INFJ(提唱者)

INFJ(提唱者)は一途な恋愛をするのか?MBTI性格診断で分かる恋愛傾向と相性

MBTIとは、人の性格を16種類に分けるもので、自分の強みや弱み、人間関係のコツなどを知ることができます。

MBTI性格診断の中でも、INFJ(提唱者)は最も希少なタイプで、全人口の約1%しかいないと言われています。

INFJ(提唱者)は、理想主義的で献身的な思考、社交的で協調的な行動、柔軟で創造的な直感、感情的で思いやりのある感情を持っています。

INFJ(提唱者)は、自分の信じる理想や目標に向かって努力し、人のために尽くすことを厭いません。

しかし、自分の感情や本音はなかなか表に出さず、内に秘めています。

そんなINFJ(提唱者)は、恋愛においてどのような傾向や相性を持っているのでしょうか?

今回は、INFJ(提唱者)の恋愛に関する以下のポイントについて解説していきます。

  • INFJ(提唱者)の恋愛傾向
  • INFJ(提唱者)と相性の良いMBTIタイプ
  • INFJ(提唱者)と相性の悪いMBTIタイプ
  • INFJ(提唱者)の恋愛における注意点

提唱者型(INFJ)女性の特徴や性格、恋愛や仕事における傾向について徹底解説!

INFJ(提唱者)の恋愛傾向

INFJ(提唱者)の恋愛傾向は、以下のようなものです。

  • 一途で忠実な恋愛をする
  • 恋人に対して深い愛情と理解を示す
  • 恋人の夢や目標を応援する
  • 恋人との心の繋がりを重視する
  • 恋人に対して高い期待と要求を持つ
  • 恋人に対して自己犠牲的になりやすい
  • 恋人に対して不満や不安を隠しやすい
  • 恋人に対してドアスラムをする可能性がある

