その他

MBTIの色分けとは?性格タイプを色で表現する方法について徹底解説!

MBTIとは、人間の性格を16種類に分類する心理学的な理論です。

MBTIでは、自分の性格タイプを4つの文字で表します。

例えば、INTJやESFPなどです。

しかし、文字だけでは、自分の性格タイプの特徴や相性を覚えにくいことがあります。

そこで、MBTIの色分けという方法があります。

MBTIの色分けとは、性格タイプを色で表現する方法です。

MBTIの色分けでは、性格タイプを4つの色に分けます。

  • 紫色は、直感(N)と感情(F)の組み合わせを表し、感情の起伏が激しく、気分に左右されやすい性格タイプに関連付けられます。この色のタイプは、自分の表現や貢献、成長を重視する職業や役割に向いており、非常にケアをする人で、優れた友人やパートナーを作ります。
  • 青色は、直感(N)と思考(T)の組み合わせを表し、理論的で創造的で知的な特徴を持つ性格タイプに関連付けられます。この色のタイプは、抽象的な概念やイメージに興味を持ち、論理的に分析し、独自の視点やアイデアを持つことが特徴です。
  • 緑色は、成長、安定、平和を象徴し、しばしば内向的で思慮深く、協調性のある性格タイプと関連付けられます。この色は、調和とバランスを示す色としても知られており、人間関係や環境において平和を求める傾向があることを反映しています。
  • 黄色は、楽観性、創造性、社交性を象徴する色として表現され、明るく、エネルギッシュで、外向的な性格の特徴を持つ人々と関連づけられます。この色のタイプは、新しいアイデアや経験に対するオープンな姿勢と、人々との強いつながりを求める傾向があります。

それぞれの色には、性格タイプの特徴や相性に関する意味があります。

MBTIの色分けとは?性格タイプを色で表現する方法について徹底解説!

MBTIの色分けの意味:紫

MBTI(Myers-Briggs Type Indicator)では、性格タイプを色で表現する方法があります。

紫色は、直感(N)と感情(F)の組み合わせを表します。

以下に紫色の性格タイプについて詳しく説明します。

紫色タイプの特徴

感情の起伏が激しく、気分に左右されやすいことです。

自分の表現や貢献、成長を重視する職業や役割に向いています。

非常にケアをする人で、優れた友人やパートナーを作ります。

紫色は、青と赤が混ざり合い多様な色合いが生み出されるため、感性を鋭くしインスピレーションを高めてくれます。しかし、場面によって色の性格が変わる複雑な色でもあります。

MBTI性格診断紫色タイプの人の特徴と魅力とは?直感と感情の傾向が強いと言われる理由について

MBTIの色分けの意味:青色

MBTIの色分けにおける青色は、直感(N)と思考(T)の組み合わせを表しています。

この色の性格タイプは、理論的で創造的で知的な特徴を持ちます。

彼らは抽象的な概念やイメージに興味を持ち、論理的に分析し、独自の視点やアイデアを持つことが特徴です。

青色の性格タイプには、INTJやENTPなどが含まれます。

これらのタイプは、新しいアイデアや革新的な解決策に対する情熱を持ち、未来志向でありながらも、その思考はしばしば内向的な傾向があります。

彼らは人間関係の構築や維持にも長けており、細部に気を配り、正確で丁寧な仕事をすることが強みです。

MBTIの色分けは、性格タイプの特徴や相性を視覚的に理解するのに役立ちます。

色は、文字よりも直感的に印象や感情を伝えることができ、性格タイプの傾向や特徴を簡潔に表現することが可能です。

また、色によって、性格タイプの相性や関係性を容易に把握することができます。

例えば、同じ色の性格タイプは、似たような考え方や行動パターンを持つため、相性が良いと言われています。

逆に、異なる色の性格タイプは、違う考え方や行動パターンを持つため、相性が悪いと言われています。

ただし、これはあくまで一般的な傾向であり、個人差や状況によって変わることがあります。

MBTI青色タイプの人の特徴と魅力とは?内向性と感情の傾向が強いと呼ばれる理由について

MBTIの色分けの意味:緑色

MBTIの性格タイプと色の関連付けは、個人の性格特性を視覚的に表現するためにしばしば用いられます。

緑色は成長、安定、平和を象徴し、しばしば内向的で思慮深く、協調性のある性格タイプと関連付けられます。

例えば、緑色はしばしばISFJやINFJのようなタイプに関連付けられます。

これらのタイプはMBTIの中で「保護者」や「カウンセラー」として知られており、他人の感情に対する深い理解と共感を持ち、安定した環境を作り出すことに努めます。

彼らは静かな環境で最もよく機能し、周囲の人々の福祉に深く関心を持っています。

緑色はまた、調和とバランスを示す色としても知られており、これらの性格タイプが人間関係や環境において平和を求める傾向があることを反映しています。

彼らはしばしば、グループ内での調停者の役割を果たし、対立を避け、共感と理解を促進します。

しかし、緑色はまた、変化に対する抵抗や頑固さとも関連付けられることがあります。

これは、ISFJやINFJが安定を重んじるあまり、新しい状況やアイデアに対して慎重になることがあるためです。

彼らは既存のシステムや伝統を守ることを好み、変化を受け入れる前に十分な時間を要することがあります。

MBTIで分かる!あなたの緑色の魅力や特徴について徹底解説!

MBTIの色分けの意味:黄色

MBTIの性格タイプと色の関連付けにおいて、黄色はしばしば楽観性、創造性、社交性を象徴する色として表現されます。

黄色は明るく、エネルギッシュで、外向的な性格の特徴を持つ人々と関連づけられることが多いです。

例えば、ENFPやESFPのようなタイプは、MBTIの中で「情熱家」や「エンターテイナー」として知られており、新しいアイデアや経験に対するオープンな姿勢と、人々との強いつながりを求める傾向があります。

これらのタイプは、周囲にポジティブな影響を与え、活気をもたらすことで知られています。

黄色はまた、知的好奇心や学習への意欲を示す色としても知られており、これらの性格タイプが新しい知識やスキルを積極的に学び、自己表現に価値を置くことを反映しています。

彼らはアイデアを自由に表現し、創造的なプロジェクトや活動に情熱を注ぐことを楽しむでしょう。

しかし、黄色はまた、衝動性や計画性の欠如とも関連付けられることがあります。これは、ENFPやESFPが瞬間の感情や興奮に流されやすく、長期的な計画よりも即座の満足を優先することがあるためです。

彼らは変化を求め、ルーチンや制約を避ける傾向があります。

MBTI黄色タイプの人の特徴と魅力とは?外向性と感情の傾向が強いと言われるキャラクターについて

MBTIの色分けは、性格タイプの特徴や相性を視覚的に理解するのに役立ちます

MBTIの色分けは、性格タイプの特徴や相性を視覚的に理解するのに役立ちます。

色は、文字よりも直感的に印象や感情を伝えることができます。

色によって、性格タイプの傾向や特徴を簡潔に表現することができます。

また、色によって、性格タイプの相性や関係性を容易に把握することができます。

例えば、同じ色の性格タイプは、似たような考え方や行動パターンを持つため、相性が良いと言われています。

逆に、異なる色の性格タイプは、違うような考え方や行動パターンを持つため、相性が悪いと言われています。

しかし、これはあくまで一般的な傾向であり、個人差や状況によって変わることがあります。

MBTIの色分けのメリット

MBTIの色分けのメリットとしては、以下のような点があります。

自分の性格タイプを簡単に覚えることができる

MBTIの色分けは、自分の性格タイプを簡単に覚えることができる方法です。文字だけでは、自分の性格タイプを覚えにくいことがあります。しかし、色だと、自分の性格タイプの特徴や相性をイメージしやすいです。色は、記憶に残りやすい要素の一つです。色によって、自分の性格タイプを覚えやすくすることができます。

自分の性格タイプを簡単に伝えることができる

MBTIの色分けは、自分の性格タイプを簡単に伝えることができる方法です。文字だけでは、自分の性格タイプを伝えにくいことがあります。しかし、色だと、自分の性格タイプの特徴や相性を表現しやすいです。色は、コミュニケーションにおいて重要な要素の一つです。色によって、自分の性格タイプを伝えやすくすることができます。

自分の性格タイプを簡単に分析することができる

MBTIの色分けは、自分の性格タイプを簡単に分析することができる方法です。文字だけでは、自分の性格タイプを分析しにくいことがあります。しかし、色だと、自分の性格タイプの強みや弱み、改善点や発展点を見つけやすいです。色は、分析において有効な要素の一つです。色によって、自分の性格タイプを分析しやすくすることができます。

MBTIの色分けの注意点

MBTIの色分けの注意点としては、

MBTIの色分けは、性格タイプの全体像を表しているわけではありません

MBTIの色分けは、性格タイプの全体像を表しているわけではありません。MBTIの色分けは、性格タイプの中の2つの文字に基づいていますが、それだけでは、性格タイプのすべての特徴や相性を説明できません。性格タイプの全体像を理解するには、他の2つの文字にも注目する必要があります。例えば、INTJとENTJは、青色の性格タイプですが、他の2つの文字が異なるため、性格タイプの特徴や相性にも違いがあります。MBTIの色分けは、性格タイプの一部分を表すツールであるということを忘れないでください。

MBTIの色分けは、個人差や状況によって変わることがあることを忘れないでください

MBTIの色分けは、個人差や状況によって変わることがあることを忘れないでください。MBTIの色分けは、性格タイプの傾向や特徴を色で表現していますが、それはあくまで一般的な傾向であり、個人によっては違うことがあります。また、状況によっては、性格タイプの特徴や相性が変わることもあります。例えば、赤色の性格タイプは、相性が悪いと言われていますが、仕事や趣味などの共通の目的や興味があれば、良い関係を築くこともできます。MBTIの色分けは、性格タイプの可能性を表すツールであるということを忘れないでください。

MBTIの色分けは、性格タイプを固定化するものではありません

MBTIの色分けは、性格タイプを固定化するものではありません。MBTIの色分けは、性格タイプを色で表現していますが、それはあくまで自分の性格タイプの傾向や特徴を知るためのものであり、自分の性格タイプを変えることができないということではありません。性格タイプは、生まれつきのものだけではなく、経験や環境や意志によっても変わることがあります。例えば、青色の性格タイプは、感情的な面に苦手意識を持つことがありますが、感情を表現する方法を学んだり、感情的な相手とコミュニケーションをとったりすることで、感情的な面を強化することもできます。MBTIの色分けは、性格タイプを成長させるツールであるということを忘れないでください。

MBTIの色分けの活用法

MBTIの色分けの活用法としては、以下のような点があります。

自分の性格タイプを知ることで、自分の強みや弱み、改善点や発展点を見つけることができる

MBTIの色分けを使って、自分の性格タイプを知ることで、自分の強みや弱み、改善点や発展点を見つけることができます。自分の性格タイプの特徴や相性を色で表現することで、自分の性格タイプの傾向や特徴を視覚的に理解することができます。自分の性格タイプの傾向や特徴を理解することで、自分の性格タイプに合った仕事や趣味、パートナーなどを選ぶことができます。また、自分の性格タイプに合わない仕事や趣味、パートナーなどに対して、どのように対処するかを考えることができます。

他人の性格タイプを知ることで、他人との関係やコミュニケーションを改善することができる

MBTIの色分けを使って、他人の性格タイプを知ることで、他人との関係やコミュニケーションを改善することができます。他人の性格タイプの特徴や相性を色で表現することで、他人の性格タイプの傾向や特徴を視覚的に理解することができます。

