ESTP(起業家)

ESTP(起業家)はサイコパスだと思われる理由15選!性格や適性について徹底解説!

MBTIとは、人の性格を16種類に分類する心理学的な理論です。

MBTIでは、人の性格は4つの指標によって決まります。 それぞれの指標は、2つの対立する傾向のうちどちらに近いかで表されます。 4つの指標は以下の通りです。

  • 外向性(E)と内向性(I)
  • 感覚(S)と直感(N)
  • 思考(T)と感情(F)
  • 判断(J)と知覚(P)

MBTIでは、これらの指標の組み合わせによって、16種類の性格タイプが定義されます。 例えば、外向性・感覚・思考・知覚のタイプはESTPと呼ばれます。

この記事では、MBTIの性格タイプの中でも、ESTPについて詳しく見ていきます。 ESTPは、エネルギッシュで、社交的で、実践的な人たちです。 彼らは状況をその場その場で変える能力を持っており、リアルタイムな情報に基づいて行動することを好みます。

しかし、ESTPはよく「性格が悪い」とか「サイコパス」と言われています。 これは本当なのでしょうか? ESTPはどのような性格を持ち、どのような魅力を発揮するのでしょうか?

本記事ではまず、ESTPの性格や適性について解説します。 その上で、ESTPとサイコパスの比較を行い、彼らの類似点や違いを明らかにしていきます。

最後に、ESTPの恋愛傾向や有名人の例についても紹介します。

忙しい方向けに、本記事の内容を私がまとめると以下の通りです。

  • ESTPはMBTIの性格タイプの一つで、起業家型と称され、エネルギッシュで社交的で実践的な人たち。
  • ESTPの長所は行動力、問題解決能力、カリスマ性、新しい経験を楽しむこと、人との接し方が得意。
  • ESTPの短所は感情的な問題に理解が乏しいこと、長期計画を立てるのが苦手、自分の意見を強く主張すること、ルールや慣習を無視すること、過度にリスクを好むこと。
  • ESTPとサイコパスは一見すると類似点があるが、最大の違いは他者への共感の有無。

ESTPが頭おかしいと言われる理由30選!行動的で冒険好きな性格の裏側

ESTP(起業家)はサイコパスだと思われる理由1.衝動的な行動

ESTP(起業家)タイプがサイコパスだと誤解される理由の一つは、衝動的な行動が多いことです。

起業家型ESTPはエネルギッシュで、いろんなことに興味・関心を持ちます。そのため、有り余るエネルギーを費やし、興味を持ったことに情熱を注ぐ才能を持っています。しかし、そのぶん後先を考えずに行動することが多いので、衝動性のある人だと思われてしまうこともあります。

会社やチームに所属していると、衝動的に行動して全体に迷惑をかけることもありますよね。立場や場合によっては、すぐに行動したい衝動を抑えなければいけないこともあるでしょう。この衝動的で我慢ができないところが、自己中心的で性格が悪いと思われてしまうこともあります。

また、ESTPは短期的な成功に集中し過ぎることもあります。長期的な計画や目標設定に苦手意識を持つため、即時の利益や快楽を優先することがあります。この特性も、衝動的な行動と結びついて、性格が悪いと誤解されることがあります。