INFJ(提唱者)は、一途で忠実な恋愛をします。彼らは、自分の恋人に対して浮気や裏切りをすることはありません。

また、自分の恋人に対して深い愛情と理解を示します。

彼らは、恋人の感情や考えに敏感に察することができ、共感や励ましを与えます。

さらに、自分の恋人の夢や目標を応援します。彼らは、恋人の成長や幸せを願い、一緒に努力することができます。そして、自分の恋人との心の繋がりを重視します。

彼らは、恋人との深い会話や信頼関係を大切にし、恋人との時間を楽しみます。

しかし、INFJ(提唱者)は、恋人に対して高い期待と要求を持ちます

。彼らは、自分の理想や価値観に合わない恋人に対して、不満や不安を感じることがあります。また、INFJ(提唱者)は、恋人に対して自己犠牲的になりやすいです。

彼らは、恋人のために自分の欲求や感情を抑えたり、自分の時間や趣味を犠牲にしたりすることがあります。

さらに、INFJ(提唱者)は、恋人に対して不満や不安を隠しやすいです。

彼らは、自分の感情や本音を表に出すのが苦手で、恋人に迷惑をかけたくないと思うことがあります。

そして、INFJ(提唱者)は、恋人に対してドアスラムをする可能性があります。

ドアスラムとは、INFJ(提唱者)が自分の感情や信頼を裏切られたと感じたときに、相手との関係を突然切ることです。

これは、INFJ(提唱者)が自分を守るための最後の手段であり、一度ドアスラムをされたら、もう二度と関係を修復することは難しいです。

INFJ(提唱者)とは?関連記事一覧はこちら

INFJ(提唱者)と相性の良いMBTIタイプ

INFJ(提唱者)と相性の良いMBTIタイプは、以下のようなタイプです。

  • ENFP(探検家):ENFP(探検家)は、情熱的で創造的で、新しいアイデアや可能性に溢れています。彼らは、INFJ(提唱者)の好奇心や冒険心に応えることができます。ENFP(探検家)は、INFJ(提唱者)の感情を引き出すことができ、INFJ(提唱者)は、ENFP(探検家)の理想を現実にすることができます。
  • ENTP(討論家):ENTP(討論家)は、知的で挑戦的で、新しい知識や技術に対して積極的に学びます。彼らは、INFJ(提唱者)の理解力や洞察力に刺激を与えることができます。ENTP(討論家)は、INFJ(提唱者)の考えや意見に興味を持ち、INFJ(提唱者)は、ENTP(討論家)の発想や表現に感心することができます。
  • INFP(仲介者):INFP(仲介者)は、理想主義的で優しいで、自分の信念や価値観に忠実です。彼らは、INFJ(提唱者)と同じく、感情や直感に頼ることができます。INFP(仲介者)は、INFJ(提唱者)の理想や目標を尊重し、INFJ(提唱者)は、INFP(仲介者)の感性や創造力を鑑賞することができます。

INFJ(提唱者)と相性の悪いMBTIタイプ

INFJ(提唱者)と相性の悪いMBTIタイプは、以下のようなタイプです。

  • ESTJ(幹部):ESTJ(幹部)は、現実的で論理的で、物事を合理的に分析し、客観的に判断します。彼らは、INFJ(提唱者)とは異なり、感情や直感に頼ることが少なく、理想や価値観にこだわることが少ないです。ESTJ(幹部)は、INFJ(提唱者)の感性や創造力を理解しにくく、INFJ(提唱者)の理想や目標を無視したり、批判したりすることがあります。INFJ(提唱者)は、ESTJ(幹部)の現実主義や論理性を尊敬する一方で、冷たく感じたり、圧迫されたりすることがあります。
  • ISTJ(論理主義者):ISTJ(論理主義者)は、現実的で慎重で、物事を現実的に分析し、慎重に判断します。彼らは、INFJ(提唱者)とは異なり、感情や直感に頼ることが少なく、伝統や規則にこだわることが多いです。ISTJ(論理主義者)は、INFJ(提唱者)の感性や創造力を理解しにくく、INFJ(提唱者)の理想や目標を変わり者だと思ったり、否定したりすることがあります。INFJ(提唱者)は、ISTJ(論理主義者)の現実主義や慎重さを尊敬する一方で、退屈に感じたり、束縛されたりすることがあります。
  • ESFP(芸能人):ESFP(芸能人)は、活発で社交的で、人との交流や楽しみを求めて行動します。彼らは、INFJ(提唱者)とは異なり、感情や直感に頼ることが多く、理想や価値観にこだわることが少ないです。ESFP(芸能人)は、INFJ(提唱者)の感性や創造力を鑑賞する一方で、INFJ(提唱者)の理想や目標を理解しにくく、INFJ(提唱者)の感情や本音を見逃したり、軽視したりすることがあります。INFJ(提唱者)は、ESFP(芸能人)の活発さや社交性を楽しむ一方で、浅いに感じたり、疲れたりすることがあります。

INFJ(提唱者)は一途な恋愛をするのか?MBTI性格診断で分かる恋愛傾向と相性まとめ

INFJ(提唱者)は一途な恋愛をするのか?MBTI性格診断で分かる恋愛傾向と相性を解説しました。

INFJ(提唱者)は、一途で忠実な恋愛をしますが、恋人に対して高い期待と要求を持ちます。

また、恋人に対して自己犠牲的になりやすく、不満や不安を隠しやすいです。

そして、恋人に対してドアスラムをする可能性があります。

INFJ(提唱者)と相性の良いMBTIタイプは、ENFP(探検家)、ENTP(討論家)、INFP(仲介者)です。INFJ(提唱者)と相性の悪いMBTIタイプは、ESTJ(幹部)、ISTJ(論理主義者)、ESFP(芸能人)です。

INFJ(提唱者)の特徴や強みを理解し、適した役割や活動に活かすことが重要です。INFJ(提唱者)の恋愛に関心のある方は、ぜひMBTI性格診断をしてみてください。

自分のタイプや相性を知ることで、恋愛の成功率が上がるかもしれません。

INFJ(提唱者)とは?関連記事一覧はこちら

ABOUT ME
この記事の監修者
MBTIラボ編集部。2015年から心理学を学習。心理カウンセラー資格取得。 現在はMBTIについて専門とする「MBTIラボ」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者) X(旧Twitter):@jp_16labo

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA