その他

【2024年最新版】MBTIとペルソナ診断で自分の二面性を理解しよう!無料性格診断サイトで傾向を知る

秘書(ENTP)
秘書(ENTP)
MBTIの診断結果にも二面性があるってことですか?
管理人(INFJ)
管理人(INFJ)
どんな人にも外面性と内面性があるということだね。稀にどちらも同じというタイプの人もいるよ。

あなたは、自分の本当の性格を知っていますか?

それとも、社会や周囲の人に合わせて、無意識に仮面をかぶっていませんか?

この記事では、MBTIとペルソナ診断という二つのツールを使って、自分の心の仮面をあばく方法を紹介します。

MBTIとペルソナ診断とは、どのようなものなのでしょうか?

忙しい方向けに、本記事の内容を私がまとめると以下の通りです。

  • ペルソナ診断は、自分の本当の性格ではなく、社会や周囲の人に合わせて無意識にかぶっている仮面(ペルソナ)を診断するツールで、自分のペルソナを知ることで本当の自分や本心に近づくことができる。
  • MBTIとペルソナ診断を使うことで、自分の性格の全体像を把握し、自己理解を深めることができる。
  • MBTIとペルソナ診断の結果が異なる場合、自分の本来の性格と現状の性格にギャップがあることを示し、そのギャップを埋めるためには適切な環境や役割を探す必要がある。
  • MBTIとペルソナ診断は、他人の性格を理解し、コミュニケーションや人間関係を改善するのに役立つ。
  • 実体験エピソードでは、MBTIとペルソナ診断を活用してグループワークで円滑なコミュニケーションを築いた経験が紹介されている。
二面性ペルソナ診断

【MBTI】ペルソナ診断とは

ペルソナ診断には、様々な種類がありますが、この記事では、MBTIと関連性の高いペルソナ設問をご用意しました。

20の質問に答えるだけで、自分のペルソナをMBTIの16種類の性格タイプの中から診断することができます。

このツールでは、本当の自分や本心は脇に置いて「実際いまどんな状態だろう?」と考えて、設問に答えてみてください。

※下記に設問が表示されます。表示までに時間がかかる場合があるのでお待ちください。表示されたら画像をタップしてスタート。

【完全版】MBTIの16性格タイプ全一覧

MBTIの16の性格タイプは、以下の表のように分類されます。

※クリックするとそれぞれのMBTIタイプの事が分かる記事へリンクしています。

感覚(S) 直感(N)
外向・思考(ET) ESTJ(幹部型) ENTJ(指揮官型)
外向・感情(EF) ESFJ(領事官型) ENFJ(教育者型)
内向・思考(IT) ISTJ(努力家型) INTJ(建築家型)
内向・感情(IF) ISFJ(擁護者型) INFJ(提唱者型)
外向・判断(EJ) ESTJ(幹部型) ENFJ(教育者型)
外向・知覚(EP) ESTP(起業家型) ENTP(討論者型)
内向・判断(IJ) ISTJ(努力家型) INTJ(建築家型)
内向・知覚(IP) ISFP(冒険家型) INFP(仲介者型)

ペルソナの二面性とは?

ペルソナの二面性とは?

ペルソナの二面性とは、個人が持つ内面的な自己(本来の性格や感情)と、外界に対して示す外面的な自己(社会的な役割や期待に応じた振る舞い)との間に存在するギャップを表しています。

個人が社会に対して示す顔と、プライベートな状況での振る舞いが異なることも含まれます。これは、人が多面的であることを示し、異なる状況や人々との関係に応じて様々な側面を見せることができるという人間の複雑さを反映しています。

例えば、職場では真面目で堅実な態度を見せる一方で、プライベートではリラックスして遊び心のある性格を示すことがあります。

このように、ペルソナの二面性は、個人が持つ多様な側面や、状況に応じて変化する人間の性質を理解するための重要な概念です。

秘書(ENTP)
秘書(ENTP)
みんな表の顔と裏の顔ってあるものですからね。

ペルソナ診断とMBTI違い

ペルソナ診断とMBTI違い

MBTI(マイヤーズ・ブリッグス・タイプ指標)とペルソナ診断は、自己理解を深めるためのツールですが、異なる側面から個人の性格を探求します。

MBTIは、人々の行動傾向や思考プロセスを16の異なる性格タイプに分類し、個人の本質的な性格特性を明らかにすることを目的としています。一方、ペルソナ診断は、社会的な状況や他者との関係の中で無意識に取り入れている仮面(ペルソナ)を診断するものです。