ESTPは、自分の強みを活かしつつ、周囲の人々とのバランスを取ることが大切です。

ESTP(起業家)はサイコパスだと思われる理由2.注意散漫

ESTP(起業家)は、興味深い性格タイプであり、彼らの特性にはさまざまな側面があります。

注意散漫さがサイコパス的に思われる理由について、以下に詳しく説明します。

注意散漫さ

ESTPは現在に焦点を当てるタイプです。彼らは瞬時に物事を評価し、即座に行動します。

しかし、この特性は時に計画性の欠如として解釈されることがあります。ESTPは、長期的な視点よりも即時の結果に焦点を当てる傾向があります。

冒険心とリスク

ESTPは冒険心旺盛であり、新しい経験や刺激を求めます。彼らはリスクを取ることを恐れません。

この特性は、時に無謀さと誤解され、サイコパス的な特性と結びつけられることがあります。

感情の欠如

ESTPは感情よりも論理に基づいて意思決定します。感情的な側面を抑えて、合理的な判断をします。

これが他人には無感情に見えることがあり、サイコパス的だと誤解されることがあります。

即興性と柔軟性

ESTPは計画よりも即興を好みます。柔軟で臨機応変に行動することが得意です。

しかし、これが無計画さとして誤解され、サイコパス的な特性と結びつけられることがあります。

社交的なエネルギー

ESTPは社交的であり、人々との関わりを楽しむことが好きです。彼らはエネルギッシュで、人々を引きつけます。

しかし、感情的な深層への接続は得意ではないため、サイコパス的だと誤解されることがあります。

総じて、ESTPは活発で冒険心旺盛な性格であり、彼らの特性は多面的です。注意散漫さは、彼らの個性の一部であり、サイコパス的な特性とは異なります。

ESTP(起業家)はサイコパスだと思われる理由3.イライラしやすい

ESTP(起業家)は、エネルギッシュで社交的な性格であり、実践的な人々です。

彼らは状況をその場その場で変える能力を持ち、リアルタイムな情報に基づいて行動することを好みます。しかし、ESTPは「性格が悪い」とか「サイコパス」と言われることがあります。これは本当なのでしょうか?

以下に、ESTPの性格や適性、およびサイコパスとの比較について詳しく説明します。

ESTPの性格特性

ESTPは、次のような性格特性を持っています:

  1. 行動力と即決力:ESTPは、自分の直感や感覚に従って即座に行動します。問題に直面した際、事実を見てすぐに解決策を考えます。計画を立てる時間をあまり取らず、即興的に行動します。
  2. 具体的な視点:ESTPは抽象的な理論や概念にあまり興味を持ちません。代わりに、具体的で実用的な情報を好みます。これに基づいて合理的に考え、即座に行動します。
  3. 社交的なスキル:彼らは非常に観察力があり、他の人が気づかない細かい点に気付きます。社交的で、説得力のある「早口」で話すことが多いです。
  4. 時折の衝動的な行動:ESTPは計画的ではありません。瞬間的に反応し、時には冒険的な行動を取ります。失敗を恐れず、進んで修正します。

ESTPとサイコパスの比較

ESTPとサイコパスは、一見するといくつかの類似点がありますが、深層部分では大きな違いがあります。

最大の違いは、他者への共感の有無です。

  • ESTPは現実的な価値観を持ち、社会的なルールを尊重します。一方、サイコパスは道徳的な規範を無視し、他者の感情に無関心です。
  • ESTPは、自分の行動力や即応性を活かして、リーダーシップを発揮することがあります。一方、サイコパスは、自己中心的で他人を利用することを目的としています。
  • ESTPは、感情的な問題に対する理解が乏しいことがありますが、サイコパスは感情に対して無関心です。

総括すると、ESTPは自分の特性を生かして、様々な職業や役割に向いています。彼らは行動力があり、即座に問題に対処する能力を持っています。

サイコパスとは異なり、ESTPは他人との関係を大切にし、社会的なルールを尊重します。彼らは自分の行動力を活かして、成功を収めることができる一方で、感情的な問題に対する理解が乏しいこともあります。

ESTP(起業家)はサイコパスだと思われる理由4.自己中心的

ESTP(起業家)は、エネルギッシュで行動指向の強い性格タイプです。

彼らは前にあるものを巧みに航海し、人々との社交や個人的な追求において人生の機会を見つけることが好きです。 しかし、彼らの特徴がサイコパスと直接関連しているわけではありません。

自己中心的な性格は、ESTPタイプにも見られる特徴の一部ですが、サイコパスとは異なります。以下に、ESTPタイプの自己中心的な側面について詳しく説明します。

自己肯定感の高さ

ESTPは自信家で、自分のことを大好きな性格です。彼らは自己肯定感が常に高く、メンタル面でもブレない強さを持っています。

一方で、欲求にはめっぽう弱く、本能的に行動しがちなところが最大の欠点と言えるでしょう。計画的に物事を進めることはおろか、約束や待ち合わせ時間にもルーズです(ただし、仕事の場合はちゃんとする)。

約束を守れない

ESTPは基本的に約束やルールを守ることができません。遅刻常習犯で、LINEやメールも未読のまま放置してしまいます。

無理に社会適合するよりも、自分の直観に従って行動することを好む傾向があります。

衝動に勝てない

行動力のあるESTPは、自分のやりたい衝動が一切押さえられません。計画通りに物事を進めるなんて絶対ムリ!

