INFP(仲介者)

ISFPとINFPの違いとは?複雑でありながらも分かりやすいポイントについて徹底解説!

ISFPとINFPは、ともに内向的で感覚的で情緒的な性格タイプです。

しかし、彼らは細かいところで大きく異なります。

この記事では、ISFPとINFPの違いを4つのポイントに分けて徹底解説します。

それぞれの性格タイプの特徴や長所、短所、相性などについても触れます。

ISFPとINFPの違いを理解することで、自分や他人の性格を深く理解し、より良い人間関係を築くことができるでしょう。

1. 判断の基準:感覚か直感か

ISFPとINFPの最も大きな違いは、判断の基準にあります。ISFPは感覚型、INFPは直感型です。感覚型と直感型の違いは、以下のようになります。

– 感覚型:現実的で具体的な情報に基づいて判断する。目に見える事実や経験を重視する。細部に注意を払う。
– 直感型:抽象的で理論的な情報に基づいて判断する。目に見えない可能性や未来を重視する。全体像に注意を払う。

ISFPは感覚型なので、現実に即した判断をします。彼らは目に見える美しさや快適さを求めます。彼らは自分の五感に頼り、自分の感情に忠実です。彼らは細かいことにこだわり、手に職をつけることが得意です。彼らは芸術的な才能やセンスを持ち、自分のスタイルを大切にします。

INFPは直感型なので、理想に基づいた判断をします。彼らは目に見えない価値や意味を求めます。彼らは自分の直感に頼り、自分の信念に従います。彼らは大きなことにこだわり、理想を実現することが得意です。彼らは創造的な才能や想像力を持ち、自分の世界観を大切にします。

2. 行動のスタイル:柔軟か計画的か

ISFPとINFPのもう一つの違いは、行動のスタイルにあります。ISFPとINFPは、ともに柔軟型です。柔軟型と計画型の違いは、以下のようになります。

– 柔軟型:自由で自発的な行動を好む。状況に応じて臨機応変に対応する。ルールや期限に縛られるのを嫌う。
– 計画型:秩序や組織のある行動を好む。事前に計画や目標を立てて実行する。ルールや期限を守るのを好む。

ISFPとINFPは柔軟型なので、自由で自発的な行動をします。彼らは状況に応じて臨機応変に対応します。彼らはルールや期限に縛られるのを嫌います。しかし、ISFPとINFPは柔軟型の中でも異なる傾向があります。

ISFPは現在に集中するタイプなので、その場の感覚や感情に従って行動します。彼らは即興的で spontaneity です。彼らは予定や計画を立てるのが苦手で、突発的なことに対応するのが得意です。彼らは自分のペースで生きることを好み、他人に干渉されるのを嫌います。

INFPは未来に集中するタイプなので、自分の理想や目標に従って行動します。彼らは熟考的で reflective です。彼らは予定や計画を立てるのが好きですが、実行するのが苦手です。彼らは変化や不確実性に対応するのが苦手です。彼らは自分の意志で生きることを好み、他人に合わせるのを嫌います。

3. 対人関係のスタイル:協調か主張か

ISFPとINFPのさらにもう一つの違いは、対人関係のスタイルにあります。ISFPとINFPは、ともに協調型です。協調型と主張型の違いは、以下のようになります。

– 協調型:人と仲良くすることを好む。他人の気持ちやニーズに配慮する。調和や平和を重視する。
– 主張型:自分の意見や権利を主張することを好む。自分の目的や利益に集中する。正義や公平を重視する。

ISFPとINFPは協調型なので、人と仲良くすることを好みます。彼らは他人の気持ちやニーズに配慮します。彼らは調和や平和を重視します。しかし、ISFPとINFPは協調型の中でも異なる傾向があります。

ISFPは行動的なタイプなので、自分の感情を行動で表現します。彼らは親切で思いやりがあります。彼らは人との関係を大切にします。彼らはコミュニケーションにおいて、言葉よりも非言語的な要素を重視します。彼らは自分の感情を直接的に伝えるのが苦手で、他人の感情を察するのが得意です。

INFPは思考的なタイプなので、自分の感情を言葉で表現します。彼らは理解力が深く、共感力が高いです。彼らは人との価値観を大切にします。彼らはコミュニケーションにおいて、言葉の意味やニュアンスを重視します。彼らは自分の感情を間接的に伝えるのが得意で、他人の感情を言葉で聞くのが得意です。

4. ストレスの原因と対処法:外的か内的か

ISFPとINFPの最後の違いは、ストレスの原因と対処法にあります。ISFPとINFPは、ともに内的なストレスを抱えやすいです。内的なストレスと外的なストレスの違いは、以下のようになります。

– 内的なストレス:自分の感情や考えによって引き起こされるストレス。自分の理想や期待に満たないことや、自分の信念や価値に反することによって生じる。
– 外的なストレス:他人や環境によって引き起こされるストレス。他人の要求や期待に応えられないことや、自分のコントロールできないことによって生じる。

ISFPとINFPは内的なストレスを抱えやすいので、自分の感情や考えに苦しむことが多いです。彼らは自分の理想や期待に満たないことや、自分の信念や価値に反することに敏感です。彼らは自分の感情や考えを他人に理解されないことや、自分の感情や考えを他人に押し付けられることに不快感を覚えます。しかし、ISFPとINFPは内的なストレスの原因と対処法においても異なる傾向があります。

ISFPは自分の感情に基づいてストレスを感じます。彼らは自分の感情を表現するのが苦手で、自分の感情を抑え込むことが多いです。彼らは自分の感情を否定されることや、自分の感情を無視されることにストレスを感じます。彼らは自分の感情を認めることや、自分の感情を受け入れることがストレスの対処法です。彼らは自分の感情を発散するために、芸術や趣味などの創造的な活動に没頭することが効果的です。

INFPは自分の考えに基づいてストレスを感じます。彼らは自分の考えを表現するのが得意で、自分の考えを主張することが多いです。彼らは自分の考えを否定されることや、自分の考えを変えさせられることにストレスを感じます。彼らは自分の考えを守ることや、自分の考えを共有することがストレスの対処法です。彼らは自分の考えを整理するために、日記やブログなどの言語的な活動に取り組むことが効果的です。

ISFPとINFPの違いとは?複雑でありながらも分かりやすいポイントについて徹底解説!【まとめ】

ISFPとINFPは、ともに内向的で感覚的で情緒的な性格タイプです。しかし、彼らは細かいところで大きく異なります。この記事では、ISFPとINFPの違いを以下の4つのポイントに分けて徹底解説しました。

– 判断の基準:感覚か直感か
– 行動のスタイル:柔軟か計画的か
– 対人関係のスタイル:協調か主張か
– ストレスの原因と対処法:外的か内的か

ISFPとINFPの違いを理解することで、自分や他人の性格を深く理解し、より良い人間関係を築くことができるでしょう。

ISFPとINFPは、それぞれの性格タイプの特徴や長所、短所、相性などについても知ることができます。

ISFPとINFPは、自分の性格タイプに合った生き方や働き方を見つけることができます。

ISFPとINFPは、自分の性格タイプに誇りを持ち、自分の性格タイプを活かすことができます。

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー取得。現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)