INFJ(提唱者)

INFJは心を開かないのか?その理由と対策について徹底解説!

INFJとは、MBTI(マイヤーズ・ブリッグス・タイプ・インディケーター)という性格分類法で、内向的・直感的・感情的・判断的なタイプの人を指します。

INFJは、理想主義で、共感力が高く、独創的な人です。

しかし、INFJには、心を開かないと言われることもあります。

なぜINFJは心を開かないのでしょうか? そして、INFJは心を開くことができるのでしょうか?

この記事では、INFJの性格の特徴と長所・短所、そしてINFJの心を開かない理由と対策を紹介します。

INFJ(提唱者)とは?関連記事一覧はこちら

INFJの心を開かない理由①理想や夢を他人に否定されることを恐れる

INFJは、自分の内面に深い理想や夢を持っています。

しかし、それらを他人に話すことはあまりありません。

その理由の一つは、自分の理想や夢を他人に否定されることを恐れているからです。

INFJは、自分の価値観や感情にとても敏感で、他人の批判や反対に傷つきやすいです。

また、自分の理想や夢が現実的でないと言われることにも耐えられません。

INFJは、自分の理想や夢を実現するために努力していますが、それが認められないと感じると、自信を失ってしまいます。

INFJは、自分の理想や夢を理解してくれる人にしか心を開かないのです。

INFJの心を開かない理由②自分の感情や価値観を他人に理解されないと感じる

INFJは、自分の内面に深い感情や価値観を持っています。

しかし、それらを他人に話すことはあまりありません。その理由の一つは、自分の感情や価値観を他人に理解されないと感じるからです。

INFJは、自分の感情や価値観が独特で、他の人とは違うと思っています。

また、自分の感情や価値観が正しいと信じており、他人の意見や批判には耳を貸しません。

INFJは、自分の感情や価値観を話すことで、他人に誤解されたり、否定されたりすることを恐れています。

INFJは、自分の感情や価値観を理解してくれる人にしか心を開かないのです。

INFJの心を開かない理由③自分のプライバシーを守りたいという気持ちが強い

INFJは、自分のプライバシーを守りたいという気持ちが強いです。

INFJは、自分の内面を見せることに抵抗を感じるのは、自分のプライバシーを侵害されることを嫌うからです。

INFJは、自分の考えや感情を他人に知られることで、自分の自由や独立性が損なわれると感じます。

また、自分の内面を見せることで、他人に期待されたり、束縛されたりすることを恐れます。

INFJは、自分のプライバシーを守るために、自分の内面を隠したり、表面的な話をしたりすることがあります。

INFJは、自分のプライバシーを尊重してくれる人にしか心を開かないのです。

INFJの心を開かない理由④孤独感や苦しみを他人に迷惑をかけることを避ける

INFJは、自分の内面に深い孤独感や苦しみを抱えています。

しかし、それらを他人に話すことはあまりありません。

その理由の一つは、自分の孤独感や苦しみを他人に迷惑をかけることを避けるからです。

INFJは、自分の孤独感や苦しみが他人に理解されないと思っています。

また、自分の孤独感や苦しみを話すことで、他人に心配や負担をかけると感じます。

INFJは、自分の孤独感や苦しみを抱え込んでしまいがちですが、それが自分の心身に悪影響を及ぼすこともあります。

INFJは、自分の孤独感や苦しみを理解してくれる人にしか心を開かないのです。

INFJの心を開かない理由⑤他人への過度な尽くし

INFJ(提唱者)タイプは、他人への深い共感と助けたいという強い願望を持っています。

この性格特性は、他人への過度な尽くしにつながることがあり、それがINFJが心を開かない理由の一つとなることがあります。

INFJは、他人のニーズや感情を自分のものとして感じ取りやすく、時には自分自身のニーズを後回しにしてしまうことがあります。彼らは、他人を支援し、問題を解決することに大きな喜びを感じますが、これが過度になると、自分自身の感情や欲求を無視する結果につながることがあります。