とにかく己の欲求を最優先してしまうため、酒・ギャンブル・浮気のいずれかにだらしがない可能性が非常に高いでしょう。

すぐ飽きる

ESTPは熱しやすく冷めやすい、極端な飽き性です。P型(知覚型)の傾向が強いほど、経営者としては破綻的な行動を取りがちです。

起業が向いていると書きましたが、飽きっぽいので長期的な戦略には全くの不向きでしょう。逆に、この飽きっぽさを逆手に取って、短期で完結するビジネスモデルに限定するのも一つの手です。

ESTPタイプの人々は、自己中心的な側面を持ちつつも、彼らの大胆な行動力や観察力など、多くの素晴らしい特性を持っています。

ESTP(起業家)はサイコパスだと思われる理由5.感情的

ESTP(起業家)は、一部の人々からサイコパスと誤解されることがありますが、その理由を以下に詳しく説明します。

感情的でない

ESTPは論理的思考を重視し、感情よりも客観性を重視します。彼らは感情的な側面を抑え、冷静に問題を解決することを好みます。しかし、この感情の抑制が、他人から冷淡で無感情と誤解されることがあります。

即興的で冷酷な行動

ESTPは計画よりも即興的な行動を好みます。彼らは状況に応じて即座に行動し、冷酷な決断を下すことがあります。この特性が、他人からサイコパス的だと誤解される原因の一つです。

リスクを取る姿勢

ESTPは冒険的でリスクを恐れません。彼らは新しいアイデアやビジネスチャンスを追求し、大胆な行動を起こすことがあります。このリスクを取る姿勢が、他人から冷酷で無謀と誤解されることがあります。

感情を表現しない

ESTPは感情を表現することを避けることがあります。彼らは感情よりも実用性を重視し、感情的な側面を隠すことがあります。このため、他人から感情的でないと誤解されることがあります。

自己中心的な行動

ESTPは自分の利益を最優先に考えることがあります。彼らは自己中心的な行動をとることで、他人から冷酷で利己的だと誤解されることがあります。

要するに、ESTPは冷静で即興的な性格を持ち、感情を抑えることがありますが、それが他人からサイコパス的だと誤解されることがあります。しかし、彼らは単に異なる価値観や行動スタイルを持っているだけであり、必ずしもサイコパスではありません。

ESTP(起業家)はサイコパスだと思われる理由6.協調性がない

ESTP(起業家)タイプがサイコパスだと思われる理由の一つに「協調性がない」という点があります。

この誤解は、ESTPが自分の意思に沿って行動する傾向が強いために生じることがあります。

ESTPは、直感や感情をベースに行動することが多く、その瞬間瞬間で最善と思われる選択を追求します。彼らは自分の考えや感覚に自信を持ち、それに従って即座に行動に移すことが得意です。しかし、このような特性が、周囲の意見を聞かずに自分の行動を貫こうとする姿勢として捉えられることがあります。

チームワークを重視する環境では、他人との協力や合意形成が求められますが、ESTPは自分の判断を優先するため、他人との調和を取ることが苦手とされることがあります。その結果、彼らの行動が協調性に欠けると見なされ、時には「性格が悪い」と誤解される原因になることもあるのです。

しかし、実際にはESTPも他人と協力し、共同で目標に向かって努力することができます。彼らの行動的でリーダーシップのある性格は、適切に理解され活用されれば、チームや組織にとって大きな強みとなり得ます。ESTPの性格を正しく理解し、彼らの強みを活かすことが重要です。

ESTP(起業家)はサイコパスだと思われる理由7.ルールを守らない

ESTP(起業家)は自由奔放で行動指向の性格タイプです。

彼らは瞬間的な刺激アドレナリンを求める傾向があり、そのためには時にルールを破ることも厭わないとされています。以下に、ESTPがルールを守らないと思われる理由をいくつか挙げてみましょう。

柔軟性と臨機応変さ

ESTPは柔軟性が高く、臨機応変に対応する能力があります。彼らは状況に応じて最適な行動を取ることを重視し、その過程で既存のルールを無視することがあります。

即興性

ESTPは計画よりも即興を好みます。彼らはチャンスを見つけると、その瞬間を逃さずに行動に移すことが多く、その際にルールや社会的期待を無視することがあります。

自己の道徳観

ESTPは自分の道徳観に従うことを重視します。彼らにとって、自分の信念に基づいて行動することが最も重要であり、他人が定めたルールよりも自分の内なる指針を優先します。