MBTIは、カール・ユングの心理学に基づいており、個人が好む思考や行動のパターンを示します。これに対して、ペルソナ診断は、ユングが定義した「社会的な仮面」という概念に基づいており、個人が他人に対して見せる外面的な態度や行動を探ります。ペルソナは、本当の自分とは異なることがあり、その背後にある理由を理解することで、本当の自己や本心に近づく手がかりを得ることができます。

MBTIは、自分の内面的な性格を理解するのに役立ち、ペルソナ診断は、現在の自分がどのように振る舞っているか、または他人にどのように見られているかを理解するのに役立ちます。これら二つの診断を組み合わせることで、自分の性格の全体像を把握し、自己成長や人間関係の質の向上に役立てることができます。

MBTIとペルソナ診断の違いを理解することは、自分自身や他人との関係をより豊かにし、人生をより充実させるための重要なステップです。自分の性格に合った環境や役割を探すこと、自分の性格に誇りを持つこと、他人の性格タイプやペルソナを推測し、相互理解を深めることなど、MBTIとペルソナ診断は多方面での活用が可能です。

管理人(INFJ)
管理人(INFJ)
自分を知ることで、快適な日常生活を送ることができるんだ。

MBTIとペルソナ診断のやり方

MBTIとペルソナ診断のやり方

MBTIとペルソナ診断は、それぞれ異なる視点から自分の性格を知ることができるツールです。

MBTIは、自分の本質的な性格や傾向を知ることができます。

ペルソナ診断は、自分の現状の性格や態度を知ることができます。

これらのツールを使うことで、自分の性格の全体像を把握することができます。

例えば、MBTIでESTJと診断された人は、本来は自信があり、効率的で、目標を達成するために努力する指導者としての性格を持っていますが、ペルソナ診断でINFPと診断された人は、現状は感情豊かで優しくて思いやりがあり、理想主義で独創的な仲介者としての性格を持っています。

このように、MBTIとペルソナ診断の結果が異なる場合は、自分の本来の性格と現状の性格にギャップがあることを意味します。

このギャップは、自分の性格に合わない環境や役割に置かれていることや、自分の性格に自信が持てないことなどが原因で生じることがあります。

このギャップを埋めるためには、自分の性格に合った環境や役割を探すことや、自分の性格に誇りを持つことなどが必要です。

MBTIとペルソナ診断は、自分の性格を知るだけでなく、他人の性格を知ることにも役立ちます。

MBTIとペルソナ診断の結果をもとに、他人の性格タイプやペルソナを推測することができます。

これにより、他人の考え方や行動パターン、ニーズや価値観などを理解することができます。

また、自分と他人の性格タイプやペルソナの相性を知ることができます。

MBTIとペルソナ診断の結果を比較することで、自分の本来の性格と現状の性格のギャップを知ることができます。

このギャップを埋めるためには、自分の性格に合った環境や役割を探したり、自分の性格に誇りを持ったりすることが必要です。

MBTIとペルソナ診断は、自分や他人の性格を知ることで、コミュニケーションや人間関係を改善することにも役立ちます。

診断の結果をもとに、他人の性格タイプやペルソナを推測したり、自分と他人の性格タイプやペルソナの相性を知ったりすることができます。

これにより、他人の考え方や行動パターン、ニーズや価値観などを理解したり、対話や協力や対立などをスムーズにしたりすることができます。

MBTIとは

  • 外向性(E)と内向性(I):人と接することでエネルギーを得るか、自分の内面に向かうことでエネルギーを得るか
  • 感覚(S)と直感(N):具体的な事実や現実に基づいて物事を判断するか、抽象的な理論や可能性に基づいて物事を判断するか
  • 思考(T)と感情(F):論理的で客観的な基準で物事を判断するか、個人的で主観的な基準で物事を判断するか
  • 判断(J)と知覚(P):計画的で決断力のある態度で物事に臨むか、柔軟で適応力のある態度で物事に臨むか

