ISFP(冒険家)

ISFP-AとISFP-Tの違いとは?16性格診断で自分のタイプを知ろう

ISFPは、MBTI(マイヤーズ・ブリッグス・タイプ・インディケーター)という16性格診断で、冒険的で、感受性が豊かで、理想を追求する人とされる性格です。

ISFPは、自分の価値観や感情に基づいて、自由に生きることを好む人です。

しかし、ISFPにもサブタイプがあり、ISFP-AとISFP-Tという2種類に分けられます。

この記事では、ISFP-AとISFP-Tの違いと、それぞれの特徴や相性について解説します。

ISFP-AとISFP-Tの意味と違い

ISFP-AとISFP-Tは、ISFPのサブタイプです。Aは「アサーション(自己主張)」、Tは「タービュレンス(乱暴・動揺)」という意味の略です。このAとTは、自己評価と感情の安定性に関係しています。具体的には、以下のような違いがあります[^1^] [^2^] [^3^]

– ISFP-Aは、自分の能力や決断に自信を持ち、自分の意見や感情をはっきりと表現することができる人です。ストレスに対しても比較的強い耐性を持っており、自分のやり方で物事を進めることができます。自分の可能性を最大限に生かしたいと考えます。
– ISFP-Tは、自分の能力や決断に自信がなく、自分の意見や感情を抑えることが多い人です。ストレスに対しても比較的弱い耐性を持っており、動揺しやすいです。自分の欠点や失敗について多くの不安や自己反省を抱えることがあります。

ISFP-Aの特徴と相性

ISFP-Aは、自分の能力や決断に自信を持ち、自分の意見や感情をはっきりと表現することができる人です。冒険的で、感受性が豊かで、理想を追求する一方、自分の価値観や信念にも忠実です。自分のやり方で物事を進めることができます。以下に、ISFP-Aの特徴と相性について詳しく見ていきましょう。

ISFP-Aの長所と短所

ISFP-Aの長所は、以下のようなものが挙げられます。

– 冒険心があり、新しいことに挑戦することを楽しむ
– 感受性が豊かで、美的感覚や創造性が高い
– 自分の価値観や感情に基づいて、自由に生きる
– 自分の能力や決断に自信を持ち、自分の意見や感情をはっきりと表現する
– ストレスに対しても比較的強い耐性を持ち、落ち着いて対処する
– 自分の可能性を最大限に生かしたいと考える

ISFP-Aの短所は、以下のようなものが挙げられます。

– 現実に満足せず、理想とのギャップに苦しむことがある
– 自分の価値観や信念に固執しすぎて、他人の意見を受け入れないことがある
– 計画性や組織性が低く、ルールや期限を守るのが苦手なことがある
– 感情的になりやすく、感情のコントロールが苦手なことがある
– 過去の失敗や後悔に引きずられることがある

ISFP-Aの向いている仕事と適職

ISFP-Aは、冒険的で、感受性が豊かで、理想を追求する人なので、自分の創造性や感性を発揮できる仕事や、自分の価値観や信念に沿った仕事に向いています。また、自分の能力や決断に自信を持ち、自分の意見や感情をはっきりと表現する人なので、自分のやり方で物事を進められる仕事や、自分の可能性を最大限に生かせる仕事にも向いています。以下に、ISFP-Aに向いている仕事や適職の例を挙げます。

– 芸術・クリエイティブ関係の仕事(作家、画家、写真家、デザイナー、音楽家など)
– 旅行・冒険関係の仕事(旅行作家、ガイド、冒険家、探検家など)
– 美容・ファッション関係の仕事(美容師、ヘアメイク、スタイリスト、モデルなど)
– 環境・動物関係の仕事(環境活動家、動物保護活動家、動物園職員、ペットトレーナーなど)
– 教育・指導関係の仕事(教師、家庭教師、コーチ、カウンセラーなど)

ISFP-Aの恋愛とパートナー

ISFP-Aは、恋愛においても、冒険的で、感受性が豊かで、理想を追求する人です。パートナーに対しては、忠実で、優しく、思いやりがあります。パートナーの気持ちやニーズに敏感で、親切に対応します。パートナーのことを尊重し、自分の意見や感情をはっきりと表現します。パートナーとの関係においても、自分の可能性を最大限に生かしたいと考えます。以下に、ISFP-Aの恋愛とパートナーについて詳しく見ていきましょう。