他人の性格タイプの傾向や特徴を理解することで、他人との関係やコミュニケーションにおいて、どのように接するかを考えることができます。

例えば、赤色の性格タイプと青色の性格タイプは、相性が悪いと言われていますが、赤色の性格タイプは、青色の性格タイプの創造力や知性を認めることで、青色の性格タイプは、赤色の性格タイプの効率性や結果性を認めることで、互いに尊重し合うことができます。

MBTI色分けの色分けの提唱者と意味

色分けはいくつかの異なるモデルで提唱されていますが、以下は主要なものです。

デイビッド・カースィ(David Keirsey)の色分け

デイビッド・カースィは、MBTIの赤、青、緑、橙色の色分けを提唱しました。彼のテンパラメント理論に基づいており、以下のように分類されます。

赤色: ESTP(企業家タイプ)、ESFP(エンターテイナータイプ)、ENTJ(コマンダータイプ)、ENFJ(教育者タイプ)

青色: INTJ(アーキテクトタイプ)、INFJ(アドボケートタイプ)、ISFJ(ディフェンダータイプ)、ISFP(アドベンチャー)

緑色: ISTJ(ロジスティシャンタイプ)、ISTP(バーチャオーソ)、ESTJ(エクゼクティブタイプ)、ESFJ(領事タイプ)

黄色: ENTP(討論者タイプ)、ENTJ(コマンダータイプ)、ENFP(運動家タイプ)、ESFP(エンターテイナータイプ)

リンダ・ベレンズ(Linda Berens)の色分け

リンダ・ベレンズは、インタラクション・スタイルの色分けを提唱しました。彼女のモデルでは、MBTIの16のパーソナリティタイプがさらに詳細に分類されています。

MBTIの色分けに関する実体験エピソード

私が心理学のクラスでMBTIについて学んだのは、大学時代のことです。MBTIの色分けに関する授業は特に印象的でした。色は、人々の性格タイプを視覚的に表現するための強力なツールとして使われます。例えば、赤色は情熱や活力を、緑色は成長や安定を、黄色は楽観や創造性を象徴します。

あるプロジェクトで、私たちは自分たちの性格タイプに合った色を選び、その色が私たちの性格や行動にどのように影響を与えるかを探求しました。私は青色を選びました。青色は知性、冷静さ、信頼を象徴し、私のINTPタイプと一致していると感じました。プロジェクトでは、色と性格の関係について深く考察し、同級生とのディスカッションを通じて多くの洞察を得ることができました。

この経験は、色が私たちの自己認識や他人とのコミュニケーションにどのように影響を与えるかを理解する上で非常に有益でした。MBTIの色分けは、私たちが自分自身や他人をより深く理解するのに役立つ、興味深く、有用なツールなのです。

MBTIの色分けとは?性格タイプを色で表現する方法について徹底解説!まとめ

MBTIの色分けとは、性格タイプを色で表現する方法です。

MBTIの色分けでは、性格タイプを4つの色に分けます。

それぞれの色には、性格タイプの特徴や相性に関する意味があります。

MBTIの色分けのメリットとしては、自分の性格タイプを簡単に覚えたり伝えたり分析したりすることができることがあります。

MBTIの色分けの注意点としては、性格タイプの全体像を表しているわけではないことや、個人差や状況によって変わることがあることや、性格タイプを固定化するものではないことがあります。

MBTIの色分けの活用法としては、自分の性格タイプを知ることで、自分の強みや弱み、改善点や発展点を見つけることや、他人の性格タイプを知ることで、他人との関係やコミュニケーションを改善することができることがあります。

MBTIの色分けは、自分の性格タイプを知り、他人の性格タイプを理解し、自分らしく生きることができるツールです。

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー取得。現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)