ISTJ(管理者)

ISTJの怒り方20選!自分の過ちをすぐに認め、真実を受け入れられる件について

ISTJとは、内向的・現実的・論理的・計画的な性格タイプのことです。

ISTJの人は、誠実で信頼できる人として周囲から評価されますが、感情表現や柔軟性に欠けるという弱点もあります。

この記事では、ISTJの怒り方やその特徴、そして自分の過ちをすぐに認め、真実を受け入れられる反面について解説します。

忙しい方向けに、本記事の内容を私がまとめると以下の通りです。

  • ISTJの怒り方の特徴は感情的ではなく冷静すぎること、口数が少なくなること、表情が硬くなること、相手を無視すること、口調が冷淡になることなどが挙げられる。
  • ISTJの人は自分の過ちをすぐに認め、真実を受け入れることができる。
  • ISTJの怒り方に関する体験談やSNS投稿が紹介されており、ISTJ型の人の特徴や対処法について具体的な事例が示されている。

ISTJの怒り方の特徴①感情的ではなく冷静すぎる

ISTJの人は、怒っても感情的にはなりにくく、内に秘めがちです。

怒りの原因や感情を口に出さないので、相手に伝わりにくいことがあります。

また、冷静に物事を判断しようとするあまり、感情的な相手に対して無関心や冷淡に見えることがあります。

ISTJの怒り方の特徴②口数が少ない

ISTJの人は、怒ると口数が少なくなります。

自分の考えをしっかりと持っているので、相手の言い分に耳を傾けないことがあります。

また、口数が少ないことで、相手に不満や不信感を与えることがあります。

ISTJの怒り方の特徴③表情が硬い

ISTJの人は、怒ると表情が硬くなります。

感情を表に出さないので、相手に怒りを感じさせないことがあります。

しかし、表情が硬いことで、相手に圧迫感や恐怖感を与えることがあります。

ISTJの怒り方の特徴④無視する

ISTJの人は、怒ると相手を無視することがあります。

自分のやり方が正しいと思い込んでいるので、相手の意見や提案を聞き入れないことがあります。

また、無視することで、相手に軽視や侮辱を感じさせることがあります。

ISTJの怒り方の特徴⑤口調が冷淡

ISTJの人は、怒ると口調が冷淡になります。

理性的で客観的な思考をするので、相手の感情や価値観に左右されない判断をします。

しかし、口調が冷淡になることで、相手に冷たい人や無愛想な人と思われることがあります。

ISTJの怒り方の特徴⑥距離を置かれる

ISTJの人は、怒ると相手に距離を置かれることがあります。

自分の考えや原則に従って正しいと思うことを行うので、相手の気持ちや状況に配慮しないことがあります。

また、距離を置かれることで、相手に孤立や疎外感を感じさせることがあります。

ISTJの怒り方の特徴⑦雰囲気が冷たくなる

ISTJが怒ると口調だけでなく、態度も冷たくなります。

これはきっと謝罪したとしてもなかなか尾を引いてしまうかもしれません。

あからさまに態度に出すことでしょう。

ISTJの怒り方の特徴⑧感情を抑えているのが分かる

ISTJが怒ると、感情を抑えて話そうとしているのが分かるかもしれません。

それは声が上ずっていたり、唇が震えていたりすることが裏側の感情が見え隠れします。

ISTJを怒らせると怖いです。

ISTJの怒り方の特徴⑨他人伝えで怒っていることが分かる

ISTJが怒ると、直接的に相手にそれを伝えることはないでしょう。

その感情は他人伝えであなたに伝わるかもしれません。

これはショックですけどね。。。

ISTJの怒り方の特徴⑩時間が経ってから言われる

ISTJが怒ると、その場で怒っていることは分からないかもしれません。

そして時間が経ってから「実はあの時」という話で言われる可能性があります。

既に感情は落ち着いているかもしれませんが、次に同じことで怒られない様にしましょう。

ISTJの怒り方の特徴⑪口に出す

ISTJ型の人は、怒りを感じたときには、口に出して相手に伝えることが多いです。

彼らは、自分の感情を抑え込むことは不健康だと考え、正直に自分の不満や不快感を表現します。

この口に出すことは、彼らが自分の感情をコントロールし、冷静に対処するための方法となっています。

また、ISTJ型の人は、口に出すことで、相手に自分の立場や考えを明確に伝え、問題の解決に向けて協力を求めることができます。

このように、ISTJ型の人の怒り方の特徴の一つは、口に出すことで、自分の感情を管理し、問題を解決することを目指すことです。

彼らは、自分の言葉には誠実さと責任感を持ち、相手に対しても同じことを期待します。

ISTJの怒り方の特徴⑫一人で解決しようとする

ISTJ型の人は、怒りを感じたときには、一人で解決しようとする傾向があります。

彼らは、他人に迷惑をかけたり、感情的になったりすることを避けるため、自分の怒りを内に秘めて、自分のペースで対処します。

この一人で解決しようとすることは、彼らが自分の感情をコントロールし、冷静に問題を分析するための方法となっています。

また、ISTJ型の人は、自分の怒りの原因や解決策を自分で見つけ出すことで、自分の責任感や能力を高めることができます。

このように、ISTJ型の人の怒り方の特徴の一つは、一人で解決しようとすることで、自分の感情を管理し、問題を解決することを目指すことです。

彼らは、自分の感情に対して自信を持ち、自分の力で問題を克服することに喜びを感じています。

ISTJの怒り方の特徴⑬長期的に対応する

ISTJ型の人は、怒りを感じたときには、長期的に対応する傾向があります。

彼らは、怒りの感情をすぐには解消せず、時間をかけて冷静になることを選びます。この長期的に対応することは、彼らが自分の感情をコントロールし、感情的にならずに問題を解決するための方法となっています。

また、ISTJ型の人は、怒りの原因となった相手や状況に対して、長期的な視点で対処することができます。

彼らは、一時的な感情に流されず、相手の行動や言動の背景や動機を理解しようと努めます。

このように、ISTJ型の人の怒り方の特徴の一つは、長期的に対応することで、自分の感情を管理し、問題を解決することを目指すことです。

彼らは、自分の感情に対して冷静であることを重視し、感情的な対立を避けることを心がけています。

ISTJの怒り方の特徴⑭自分の正義感に従う

ISTJ型の人は、怒りを感じたときには、自分の正義感に従う傾向があります。

彼らは、自分の価値観や原則に基づいて行動し、自分の信念を曲げないことを重視します。

この自分の正義感に従うことは、彼らが自分の感情をコントロールし、感情的にならずに問題を解決するための方法となっています。

また、ISTJ型の人は、自分の正義感に従うことで、自分の責任や義務を果たし、自分の信頼性や誠実さを高めることができます。

このように、ISTJ型の人の怒り方の特徴の一つは、自分の正義感に従うことで、自分の感情を管理し、問題を解決することを目指すことです。

彼らは、自分の正義感に対して自信を持ち、自分の道を進むことに喜びを感じています。

ISTJの怒り方の特徴⑮自分の責任感に従う

ISTJ型の人は、怒りを感じたときには、自分の責任感に従う傾向があります。

彼らは、自分が担っている役割や義務に忠実であり、自分の怒りを感情的にならずに処理することを重視します。

この自分の責任感に従うことは、彼らが自分の感情をコントロールし、感情的にならずに問題を解決するための方法となっています。

また、ISTJ型の人は、自分の責任感に従うことで、自分の信頼性や信用を高め、自分の評価や評判を守ることができます。

このように、ISTJ型の人の怒り方の特徴の一つは、自分の責任感に従うことで、自分の感情を管理し、問題を解決することを目指すことです。

彼らは、自分の責任感に対して自信を持ち、自分の仕事や人生に誇りを感じています。

ISTJの怒り方の特徴⑯自分のルールに従う

ISTJ型の人は、怒りを感じたときには、自分のルールに従う傾向があります。

彼らは、自分が定めた規律や秩序に基づいて行動し、自分のルールを破ることは許せないと考えます。

この自分のルールに従うことは、彼らが自分の感情をコントロールし、感情的にならずに問題を解決するための方法となっています。

また、ISTJ型の人は、自分のルールに従うことで、自分の信念や価値観を守り、自分の尊厳や誇りを高めることができます。

このように、ISTJ型の人の怒り方の特徴の一つは、自分のルールに従うことで、自分の感情を管理し、問題を解決することを目指すことです。

彼らは、自分のルールに対して自信を持ち、自分の道を進むことに喜びを感じています。

ISTJの怒り方の特徴⑰相手の非を指摘する

ISTJ型の人は、怒りを感じたときには、相手の非を指摘する傾向があります。

彼らは、自分の正義感やルールに反する相手の行動や言動に対して、厳しく批判し、謝罪や改善を求めます。

この相手の非を指摘することは、彼らが自分の感情をコントロールし、感情的にならずに問題を解決するための方法となっています。

また、ISTJ型の人は、相手の非を指摘することで、相手に自分の考えや価値観を伝え、相手の認識や態度の変化を促すことができます。

このように、ISTJ型の人の怒り方の特徴の一つは、相手の非を指摘することで、自分の感情を管理し、問題を解決することを目指すことです。

彼らは、自分の非を認めることは難しいですが、相手の非を認めさせることには熱心です。

ISTJの怒り方の特徴⑱相手の言い分を聞かない

ISTJ型の人は、怒りを感じたときには、相手の言い分を聞かない傾向があります。

彼らは、自分の考えや価値観が正しいと信じており、相手の意見や感情には興味がありません。

この相手の言い分を聞かないことは、彼らが自分の感情をコントロールし、感情的にならずに問題を解決するための方法となっています。

また、ISTJ型の人は、相手の言い分を聞かないことで、自分の立場や判断を崩さず、自分の信念や原則を守ることができます。

このように、ISTJ型の人の怒り方の特徴の一つは、相手の言い分を聞かないことで、自分の感情を管理し、問題を解決することを目指すことです。

彼らは、自分の考えに対して自信を持ち、自分の道を進むことに喜びを感じています。

ISTJの怒り方の特徴⑲相手の感情を考えない