退屈との戦い

ESTPは退屈を極端に嫌います。彼らは退屈を避けるために追加のリスクを取ることがあり、その過程でルールを破ることもあります。

高い行動力

ESTPは行動力があり、大胆で恐れを知らない性格です。彼らは新しい経験や刺激を求めて行動し、その過程でルールを破ることがあります。

これらの理由から、ESTPがルールを守らないと思われることがありますが、それは彼らの自由を重視する性格即時の結果に焦点を当てる傾向によるものです。

ESTPは多くの場合、ルールを破ることで新しい可能性を探求し、自分の限界を押し広げることを楽しんでいます。

ESTP(起業家)はサイコパスだと思われる理由8.内向的な人を見下す

ESTP(起業家)タイプが内向的な人を見下すと思われる理由は、ESTPの社交的で活動的な性格特性と、内向的な人々の静かで控えめな行動との間にある対照的な特徴に起因する可能性があります。

ESTPはエネルギッシュで、人との交流を楽しむ傾向があり、そのために彼らはしばしば社会的な場で目立ちます。

一方で、内向的な人々は人混みや大きな社交場においてエネルギーを消耗しやすく、静かで個人的な時間を好むことが多いです。このような違いから、ESTPは内向的な人々が社交的な場で積極的でないことを理解しづらいかもしれません。その結果、内向的な人々を見下すように見えることがあります。

しかし、これは一般的な誤解であり、ESTPが実際に内向的な人々を見下しているわけではありません。ESTPは、彼ら自身の社交的な性格とは異なる行動を取る人々に対して、単に理解が不足していることがあるのです。ESTPは、他人の行動や動機を自分の視点から解釈することが多く、そのために他人の内向性を誤解することがあります。

ESTPは、内向的な人々が持つ独特の強みや価値を認識し、尊重することが大切です。内向的な人々は、深い思考や集中力、そして独自の視点を持っており、これらはチームやプロジェクトに貴重な貢献をもたらすことができます。ESTPが他者の性格特性を理解し、受け入れることで、より協調的で包括的な関係を築くことができるでしょう。

総じて、ESTPが内向的な人々を見下すというのは、性格の違いに対する誤解に基づくステレオタイプであり、実際にはESTPも内向的な人々も互いに学び合い、成長する機会を持つことができます。

ESTP(起業家)はサイコパスだと思われる理由9.言い方がキツい

ESTP(起業家)タイプが「言い方がキツい」と思われる理由は、彼らの直接的で率直なコミュニケーションスタイルにあります。

ESTPは、思ったことをはっきりと言う傾向があり、これが時には他人に対して厳しい印象を与えることがあります。

ESTPは以下のような特徴を持っています:

  • 直接的なコミュニケーション:
    • ESTPは、自分の考えや意見を率直に表現することが多く、遠回しに話すことを好みません。これは、彼らが客観的かつ論理的な思考を重視するためです。
  • 即座の問題解決:
    • 問題に直面した際、ESTPは迅速に事実を把握し、即座に解決策を提案します。計画を立てるよりも、その場の状況に応じて行動することを好むため、言葉がキツくなることがあります。
  • 社交的なスキル:
    • ESTPは非常に観察力が高く、他人が気づかない細かい部分まで捉えることができます。このため、社交場面では話が早く、説得力があると感じられることがあります。
  • 衝動的な行動:
    • 計画を立てるよりも、直感に従って行動することが多いESTPは、時に衝動的になり、後先考えずに発言することがあります。これが、言い方がキツいと捉えられる原因の一つです。

これらの特徴は、ESTPが自己主張が強く、自信に満ち溢れていることを示しています。

しかし、彼らのコミュニケーションスタイルがキツいと感じられることがあっても、ESTPは他人との関係を大切にし、チームワークを重視する側面も持っています。

そのため、彼らの言い方がキツいと感じられることはあっても、それがサイコパスと同一視されるべきではありません。ESTPの人々は、彼らなりの方法でコミュニケーションを取り、周囲と協力していく能力を持っています。

ESTP(起業家)はサイコパスだと思われる理由10.迷惑をかけることが多い

ESTP(起業家)の性格タイプが迷惑をかけると思われる理由には、彼らの行動的で冒険的な性格が関係しています。

以下に、その理由をいくつか挙げてみましょう。

衝動的な行動

ESTPは非常に行動的で、衝動に駆られやすい性格をしています。計画よりも直感に従って行動するため、時には周囲に迷惑をかけることがあります。

ルールや約束にルーズ

ESTPは柔軟性があり、ルールや約束に対しても柔軟な態度を取ることが多いです。これが、約束を守れないという印象を与え、他人に迷惑をかける原因になることがあります。

