INTJ(建築家)

INTJに言ってはいけない言葉15選!建築家タイプについて徹底解説!!

MBTIの中でも特に独特な存在感を放つINTJタイプ。彼らは独立心旺盛で、内省的な思考を好みます。

しかし、その冷静かつ論理的な性格が誤解を招くことも。

ここでは、INTJタイプの人々とより良い関係を築くために避けるべき言葉を15選挙げ、その理由を深掘りしていきます。

忙しい方向けに、本記事の内容を私がまとめると以下の通りです。

INTJに避けるべき言葉15選を紹介。以下はその一部

「感情をもっと表に出したら?」

「もっと柔軟になったらどう?」

「みんなと同じようにしようよ」

「もっと現実を見たら?」

「そんなに計画しなくても大丈夫だよ」

INTJに言ってはいけない言葉1. 「感情をもっと表に出したら?」

INTJタイプの人々は、内面の感情を外に表すことに慎重です。

彼らは感情よりも論理と効率を重視するため、感情を表現することはしばしば不要なものと捉えられます。このような言葉を投げかけると、INTJの人は自分の感情を理解し、尊重していないと感じる可能性があります。

INTJにとって、感情は個人的なものであり、それを公にすることは自分の内面世界への侵入と見なされることが多いです。彼らは感情をコントロールし、客観的な視点を保つことを重要視します。そのため、「感情をもっと表に出したら?」という言葉は、INTJの基本的な性質や価値観に反すると感じられるのです。

感情を表現することに関しては、INTJは自分自身のペースと方法で行うことを好みます。他人からの圧力や期待に応じて感情を表すことは、彼らにとって不快であり、ストレスの原因になることさえあります。したがって、INTJの人々とのコミュニケーションでは、彼らの感情表現のスタイルを尊重し、無理に変えようとしないことが大切です。彼らが自然に感情を表現する瞬間を理解し、受け入れることが、互いの信頼関係を築く鍵となるでしょう。

INTJに言ってはいけない言葉2. 「もっと柔軟になったらどう?」

「もっと柔軟になったらどう?」という言葉は、INTJタイプの人にとってはあまり受け入れがたいものかもしれません。

INTJの人々はしばしば、自分の考え方やシステムに対して非常に計画的で、体系的なアプローチを取ることが知られています。彼らは自分の内面の世界と論理を大切にし、一度決めたことや信じたことに対しては、強い確信を持っています。

したがって、「もっと柔軟になったらどう?」という提案は、彼らの価値観や方法論を否定するかのように受け取られる可能性があります。INTJの人々は新しいアイデアや変化に対して開かれていますが、それは彼らの既存の枠組みや論理に基づいている必要があります。彼らに対して柔軟性を求める際には、その提案がどのようにして彼らの目標や計画に対して有益であるかを明確に示すことが重要です。

また、INTJの人々は自分のアイデアや計画に対して非常に熱心であり、しばしばそれらを実現するために多大な努力を払っています。そのため、彼らの方法を変えるよう提案する場合には、その変更がもたらす具体的な利点や改善点を示すことが効果的です。彼らは自分の方法に固執することが多いですが、論理的で合理的な根拠があれば、新しい考え方を受け入れることができます。INTJの人々とのコミュニケーションでは、尊敬と理解をもって接することが大切です。

INTJに言ってはいけない言葉3. 「みんなと同じようにしようよ」

INTJタイプの人に「みんなと同じようにしようよ」と言うことは、彼らの独立性と個性を尊重する価値観に反するため、避けるべきです。

INTJは内向的直感(Ni)を主機能としており、独自の洞察力と独立した思考を重視します。彼らは自分の内面の声に従い、集団の圧力や一般的な期待に流されることなく、自分なりの方法で物事を進めることを好むためです。

また、INTJは新しいアイデアや改善策を常に考えており、既存の方法や伝統に固執することを退屈と感じる傾向があります。そのため、「みんなと同じようにしようよ」という言葉は、彼らの革新的な思考や創造性を抑制することになりかねません。

INTJにとっては、自分のビジョンや計画を実現することが重要であり、他人の意見や社会的な慣習に従うことは、自己実現の妨げになると感じることが多いです。したがって、彼らの個性を理解し、独自のアプローチを尊重することが重要です。個々の能力を認め、それぞれの方法で貢献することを奨励することが、INTJとの良好な関係を築く鍵となるでしょう。

