INFJ(提唱者)

INFJが考えすぎてしまう理由10選!提唱者タイプの性格について徹底解説!

MBTI性格タイプの中でも、INFJ型は「提唱者」とも呼ばれ、深い洞察力と独自の視点を持っています。

彼らは感受性が豊かで、人々の成長や社会的な変革を追求することを好みます。

しかし、その一方で、INFJ型は考えすぎてしまうことが多く、心の中で葛藤を抱えることがあります。では、なぜINFJ型は考えすぎてしまうのでしょうか。

以下に、その理由を10選に分けて解説していきます。

提唱者型(INFJ)女性の特徴や性格、恋愛や仕事における傾向について徹底解説!

INFJが考えすぎてしまう理由1. 深い洞察力と感受性

INFJは深い洞察力と感受性を持つタイプであり、これが彼らが考えすぎる理由の一つです。

彼らは他人の感情や隠れた意味を読み取る能力に優れており、繊細な感受性を持っています。このため、日常の出来事や人間関係について深く考え、分析することが多いです。

感受性が高いため、環境の変化や他人の感情に敏感に反応し、それを自分の内面で処理することがあります。また、洞察力が鋭いため、自分や他人の行動や意図について深く掘り下げ、理解しようとする傾向があります。

この深い洞察力と感受性は、彼らが考えすぎる原因となる一方で、人々との深い結びつきを築ることや、問題解決能力を高めることにも繋がります。 しかし、過度な考え込みがストレスや不安を引き起こすこともあるため、バランスを保つことが重要です。

INFJが考えすぎてしまう理由2. 社会的な変革を追求する使命感

INFJは、社会的な変革を追求する使命感を持つことがあります。

彼らは自分の内面で強い価値観や信念を抱えており、社会的な不平等や不正義に対して敏感です。このため、彼らは社会的な問題に目を向け、改善を促すために行動を起こすことを重要視します。

彼らは理想主義者であり、世界をより良い場所にするために努力することを使命と感じています。社会的な変革を実現するために、教育、環境、人権、平和、公正などの分野で活動することが多いです。彼らは自分の能力や影響力を最大限に活用し、社会的な問題に対して積極的に取り組みます。

この使命感は、彼らが考えすぎる原因となることもあります。彼らは社会的な問題に対して深く考え、解決策を模索することが多いため、ストレスを感じることがあります。しかし、彼らの使命感は同時に彼らを鼓舞し、自己実現を追求する原動力ともなります。

INFJが考えすぎてしまう理由3. 他人の期待に応えようとするプレッシャー

INFJ(提唱者型)は、他人の感情に深く共感し、時にその感情に圧倒されることがあります。

彼らは他者の苦しみや喜びを強く感じ取り、それが自身の感情と混ざり合うことで、感情的な負担を感じることがあるでしょう。

また、自分の考えや感情を他人に知られることで、自分の自由や独立性が損なわれると感じます。自分の内面を見せることで、他人に期待されたり、束縛されたりすることを恐れます。

INFJは、自分のプライバシーを守るために、自分の内面を隠したり、表面的な話をしたりすることがあります。

INFJが考えすぎてしまう理由4. 自己評価が厳しい

INFJは自己評価が厳しい傾向があります。

彼らは自分に対して高い基準を持ち、完璧主義的な一面があります。

自分の行動や選択を常に分析し、改善の余地を探すことが多いです。

この自己評価の厳しさは、彼らが考えすぎる原因となることがあります。しかし、同時に自己成長を促進する要素でもあります。

INFJが考えすぎてしまう理由5. 未来への不安

INFJ(提唱者)は、マイヤーズ・ブリッグスタイプ指標(MBTI)に基づく16の性格タイプの一つであり、全人口の約1%しか存在しないと言われる稀少なタイプです。I

NFJは、内向的(Introverted)、直感的(Intuitive)、感情的(Feeling)、判断的(Judging)の4つの特徴を持ち、自分の深い信念と直感に従い、人々や社会全体が成長し向上するために行動することが特徴です。

未来への不安は、INFJが考えすぎてしまう理由の一つです。

彼らは先に答えや未来を見てしまい、それと現実のギャップが苦しみを引き起こすことがあります。高い理想と比べたり、変わらない現実を前にして、ストレスや生きづらさを感じることがあります。

また、INFJは感受性が豊かで、自分の考えや感情をうまく表現できないことから、他人から理解されることは難しいと感じることが多々あります。

このような特性を理解し、自己認識を深めることで、INFJは未来への不安を和らげ、自己実現を追求する一歩を踏み出すことができます。

INFJが考えすぎてしまう理由6. 他人の感情に共感しすぎる

INFJは他人の感情に共感しすぎる傾向があります。

彼らは繊細で思いやりのある性格であり、他人の感情を理解し、共感することが得意です。しかし、この共感の強さが彼らを考え込ませる原因となることがあります。彼らは他人の痛みや喜びを自分のものとして感じ、その感情を深く考えることが多いです。このため、他人の問題や悩みについて心を痛め、解決策を模索することが多いです。