短期的な満足を求める

ESTPは瞬間的な楽しさや満足を重視する傾向があります。そのため、長期的な視点に欠ける行動を取ることがあり、結果的に他人に迷惑をかけることがあります。

リスクを取る姿勢

ESTPはリスクを恐れず、冒険的な行動を好むため、時には無謀とも取れる行動を取ることがあります。これが、他人に迷惑をかけると見なされることがあります。

自己中心的な行動

ESTPは自己実現や目標達成に向けて積極的ですが、その過程で他人のニーズを見落とすことがあります。これが、自己中心的で迷惑をかけると思われる理由の一つです。

これらの特性は、ESTPが迷惑をかけると思われる理由の一部ですが、これらはあくまで一般的な傾向であり、個々のESTPによって異なることを理解することが重要です。

ESTPの行動は、彼らのエネルギッシュで行動的な性格から来ており、必ずしも悪意があるわけではありません。

ESTP(起業家)はサイコパスだと思われる理由11.責任感がない

ESTP(起業家)タイプが責任感がないと思われる理由については、彼らの性格特性が関係しています。

ESTPは非常に現実的で、目の前の事象に対して直接的かつ迅速に反応する傾向があります。彼らは瞬間的な刺激や行動を重視し、長期的な計画や約束に対しては比較的ルーズな態度を取ることが多いです。

この性格タイプは、柔軟性があり、臨機応変な対応力を持っているため、計画性に欠けることがあります。また、ESTPは自分の直観や欲求に従うことを好むため、約束やルールを守ることに対しても同様にルーズな傾向があります。

しかし、これはESTPが責任感がないというわけではなく、彼らのエネルギッシュで行動的な性格が、時には責任感のある行動とは異なる形で表れることがあるということです。彼らは状況に応じて迅速に行動を起こすことができ、問題解決においては非常に有能です。そのため、彼らが責任感がないと見なされることは、彼らの性格の一面を誤解している可能性があります。

ESTPは、自分の行動に対する結果を理解し、必要に応じて責任を取ることができる人々です。彼らは自由を愛し、自分の方法で物事を成し遂げることを好むため、従来の方法や期待に縛られることなく、新しいアイデアや解決策を試みることが多いです。

総じて、ESTPが責任感がないと見なされることは、彼らの性格特性と行動スタイルの誤解によるものであり、彼らが実際には柔軟で迅速な問題解決者であることを理解することが重要です。彼らの行動力と冒険心は、多くの場合、彼らが直面する課題に対して責任を持って取り組んでいることを示しています。

ESTP(起業家)はサイコパスだと思われる理由12.短期的な利益を追求する

ESTP(起業家)は行動指向で、即時の結果に重きを置く性格タイプです。

彼らは目の前の機会を最大限に活用しようとするため、短期的な利益を追求する傾向があります。以下に、その理由を詳しく見ていきましょう。

即座の行動

ESTPは、問題に直面したとき、事実を迅速に評価し、即座に解決策を見つけ出します。

彼らは計画よりも即興を好むため、長期的な計画を立てるよりも、その場での迅速な行動を取ります。

実用性の重視

ESTPは抽象的な理論よりも具体的な情報を好みます。彼らは、すぐに考えて行動に移せる実用的な情報を求めます。

社交的なスキル

ESTPは非常に観察力が高く、他の人が気づかない細部に注目します。彼らは、社交的な場で数歩先を行くように見えることがあります。

衝動的な行動

ESTPは計画者ではなく、時に衝動的に行動します。この「先に行動してから考える」姿勢は、時に問題を引き起こすことがあります。

短期的な焦点

ESTPは短期的な焦点を好み、長期的な問題を見逃すリスクがあります。彼らは、即時の問題に没頭するあまり、長期的な問題を見落とすことがあります。

これらの特性から、ESTPが短期的な利益を追求すると思われる理由が見えてきます。

彼らはエネルギッシュ影響力があり行動指向でありながら、時に衝動的競争心が強いため、短期的な成功や成果を重視する傾向があります。

しかし、これは彼らの適応力資源を活用する能力の表れでもあります。

ESTP(起業家)はサイコパスだと思われる理由13.挑戦的な態度

ESTP(起業家)の人々が挑戦的な態度を取ることが、彼らがサイコパスだと思われる理由の一つに挙げられることがあります。

ESTP型は「起業家」とも呼ばれ、エネルギッシュで実践的なタイプとして知られています。彼らは新しい状況や挑戦を楽しみ、変化を恐れず、自信を持って行動することが多いです。このような特性は、時に他人に対して挑戦的であるかのように誤解されることがあります。