INTJに言ってはいけない言葉4. 「もっと現実を見たら?」

INTJタイプの人に対して「もっと現実を見たら?」という言葉は、彼らの内向的直感(Ni)と外向的思考(Te)を無視することになり、不快感を与える可能性があります。

INTJは、様々な可能性を知覚し、物事をより良くするためにどうしたらよいかを常に考えています。彼らの頭の中に広がるビジョンを否定されれば、やる気をなくすでしょう。

INTJは、自分のビジョンや分析に基づいて行動し、しばしば革新的なアイデアを持ちます。彼らは自分の分析が正しいと信じており、その分析を否定されると、自分の能力を疑われていると感じることがあります。そのため、「もっと現実を見たら?」という言葉は、INTJの能力を低く見積もっているかのように受け取られ、彼らの自尊心を傷つける可能性があるのです。

INTJにとって、自分の内面の分析やビジョンは非常に重要であり、それを尊重されることを望んでいます。彼らのアイデアや分析が現実離れしていると感じる場合でも、直接的な否定ではなく、理解を深めるための質問をすることが、より建設的なアプローチとなるでしょう。例えば、「なぜそう考えたのか?」や「そのビジョンに至った経緯をもっと教えてくれる?」などの言葉が、INTJにとっては受け入れやすいです。

INTJの思考プロセスやビジョンを尊重し、彼らのアイデアを理解しようとする姿勢を示すことで、INTJとのコミュニケーションはよりスムーズになります。彼らの内面の世界を理解し、支持することで、INTJはよりオープンになり、協力的な関係を築くことができるでしょう。

INTJに言ってはいけない言葉5. 「そんなに計画しなくても大丈夫だよ」

INTJタイプの人々は、計画を立てることで安心感を得ています。

彼らにとって計画は、目標達成への道筋を示し、不確実性を最小限に抑える手段です。そのため、「そんなに計画しなくても大丈夫だよ」という言葉は、彼らの基本的な行動原理を軽視することになりかねません。

INTJは、事前に計画を立てることで、リスクを管理し、効率的にタスクを遂行することができます。計画性は彼らの自己管理能力の表れであり、自分の時間とリソースを最適に活用するための重要な要素です。計画を立てることなく行動することは、INTJにとっては不安やストレスを引き起こす原因となります。

したがって、INTJの人々に対しては、彼らの計画性を尊重し、その方法で物事を進めることを認めることが大切です。彼らの計画に興味を持ち、理解を示すことで、信頼関係を築くことができるでしょう。また、計画に対するフィードバックを提供する際には、論理的で具体的な提案を行うことが、INTJの受け入れやすいアプローチとなります。彼らの計画性を支持し、共に目標に向かって努力する姿勢を見せることが、コミュニケーションを円滑にする鍵です。

INTJに言ってはいけない言葉6. 「もっと社交的になれば?」

INTJタイプの人々は、内向的な性格が強く、一般的に社交的な活動よりも独立した時間を重視します。

彼らは深い思考や独自のプロジェクトに没頭することを好み、大勢の中での交流を求めることは少ないです。そのため、「もっと社交的になれば?」という言葉は、INTJの自然な性質や個人的な選択を尊重していないと感じられる可能性があります。

INTJは、質の高い対話や意味のある関係を築くことに価値を見出します。表面的な交流や義務的な社交は彼らにとってエネルギーの浪費と感じられることが多く、そのような状況では本来の自分を表現することが難しいと感じることがあります。彼らにとって重要なのは、信頼できる少数の人々との深い絆です。

したがって、INTJの人々に対しては、彼らが自分のペースで人間関係を築くことを理解し、支持することが重要です。無理に社交的になることを求めるのではなく、彼らが自然に感じるままに行動することを尊重することが、互いの理解を深めるためには不可欠です。INTJの人々が自分らしくいられる環境を提供することで、彼らもよりオープンになり、交流を楽しむことができるでしょう。

INTJに言ってはいけない言葉7. 「直感より事実を重んじて」

「直感より事実を重んじて」という言葉は、INTJタイプの人にとっては少し誤解を招くかもしれません。

INTJの人々は、自分たちの直感を非常に信頼しており、それを重要な意思決定ツールとして使用しています。彼らの直感は、長年にわたる知識の蓄積と論理的思考の結果であり、単なる感覚や推測ではありません。