これらの指標の組み合わせによって、16種類の性格タイプが生まれます。 例えば、外向性(E)と感覚(S)と思考(T)と判断(J)のタイプは、ESTJと呼ばれ、幹部というニックネームがつけられています。 ESTJのタイプは、自信があり、効率的で、目標を達成するために努力する指導者としての性格を持っています。

MBTIでは、自分の性格タイプを知ることで、自分の強みや弱み、適職や相性などを見つけることができます。

MBTIとペルソナ診断に関するFAQ

Q.MBTI診断とペルソナ診断の違いが分かりません。

A.MBTI診断は、人々の性格タイプを16種類に分類する心理学的ツールです。これは、人の好みや傾向を理解するために使用され、個人の意思決定、コミュニケーションスタイル、対人関係などに関する洞察を提供します。一方、ペルソナ診断は、特定の状況やコンテキストにおける個人の行動や反応のパターンを分析するもので、しばしばマーケティングやユーザーエクスペリエンスの設計に利用されます。ペルソナ診断は、特定の役割や状況における人の振る舞いを捉えることに焦点を当てています。

Q.ペルソナって外面性ってことでしょうか?

A.ペルソナは、ラテン語で「仮面」を意味し、心理学では、社会的な状況や他者との関わりの中で示す自己の側面を指します。これは必ずしも外面性だけを意味するわけではなく、個人が他者に対して意図的に示す自己像や、社会的な役割に合わせた振る舞いを含みます。したがって、ペルソナは外面性と重なる部分がありますが、それだけではなく、より広い概念です。

Q.外面性と内面性が同じことはありますか?

A.外面性と内面性が同じになることはありますが、通常は異なる側面を指します。外面性は、他人に対して示す自己の側面や社会的な振る舞いを意味し、内面性は個人の内的な思考や感情、価値観を指します。しかし、個人が自分の内面性を正直に表現する場合、外面性と内面性は一致することがあります。この一致は、個人が自己認識が高く、自分自身に対して誠実である場合によく見られます。ただし、社会的な状況や期待によっては、外面性が内面性と異なることもあります。

【ペルソナ診断補足】心理機能診断とは

MBTI(マイヤーズ=ブリッグス・タイプ指標)は、人々の性格タイプを理解するための心理学的指標です。

この理論は、カール・ユングの心理機能に基づいており、キャサリン・クック・ブリッグスと彼女の娘のイザベル・ブリッグス・マイヤーズによって発展されました。

心理機能診断は、以下の4つの二項対立軸を用いて個人の性格を分類します:

  1. 外向性 (E) と 内向性 (I): これは、個人が外部世界とどのようにエネルギーを交換するかに関するものです。外向性の人は社交的で活動的な傾向があり、内向性の人は独立して内省的です。
  2. 感覚 (S) と 直観 (N): これは情報の受け取り方に関するもので、感覚型の人は具体的な事実や詳細を重視し、直観型の人は全体的なパターンや可能性を重視します。
  3. 思考 (T) と 感情 (F): 決定を下す際の優先順位に関するもので、思考型の人は論理的かつ客観的なアプローチを取り、感情型の人は人間関係や個人の価値を重視します。
  4. 判断 (J) と 知覚 (P): 生活の構造化の仕方に関するもので、判断型の人は計画的で組織的なアプローチを好み、知覚型の人は柔軟性と適応性を重視します。

これらの軸を組み合わせることで、16種類の異なる性格タイプが生まれます。MBTIは自己理解や人間関係の改善、チームワークの促進などに役立つツールとして広く利用されています。ただし、MBTIはあくまで一つのモデルであり、人間の複雑さを完全には捉えきれないことを理解することが重要です。

【ペルソナ診断補足】ソシオニクス診断とは

ソシオニクス診断は、リトアニアの心理学者アウシュラ・アウグスタヴィチュートによって1970年代に提唱された心理学的理論です。

この理論はカール・ユングの心理タイプから派生し、人々の思考、感情、行動の傾向を体系的に分類します。ソシオニクスでは、人々を16の異なるタイプに分類し、それぞれが「思考」「感情」「直感」「感覚」などの特性を異なる組み合わせで持っており、それぞれが「外向的」か「内向的」かでさらに区別されます。