また、INFJは、他人に対して高い期待を持ち、それに応えようとするあまり、自分を犠牲にすることがあります。彼らは、他人からの承認や感謝を得ることで自己価値を感じることが多いため、自分の限界を超えてしまうこともあります。

このような過度な尽くしは、INFJが自分の心を閉ざし、本当の自分を他人に見せることを避ける原因となります。INFJが自分自身のニーズと感情にも注意を払い、バランスの取れた関係を築くことが重要です。自分自身を大切にし、自己表現を促進することで、INFJは他人とのより健全な関係を築くことができるでしょう。

INFJの心を開かない理由⑥過去の経験による警戒心

INFJ(提唱者)タイプは、過去の経験から学び、それによって形成された警戒心を持つことがあります。

これは、彼らが心を開かない重要な理由の一つです。

INFJは、他人と深い関係を築くことを望んでいますが、過去に裏切られたり傷つけられたりした経験があると、新しい人々や状況に対して慎重になります。彼らは、自分の感情や内面を簡単には明かさず、信頼を築くまでに時間がかかることがあります。

また、INFJは、自分の直感と洞察力を信じており、これらが警告信号を発すると、自己防衛のために心を閉ざすことがあります。彼らは、自分の感情的な安全を確保するために、他人との距離を保つことを選ぶことがあります。

このような警戒心は、INFJが自分自身を守るための手段ですが、同時に彼らが他人との関係を深めることを妨げる障壁ともなり得ます。INFJが過去の経験から学びつつも、現在の関係においてはオープンであることを学ぶことは、彼らの成長と幸福にとって重要です。信頼できる人々との健全な関係を築くことで、INFJは自分の心を安全に開くことができるようになるでしょう。

INFJ(提唱者)とは?関連記事一覧はこちら

INFJの心を開かない理由⑦疲れやすい社交性

INFJ(提唱者)タイプは、深い内面の世界と豊かな感情を持っていますが、社交的な活動において疲れやすいと感じることがあります。

これは、彼らが心を開かない理由の一つです。

INFJは、他人との交流において非常に敏感であり、周囲の感情やエネルギーを強く感じ取るため、社交的な環境ではすぐにオーバーロードを感じることがあります。彼らは、人々と深いつながりを持つことを望んでいますが、表面的な会話や大勢の中での交流は、彼らにとってエネルギーを消耗するものです。

また、INFJは、自分の感情や考えを他人に理解してもらうことに苦労することがあり、これが社交的な場での疲労感につながることがあります。彼らは、自分の本当の自分を表現することが難しいと感じると、人々との距離を置くことを選ぶことがあります。

このような疲れやすい社交性は、INFJが自分の心を守り、エネルギーを節約するための手段です。INFJが自分自身のエネルギーの限界を理解し、適切な休息と再充電の時間を持つことは、彼らが社交的な活動に参加する際に重要です。自分のニーズに注意を払い、バランスの取れた社交生活を送ることで、INFJは心を開くことができるようになるでしょう。

INFJの心を開かない理由⑧内向的な性格

INFJ(提唱者)タイプは、内向的な性格が強く、これが彼らが心を開かない理由の一つとなっています。

内向的な性格を持つINFJは、自分の内面の世界に深く没頭し、自己反省や瞑想を通じて自己理解を深めることを好みます。彼らは、自分の感情や思考を内部で処理し、外部に表現する前に十分に考える傾向があります。このため、INFJは、他人との交流において自分の心をすぐに開くことは少なく、信頼と親密さが確立されるまで時間を要します。

また、INFJは、社交的な場ではエネルギーを大量に消費するため、人との接触を制限することで自分のエネルギーを守ろうとします。彼らは、大勢の人々との交流よりも、少数の親しい友人との深い関係を重視することが多いです。

この内向的な性格は、INFJが自分の心を開くことを躊躇する原因となりますが、同時に彼らの独特の洞察力や創造性の源泉でもあります。INFJが自分の内向性を理解し、適切なバランスを見つけることで、他人との健全な関係を築き、心を開くことができるようになるでしょう。

INFJの心を開かない理由⑨秘密主義の傾向

INFJ(提唱者)タイプは、自分の内面の世界を大切にし、個人的な情報を他人と共有することに慎重な傾向があります。

これは、彼らが心を開かない理由の一つとして挙げられます。

INFJは、自分の感情や考えを他人に理解してもらうことに苦労することがあり、その結果、自分のプライベートな部分を守るために秘密主義に走ることがあります。彼らは、自分の弱点や脆弱性をさらけ出すことに対して非常に警戒心を持ち、信頼できると感じるまで自分を明かさないことが多いです。

また、INFJは、他人によって裏切られたり傷つけられたりすることを避けるために、自分の本当の自分を隠すことを選ぶことがあります。彼らは、自分の内面を深く理解し、尊重してくれる人々とだけ、自分の心を共有することを好みます。

この秘密主義の傾向は、INFJが他人との関係を築く上で障壁となることがありますが、同時に彼らの内面の世界を守る手段でもあります。INFJが自分の秘密主義を理解し、適切なバランスを見つけることで、他人との健全な関係を築き、心を開くことができるようになるでしょう。信頼できる人々との安全な環境を作ることが、INFJにとって非常に重要です。

INFJの心を開かない理由⑩強い信念と価値観

INFJ(提唱者)タイプは、強い信念と価値観を持っており、これが彼らが心を開かない理由の一つです。

INFJは、自分の内面に深く根ざした価値観と信念を持ち、それらを非常に大切にしています。彼らは、自分の理想と合致する行動を取ることに強い意志を持っており、自分の信じる道を進むことに熱心です。このため、INFJは、自分の価値観を共有しない人々とは、心を開くことが難しいと感じることがあります。

また、INFJは、自分の信念に反する意見や行動に対しては、強い抵抗感を示すことがあります。彼らは、自分の価値観を尊重し、理解してくれる人々とのみ深い関係を築くことを望んでいます。このような強い信念と価値観は、INFJが他人との関係を慎重に選ぶ理由となります。

この強い信念と価値観は、INFJが自分の心を守り、自分の理想を追求するための重要な要素です。しかし、同時に、異なる価値観を持つ人々との交流を制限する原因ともなり得ます。INFJが自分の価値観を他人と共有し、相互理解を深めることで、心を開くことができるようになるでしょう。信頼できる人々との健全な関係を築くことが、INFJにとって非常に重要です。

INFJの心を開かない理由⑪信頼の構築が難しい

INFJ型の人々は、信頼を築くことに非常に慎重です。

彼らは自分の内面を簡単には明かさず、他人を信頼する前には、相手の真実性や一貫性をじっくりと観察します。この慎重さは、INFJが過去に経験した裏切りや失望から来ていることが多く、彼らは再び傷つくことを避けたいという強い願望があります。そのため、INFJは心を開く前に、相手が時間をかけて信頼を築くことを求めます。

信頼の構築が難しい理由は、INFJが持つ深い感受性と、人との関係において高い理想を持っているからです。彼らは人間関係において真実性、誠実性、深い絆を重視し、これらが確立されない限り、自分の本当の姿を見せることはありません。INFJにとって、信頼は時間と共にゆっくりと育まれるものであり、急がせることはできません。ですから、INFJの心を開くには、忍耐と理解が必要となります。彼らのペースを尊重し、安全で安心できる関係が築けたとき、INFJは自分の心の扉を開く準備ができるのです。

INFJの心を開かない理由⑫感情の過負荷

INFJ型の人々は感情を非常に深く感じるため、時には感情の過負荷を経験します。

彼らは周囲の感情や環境から影響を受けやすく、他人の痛みや喜びを自分のものとして感じ取ることができるため、感情的な刺激が多い状況では心が圧倒されることがあります。このような感情の過負荷は、自己保護のために心を閉ざす原因となります。