INTJの人々は、事実とデータを重視することで知られていますが、それらを解釈し、将来の展望を予測するために直感を用いることもあります。したがって、「直感より事実を重んじて」と言うことは、彼らの判断プロセスの一部を否定することになりかねません。彼らにとって、直感は事実に基づいたものであり、その両方をバランス良く使用することが重要です。

INTJの人々とコミュニケーションを取る際には、彼らの直感を尊重し、それがどのように彼らの論理的な枠組みと結びついているかを理解することが大切です。彼らの直感が事実に基づいていることを認識し、その直感がもたらす洞察を評価することで、より建設的な対話が可能になります。INTJの人々の直感と論理的思考のバランスを尊重することが、効果的なコミュニケーションにつながります。

INTJに言ってはいけない言葉8. 「もっと感情に流されてみたら?」

INTJタイプの人に「もっと感情に流されてみたら?」と言うことは、彼らの論理的で客観的な思考スタイルを無視することになり、不適切なアドバイスとなる可能性があります。

INTJは内向的直感(Ni)を主機能とし、外向的思考(Te)を補助機能として持っているため、感情よりも論理と効率を重視する傾向があります。

彼らは感情を大切にはしますが、決断や行動を決定する際には、感情よりも事実やデータに基づいた論理的なアプローチを取ることが多いです。そのため、「もっと感情に流されてみたら?」という言葉は、INTJの価値観や自己認識に反すると感じられることがあります。

また、INTJは自分の感情を他人に開示することを好まないため、感情を表に出すことを強いられると不快に感じることがあります。彼らは自分の内面を理解し、尊重することを重視するので、感情を表に出すよう促す言葉は、彼らのプライバシーを侵害すると捉えることができます。

INTJとのコミュニケーションでは、彼らの論理的な思考を尊重し、感情に訴えるよりも合理的な議論を展開することが望ましいでしょう。彼らの独立性と個性を理解し、それを尊重することが重要です。感情的なアプローチよりも、論理的で客観的なアプローチを取ることが、INTJとの良好な関係を築く鍵となります。

INTJに言ってはいけない言葉9. 「人の意見も聞いてみたら?」

INTJタイプの人に「人の意見も聞いてみたら?」と言うことは、彼らの独立した思考プロセスや内面の直感を軽視することになり、不快に感じる可能性があります。

INTJは自分の内向的直感(Ni)を信じ、外向的思考(Te)を用いて論理的な分析を行います。彼らは自分のアイデアや決断に自信を持っており、他人の意見を求められると、自分の判断が不十分であるかのように感じることがあります。

また、INTJは新しい情報や異なる視点には開かれていますが、それは自分の探求と分析を通じて得られるものを好みます。他人の意見を聞くことは有益な場合もありますが、INTJにとっては自分の考えを形成する過程が重要です。そのため、他人の意見を聞くように促されると、自分の思考プロセスが尊重されていないと感じることがあります。

このような発言は、INTJが自分の分析や直感を信じていないという印象を与える可能性があるため、彼らの自尊心を傷つけることにもなりかねません。INTJとのコミュニケーションでは、彼らのアイデアや分析を尊重し、理解を深めるための質問をすることが、より建設的なアプローチとなります。例えば、「そのアイデアに至った経緯をもっと教えてくれる?」や「その視点はどのようにして得たの?」といった言葉が、INTJにとっては受け入れやすいでしょう。

INTJの内面の世界を理解し、彼らのアイデアを価値あるものとして扱うことで、より良いコミュニケーションが可能になります。彼らの独立性と創造性を尊重することが、INTJとの関係を深める鍵となるでしょう。

INTJに言ってはいけない言葉10. 「もっとリラックスして」

INTJ型の人に対して「もっとリラックスして」と言うことは、彼らの自然な性格や行動様式を理解していないと捉えられる可能性があります。

INTJ型の人はしばしば、計画性があり、目標指向で、深く物事を考える傾向があります。彼らは自分の仕事やプロジェクトに非常に集中しており、リラックスすることよりも成果を出すことを優先することが多いです。

したがって、「もっとリラックスして」という言葉は、彼らの努力や取り組みを軽視しているように感じさせることがあり、不快感を与えるかもしれません。INTJ型の人々は、自分たちの方法で物事を処理し、ストレスを管理する能力があると信じているため、このようなアドバイスは彼らの自律性を尊重していないと受け取られることがあります。