ISFP-Aの恋愛傾向と恋愛スタイル

ISFP-Aは、恋愛においても、自分の能力や決断に自信を持ち、自分の意見や感情をはっきりと表現する人です。恋愛対象に対しては、積極的にアプローチすることができます。しかし、人に気を使いすぎて、自分のことを犠牲にすることがあるので、注意が必要です。恋愛においても、自分の価値観や信念に忠実で、それに反することには抵抗があります。恋愛スタイルは、冒険的で、感性的で、ロマンチックなタイプです。パートナーとの関係を楽しみ、刺激や感動を求めます。パートナーに対しては、忠実で、優しく、思いやりがあります。パートナーの気持ちやニーズに敏感で、親切に対応します。パートナーのことを尊重し、自分の意見や感情をはっきりと表現します。パートナーとの関係においても、自分の可能性を最大限に生かしたいと考えます。

ISFP-Aの相性の良いパートナーと相性の悪いパートナー

ISFP-Aの相性の良いパートナーは、以下のような性格の人です。

  • ISFP-Aと同じく、冒険的で、感受性が豊かで、理想を追求する人
  • ISFP-Aの価値観や信念を尊重し、支えてくれる人
  • ISFP-Aの自信や積極性を認め、応援してくれる人
  • ISFP-Aの気持ちやニーズに気づき、優しく寄り添ってくれる人
  • ISFP-Aと同じく、パートナーとの関係を楽しみ、刺激や感動を求める人

ISFP-Aの相性の良いパートナーの例としては、以下のような性格の人が挙げられます。

  • ISFP-Aと同じく、冒険的で、感受性が豊かで、理想を追求する人とされる性格のISFP(AもしくはT)
  • ISFP-Aと同じく、自分の価値観や信念に忠実で、それに反することには抵抗がある人とされる性格のINFP(AもしくはT)
  • ISFP-Aと同じく、自分の能力や決断に自信を持ち、自分の意見や感情をはっきりと表現する人とされる性格のENTJ(AもしくはT)
  • ISFP-Aと異なるが、冒険的で、感受性が豊かで、理想を追求する人とされる性格のENFP(AもしくはT)
  • ISFP-Aと異なるが、ISFP-Aの価値観や信念を尊重し、支えてくれる人とされる性格のINFJ(AもしくはT)

ISFP-Aの相性の悪いパートナーは、以下のような性格の人です。

  • ISFP-Aと異なり、冒険心がなく、感受性が低く、現実的な人
  • ISFP-Aの価値観や信念を否定し、批判する人
  • ISFP-Aの自信や積極性を妬み、邪魔する人
  • ISFP-Aの気持ちやニーズに無関心で、無視する人
  • ISFP-Aと異なり、パートナーとの関係を軽視し、不忠で不安定な人

ISFP-Aの相性の悪いパートナーの例としては、以下のような性格の人が挙げられます。

  • ISFP-Aと異なり、冒険心がなく、感受性が低く、現実的な人とされる性格のISTJ(AもしくはT)
  • ISFP-Aと異なり、ISFP-Aの価値観や信念を否定し、批判する人とされる性格のENTP(AもしくはT)
  • ISFP-Aと異なり、ISFP-Aの自信や積極性を妬み、邪魔する人とされる性格のESTP(AもしくはT)
  • ISFP-Aと異なり、ISFP-Aの気持ちやニーズに無関心で、無視する人とされる性格のINTP(AもしくはT)
  • ISFP-Aと異なり、パートナーとの関係を軽視し、不忠で不安定な人とされる性格のESFP(AもしくはT)

まとめ

この記事では、ISFP-AとISFP-Tの違いと、それぞれの特徴や相性について解説しました。ISFPは、冒険的で、感受性が豊かで、理想を追求する人とされる性格ですが、サブタイプによって、自己評価と感情の安定性に違いがあります。ISFP-Aは、自分の能力や決断に自信を持ち、自分の意見や感情をはっきりと表現することができる人です。ISFP-Tは、自分の能力や決断に自信がなく、自分の意見や感情を抑えることが多い人です。この違いは、仕事や恋愛にも影響します。自分のタイプを知ることで、自分の強みや弱みを理解し、自分に合った仕事やパートナーを見つけることができます。あなたは、ISFP-AとISFP-Tのどちらに近いでしょうか?16性格診断で自分のタイプを知ってみましょう。

 

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー取得。現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)