INFJが考えすぎてしまう理由7. 完璧主義的な性格

INFJは完璧主義的な性格を持つことがあります。

彼らは自分自身や他人に対して高い基準を設け、物事を完璧に達成しようとします。この完璧主義的な傾向は、彼らが考えすぎる原因となることがあります。彼らは細部にまで気を配り、自分の行動や選択を綿密に検討します。しかし、過度な完璧主義はストレスを引き起こすこともあるため、バランスを保つことが重要です。

INFJが考えすぎてしまう理由8. 自分のアイデンティティを模索する

INFJ(提唱者)は、内向的(Introverted)、直感的(Intuitive)、感情的(Feeling)、判断的(Judging)の4つの特徴を持つ性格タイプです。彼らは自分の内面と向き合い、自己理解を深めることで、真の幸福を追求します. 以下は、INFJが考えすぎてしまう理由の一つである「自分のアイデンティティを模索する」についての解説です。

自分のアイデンティティを模索する理由:

  • 理想主義: INFJは高い理想と目標を持ち、自分自身のアイデンティティをその理想に合わせて探求します。
  • 内向性: INFJは内向的で、自己探求や内省を重視します。自分自身と向き合う時間を大切にします。
  • 深い洞察力: INFJは他人の感情や動機を敏感に察知し、自分自身のアイデンティティを深く探求することがあります。

INFJは自己成長と自己理解を重視し、自分のアイデンティティを模索する過程で、他人とのつながりや価値観を深めていきます。

INFJが考えすぎてしまう理由9. 相手の感情に共感しすぎる

INFJは他人の感情に共感しすぎる傾向があります。

彼らは繊細で思いやりのある性格であり、他人の感情を理解し、共感することが得意です。しかし、この共感の強さが彼らを考え込ませる原因となることがあります。彼らは他人の痛みや喜びを自分のものとして感じ、その感情を深く考えることが多いです。このため、他人の問題や悩みについて心を痛め、解決策を模索することが多いです。

INFJが考えすぎてしまう理由10. 自分のペースを優先

INFJ(提唱者型)は、内向的直観(Ni)で見抜いた自分のビジョンを周囲の人々からの支持を得ることで形になると考え、皆の気持ちを考えた判断をする傾向があります。

彼らは自分の感情よりも他者の感情を優先することが多く、人のために尽くしたり、助けたりすることに喜びを感じます。また、洞察力があり状況把握が得意で、自分の考えをしっかり持っているので、他人の意見も上手に取り入れつつ的確な判断をくだせます。一方で、「自分は少し変わっている」と感じる傾向があり、「周りとなかなか馴染めない」という悩みを持つことが多い性格です。そのため、人付き合いは狭く深い関係を好みます。

INFJが考えすぎてしまうに関する実体験エピソード

INFJ型の人々は、考えすぎることが多く、内向的で感受性豊かな性格です。学校での経験も、私の内向的で感受性豊かな性格に影響を与えました。

私は学生時代、INFJ-Tの性格タイプでした。学校での経験は、私の内向的で感受性豊かな性格に影響を与えました。以下は、私の共感したポイントを共有します。

  1. 心配性の傾向: INFJは未来思考であり、ネガティブな方向性に考えが向きがちです。私も家探しや仕事の人間関係で、さまざまなリスクや失敗を心配し、眠れなくなることがありました。
  2. 二面性: INFJは人格を使い分ける「二面性」を持ちます。人との関わりにおいて、暖かく思いやりのある言葉で話す一方で、内面では狂気的な世界観を持っていることもあります。
  3. 不安障害との関連: INFJはHSP(高感受性者)の傾向があり、情報の処理に負荷がかかりやすいです。不安障害との関連もあり、心配性が治せるかどうかについて考えています。

心配性は遺伝する可能性もあるとされていますが、遺伝的影響だけでなく、環境や自己認識も影響します。INFJは自己理解を深めることで、心配性を和らげる一歩を踏み出せるでしょう。

INFJが考えすぎてしまう理由10選!提唱者タイプの性格について徹底解説!まとめ

これらの理由が、INFJ型の女性がモテないと感じる要因となっています。

しかし、彼女たちは内面に深い魅力を秘めており、理解し、受け入れる相手には豊かな関係を築ることができるでしょう。

彼女たちの冷静な判断力や実践的なアプローチは、適切な相手との関係を築る上で大きな強みとなります。

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー資格取得。 現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)