することがあります。

INFJは内向的ながらも強い直感を持ち、他人への深い共感と理想主義的なビジョンを追求します。彼らはしばしば、自分の理想と現実世界との間で葛藤を経験し、そのギャップに苦しむことがあります。

INFJは、自分の価値観や信念に基づいて行動することを重視しますが、それが周囲との不一致を生むこともあります。彼らは繊細で感受性が高く、他人の感情やニーズに敏感ですが、それが過度なストレスや疲労を引き起こす原因となることもあります。また、INFJは自分の内面を他人に理解してもらうことが難しいと感じることが多く、孤独感を抱えやすいです。

しかし、INFJはその直感と共感を活かして、人々や社会に対して深い影響を与えることができます。彼らはしばしば、カウンセリング、教育、芸術などの分野で他人の成長を支援し、変革を促す役割を果たします。INFJの持つ独特な洞察力と影響力は、彼らが直面する課題を乗り越え、多くの人々にとっての指針となるのです。

MBTIの生きづらさランキング3位 INTJ(建築家型)

MBTIの生きづらさランキングで3位に位置するINTJ(建築家型)は、その独特な思考スタイルと高い内省性から、日常生活において特有の課題に直面することがあります。

INTJは独立心が強く、理論的で戦略的な思考を好みます。彼らは自分の知識と論理を信じ、新しいアイデアやシステムを構築することに情熱を注ぎます。しかし、この内向的かつ直感的な性格は、社会的な環境や他人とのコミュニケーションにおいて課題を生じさせることがあります。

INTJはしばしば、自分の内面の世界と外界との間でバランスを取ることに苦労します。彼らは自分の考えを他人に理解してもらうのが難しいと感じることがあり、それが孤立感や疎外感を引き起こすことがあります。また、INTJは感情よりも論理を優先するため、他人の感情を読み取ることや感情的なサポートを提供することに挑戦することがあります。

しかし、INTJはその分析的な思考と独立性を活かして、科学、技術、経営などの分野で革新的な成果を上げることができます。彼らは複雑な問題を解決し、効率的なシステムを構築する能力に長けています。INTJの持つ独特な視点と能力は、彼らが直面する課題を乗り越え、多くの分野でリーダーシップを発揮する源泉となるのです。

MBTIの生きづらさランキング4位 INTP(論理学者型)

MBTIの生きづらさランキングで4位に位置するINTP(論理学者型)は、その非常に分析的で理論的な思考プロセスから、日常生活において独特の課題に直面することがあります。

INTPは好奇心が強く、知識を追求することに情熱を注ぎますが、その内向的な性格と抽象的な思考は、社会的な相互作用や実践的な日常タスクにおいて困難を感じることがあります。

INTPは新しいアイデアや理論に深く没頭することができますが、それが現実世界の要求や他人とのコミュニケーションと衝突することがあります。彼らはしばしば、自分の内面の世界に引きこもりがちで、他人との関係を築くことに苦労します。また、INTPは感情表現においても控えめであり、自分の感情や他人の感情に対する理解が不足していると感じることがあります。

しかし、INTPはその独創的な思考と解析能力を活かして、科学、哲学、プログラミングなどの分野で顕著な成果を上げることができます。彼らは複雑な理論を理解し、新しい知識を生み出す能力に長けています。INTPの持つ独特な視点は、彼らが直面する課題を乗り越え、知的な探求において重要な貢献をする源泉となるのです。

MBTIの生きづらさランキング5位 ENFP(広報運動家型)

MBTIの生きづらさランキングで5位に位置するENFP(広報運動家型)は、その外向的で情熱的な性格から、特有の課題に直面することがあります。

ENFPは非常に創造的で、新しい可能性を追求することに喜びを感じますが、その一方で、日常のルーチンや詳細な計画に縛られることを苦手とします。

ENFPは、自由を愛し、自分の価値観に基づいて行動することを重視しますが、それが組織や社会の規範と衝突することがあります。彼らは変化を求め、刺激的な経験を好むため、一貫性のある行動や長期的な計画を立てることに挑戦することがあります。また、ENFPは感情的に反応しやすく、他人の批判や否定的なフィードバックに敏感です。

