ESFP(エンターテイナー)

ESFPの相性はどうなる?16タイプとの関係性やコミュニケーションのコツ

ESFPという言葉を聞いたことはありませんか?

ESFPは、MBTIという人間の性格を16種類に分類する心理学的指標の一つです。ESFPは、人を楽しませることが大好きで、社交的で陽気な性格です。ESFPは、自分や他人の性格や相性を知ることができるというメリットがあります。しかし、ESFPと他のタイプとの関係はどうなるのでしょうか?ESFPと他のタイプとの関係は、友情や恋愛、職場などのコンテキストによって異なる特徴を持ちます。

この記事では、ESFPと他のタイプとの関係について、相性やコミュニケーションのコツを解説します。

ESFPとは?

ESFPとは、外向・感覚・感情・知覚の4つの二分法によって表される性格タイプのことです。

各二分法は、人間の心の働き方や行動傾向に関する選好を示しています。選好とは、好き嫌いではなく、自然に使いやすいと感じる方向性のことです。

ESFPの性格タイプは、以下のように4文字のコードで表されます。

  • 外向・内向(E・I):自分のエネルギーを得る源は、外的な世界との相互作用か、内的な世界との瞑想か
  • 感覚・直観(S・N):自分が重視する情報は、現実的で具体的なものか、抽象的で理論的なものか
  • 思考・感情(T・F):自分が決断する基準は、論理的で客観的なものか、倫理的で主観的なものか
  • 判断・知覚(J・P):自分の生活スタイルは、計画的で組織的なものか、柔軟で自由なものか

ESFPは、外向・感覚・感情・知覚の選好を持つことから、以下のような性格の特徴を持ちます。

  • 人と話すことやグループで活動することが好きで、社交的で友好的である
  • 五感を通して得られる事実やデータに基づいて判断する
  • 感情や価値観に影響されやすく、主観的で情緒的に判断する
  • 柔軟で自由な生活スタイルを好み、変化やアクションを求める

ESFPは、エンターテイナーというニックネームが付けられることもあります。それは、ESFPが人を楽しませることに長けているからです。ESFPは、自分の感情や考えを自由に表現し、周りの人に元気や笑顔を与えます。ESFPは、芸術的な才能も豊かで、音楽・ダンス・アートなどで自分を表現します。

ESFPと他のタイプとの相性とは?①友情

ESFPと他のタイプとの相性とは?①友情

ESFPと他のタイプとの友情は、ESFPの社交性や陽気さにより楽しく盛り上がることができます。

ESFPは、友人との時間を大切にし、共通の興味や趣味を通して親密な関係を築きます。ESFPは、友人の感情やニーズに敏感で、思いやりやサポートを示します。しかし、ESFPと他のタイプとの友情には、以下のようなデメリットもあります。

  • ESFPは計画性や規律性が低く、約束や時間を守れなかったり、突然の変更やキャンセルをしたりする可能性がある
  • ESFPは感情的で衝動的に行動することが多く、トラブルや失敗に巻き込まれたり、巻き込んだりする可能性がある
  • ESFPは深い話や理論的な話に興味がなく、表面的で軽い話を好むため、他のタイプとの会話に飽きられたり、理解されなかったりする可能性がある

ESFPと他のタイプとの相性とは?②恋愛

ESFPと他のタイプとの相性とは?②恋愛

ESFPと他のタイプとの恋愛は、ESFPの情熱や魅力によりロマンチックで刺激的なものになります。

ESFPは、恋人に対して愛情や感謝を表現し、楽しい時間を共有します。ESFPは、恋人の感情やニーズに敏感で、思いやりやサポートを示します。しかし、ESFPと他のタイプとの恋愛には、以下のようなデメリットもあります。

  • ESFPは計画性や規律性が低く、約束や時間を守れなかったり、突然の変更やキャンセルをしたりする可能性がある
  • ESFPは感情的で衝動的に行動することが多く、トラブルや失敗に巻き込まれたり、巻き込んだりする可能性がある
  • ESFPは安定やコミットメントに対して不安や恐怖を感じることがあり、束縛や責任を嫌ったり、浮気をしたりする可能性がある

ESFPと他のタイプとの相性とは?③職場

ESFPと他のタイプとの相性とは?③職場

ESFPと他のタイプとの職場での関係は、ESFPのコミュニケーション力や協調性により円滑に進めることができます。

ESFPは、同僚や上司との関係を大切にし、明るくフレンドリーに接します。ESFPは、同僚や上司の感情やニーズに敏感で、思いやりやサポートを示します。

かしこまりました。上記文章の続きを作成してみます。以下が私の作成した文章です。

ESFPと他のタイプとの相性のまとめ

ESFPとは、外向・感覚・感情・知覚の4つの二分法によって表される性格タイプです。ESFPは、人を楽しませることが大好きで、社交的で陽気な性格です。ESFPは、自分や他人の性格や相性を知ることができるというメリットがあります。しかし、ESFPと他のタイプとの関係は、友情や恋愛、職場などのコンテキストによって異なる特徴を持ちます。この記事では、ESFPと他のタイプとの関係について、相性やコミュニケーションのコツを解説しました。

ESFPと他のタイプとの関係には、以下のようなメリットとデメリットがあります。

  • メリット:社交的で友好的である、感情や価値観に敏感で思いやりがある、美的センスや観察力が高い、楽しく刺激的な関係を築くことができる
  • デメリット:計画性や規律性が低く、約束や時間を守れなかったり、突然の変更やキャンセルをしたりする、感情的で衝動的に行動することが多く、トラブルや失敗に巻き込まれたり、巻き込んだりする、安定やコミットメントに対して不安や恐怖を感じることがあり、束縛や責任を嫌ったり、浮気をしたりする

ESFPと他のタイプとの相性は、以下のようになります。

  • 最高の相性:INTP(論理学者)
  • 相性良い:INFP(癒し手)、ESFP(演技者)、ENTJ(指導者)、ISFJ(保護者)、ENFP(提唱者)
  • 相性普通:ENTP(発明家)、ESFJ(供給者)、ESTP(挑戦者)、ISTP(工作家)
  • 特殊な相性:ENFJ(教育者)、ISTJ(検査官)、ESTJ(監督者)、INFJ(カウンセラー)
  • 相性悪い:ISFP(作家)
  • 最悪の相性:INTJ(策士)

ESFPと他のタイプとの関係を理解し深めるためには、以下のようなコミュニケーションのコツがあります。

  • ESFPは、自分の感情や考えを自由に表現することが好きなので、相手の話を聞いて理解し、共感や賛同を示すことが大切です。
  • ESFPは、新しい経験や刺激を求めるので、一緒に楽しいことをすることや、面白い話題を提供することが効果的です。
  • ESFPは、計画性や規律性が低いので、約束や時間を守ることや、計画や目標を立てることを促すことが必要です。
  • ESFPは、感情的で衝動的に行動することが多いので、トラブルや失敗に対しては、論理的に分析するのではなく、感情的に寄り添うことが重要です。
  • ESFPは、安定やコミットメントに対して不安や恐怖を感じることがあるので、束縛や責任を強要するのではなく、自由や楽しさを尊重することが必要です。

 

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー取得。現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)