感情の過負荷が心を開かない理由となるのは、INFJが自分の感情を整理し、平穏を保つためには一定の静けさと時間が必要だからです。彼らは感情を処理するために内省的な時間を必要とし、その過程で他人との距離を置くことがあります。INFJにとって、感情の過負荷は自分自身との調和を保つために乗り越えなければならない障害です。彼らは感情をコントロールし、内面の平和を取り戻すために、外部からの刺激を制限することがあります。ですから、INFJの心を理解し支えるには、彼らが感情を整理し、自己との調和を取り戻すための時間と空間を尊重することが重要です。彼らが心を開く準備ができたとき、真の理解と共感をもって接することで、より深い絆を築くことができるでしょう。

INFJの心を開かない理由⑬エネルギーの保護

INFJ型の人々は、自分のエネルギーを保護するために心を開かないことがあります。

彼らは内向的な性格であり、他人と深く関わることでエネルギーが消耗されると感じることが多いです。特に、感情的なエネルギーを大量に要する状況や、人間関係の複雑さによって、自分のエネルギーを守るために心を閉ざすことを選ぶことがあります。

エネルギーの保護が心を開かない理由となるのは、INFJが自分の感情や直感に非常に敏感であるためです。彼らは周囲の人々や環境からの影響を強く受けるため、過度にエネルギーを消耗することを避けるために、自分を守る必要があります。INFJにとって、心を開くことは、自分のエネルギーを他人と共有することを意味しますが、それが彼らにとって負担となる場合、彼らは自分の内面世界に留まることを選びます。

したがって、INFJの心を開くには、彼らが自分のエネルギーを安全に保つことができる環境を提供することが重要です。彼らが心地よく感じ、エネルギーを守ることができる関係性を築くことができれば、INFJは徐々に心を開いていくでしょう。彼らのエネルギーの保護を理解し、支えることで、INFJ型の人々との信頼関係を深めることができます。

INFJの心を開かない理由⑭感受性の高さ

INFJ型の人々は感受性が非常に高く、他人の感情や環境からの微細なシグナルを敏感に察知します。

この高い感受性は、彼らが他人の気持ちを深く理解し共感する力となりますが、同時に過剰な感情的な刺激を受けやすいという側面もあります。そのため、感受性の高さが心を開かない理由となることがあります。

感受性の高さが心を開かない理由となるのは、INFJが周囲の感情やエネルギーに影響されやすく、それによって自分自身の感情のバランスを崩しやすいからです。彼らは他人の痛みを自分のものとして感じることができ、喜びも悲しみも強く共有します。しかし、この共感の能力は、時には彼ら自身の感情的なウェルビーイングを脅かすことにもなります。他人の感情に圧倒されないように、INFJは自分の感受性を守るために心を閉ざすことがあります。

したがって、INFJの心を開くには、彼らが自分の感受性を安全に保つことができる環境を提供することが重要です。彼らが自分の感情を安定させ、内面の平和を保つことができる関係性を築くことができれば、INFJは徐々に心を開いていくでしょう。彼らの感受性を理解し、共感することで、INFJ型の人々との信頼関係を深めることができます。

INFJの心を開かない理由⑮未来への不安

INFJ型の人々が心を開かない理由の一つに、未来への不安があります。

彼らはしばしば将来に対して深い思いを抱えており、不確実性や変化に対する恐れから、自分の心を守るために閉ざすことがあります。INFJは理想主義者であり、完璧な未来を描くことができる一方で、その理想が現実と一致しない場合の失望を恐れます。このため、彼らは自分の感情や夢を他人と共有することに慎重になります。

未来への不安が心を開かない理由となるのは、INFJが持つ強い直感と、未来に対する高い期待が関係しています。彼らは未来に何が起こるかを予測しようとするものの、その予測が不安や恐れを引き起こすことがあります。また、INFJは自分の行動が長期的な結果にどのように影響するかを深く考えるため、心を開くことの潜在的なリスクを過大評価することがあります。

したがって、INFJの心を開くには、未来に対する彼らの不安を理解し、安心感を提供することが重要です。彼らが安全で安定した関係性の中で自分自身を表現することができる環境を作ることで、INFJは徐々に心を開いていくでしょう。彼らの未来への不安を共感し、支えることで、INFJ型の人々との信頼関係を深めることができます。