しかし、ENFPはその社交性と適応性を活かして、人々を鼓舞し、ポジティブな変化を促すことができます。彼らはコミュニケーション能力に長けており、人々との関係を深めることで、チームやコミュニティに貢献することができます。ENFPの持つ独特な視点とエネルギーは、彼らが直面する課題を乗り越え、周囲に明るい影響を与える源泉となるのです。

MBTIの生きづらさランキング6位 ENFJ(主人公型)

MBTIの生きづらさランキングで6位に位置するENFJ(主人公型)は、そのカリスマ的なリーダーシップと強い共感力から、特有の課題に直面することがあります。

ENFJは他人を助け、刺激することに情熱を注ぎますが、それが過度になると、自分自身のニーズを無視してしまうことがあります。

ENFJは、人々の可能性を信じ、それを引き出すことに長けていますが、時には他人の期待に応えようとするあまり、自分を犠牲にする傾向があります。彼らは感情的なサポートを提供することに非常に熱心ですが、それがストレスや燃え尽き症候群を引き起こす原因となることもあります。

しかし、ENFJはその組織力と影響力を活かして、教育、社会運動、コミュニティビルディングなどの分野で大きな成果を上げることができます。彼らは人々を鼓舞し、ポジティブな変化を促すことで、多くの人々に希望とインスピレーションを与えます。ENFJの持つ独特な視点と能力は、彼らが直面する課題を乗り越え、周囲に良い影響を与える源泉となるのです。

MBTIの生きづらさランキング7位 ENTJ(指揮官型)

MBTIの生きづらさランキングで7位に位置するENTJ(指揮官型)は、その強いリーダーシップと目標達成への強い意志から、特有の課題に直面することがあります。

ENTJは自信があり、決断力があり、効率的な計画と組織を重視します。彼らはビジョンを持ち、それを実現するために周囲を動かすことができますが、その強い意志が他人との衝突を引き起こすこともあります。

ENTJは、自分の考えをはっきりと伝え、チームや組織を率いることに長けていますが、時には他人の意見や感情を十分に考慮しないと見なされることがあります。彼らは目標達成に向けて非常に熱心ですが、その過程で人間関係を犠牲にすることがあります。

しかし、ENTJはその戦略的思考と実行力を活かして、ビジネス、政治、科学などの分野で大きな成果を上げることができます。彼らは複雑な問題を解決し、大胆なプロジェクトを推進する能力に長けています。ENTJの持つ独特な視点と能力は、彼らが直面する課題を乗り越え、多くの分野でリーダーシップを発揮する源泉となるのです。

MBTIの生きづらさランキング8位 ENTP(討論者型)

MBTIの生きづらさランキングで8位に位置するENTP(討論者型)は、その革新的で好奇心旺盛な性格から、特有の課題に直面することがあります。

ENTPは新しいアイデアや知識に対する探求心が強く、従来の枠組みにとらわれずに物事を考えることができますが、その反面、ルーチンワークや細かい詳細に対する忍耐力が低いことがあります。

ENTPは、自由な発想と柔軟な思考を重視しますが、それが計画性や一貫性を欠くと見なされることがあります。彼らは議論を通じて知識を深めることを好みますが、時には他人との意見の衝突を引き起こすこともあります。また、ENTPは多くのプロジェクトを同時に進めることができますが、それが散漫さや焦点の欠如につながることがあります。

しかし、ENTPはその独創的な思考と柔軟性を活かして、科学、技術、芸術などの分野で革新的な成果を上げることができます。彼らは問題解決において非常に優れており、新しい視点からアプローチすることで、既存のシステムや理論に新たな光を当てることができます。ENTPの持つ独特な視点と能力は、彼らが直面する課題を乗り越え、多くの分野で影響力を発揮する源泉となるのです。

MBTIの生きづらさランキング9位 ENTP(討論者型)

MBTIの生きづらさランキングで9位に位置するENTP(討論者型)は、その柔軟な思考と革新的なアプローチから、特有の課題に直面することがあります。

ENTPは新しいアイデアや知識に対する探求心が強く、従来の枠組みにとらわれずに物事を考えることができますが、その反面、ルーチンワークや細かい詳細に対する忍耐力が低いことがあります。