ESTP型の人々は、冒険を好み、予測不可能な状況や驚き、そして挑戦を好む傾向があります。彼らは現実的で、物事をそのままの姿で見る能力に長けており、直感的に行動することが多いです。しかし、これらの特性が挑戦的な態度として捉えられることがあります。

また、ESTP型の人々は社交的で魅力的であり、困難な状況に直面することを楽しむとされています。彼らは話し好きで、多くの友人を持ち、ユーモアのセンスもありますが、深い感情的なつながりを築くことには苦労することがあります。これは、ESTP型が現在に集中しているため、先を考えたり、物事を最後までやり遂げることに苦労することがあるからです。

ESTP型の人々が挑戦的な態度を取ることは、彼らの性格の一部であり、必ずしも他人に対する敵意や攻撃性を意味するものではありません。彼らは自分のアイデアを現実に変えるために行動する「実行者」であり、その過程で強い意志を持っていることがあります。

サイコパスという言葉は、反社会的な性格障害を持つ人々を指すことが多いですが、ESTP型の人々がサイコパスであるという証拠はありません。サイコパスとされる特徴の一つに、他人への共感の欠如がありますが、ESTP型の人々は他人との関係を大切にし、共感する能力を持っています。

したがって、ESTP型の人々が挑戦的な態度を取ることは、彼らの性格の一部であり、それがサイコパスであるという証拠にはなりません。ESTP型の人々は、自分たちの強みを活かして、積極的に行動し、新しい経験を求めることで、多くの成功を収めています。彼らの性格を理解し、その強みを尊重することが重要です。

ESTP(起業家)はサイコパスだと思われる理由14.過度にリスクを好む

ESTP(起業家)タイプが過度にリスクを好むと思われる理由は、彼らの行動指向と現実主義の性格特性に基づいています。

ESTPは、新しいアイデアや未知の領域に飛び込むことに自信を持っており、しばしば「高リスク、高報酬」の概念を楽しむとされています。

以下に、ESTPタイプがリスクを好むとされる理由をいくつか挙げます:

行動主義

ESTPは、行動を通じて学ぶことを好み、計画よりも即興で対応することを好むため、リスクを取ることが多くなります。

現実主義

彼らは抽象的な理論よりも実用的な情報を好み、合理的に考えてすぐに行動に移すことができます。これにより、リスクを取ることが自然となります。

社交的なスキル

ESTPは非常に観察力が高く、他人が気づかない細かい部分まで捉えることができます。このため、彼らは社交場面で自信を持って行動し、リスクを取ることがあります。

独立心と自立心

ESTPは独立心が強く、他人に依存することを好まないため、自分の判断でリスクを取ることがあります。

これらの特徴は、ESTPがリスクを取ることに積極的であることを示していますが、それがサイコパスと同一視されるべきではありません。

サイコパスは反社会的な性格障害を持つ人々を指す用語であり、ESTPのような性格タイプが必ずしもその障害を持っているわけではありません。

ESTPタイプの人々は、彼らの行動指向と現実主義を活かして、多くの場合、成功を収めることができます。

ESTP(起業家)はサイコパスだと思われる理由15.継続性の欠如

ESTP(起業家)タイプが責任感がないと思われる理由については、彼らの性格特性が関係しています。

ESTPは非常に現実的で、目の前の事象に対して直接的かつ迅速に反応する傾向があります。彼らは瞬間的な刺激や行動を重視し、長期的な計画や約束に対しては比較的ルーズな態度を取ることが多いです。

この性格タイプは、柔軟性があり、臨機応変な対応力を持っているため、計画性に欠けることがあります。また、ESTPは自分の直観や欲求に従うことを好むため、約束やルールを守ることに対しても同様にルーズな傾向があります。

しかし、これはESTPが責任感がないというわけではなく、彼らのエネルギッシュで行動的な性格が、時には責任感のある行動とは異なる形で表れることがあるということです。彼らは状況に応じて迅速に行動を起こすことができ、問題解決においては非常に有能です。そのため、彼らが責任感がないと見なされることは、彼らの性格の一面を誤解している可能性があります。

ESTPは、自分の行動に対する結果を理解し、必要に応じて責任を取ることができる人々です。彼らは自由を愛し、自分の方法で物事を成し遂げることを好むため、従来の方法や期待に縛られることなく、新しいアイデアや解決策を試みることが多いです。