代わりに、彼らの努力を認め、必要に応じてサポートを提供することで、INTJ型の人々とのより良いコミュニケーションを図ることができます。例えば、「あなたの取り組みには感心しています。もし何か手伝えることがあれば、遠慮なく言ってください」というように、彼らの独立性を尊重しつつ、協力的な姿勢を示すことが効果的です。

INTJに言ってはいけない言葉11. 「もっと冒険してみたら?」

「もっと冒険してみたら?」という言葉は、INTJタイプの人にとってはあまり響かないかもしれません。

INTJは内向的直観型で、計画性があり、理論的なアプローチを好む性格です。彼らは新しい体験や冒険を楽しむことができますが、それは通常、事前によく考えられた計画の一環として行われます。

「もっと冒険してみたら?」という提案は、彼らの慎重で計画的な性格を無視しているように感じられるかもしれません。INTJは自分の快適ゾーンを拡張することには興味がありますが、それは自分のペースで、自分の条件に合わせて行いたいと思っています。したがって、このような発言は、彼らの価値観や個人的なプロセスを尊重していないと受け取られる可能性があります。

代わりに、INTJの人には、彼らの興味や目標に関連する新しいプロジェクトや活動を提案することが、より建設的なアプローチかもしれません。彼らの内面の世界と外部の世界の両方で成長し、学ぶ機会を提供することで、彼らの自然な好奇心と独立心を刺激することができます。

INTJに言ってはいけない言葉12. 「もっと感謝を表現したら?」

INTJタイプの人に「もっと夢を見たら?」と言うことは、彼らの現実的で目標指向の性格を誤解していると感じさせる可能性があります。

INTJは内向的直感(Ni)を主機能としており、具体的な計画と未来へのビジョンを持って行動することを好みます。彼らは夢想家ではなく、実現可能な目標に向けて論理的なステップを踏んで進むことを重視します。

「もっと夢を見たら?」という言葉は、INTJが現実離れした空想に時間を費やすべきだと示唆しているように受け取られかねません。INTJは現実的なアプローチを取り、具体的な成果を出すことに価値を見出すため、このような言葉は彼らの価値観や行動様式と相容れないと感じるでしょう。

また、INTJは自分の内面のビジョンや計画に深くコミットしており、それらを実現するためには現実的な行動が必要だと考えています。そのため、彼らにとって「夢を見る」ことは、しばしば具体的な行動を伴わない無意味な活動と見なされる可能性があります。

INTJとのコミュニケーションでは、彼らの目標指向の性格を理解し、具体的な計画やビジョンについて話し合うことが効果的です。彼らの現実的なアプローチと目標達成に向けた努力を尊重することが、良好な関係を築く鍵となります。夢を見ることを奨励するよりも、彼らの実現可能な目標や計画に焦点を当て、それをサポートすることが重要です。

INTJに言ってはいけない言葉13. 「もっと夢を見たら?」

INTJタイプの人に「もっと夢を見たら?」と言うことは、彼らの現実的で目標指向の性格を誤解していると感じさせる可能性があります。

INTJは内向的直感(Ni)を主機能としており、具体的な計画と未来へのビジョンを持って行動することを好みます。彼らは夢想家ではなく、実現可能な目標に向けて論理的なステップを踏んで進むことを重視します。

「もっと夢を見たら?」という言葉は、INTJが現実離れした空想に時間を費やすべきだと示唆しているように受け取られかねません。INTJは現実的なアプローチを取り、具体的な成果を出すことに価値を見出すため、このような言葉は彼らの価値観や行動様式と相容れないと感じるでしょう。

また、INTJは自分の内面のビジョンや計画に深くコミットしており、それらを実現するためには現実的な行動が必要だと考えています。そのため、彼らにとって「夢を見る」ことは、しばしば具体的な行動を伴わない無意味な活動と見なされる可能性があります。

INTJとのコミュニケーションでは、彼らの目標指向の性格を理解し、具体的な計画やビジョンについて話し合うことが効果的です。彼らの現実的なアプローチと目標達成に向けた努力を尊重することが、良好な関係を築く鍵となります。夢を見ることを奨励するよりも、彼らの実現可能な目標や計画に焦点を当て、それをサポートすることが重要です。