INFJの心を開かない理由⑯自己犠牲の限界

INFJ型の人々は、他人のために自己犠牲を払うことが多いですが、その自己犠牲には限界があります。

彼らは自分のニーズを後回しにしてまで他人を支えることができますが、それが過度になると自分自身のウェルビーイングを損なうことになります。このような状況が続くと、INFJは自己保護のために心を閉ざすことを選ぶことがあります。

自己犠牲の限界が心を開かない理由となるのは、INFJが持つ深い共感と、他人を助けたいという強い願望が背景にあるからです。彼らは他人の幸福を自分の幸福と同じくらい重視しますが、自分のエネルギーと感情が無視されると感じたとき、心を守るために距離を置くことがあります。INFJにとって、自己犠牲は美徳であると同時に、自分を消耗させる原因ともなり得ます。

したがって、INFJの心を開くには、彼らが自分自身のニーズを認識し、健康的なバランスを保つことができる環境を提供することが重要です。彼らが自分の限界を尊重し、自己犠牲を適切にコントロールすることができれば、心を開いていくでしょう。INFJ型の人々の自己犠牲の限界を理解し、彼らが自分自身を大切にすることを支援することで、信頼関係を深めることができます。

INFJの心を開かない理由⑰コミュニケーションの障壁

NFJ型の人々が心を開かない理由の一つに、コミュニケーションの障壁があります。

彼らはしばしば内面の感情や考えを言葉にすることが難しいと感じます。このコミュニケーションの障壁は、自分の真実を正確に伝えることへの不安から、心を開くことを躊躇させる要因となります。

コミュニケーションの障壁が心を開かない理由となるのは、INFJが持つ複雑な内面世界と、それを外部に表現することの困難さが関係しています。彼らは自分の感情や思考を深く理解してもらいたいと願いながらも、言葉にすることの限界を感じることがあります。また、INFJは他人に誤解されることを極端に恐れるため、自分の内面を正確に伝えることができないと感じたとき、心を閉ざす傾向があります。

したがって、INFJの心を開くには、彼らが自分の感情や考えを安心して表現できる環境を提供することが重要です。彼らがコミュニケーションの障壁を乗り越え、自分自身を表現することができる関係性を築くことができれば、INFJは徐々に心を開いていくでしょう。彼らのコミュニケーションの障壁を理解し、支えることで、INFJ型の人々との信頼関係を深めることができます。

INFJ(提唱者)とは?関連記事一覧はこちら

INFJの心を開かない理由⑱社会的期待の圧力

INFJ型の人々が心を開かない理由の一つに、社会的期待の圧力があります。

彼らはしばしば、他人や社会からの期待に応えようとする中で、自分自身を見失いがちです。このような社会的期待の圧力は、自分の本当の感情や考えを隠し、心を閉ざす要因となります。

社会的期待の圧力が心を開かない理由となるのは、INFJが持つ独自の価値観と、それが周囲の期待と一致しない場合の葛藤が背景にあるからです。彼らは自分の内面に忠実でありたいと願いながらも、社会的な役割や責任に追われることで、自分の感情やニーズを抑圧することがあります。また、INFJは他人に喜ばれたいという強い願望を持っているため、自分の本当の姿を隠してでも、期待に応えようとすることがあります。

したがって、INFJの心を開くには、彼らが社会的期待から解放され、自分自身でいることを受け入れられる環境を提供することが重要です。彼らが自分の価値観に忠実でいられる関係性を築くことができれば、INFJは徐々に心を開いていくでしょう。彼らの社会的期待の圧力を理解し、彼らが自分自身でいることを支援することで、INFJ型の人々との信頼関係を深めることができます。

INFJの心を開かない理由⑲直感の信頼

INFJ型の人々が心を開かない理由の一つに、自分の直感を深く信頼していることがあります。

彼らは内面の声や直感に耳を傾け、それが警告を発するときには心を閉ざすことがあります。この直感は、INFJが他人との関係を築く際に非常に重要な役割を果たします。彼らは直感を通じて相手の真実性や意図を感じ取り、その直感が疑念を抱かせるときには、自己保護のために距離を置くことを選ぶのです。