ISTJ型の人は、怒りを感じたときには、相手の感情を考えない傾向があります。

彼らは、自分の考えや価値観が正しいと信じており、相手の感情には配慮しません。

この相手の感情を考えないことは、彼らが自分の感情をコントロールし、感情的にならずに問題を解決するための方法となっています。

また、ISTJ型の人は、相手の感情を考えないことで、自分の立場や判断を崩さず、自分の信念や原則を守ることができます。このように、ISTJ型の人の怒り方の特徴の一つは、相手の感情を考えないことで、自分の感情を管理し、問題を解決することを目指すことです。

彼らは、自分の感情に対して冷静であることを重視し、相手の感情に対して無関心であることを恐れません。

ISTJの怒り方の特徴⑳解決策を求める

ISTJ型の人は、怒りを感じたときには、解決策を求める傾向があります。

彼らは、自分の考えや価値観が正しいと信じており、相手にも同じように問題を解決することを期待します。

この解決策を求めることは、彼らが自分の感情をコントロールし、感情的にならずに問題を解決するための方法となっています。

また、ISTJ型の人は、解決策を求めることで、自分の信念や原則を守り、自分の責任や義務を果たすことができます。

このように、ISTJ型の人の怒り方の特徴の一つは、解決策を求めることで、自分の感情を管理し、問題を解決することを目指すことです。

彼らは、自分の考えに対して自信を持ち、自分の道を進むことに喜びを感じています。

自分の過ちをすぐに認め、真実を受け入れられる

ISTJの人は、怒り方には弱点がありますが、自分の過ちをすぐに認め、真実を受け入れられるという長所もあります。これは、以下のような理由からです。

誠実

ISTJの人は、嘘をつかないで正直に生きます。自分の過ちを認めて謝ることができます。信念を持って自分の義務を果たします。

信頼性

ISTJの人は、責任感が強く、自分に課せられた仕事や役割をきちんとこなします。約束や期限を守り、人に迷惑をかけません。人から信用されます。

論理性

ISTJの人は、理性的で客観的な思考をします。論理や原則に従って正しいと思うことを行います。感情や価値観に左右されない判断をします。

ISTJの怒り方に関する体験談

私はISTJタイプの会社員です。

先日、上司から突然の仕事を任されました。しかも、その仕事は明日の朝までに提出しなければならないという無茶なものでした。私は計画性を重視するので、このようなことにはとてもイライラしました。しかし、自分の義務感と責任感が強いので、仕方なく仕事に取り掛かりました。その間、上司は何度も電話で催促してきました。私は冷静に対応しようとしましたが、限界を超えたときには思わず電話を切ってしまいました。そして、仕事を終えた後、上司に対して思いつく限りの文句をメールで送りました。怒りを感じても、普段はあまり表に出さないのですが、今回は我慢できませんでした。上司からの返事はまだ来ていませんが、私は自分の行動を後悔していません。

理不尽なことには従いません。

ISTJの怒り方に関するSNS投稿

  • ISTJ怒り、まんま私で草
  • 去に会社研修でMBTI診断やったけど、自分はISTJタイプだったなぁ。 特徴とか怒りとか大体当てはまってたような気がする。 就活等で自分を知りたいっていう人には、良いツールになるかもしれない。

ISTJの怒り方とは?自分の過ちをすぐに認め、真実を受け入れられる件について【まとめ】

ISTJの人は、誠実で信頼できる人として周囲から評価されますが、感情表現や柔軟性に欠けるという弱点もあります。

ISTJの怒り方は、感情的ではなく冷静すぎる、口数が少ない、表情が硬い、無視する、口調が冷淡、距離を置かれるという特徴があります。

しかし、ISTJの人は、自分の過ちをすぐに認め、真実を受け入れられるという長所もあります。

ISTJの人は、自分の弱点を認めて改善することで、よりバランスの取れた人間になることができます。

ABOUT ME
この記事の監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー資格取得。 現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者) X(旧Twitter):@jp_16labo

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です