INTJに言ってはいけない言葉14. 「もっと周りを気にしたら?」

INTJタイプの人に「もっと周りを気にしたら?」と言うことは、彼らの自立心や内向的直感(Ni)を軽視することになり、不快感を与える可能性があります。

INTJは自分の内面の洞察や独自のビジョンを大切にし、それに基づいて行動することが多いです。彼らは自分の考えや計画を深く信じており、周囲の意見や期待に流されることなく、自分の判断で物事を進めることを重視します。

「もっと周りを気にしたら?」という言葉は、INTJが他人の意見や社会的な期待に従うべきだというプレッシャーを感じさせるかもしれません。しかし、INTJは自分の内面の声に耳を傾け、それに従って行動することで最高の成果を出すことができると信じています。そのため、このような言葉は彼らの自尊心を傷つけ、自分の価値観や判断を否定されていると感じさせる可能性があります。

INTJとのコミュニケーションでは、彼らの独立性や内面の洞察を尊重し、彼らのアイデアやビジョンを理解しようとする姿勢が重要です。彼らの考えを尊重し、その背景にある理由や動機を理解することで、より良い関係を築くことができます。例えば、「その考えにはどんな意図があるの?」や「そのビジョンを実現するためにはどんなことが必要だと思う?」といった質問をすることで、INTJの考えを尊重し、彼らの内面の世界を理解する手助けになるでしょう。

INTJの内面の世界を尊重し、彼らのアイデアやビジョンを価値あるものとして扱うことで、INTJはよりオープンになり、協力的な関係を築くことができるでしょう。

INTJに言ってはいけない言葉15. 「もっと流行を追ったら?」

INTJ型の人に「もっと流行を追ったら?」と言うことは、彼らの個性や価値観を無視することになりかねません。

INTJ型の人々は独自の基準や内面的な価値観に基づいて行動することが多く、外部のトレンドや流行に左右されることなく、自分自身の選択を重視します。

流行を追うことは、多くの人にとって楽しみや自己表現の一形態ですが、INTJ型の人々はしばしば、実用性や個人的な興味に基づいて物事を選びます。したがって、「もっと流行を追ったら?」という提案は、彼らの自己決定能力や独立した思考を軽視していると感じられる可能性があります。

INTJ型の人々に対しては、彼らの選択やスタイルを尊重し、個性を認めることが大切です。例えば、「あなたのスタイルはユニークで、それがあなたらしさを表していますね」というように、彼らの個性を肯定的に評価することで、より良い関係を築くことができるでしょう。

以上が、INTJタイプの人々に言ってはいけない言葉の15選です。これらの言葉は、彼らの性格や価値観を理解し、尊重するための指針となります。INTJとのコミュニケーションを深めるためにも、これらのポイントを心に留めておくと良いでしょう。どのタイプにも共通することですが、相手を理解し、尊重する姿勢が最も大切なのです。

INTJに言ってはいけないに関する実体験エピソード

私はある日、INTJタイプの友人に対して、彼の考え方を変えるべきだと言ってしまいました。

彼は非常に独立しており、自分の考えに自信を持っている人でした。そのため、私のコメントは彼を不快にさせてしまい、彼は私の意見を尊重するよりも、自分の内省的な思考プロセスを信じることを選びました。

その経験から学んだことは、INTJの人々は自分の考え方や価値観に非常にコミットしているため、彼らの思考プロセスや決断を疑うようなことを言うのは避けるべきだということです。彼らは自分のアイデアを深く考え、論理的な結論に至るまでに多くの時間を費やしています。ですから、彼らの意見を尊重し、異なる視点を提供する場合でも、敬意を持って接することが大切です。INTJの人々は新しい情報にはオープンですが、それが論理的であり、彼らの既存の枠組みに挑戦するものでなければなりません。彼らの知性や独立性を尊重することが、良好な関係を築く鍵です。

INTJに言ってはいけない言葉15選!建築家タイプについて徹底解説!!まとめ

INTJタイプの人々とのコミュニケーションでは、彼らの独立性と論理的思考を尊重することが重要です。

今回挙げた15の言葉は、彼らの価値観や行動様式を理解し、尊重するための一助となるでしょう。INTJとの関係を深めたい場合は、これらのポイントを心に留めておくことをお勧めします。

どのタイプにも共通することですが、相手を理解し、尊重する姿勢が最も大切なのです。

ABOUT ME
この記事の監修者
MBTIラボ編集部。2015年から心理学を学習。心理カウンセラー資格取得。 現在はMBTIについて専門とする「MBTIラボ」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者) X(旧Twitter):@jp_16labo

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA