ENFJ(主人公)

ENFJ(主人公)と相性が悪いタイプ5選!なぜ一部の性格タイプとはうまくいかないのか徹底解説!

ENFJ型は、その社交性とカリスマ性で多くの人々を魅了しますが、一部の性格タイプとは相性が悪いとされています。

この相性の悪さは、ENFJの強い共感力と他者への深い理解が、自己中心的な行動や感情を表に出さないクールな性格とは相容れないためです。

本稿では、ENFJと相性が悪いとされる性格タイプとその理由を探り、相性の悪さを乗り越えるためのコミュニケーションの秘訣を解説します。

忙しい方向けに、本記事の内容を私がまとめると以下の通りです。

  • ENFJ型は社交性とカリスマ性で人々を魅了するが、一部の性格タイプと相性が悪いとされる。
  • ENFJの強い共感力と他者への深い理解が、自己中心的な行動や感情を表に出さないクールな性格と相容れない。
  • ENFJと相性が悪いとされる性格タイプとその理由を探り、相性の悪さを乗り越えるためのコミュニケーションの秘訣を解説。

【ENFJ】相性が悪い性格タイプ1. ISTJ(内向的感覚志向者)

ENFJ型とISTJ型の相性については、両者が異なる価値観やコミュニケーションスタイルを持っているため、一部の面で挑戦があるとされています。

ENFJ型は理想主義的で人々や関係性、価値観に重点を置く傾向がありますが、ISTJ型は伝統や安定性を重視し、変化に対して慎重な姿勢を取ることが多いです。

ENFJ型は他人の感情に共感しやすく、積極的に支援を提供することを好む一方で、ISTJ型は現実的で実用的なアプローチを取り、物事をそのままの形で見ることを好みます。このため、ENFJ型が求める深い感情的なつながりや理想に向けた変化をISTJ型が受け入れにくい場合があります。

しかし、これらの違いは学びの機会ともなり得ます。ENFJ型はISTJ型から安定性や実用性を学ぶことができ、ISTJ型はENFJ型から新しい視点や創造的な思考を学ぶことができるのです2。お互いの強みを理解し、忍耐と理解を持って接することで、バランスの取れた関係を築くことが可能です。

相性が悪いとされることもありますが、それはお互いにとって成長の機会を提供するものであり、異なるタイプ間の理解と協力を深めることができるという点で、価値のある関係性と言えるでしょう。

【ENFJ】相性が悪い性格タイプ2. INTP(内向的直感志向者)

ENFJ(主人公型)とINTP(論理学者型)の相性は複雑です。

ENFJは外向的で感情豊か、他人に対する理解が深く、倫理的な価値観を重んじる人々です。

一方、INTPは内向的で直感的、論理的思考を重視し、新しいアイデアや理論に興味を持つタイプです。

ENFJとINTPの間には、互いの強みを補完し合う可能性がありますが、コミュニケーションのスタイルや価値観の違いから、相性が悪いと感じられることもあります。例えば、ENFJが一方的にINTPに興味を示す関係性になりがちで、INTPはENFJの過干渉を「うざい」と感じることが多いです。ENFJは他者の感情を大切にするのに対し、INTPは自己の中のイメージや論理を大切にするため、その違いが衝突を引き起こす原因になることがあります。

しかし、これらの違いを理解し、互いの視点を尊重することで、バランスの取れた関係を築くことも可能です。ENFJがINTPの独立性を尊重し、INTPがENFJの協調性を理解することが、良好な関係を築く鍵となります。お互いの違いを認め合い、学び合うことで、相性の良い関係に発展することもあるでしょう。

【ENFJ】相性が悪い性格タイプ3. ESTP(外向的感覚志向者)

ENFJ型とESTP型の間には、相性が悪いとされることがあります。

これは、ENFJ型の感情的なアプローチとESTP型の実践的で直接的なスタイルが衝突する可能性が高いためです。

ENFJ型は外向的で人間関係と共感を重視し、組織的なリーダーシップを発揮します。一方、ESTP型は実用的で即興的な行動を好み、具体的な結果と現実的な問題解決に焦点を当てます。

ENFJ型は感情的で影響力があり、他人に対する共感や支援を惜しみません。彼らは人々をまとめ、共通の目標に向かわせる能力があります。対人スキルが高く、自分の信念に情熱を持ち、それを伝えることができます。

一方で、ESTP型は行動志向であり、新しい経験や冒険を求め、社交的でエネルギッシュな性格を持っています。彼らは状況を素早く把握し、即座に行動に移すことができ、柔軟な思考を持っています。

ENFJ型とESTP型はどちらも活動的で社交的ですが、その焦点とアプローチに違いがあります。ENFJ型はより計画的で感情的なつながりを大切にするのに対し、ESTP型は現在の状況に応じた迅速な対応を重視します。このため、ENFJ型の計画性とESTP型の即興性の違いが、相互理解を難しくすることがあります。

しかし、ENFJ型とESTP型は、異なる特性を持ちながらも互いに補完する関係を築くことができます。ENFJ型の組織化された対人関係のスキルと感情的な共感は、ESTP型の実践的で行動指向のアプローチを補完します。

ESTP型はENFJ型に対して新しい経験と実践的な活動を提供し、ENFJ型はESTP型に人間関係の管理と感情的な支援を提供します。ただし、ENFJ型の計画性とESTP型の即興性の違いは、互いのスタイルを理解し調整することが必要になるでしょう。

ENFJ型がESTP型をより理解するためには、ESTP型の実践的なアプローチ、エネルギッシュな性格、および瞬間を楽しむ姿勢を受け入れることが大切です。

ESTP型がENFJ型を理解するためには、ENFJ型の社交性、組織化能力、および他者への深い配慮を理解し、尊重することが必要です。双方が努力を惜しまず、相手を理解し、尊重することで、非常に良好な関係を築くことができます。

【ENFJ】相性が悪い性格タイプ4. INTJ(内向的直感志向者)

ENFJとINTJの相性については、一般的には良いとされていますが、いくつかの点で相性が悪いと感じられることもあります。

ENFJは外向的感情型で、人々との関係を大切にし、共感的で支援的な性格です。一方、INTJは内向的直感型で、独立心が強く、内省的で理論的なアプローチを好む傾向があります。

ENFJは人間関係を重視し、他人とのコミュニケーションを通じて意見を形成することを好みますが、INTJは自分の内面の世界に焦点を当て、独自の洞察に基づいて意見を形成します。このため、ENFJはINTJが社交的な場で苦手意識を持つことや、感情よりも論理を優先する姿勢に戸惑うことがあります。

また、ENFJは人々を励ますことに喜びを感じ、集団の中でリーダーシップを発揮することが多いですが、INTJは自分の考えや計画に従って行動することを好み、他人の意見に左右されることを好まないため、ENFJが提供するサポートを必ずしも受け入れないことがあります。

相性が悪いと感じられるのは、ENFJが人間関係や感情的なつながりを重視するのに対し、INTJは個人の独立性や論理的な思考を重視するため、価値観の違いから衝突が生じる可能性があるからです。しかし、お互いの違いを理解し、尊重することで、これらの性格タイプ間でも有意義な関係を築くことが可能です。

【ENFJ】相性が悪い性格タイプ5. ISTP(内向的感覚志向者)

ENFJとINTJの相性については、一般的には良いとされていますが、いくつかの点で相性が悪いと感じられることもあります。

ENFJは外向的感情型で、人々との関係を大切にし、共感的で支援的な性格です。一方、INTJは内向的直感型で、独立心が強く、内省的で理論的なアプローチを好む傾向があります。

ENFJは人間関係を重視し、他人とのコミュニケーションを通じて意見を形成することを好みますが、INTJは自分の内面の世界に焦点を当て、独自の洞察に基づいて意見を形成します。このため、ENFJはINTJが社交的な場で苦手意識を持つことや、感情よりも論理を優先する姿勢に戸惑うことがあります。

また、ENFJは人々を励ますことに喜びを感じ、集団の中でリーダーシップを発揮することが多いですが、INTJは自分の考えや計画に従って行動することを好み、他人の意見に左右されることを好まないため、ENFJが提供するサポートを必ずしも受け入れないことがあります。

相性が悪いと感じられるのは、ENFJが人間関係や感情的なつながりを重視するのに対し、INTJは個人の独立性や論理的な思考を重視するため、価値観の違いから衝突が生じる可能性があるからです。しかし、お互いの違いを理解し、尊重することで、これらの性格タイプ間でも有意義な関係を築くことが可能です。

【ENFJ】相性の悪さを乗り越える方法

ENFJ型とISTJ型の相性の悪さを乗り越えるためには、以下のような方法が考えられます。

互いの価値観を尊重する

ENFJ型は理想主義的で、ISTJ型は実用主義的です。お互いの違いを認識し、相手の価値観を尊重することが大切です。

コミュニケーションを重視する

異なるコミュニケーションスタイルを持つ両者は、意思疎通のために努力が必要です。率直な対話を通じて、お互いの考えや感情を共有することが重要です1

柔軟性を持つ

ENFJ型は変化を受け入れやすいですが、ISTJ型は変化に対して慎重です。お互いに柔軟性を持ち、新しいアイデアや方法を試すことで、相互理解を深めることができます。

強みを活かす

ENFJ型の共感力やISTJ型の実用性は、お互いにとって学びの機会となります。相手の強みを認め、それを関係性の強化に活かすことができます2

個々の成長を促す

相性の違いは、個人の成長にもつながります。お互いの違いから学び、自己改善につなげることができます3

相性の悪さは乗り越えがたい障害ではなく、お互いの理解を深め、より豊かな関係を築くための機会と捉えることができます。互いに対する理解と尊重があれば、相性の違いを乗り越えることが可能です。

また、お互いの違いを受け入れ、それを関係性の強化に活かすことで、より充実した関係を築くことができるでしょう。

【ENFJ相性の悪いに関する実体験エピソード

私は学生時代、学校で友情の葛藤に直面したことがあります。

当時、私はENFJタイプで、人々とのつながりを大切にしていました。しかし、友達との関係が時折複雑になることもありました。

ある日、私は親友との間で意見の不一致が生じました。彼女はINTJタイプで、論理的思考を重視していました。私たちは学業のプロジェクトで協力することになり、私はアイデアを出し、感情的な側面を重視しましたが、彼女は合理的なアプローチを求めていました。

私たちは意見の対立に直面しました。私は感情的になり、彼女は論理的に反論しました。私たちは互いに理解しようと努力しましたが、私たちの異なるアプローチが衝突してしまいました。

この経験から、ENFJとINTJの相性について学びました。私たちは異なる視点を持ち、コミュニケーションスタイルも異なります。私は感情を重視し、彼女は論理を重視していました。私たちはお互いを尊重しながら、協力する方法を見つける必要がありました。

このエピソードは私にとって貴重な経験であり、異なるMBTIタイプ同士の友情がどのように成長するかを理解する手助けとなりました。私たちはお互いの強みを活かし、調和を保ちながら友情を築いていくことが大切だと感じました。

このエピソードは、私が学校で友情について学んだ重要な瞬間でした。ENFJとINTJの相性の違いを理解し、お互いを尊重することで、友情は深まっていくのだと思います。

ENFJと相性が悪いタイプ5選!なぜ一部の性格タイプとはうまくいかないのか徹底解説!まとめ

ENFJと相性が悪いとされる性格タイプとの関係は、挑戦的なものですが、相互理解と尊重を通じて、有意義な関係を築くことが可能です。

ENFJは、相性の悪さを乗り越えることで、自己成長を促進し、より多様な人々との関係を深めることができるでしょう1234.

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー資格取得。 現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)