ソシオニクスは特に異なるタイプ間での相性に焦点を当て、個人やチーム内の対人関係の理解を深めるのに役立ちます。各タイプの相性を分析することでコミュニケーションの障壁を減らし、より円滑な関係を築くための洞察を提供します。これにより、職場やプライベートでの関係構築、チームマネジメント、個人の自己理解と成長に対する理解が深まります。

ソシオニクスにおける16のソシオタイプは以下のように分類されます。

  • LSE(管理者):論理・感覚・外向タイプ
  • LIE(企業家):論理・直観・外向タイプ
  • ESE(美食家):倫理・感覚・外向タイプ
  • EIE(指導者):倫理・直観・外向タイプ
  • SLE(兵士):感覚・論理・外向タイプ
  • SEE(政治家):感覚・倫理・外向タイプ
  • ILE(探究者):直観・論理・外向タイプ
  • IEE(心理学者):直観・倫理・外向タイプ
  • SLI(職人):感覚・論理・内向タイプ
  • ILI(批評家):直観・論理・内向タイプ
  • SEI(仲介者):感覚・倫理・内向タイプ
  • IEI(叙情詩人):直観・倫理・内向タイプ
  • LSI(検査官):論理・感覚・内向タイプ
  • ESI(守護者):倫理・感覚・内向タイプ
  • LII(分析者):論理・直観・内向タイプ
  • EII(人文主義者):倫理・直観・内向タイプ

これらのタイプは、共通の目的や世界観を持つ4つのクアドラに分けられ、クアドラ内の人々は類似した価値観を持つため、コミュニケーションがスムーズで、相互理解が容易になります。ソシオニクスは、MBTIとは異なるアプローチを取りながらも、人間関係の理解を深めるための有効なツールとなり得ます。

【ペルソナ診断補足】エニアグラム診断とは

エニアグラム診断は、個人の性格を9つの異なるタイプに分類し、それぞれのタイプが持つ特徴や動機、自己価値、そしてストレス時の反応パターンを理解するためのツールです。

この診断法は、自己理解を深めるだけでなく、他者との関係を改善し、より良いコミュニケーションを築くためにも役立ちます。

エニアグラムの名前は、ギリシャ語で「9」を意味する「エニア」と「図」を意味する「グラム」から来ており、9つのポイントを持つ円形の図を基にしています。この診断法は、古代の知恵に現代の心理学を組み合わせたもので、人間の本質的な特徴を捉えることを目的としています。

各タイプは、以下のように分類されます:

  • タイプ1: 完璧を求める改革者
  • タイプ2: 他人を助けるヘルパー
  • タイプ3: 成功を追求する達成者
  • タイプ4: 個性を大切にする芸術家
  • タイプ5: 知識を求める研究者
  • タイプ6: 安全を求める忠実な人
  • タイプ7: 楽観的で計画を立てる冒険家
  • タイプ8: 強さを求める挑戦者
  • タイプ9: 平和を求める調停者

エニアグラムでは、これらのタイプをさらに「本能センター」「感情センター」「思考センター」という3つのセンターに分けて考えます。これにより、個人がストレスを感じたときにどのような反応を示すかを理解することができます。

エニアグラム診断は、自己成長や人間関係の改善、チームビルディング、リーダーシップの育成など、多岐にわたる分野で活用されています。また、自分自身や他人の行動パターンを理解することで、より健全な生き方や効果的な目標設定に役立てることができます。

MBTIと同様に、エニアグラムも自己理解や人間関係の改善に有効なツールですが、エニアグラムは特に動機や自己価値、ストレス時の反応といった深層心理に焦点を当てている点が特徴です。これにより、個人の内面的な成長を促すことが期待されます。

ただし、どの性格診断ツールも絶対的なものではなく、あくまで自己理解の一助として利用することが重要です。

サイコパス診断できる簡単テスト!ゾッとするMBTIとの関連性について徹底解説!

MBTIとペルソナ診断に関する実体験エピソード①

私が学生だった頃、学校での経験はいくつかありました。MBTIとペルソナ診断を理解し、人間関係を改善するために活用した瞬間をお伝えします。

ある日、クラスでグループワークを行う機会がありました。私はINTPタイプで、分析的な思考を好みます。グループのメンバーは異なるMBTIタイプで、コミュニケーションスタイルも異なっていました。

私たちは課題を解決するために意見を出し合いましたが、意見の食い違いが生じました。私は自分の意見を主張し、他のメンバーとのコミュニケーションを改善する方法を考えました。

そこで、ペルソナ診断を活用しました。私は各メンバーのMBTIタイプとペルソナ特性を理解し、彼らのコミュニケーションスタイルに合わせてアプローチを変えました。

  • 感情志向のメンバーには共感を示し、感情的なニーズを重視しました。
  • 直感志向のメンバーにはビジョンを共有し、未来に向けたアイデアを提案しました。
  • 思考志向のメンバーには論理的な根拠を示し、データを活用して課題を解決しました。
  • 判断志向のメンバーにはスケジュール管理やタスク分担を提案し、効率的に進めました。

結果として、私たちは円滑なコミュニケーションを築り、課題を成功裏に解決しました。この経験から、MBTIとペルソナ診断は人間関係を改善するための有用なツールであることを学びました。

MBTIとペルソナ診断に関する実体験エピソード②

私がMBTIとペルソナ診断を通じて経験した恋愛のエピソードは、自己理解と相手への理解を深めるきっかけとなりました。

私はINTJ-T型の女性として、感情よりも論理を重視する傾向があります。ある時、私はパートナーとの関係において、感情的なコミュニケーションの難しさに直面しました。

パートナーはENFP型で、情熱的で直感に従う性格です。私たちはお互いに強く惹かれ合いましたが、感情の表現の仕方が異なるため、時に誤解が生じました。私は自分の感情を控えめに表現する一方で、パートナーは感情を豊かに表現します。この違いが、時にはコミュニケーションの障壁となりました。

MBTIとペルソナ診断を活用することで、私たちはお互いの性格タイプをより深く理解することができました。私はパートナーの感情的な表現を受け入れ、それを理解する努力をしました。また、パートナーも私の論理的なアプローチを尊重し、私たちはお互いの違いを補完する方法を見つけました。

この経験から、私たちはコミュニケーションのスタイルを調整し、お互いの価値観を尊重することの重要性を学びました。MBTIとペルソナ診断は、私たちがお互いの違いを理解し、より強い絆を築くための有効なツールとなりました。

【2024年最新版】MBTIとペルソナ診断で自分の二面性を理解しよう!無料性格診断で傾向を知るまとめ

この記事では、MBTIとペルソナ診断という二つのツールを使って、自分の心の仮面をあばく方法を紹介しました。 MBTIとペルソナ診断とは、以下のようなものでした。

  • MBTIとは、人の性格を16のタイプに分類する性格診断ツールです。 MBTIでは、人の性格は外向性(E)と内向性(I)、感覚(S)と直感(N)、思考(T)と感情(F)、判断(J)と知覚(P)の4つの指標によって決まると考えます。 MBTIでは、自分の性格タイプを知ることで、自分の強みや弱み、適職や相性などを見つけることができます。
  • ペルソナ診断とは、自分の本当の性格ではなく、社会や周囲の人に合わせて無意識にかぶっている仮面(ペルソナ)を診断するツールです。 ペルソナとは、ラテン語で「仮面」という意味で、心理学者ユングは、人間が社会的な環境や他者との関係の中で身につけた「社会的な仮面」と定義しました。 ペルソナ診断では、自分のペルソナを知ることで、自分の本当の自分や本心に近づくことができます。

MBTIとペルソナ診断は、それぞれ異なる視点から自分の性格を知ることができるツールです。

MBTIは、自分の本質的な性格や傾向を知ることができます。

ペルソナ診断は、自分の現状の性格や態度を知ることができます。

これらのツールを使うことで、自分の性格の全体像を把握することができます。

また、自分や他人の性格タイプやペルソナを知ることで、コミュニケーションや人間関係を改善することにも役立ちます。

MBTIとペルソナ診断は、自分の心の仮面をはずして、自分の本当の自分を見つけるための有用なツールです。

ぜひ、自分の性格タイプやペルソナを診断してみてください。

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー資格取得。 現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)