総じて、ESTPが責任感がないと見なされることは、彼らの性格特性と行動スタイルの誤解によるものであり、彼らが実際には柔軟で迅速な問題解決者であることを理解することが重要です。彼らの行動力と冒険心は、多くの場合、彼らが直面する課題に対して責任を持って取り組んでいることを示しています。

ESTP(起業家)の性格

ESTPは、MBTI理論における16のパーソナリティタイプの一つで、”起業家型”とも称されます。

特性としては、エネルギッシュで、社交的で、実践的な人たちです。 彼らは状況をその場その場で変える能力を持っており、リアルタイムな情報に基づいて行動することを好みます。 また、ESTPの人々はこうした特性から、一見すると大胆不敵で、行動力があり、リーダーシップを発揮することが多く見受けられます。 しかし、他人の感情には鈍感で、長期計画を立てるのが苦手な一面もあります。

ESTPの長所

  • 行動力と即決力がある
  • 問題解決能力が高い
  • カリスマ性がある
  • 新しい経験や冒険を楽しむ
  • 人と接するのが得意

ESTPは、行動力と即決力があります。

彼らは迷うことなく、自分の直感や感覚に従って行動します。

また、問題解決能力が高く、現実的で具体的な解決策を見つけることができます。

さらに、カリスマ性があります。

彼らは人を惹きつける独特の魅力を持ち、周囲の人々を引っ張っていくことができます。

ESTPは、新しい経験や冒険を楽しみます。

彼らは常に刺激や変化を求めており、退屈なことには耐えられません。

また、人と接するのが得意です。 彼らは社交的で、コミュニケーション能力が高いです。

ESTPの短所

  • 感情的な問題に対する理解が乏しい
  • 長期計画を立てるのが苦手
  • 自分の意見や要望を強く主張する
  • ルールや慣習を無視することがある
  • 過度にリスクを好む

ESTPは、感情的な問題に対する理解が乏しいです。

彼らは自分や他人の感情にあまり関心がなく、それが利己的な行動に繋がることもあります。

また、長期計画を立てるのが苦手です。

彼らは現在の状況に応じて行動することを好むため、将来のことを考えることが少ないです。

さらに、自分の意見や要望を強く主張することがあります。

彼らは自分の考えや感覚に自信があり、それを押し通そうとすることが多いです。

ESTPは、ルールや慣習を無視することがあります。

 

彼らは自分のやり方や判断を優先するため、常識や社会的な規範を守ることが苦手です。 また、過度にリスクを好みます。

彼らはスリルや挑戦を求めて、危険なことに手を出すことがあります。

ESTP(起業家)とサイコパスの比較

ESTPとサイコパスは、一見するといくつかの類似点が見られます。

例えば、両者とも社交的で、新たな経験や冒険を楽しむ傾向があると言えます。

また、周囲の状況に即座に適応する能力を持ち、リーダーシップを発揮することが多いです。

しかし、これらの特性は表面的なものであり、深層部分では大きな違いがあります。

ESTPとサイコパスの最大の違いは、他者への共感の有無です。

ESTPは現実的な価値観を持ち、社会的なルールを尊重します。 一方、サイコパスは道徳的な規範を無視し、他者の感情に無関心です。

ESTP(起業家)とサイコパスの類似点

  • 社交的で、人と接するのが得意
  • 新しい経験や冒険を楽しむ
  • 即応性が高く、状況に応じて行動する
  • リーダーシップがある

ESTPとサイコパスは、社交的で、人と接するのが得意です。 彼らはコミュニケーション能力が高く、人を惹きつける魅力を持っています。

  • 恋愛スタイルは、消極的で、慎重で、献身的
  • 恋愛の目的は、パートナーとの安定した関係を築くこと
  • 恋愛の魅力は、パートナーに対する忠実さや優しさ、支える力

ESTPは、恋愛において、消極的で、慎重で、献身的です。

彼らは自分の感情をあまり表に出さないので、恋愛に積極的になることが少ないです。

しかし、一度恋に落ちると、パートナーに対して忠実で、優しく、支えるように接します。

また、パートナーとの安定した関係を築くことを目指します。 彼らはパートナーに信頼や安心感を与えることができます。

サイコパス?ESTP(起業家)と仕事

ESTPは、仕事において、以下のような傾向があります。

  • 仕事の選択は、自分の行動力や即応性に合った仕事をすること
  • 仕事のスタイルは、能動的で、柔軟で、リアルタイム
  • 仕事の目標は、自分の能力や成果を発揮すること
  • 仕事の魅力は、自分の判断や選択に自信を持つこと

