INFJ(提唱者)

INFJの天職と思われる職業5選!理想的な働き方ついて徹底解説!

INFJは、MBTIにおいて、内向的で直感的、感情的で判断的な特性を持つ人々を指します。

彼らは洞察力に優れ、他人の感情やニーズを理解し、深い洞察を持っています。

ここでは、INFJの天職と理想的な働き方について詳しく見ていきましょう。

忙しい方向けに、本記事の内容を私がまとめると以下の通りです。

NFJの天職として挙げられる職業は以下の5つである:

カウンセラー・セラピスト:洞察力や共感力を活かし、個々のニーズに合わせたサポートを提供。

作家・編集者:内面の世界を探求し、深い感情や考えを言葉に表現。

教育者・指導者:個々の学生や部下の感情や動機を理解し、ビジョンのあるリーダーシップを提供。

…etc

提唱者型(INFJ)女性の特徴や性格、恋愛や仕事における傾向について徹底解説!

INFJの天職1. カウンセラー・セラピスト

INFJタイプの人々は、カウンセラーやセラピストとして非常に適していると言われています。

INFJは「提唱者」とも呼ばれ、内向的ながらも強い直感力深い共感力、そして人々を助けたいという強い願望を持っています。これらの特性は、他人の心理や感情を理解し、個々のニーズに合わせたサポートを提供するカウンセラーやセラピストの仕事に非常に役立ちます。

INFJは、思いやりがあり個人的な問題に共感する能力が高いため、クライアントが自分自身を理解し、問題に対処するための詳細な計画を立てる手助けをすることができます。また、INFJは個人の成長と発展に深い関心を持っており、セラピストとしての役割でクライアントの自己実現を支援することに大きな満足を感じるでしょう。

さらに、INFJは洞察力が高く創造性に富んでいるため、標準的な治療法にとらわれず、クライアントに合わせたカスタマイズされたアプローチを考案することが得意です。彼らのこの能力は、カウンセリングのセッションをより効果的で意味のあるものにすることができます。

INFJがカウンセラーやセラピストとして成功するためには、ストレス管理自己ケアの技術も重要です。彼らは他人の感情に非常に敏感であり、過度に共感してしまうことで自分自身が疲れてしまうことがあるためです。バランスを取りながら、この天職を全うすることができれば、INFJは多くの人々の生活に深い影響を与えることができるでしょう。

INFJの天職2. 作家・編集者

INFJタイプの人々は、しばしば「提唱者」と呼ばれ、内向的ながらも強い直感力、深い共感力、そして豊かな想像力を持っています。

これらの特性は、作家や編集者としての職業に非常に適しています。

作家としてのINFJは、彼らの内面の世界を探求し、深い感情や考えを言葉にすることができます。彼らの作品はしばしば、人間性の核心に触れ、読者に強い共感を呼び起こすものです。また、INFJは物語を通じて、より良い世界や理想を描くことに情熱を注ぐことが多いです。

一方、編集者としてのINFJは、彼らの直感力を活かして、作品の潜在的な価値を見抜き、それを最大限に引き出すことができます。彼らは作家の意図を深く理解し、言葉を磨き上げることで、作品をより魅力的なものにすることが得意です。

しかし、INFJは繊細で傷つきやすい一面も持っており、批判に対して非常に敏感です。そのため、創造的な職業に就く際には、自己表現の場として安全な環境を見つけることが重要です。また、彼らは柔軟性に欠けることがあり、自分のビジョンや価値観に固執する傾向があるため、異なる意見を受け入れることが時には挑戦となることもあります。

INFJの作家や編集者としての成功は、彼らが自分自身と他者とのバランスを見つけ、自分の強みを活かしながらも、他人の意見や批判に耳を傾けることができるかにかかっています。

このようなバランスが取れたとき、INFJはその天職を最大限に発揮することができるでしょう。

INFJの天職3. 教育者・指導者

INFJタイプの人々は、しばしば「提唱者」と呼ばれ、内向的ながらも強い直感力、深い共感力、そして豊かな想像力を持っています。

これらの特性は、作家や編集者としての職業に非常に適しています。

作家としてのINFJは、彼らの内面の世界を探求し、深い感情や考えを言葉にすることができます。彼らの作品はしばしば、人間性の核心に触れ、読者に強い共感を呼び起こすものです。また、INFJは物語を通じて、より良い世界や理想を描くことに情熱を注ぐことが多いです。

一方、編集者としてのINFJは、彼らの直感力を活かして、作品の潜在的な価値を見抜き、それを最大限に引き出すことができます。彼らは作家の意図を深く理解し、言葉を磨き上げることで、作品をより魅力的なものにすることが得意です。