直感の信頼が心を開かない理由となるのは、INFJが経験や知識を超えた感覚を重視し、それに基づいて人間関係の安全性を判断するからです。彼らは直感が示す微細なサインやパターンを読み取り、それが不安や疑問を引き起こすと、自分を守るために心を閉ざします。INFJにとって、直感は自分自身と他人を守るための重要なツールであり、それを無視することはできません。

したがって、INFJの心を開くには、彼らの直感を尊重し、彼らが安心して自分の直感に従える関係性を築くことが重要です。彼らが自分の直感を信頼し、それに基づいて行動することを受け入れることができれば、INFJは徐々に心を開いていくでしょう。彼らの直感の信頼を理解し、それを尊重することで、INFJ型の人々との信頼関係を深めることができます。

INFJの心を開かない理由⑳過度な責任感

INFJ型の人々が心を開かない理由の一つに、過度な責任感があります。

彼らはしばしば、自分に課せられた責任を極めて真剣に受け止め、その重圧が自分自身の感情やニーズを抑圧する原因となることがあります。この過度な責任感は、他人や社会からの期待に応えようとする中で、自分の本当の感情や考えを隠し、心を閉ざす要因となります。

過度な責任感が心を開かない理由となるのは、INFJが持つ高い倫理観と、自分に対する厳しい基準が背景にあるからです。彼らは自分の行動が他人に与える影響を深く考え、それが自分の価値観や目標に沿っていないと感じたとき、心を守るために距離を置くことがあります。また、INFJは他人を助けることに大きな喜びを感じる一方で、自分の力が及ばないことや、期待に応えられないことへの恐れから、心を閉ざす傾向があります。

したがって、INFJの心を開くには、彼らが自分の責任感を適切に管理し、自分自身の感情やニーズを大切にすることができる環境を提供することが重要です。彼らが自分の限界を認識し、過度な責任感から解放されることができれば、心を開いていくでしょう。INFJ型の人々の過度な責任感を理解し、彼らが自分自身を大切にすることを支援することで、信頼関係を深めることができます。

INFJが心を開く時のポイント1:信頼関係が築けている時

INFJが心を開く時のポイントの一つは、信頼関係が築けている時です。

INFJは、自分の感情や価値観を尊重してくれる人に対して、心を開きやすい傾向があります。彼らは、自分の気持ちを分かってもらえると安心します。しかし、INFJは、自分の感情や価値観を否定されたり、裏切られたりすることを恐れます。彼らは、自分の心を開く前に、相手の人柄や信頼性を確かめることが多いです。そのため、INFJと心を開く関係になるには、時間と努力が必要です。

INFJと信頼関係を築くためには:真摯に向き合い、誠実に対応すること

INFJと信頼関係を築くためには、真摯に向き合い、誠実に対応することが大切です。INFJは、自分の感情や価値観を理解し、尊重してくれる人に惹かれます。そのため、INFJに対しては、自分の感情や価値観を素直に表現し、相手の感情や価値観を聞き入れることが重要です。また、INFJは、自分の感情や価値観を否定されたり、裏切られたりすることに敏感です。そのため、INFJに対しては、嘘やごまかしをせず、約束やルールを守ることが重要です。

INFJが心を開く時のポイント2:自分の理想や信念に共感してくれる時

INFJが心を開く時のポイントの一つは、自分の理想や信念に共感してくれる時です。

INFJは、理想主義で感受性が高いタイプです。彼らは、自分の理想や信念に基づいて、人の世話をしたり、社会の問題を解決したりすることに情熱を持ちます。しかし、INFJは、自分の理想や信念に反することや、自分や大切な人が不当に扱われることに対して、怒りを感じます。彼らは、自分の理想や信念に共感してくれる人に対して、心を開きやすい傾向があります。彼らは、自分の理想や信念を分かち合えると幸せを感じます。

INFJの理想や信念に共感するためには:深い話を聞き、感想や意見を伝えること

INFJの理想や信念に共感するためには、深い話を聞き、感想や意見を伝えることが大切です。INFJは、自分の理想や信念に関する話をすることで、自分の内面を表現します。そのため、INFJに対しては、深い話に興味を持ち、真剣に聞くことが重要です。また、INFJは、自分の理想や信念に関する話に対して、感想や意見を伝えてくれる人に惹かれます。そのため、INFJに対しては、感想や意見を素直に表現し、共感や賛同を示すことが重要です。

INFJが心を開く時のポイント3:自分の感情や感性が癒される時

INFJが心を開く時のポイントの一つは、自分の感情や感性が癒される時です。

INFJは、感受性が高いタイプです。彼らは、自分の感情や感性に基づいて、美しいものや感動するものに惹かれます。しかし、INFJは、自分の感情や感性に対して、過敏になったり、疲れたりすることがあります。彼らは、自分の感情や感性が癒される人や場所に対して、心を開きやすい傾向があります。彼らは、自分の感情や感性を癒されると安らぎを感じます。

INFJの感情や感性を癒すためには:優しく接し、リラックスできる環境を作ること

INFJの感情や感性を癒すためには、優しく接し、リラックスできる環境を作ることが大切です。INFJは、自分の感情や感性に対して、優しく接してくれる人に惹かれます。そのため、INFJに対しては、優しく声をかけたり、笑顔で見つめたり、ハグやキスをしたりすることが重要です。また、INFJは、自分の感情や感性に対して、リラックスできる環境に惹かれます。そのため、INFJに対しては、静かで暖かい場所を用意したり、好きな音楽や香りを流したり、美味しい食事や飲み物を用意したりすることが重要です。

INFJの心を開けない時の対処法

  • 自分の感情や価値観を他人に理解されないと感じたときは、自分の感情や価値観を受け入れて、自分を肯定しましょう。
  • 自分の理想や夢を他人に否定されることを恐れたときは、自分の理想や夢を見直して、現実的な目標や計画を立てましょう。
  • 自分の独創性や洞察力を他人に妬まれることを避けたときは、自分の独創性や洞察力を発揮して、他人に貢献しましょう。
  • 自分の孤独感や苦しみを他人に迷惑をかけることを避けたときは、自分の孤独感や苦しみを共有して、他人に助けを求めましょう。

INFJの心を開けない体験談

私はINFJタイプのライターです。

仕事で多くの人と関わりますが、本当の友達はほとんどいません。私は自分の心の中を誰にも見せたくないのです。

自分の感情や考えを言葉にするのが苦手で、人に理解されないと思っています。私は自分のことを話すと、人に迷惑をかけると感じています。

自分のことを話すと、人に傷つけられると恐れています。

自分のことを話すと、人に裏切られると不安になります。

自分のことを話すと、人に見下されると劣等感に苛まれます。私は自分の心を開けないのです。

自分の心を開くことができる人がいたらいいなと思いますが、なかなか見つかりません。

私は孤独で寂しい気持ちになります。

INFJは心を開かないに関するSNS投稿

  • INFJ-Tのあるあるかは分からないけど 私あるある ・頭の中で常に会話してる ・哲学的な思想にふける時がある ・人に本音話す時に涙が出る ・集団でいる時の「これ何の時間?」って  時間が死ぬほど嫌い ・なかなか開かないけど開いた相手には  めちゃくちゃ懐く

INFJは心を開かないのか?その理由と対策について徹底解説!まとめ

INFJは、理想主義で、共感力が高く、独創的な人です。

しかし、INFJには、心を開かないと言われることもあります。

INFJの心を開かない理由と対策を理解し、自分の性格の長所と短所をバランスよく活かせば、INFJは心を開くことができます。

INFJは、自分の感情や価値観を大切にしつつ、他人とのコミュニケーションや関係性にも目を向けることができれば、さらに魅力的な人になれます。

INFJ(提唱者)とは?関連記事一覧はこちら

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー取得。現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)