ESTPは、仕事において、自分の行動力や即応性に合った仕事を選びます。

彼らは自分の直感や感覚に従って、迅速に行動することを好みます。

また、仕事において、能動的で、柔軟で、リアルタイムに取り組みます。

自分の状況に応じて、最適な方法を見つけることができます。

さらに、仕事において、自分の能力や成果を発揮することを目指します。

自分の判断や選択に自信を持ち、周囲の人々に影響を与えることができます。

サイコパス?ESTP(起業家)の向いている職業や役割

ESTPは、自分の特徴を生かして、様々な職業や役割に向いています。

特に、自分の行動力や即応性を発揮できる職業や役割に向いています。 ESTPの向いている職業や役割は以下の通りです。

  • 営業やマーケティングや広告などの人と交渉する職業
  • 救急医療や消防や警察などの緊急事態に対応する職業
  • スポーツや芸能や芸術などの自分の才能を発揮する職業
  • 起業家や経営者やコンサルタントなどの自分の判断や選択に責任を持つ役割
  • リーダーやスポークスパーソンやモチベーターなどの人を引っ張る役割

ESTPは、自分の特徴を活かして、人と交渉することや緊急事態に対応することや自分の才能を発揮することなどに向いています。

自分の行動力や即応性を発揮します。

ESTP(起業家)はサイコパスに関する実体験エピソード

私の知る限り、ESTPタイプの人々は、彼らの社交性と行動主義によって知られています。

彼らはしばしばリスクを取ることを楽しむ冒険家であり、その場の判断で行動することが多いです。しかし、これらの特徴がサイコパスと直接関連しているわけではありません。サイコパスという用語は、一般的に反社会的な性格障害を持つ人々を指すために使われますが、ESTPタイプの人々がこの障害を持っているとは限りません。

実際のエピソードとしては、学校でのあるESTPタイプの生徒が、クラスメートを驚かせるために大胆ないたずらを計画したことがあります。彼は非常に魅力的で、人々を自分の計画に巻き込むのが上手でした。しかし、彼の行動は時に他人を不快にさせることもありました。この生徒は、自分の行動の結果を十分に考慮せず、時には規則を破ることもありましたが、これは彼の社交性や行動主義の一面を示しているだけであり、サイコパスとは異なります。

ESTPタイプの人々は、彼らのエネルギッシュで実践的な性格を活かして、多くの場合、リーダーシップの役割を果たすことができます。彼らは状況を素早く把握し、即座に行動を起こす能力を持っています。これは、学校や職場などの集団活動において、彼らが重要な役割を果たすことができる理由です。

最後に、ESTPタイプの人々がサイコパスとは異なる重要な点は、彼らが他人との関係を大切にし、感情的なつながりを持つことができるということです。彼らはしばしば友情や愛情を大切にし、他人の感情に敏感であることが多いです。したがって、ESTPタイプの人々をサイコパスと一括りにするのは不適切であり、彼らの多様な性格の側面を理解することが重要です。

ESTP(起業家)はサイコパスだと思われる理由15選!性格や適性について徹底解説!まとめ

ESTPは、MBTI理論における16のパーソナリティタイプの一つで、”起業家型”とも称されます。

特性としては、エネルギッシュで、社交的で、実践的な人たちです。 彼らは状況をその場その場で変える能力を持っており、リアルタイムな情報に基づいて行動することを好みます。

しかし、ESTPはよく「性格が悪い」とか「サイコパス」と言われています。 これは本当なのでしょうか? ESTPとサイコパスの最大の違いは、他者への共感の有無です。 ESTPは現実的な価値観を持ち、社会的なルールを尊重します。 一方、サイコパスは道徳的な規範を無視し、他者の感情に無関心です。

本記事ではまず、ESTPの性格や適性について解説しました。 その上で、ESTPとサイコパスの比較を行い、彼らの類似点や違いを明らかにしました。 最後に、ESTPの恋愛傾向や有名人の例についても紹介しました。

ESTPは、自分の行動力や即応性を発揮できる職業や役割に向いています。 彼らは自分の判断や選択に自信を持ち、周囲の人々に影響を与えることができます。

ESTPが頭おかしいと言われる理由30選!行動的で冒険好きな性格の裏側

ABOUT ME
この記事の監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー資格取得。 現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者) X(旧Twitter):@jp_16labo

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です