ENTPは、自由な発想と柔軟な思考を重視しますが、それが計画性や一貫性を欠くと見なされることがあります。彼らは議論を通じて知識を深めることを好みますが、時には他人との意見の衝突を引き起こすこともあります。また、ENTPは多くのプロジェクトを同時に進めることができますが、それが散漫さや焦点の欠如につながることがあります。

しかし、ENTPはその独創的な思考と柔軟性を活かして、科学、技術、芸術などの分野で革新的な成果を上げることができます。彼らは問題解決において非常に優れており、新しい視点からアプローチすることで、既存のシステムや理論に新たな光を当てることができます。ENTPの持つ独特な視点と能力は、彼らが直面する課題を乗り越え、多くの分野で影響力を発揮する源泉となるのです。

MBTIの生きづらさランキング10位 ISFJ(擁護者型)

MBTIの生きづらさランキングで10位に位置するISFJ(擁護者型)は、その献身的で世話好きな性格から、特有の課題に直面することがあります。

ISFJは安定と調和を重んじ、他人のために尽くすことに喜びを感じますが、それが過度になると自分のニーズを見落としてしまうことがあります。

ISFJは、周囲の人々の感情やニーズに敏感であり、しばしば自分を犠牲にしてまで他人を支援します。彼らはコミュニティや家族の中で重要な役割を果たしますが、自分の感情や欲求を後回しにすることで、ストレスや燃え尽き症候群を引き起こす可能性があります。

しかし、ISFJはその忍耐強さと責任感を活かして、教育、医療、社会福祉などの分野で大きな成果を上げることができます。彼らは人々の生活を支え、安定した環境を提供することで、多くの人々に安心と快適さをもたらします。ISFJの持つ独特な視点と能力は、彼らが直面する課題を乗り越え、周囲の人々に対して深い影響を与える源泉となるのです。

MBTIの生きづらさランキング11位 ISTJ(管理者型)

MBTIの生きづらさランキングで11位に位置するISTJ(管理者型)は、その実用的で組織的な性格から、特有の課題に直面することがあります。

ISTJは責任感が強く、伝統を重んじ、ルールや規則を守ることに安心を感じますが、それが柔軟性の欠如と見なされることがあります。

ISTJは、計画性と信頼性を持ってタスクを遂行しますが、変化に対応することや新しいアイデアを受け入れることに抵抗を感じることがあります。彼らは詳細に注意を払い、一つ一つの作業を丁寧にこなしますが、その過程で創造性や革新性を見落とすことがあります。

しかし、ISTJはその徹底した実務能力と組織力を活かして、会計、管理、法律などの分野で大きな成果を上げることができます。彼らはシステムを整え、秩序を保つことで、組織や社会の安定に貢献します。ISTJの持つ独特な視点と能力は、彼らが直面する課題を乗り越え、周囲の人々に対して信頼と安定を提供する源泉となるのです。

MBTIの生きづらさランキング12位 ISTP(巨匠型)

MBTIの生きづらさランキングで12位に位置するISTP(巨匠型)は、その実用的で現実的な性格から、特有の課題に直面することがあります。

ISTPは自由を愛し、自分のペースで物事を進めることを好みますが、それが計画性や一貫性を欠くと見なされることがあります。

ISTPは、手を動かして何かを作り出すことに喜びを感じ、新しい技術やツールを使いこなすことに長けていますが、長期的な計画やルーチンワークには興味を持ちにくいです。彼らは瞬間的な問題解決に優れていますが、それが周囲とのコミュニケーション不足や誤解を招くことがあります。

しかし、ISTPはその柔軟性と適応性を活かして、緊急時の対応や危機管理において重要な役割を果たすことができます。彼らは直感と経験を頼りに迅速な判断を下し、実際的な解決策を提供することで、多くの状況で価値ある貢献をします。ISTPの持つ独特な視点と能力は、彼らが直面する課題を乗り越え、実用的な成果を生み出す源泉となるのです。

MBTIの生きづらさランキング13位 ESFP(エンターテイメント)

MBTIの生きづらさランキングで13位に位置するESFP(エンターテイナー型)は、その社交的で活発な性格から、特有の課題に直面することがあります。

ESFPは現在の瞬間を楽しむことに重きを置き、周囲の人々との交流を通じてエネルギーを得ますが、それが計画性の欠如や将来への準備不足と見なされることがあります。

ESFPは、人々とのつながりを大切にし、周囲を明るくすることに長けていますが、深い感情や長期的な目標に対処する際には苦労することがあります。彼らは変化に対応する柔軟性を持ちますが、一貫性を保つことや細かい詳細に注意を払うことが苦手です。

しかし、ESFPはその魅力的な人柄と適応性を活かして、エンターテイメント、セールス、サービス業などの分野で大きな成果を上げることができます。彼らは自然なコミュニケーターであり、人々を楽しませ、ポジティブな雰囲気を作り出すことで、多くの場面で中心的な役割を果たします。ESFPの持つ独特な視点と能力は、彼らが直面する課題を乗り越え、周囲に楽しさと活力をもたらす源泉となるのです。

MBTIの生きづらさランキング14位 ESFJ(領事官型)

MBTIの生きづらさランキングで14位に位置するESFJ(領事官型)は、その社交的で協調性のある性格から、特有の課題に直面することがあります。

ESFJは人々との関係を大切にし、周囲の調和を保つことに努めますが、それが過度になると自分のニーズを見落としてしまうことがあります。

ESFJは、他人の感情やニーズに敏感であり、コミュニティや家族の中で支えとなる存在ですが、自分の感情や欲求を後回しにすることで、ストレスや燃え尽き症候群を引き起こす可能性があります。彼らは人間関係を円滑に保つために多くのエネルギーを使いますが、それが自己犠牲につながることがあります。

しかし、ESFJはその組織力と責任感を活かして、教育、医療、社会福祉などの分野で大きな成果を上げることができます。彼らは人々の生活を支え、安定した環境を提供することで、多くの人々に安心と快適さをもたらします。ESFJの持つ独特な視点と能力は、彼らが直面する課題を乗り越え、周囲の人々に対して深い影響を与える源泉となるのです。

MBTIの生きづらさランキング15位 ESTP(起業家型)

MBTIの生きづらさランキングで15位に位置するESTP(起業家型)は、その行動力と柔軟性で知られています。

彼らは瞬間的な判断力と適応能力に優れ、リスクを恐れずに新しいチャレンジを楽しむことができるタイプです。しかし、この行動指向が原因で、長期計画やルーチンワークに苦手意識を持つこともあります。また、ESTPは周囲の人々との直接的な経験を重視するため、抽象的なアイデアや理論を扱う環境ではやや不得手と感じることがあるでしょう。

彼らは社交的で人を引きつける魅力があり、チームの中心となって活躍することが多いですが、感情的なニュアンスを読み取るのが苦手なため、他人の感情を理解し、共感することに課題を持つこともあります。このため、人間関係の構築や維持において、誤解や衝突が生じやすい傾向にあります。

ESTPの人々は、自分の強みを活かし、瞬間的な判断や行動力を要求される環境であれば、非常に充実した生活を送ることができます。しかし、計画性や持続性が求められる場面では、生きづらさを感じることがあります。彼らにとって重要なのは、自身の特性を理解し、それを活かしながらも、長期的な視点を持つことでしょう。

MBTIの生きづらさランキング16位 ESTJ(幹部型)

MBTIの生きづらさランキングで16位に位置するESTJ(幹部型)は、その組織力と責任感で知られています。

彼らは計画性があり、ルールや伝統を重んじる傾向があります。ESTJはリーダーシップを発揮し、チームやプロジェクトを効率的に運営する能力に長けています。しかし、この堅実な性格が柔軟性に欠けると捉えられることもあり、変化に対応するのが苦手な面もあります。

ESTJは、明確な指示と期待される結果がある環境で最も力を発揮します。しかし、不確実性が高い状況や、創造性を求められる場面では、ストレスを感じやすいです。また、感情よりも論理を優先するため、他人の感情に対する配慮が不足していると見なされることがあります。

彼らの生きづらさは、変化を受け入れ、柔軟な思考を持つことに挑戦することで克服できる可能性があります。ESTJの人々が自己の強みを活かしつつ、新しい視点やアプローチを取り入れることで、よりバランスの取れた生活を送ることができるでしょう。感情と論理のバランスを取りながら、人間関係を築くことも、彼らにとって重要なスキルとなります。

MBTIの生きづらさに対する対策

MBTIの生きづらさに対する対策は、以下のようなものが考えられます。

自分のタイプを理解する

自分のタイプを理解することで、自分の強みや弱み、長所や短所を客観的に把握することができます。自分のタイプに合った生き方や働き方を見つけることで、自分の能力や価値を発揮することができます。自分のタイプに誇りを持ち、自分の個性や特徴を活かすことができます。

他人のタイプを理解する

他人のタイプを理解することで、他人の個性や行動の傾向を客観的に把握することができます。他人のタイプに合ったコミュニケーションや関係性を築くことで、人間関係をスムーズにすることができます。他人のタイプに尊重や理解を示し、他人の個性や特徴を認めることができます。

自分と他人のタイプの違いを受け入れる

自分と他人のタイプの違いを受け入れることで、自分や他人に対する偏見や先入観を減らすことができます。自分と他人のタイプの違いは、互いに補い合うことができるものです。自分と他人のタイプの違いを受け入れることで、多様性や個性を尊重することができます。

MBTIの生きづらさに関する実体験エピソード①

私はINFJタイプであり、学校での経験についていくつか共感できるポイントがあります。以下に、私が感じた生きづらさについていくつか述べてみましょう。

感受性と繊細さ

INFJは感受性が豊かで、他人の感情や環境に敏感です。学校では、クラスメートや教師との人間関係で感情的な影響を受けやすいことがあります。嫌なことがあると、それが長く引きずることがあります。

孤独感

INFJは内向的で、深いつながりを求める傾向があります。しかし、学校では浮いている感じがすることがあります。友人が少なかったり、理解者がいなかったりすると、孤独感を感じます。

理想主義と現実のギャップ

INFJは理想主義者であり、理想と現実のギャップを感じることがあります。学業や人間関係において、理想と現実の違いに戸惑うことがあります。

過負荷とストレス

INFJは他人のニーズを優先しやすく、自分を犠牲にすることがあります。学業のプレッシャーや社交的な状況で、過度にストレスを感じることがあります。

これらの要素は、INFJが学校で感じる生きづらさの一部です。しかし、私たちは自分のタイプを理解し、自己ケアを大切にすることで、より健康的に学校生活を送ることができます。

MBTIの生きづらさに関する実体験エピソード②

私のMBTIタイプはINTPで、理論的で独立した思考を重んじる性格です。

しかし、この性格が時に職場でのコミュニケーションに課題をもたらすことがあります。

あるプロジェクトでは、私の分析的なアプローチと、チームメンバーの感情を重視するアプローチが衝突しました。私はデータと論理に基づいて意見を述べることを優先しましたが、それがチームの雰囲気を乱す結果となり、私の意見が十分に理解されないことがしばしばありました。

この経験から、私は自分のコミュニケーションスタイルを見直し、他人の感情や価値観を尊重することの重要性を学びました。また、自分の意見を伝える際には、相手の視点を考慮し、より柔軟な表現を心がけるようになりました。

このように、MBTIの性格タイプがもたらす生きづらさは、自己理解と他者理解を深める機会となり、職場での人間関係を豊かにするための学びと成長のきっかけとなりました。私はこの経験を通じて、より効果的なコミュニケーションとチームワークの重要性を実感し、自分自身の成長につなげることができました。

MBTIの生きづらさに関するSNS投稿

  • MBTI診断生きづらさランキング1位の仲介者私に面白さランキング1位の運動家サンタさんが言った言葉 「大丈夫生きづらくてもちょっとは楽しくしてやるよ」
  • 今さらながらのMBTI診断 私のタイプは(INTJ 建築家) 全人口のうち 女性は0.8%しかいないとか 今までの生きづらさの根源が なんとなくわかった気がする…

【MBTIで見る生きづらさランキング】16タイプ別の理由と対策について徹底解説!まとめ

MBTIの16タイプごとの生きづらさをランキング形式で紹介し、その理由と対策を解説しました。

MBTIは、自分や他人の個性を理解するための有用なツールですが、同時に、自分のタイプによって生きづらさを感じることもあるかもしれません。

MBTIの生きづらさに対する対策は、自分のタイプを理解することや他人のタイプを理解することや自分と他人のタイプの違いを受け入れることです。

ABOUT ME
この記事の監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー資格取得。 現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者) X(旧Twitter):@jp_16labo

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です