しかし、INFJは繊細で傷つきやすい一面も持っており、批判に対して非常に敏感です。そのため、創造的な職業に就く際には、自己表現の場として安全な環境を見つけることが重要です。また、彼らは柔軟性に欠けることがあり、自分のビジョンや価値観に固執する傾向があるため、異なる意見を受け入れることが時には挑戦となることもあります。

INFJの作家や編集者としての成功は、彼らが自分自身と他者とのバランスを見つけ、自分の強みを活かしながらも、他人の意見や批判に耳を傾けることができるかにかかっています。このようなバランスが取れたとき、INFJはその天職を最大限に発揮することができるでしょう。

INFJの天職4. 研究者・分析家

INFJタイプの人々は、教育者や指導者として非常に適しています。

彼らは内向的ながらも、他人との関係を深めることに熱心で、人間関係や社会的な問題に興味を持ちます。また、他人のニーズや感情に敏感であり、自分の理想や価値観に忠実です。これらの特性は、人々の成長や発展を支援することに情熱を持って取り組む教育者や指導者にとって重要な資質です。

INFJの教育者や指導者は、優れた洞察力と共感力を持ち、個々の学生や部下の感情や動機を敏感に理解し、それに応じたサポートを提供することができます。彼らはビジョンのあるリーダーシップを提供し、個々のメンバーの能力を最大限に引き出すことが得意です。

ただし、INFJの指導者は、他人の感情に深く共感するあまり、厳しい決断を下すことが難しくなることもあります。また、自分の内面的なビジョンを他人に伝えることが難しく感じることもあるため、自己表現のスキルを磨くことや、時には感情を一旦置いて客観的な判断を下すことの重要性を理解することが必要です。

INFJの教育者や指導者としての成功は、彼らの深い理解力、共感力、そしてビジョンを現実化する能力に大きく依存しています。

彼らは自分の内なる声に耳を傾け、その指示に従って行動することで、教育や指導の分野で大きな影響を与えることができるでしょう。

INFJの天職5. 芸術家・デザイナー

INFJタイプの人々は、芸術家やデザイナーとしての天職を持っていると言われています。

INFJは「提唱者」とも呼ばれ、直感力想像力、そして深い感情の理解を持っており、これらの特性がクリエイティブな職業に非常に適しています。

芸術家やデザイナーとしての仕事は、創造性独自のビジョンを表現することが求められます。INFJは、自分の内面の世界を探求し、それを芸術作品やデザインに反映させることが得意です。彼らは、感情や価値観を形にすることで、人々に強い印象を与える作品を生み出すことができます。

また、INFJは目的意識を持ってデザインすることが重要であり、どのような感情を覚えてほしいか、どのような影響を与えたいかという点においても、彼らの性格傾向とマッチしています。彼らの作品はしばしば、観る人に深い感動考えるきっかけを提供します。

INFJが芸術家やデザイナーとして成功するためには、自己表現の場としての仕事を見つけることが重要です。彼らの内面の豊かさを外に向けて表現することで、INFJは自分自身だけでなく、他人の人生にも美と意味をもたらすことができるでしょう。彼らのこの能力は、芸術やデザインの分野での天職と言えるでしょう。

INFJの天職に関する実体験エピソード

私はINFJ型の性格を持っており、職場での経験を通じて、INFJとしての天職を見つける旅は、自己理解と環境への適応が鍵であることを学びました。

ある日、私は新しいプロジェクトチームに配属されました。このチームは多様なバックグラウンドを持つメンバーで構成されており、初めはその調和を見出すのが難しいと感じました。

私のINFJ型としての直感と共感力を活かし、チームメンバー一人ひとりの動機や価値観を理解する努力をしました。その結果、チーム内のコミュニケーションが改善され、プロジェクトはスムーズに進行し始めました。私は、個々のメンバーの強みを引き出し、それぞれが最大限に貢献できるような環境を作ることに注力しました。

また、INFJ型としての理想主義と創造性を生かし、プロジェクトのビジョンを形成する上で重要な役割を果たしました。私は、細部にこだわりながらも大局を見失わないように心がけ、チーム全体が目標に向かって一丸となれるよう努めました。

この経験から、INFJ型の私にとっての天職は、人々の成長を支援し、共感と洞察力を活かして、より良い未来を創造することにあると確信しました。

職場でのこのエピソードは、私が自分自身の強みを理解し、それを活かすことの重要性を教えてくれました。1

INFJの天職と思われる職業5選!理想的な働き方ついて徹底解説!まとめ

INFJは他人の感情を理解し、洞察力に優れた人々です。

彼らの天職は、他人との共感や成長を促進する役割を果たす職業です。

理想的な働き方は、自分の感性や才能を活かし、他人に貢献することです。

どんな職業を選んでも、優しい心で人々と関わり、自己成長を続けていってほしいと思います。

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー資格取得。 現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)