INFP(仲介者)

INFP-aの相性は?MBTI診断で自分の恋愛傾向について徹底解説!

MBTI診断とは、16種類の性格タイプに分類される心理学的な診断法です。

自分の性格タイプを知ることで、自分の強みや弱み、向いている仕事や趣味などを理解することができます。また、自分と相性の良いタイプや悪いタイプも分かります。これは、恋愛や友人関係、家族関係などの人間関係においても役立つ情報です。

今回は、MBTI診断の中でも「INFP-a」というタイプについて紹介します。

「INFP-a」とは、直観的・内向的・情緒的・判断的な性格の人で、自信型の傾向があるタイプです。このタイプの人は、どんな人と相性が良いのでしょうか?

また、どんな恋愛傾向があるのでしょうか?それでは、見ていきましょう。

  • INFP-aは直観的・内向的・情緒的・判断的な性格で、自信型の傾向がある。
  • INFP-aの性格特徴は直観的、内向的、情緒的、判断的、自信型であり、誠実で信頼できる人柄である。
  • INFP-aの恋愛傾向は積極的で忠実、相手の幸せを第一に考えるが、感情を表に出すのは苦手で相手に合わせることが多い。
  • INFP-aと相性の良いタイプはESFP、ISFP、ENFJ、INFJであり、感覚的なタイプと直観的なタイプの両方が相性が良いとされる。

INFP-aと相性の良いタイプ1.ESFP

INFP-aタイプは、理想主義的で情熱的な「仲介者」です。

彼らは自分の価値観に深く根ざした行動を取り、創造性と独立性を重んじます。

一方、ESFPタイプは、社交的でフレンドリーな「エンターテイナー」であり、現実的な感覚を持ちつつも、周囲との調和を大切にします。

この二つのタイプは、INFP-aの内面的な豊かさとESFPの外向的な活動性が相互に影響を与え合い、バランスの取れた関係を築くことができます。

ESFPはINFP-aに対して、社会的な場での自信を与え、INFP-aはESFPに対して、感情の深さを共有することができるでしょう。

INFP-aと相性の良いタイプ2.ISFP

INFP-aとISFPタイプは、共に感覚型(S)であり、具体的な経験を通じて世界を理解する点で共通しています。

ISFPタイプは、「芸術家」とも呼ばれ、創造的で感受性が豊かです。

INFP-aとISFPは、お互いの創造性を尊重し、芸術や美に対する共通の理解を持っています。

この相性は、お互いの感性を刺激し合い、深い感情的なつながりを築くことができるでしょう。

INFP-aと相性の良いタイプ3.ENFJ

ENFJタイプは、人々を励ますことに情熱を注ぎ、社交的で影響力のある「教師」タイプです。

INFP-aとENFJは、お互いの価値観を深く理解し、支え合うことができます。

ENFJの社交性とリーダーシップは、INFP-aの理想を実現するための強力なサポートを提供します。

また、INFP-aの内面的な洞察力は、ENFJにとって新たな視点をもたらし、お互いの成長を促進します。

INFP-aと相性の良いタイプ4.INFJ

INFJタイプは、理想主義的で洞察力があり、共感的な「カウンセラー」タイプです。

INFP-aとINFJは、お互いの内面的な世界を深く理解し、感情的なつながりを重視します。

この二つのタイプは、理想を共有し、お互いの感情を支え合うことで、非常に深い関係を築くことができます。

INFJの洞察力とINFP-aの創造性が融合することで、互いにとって意義深い関係が生まれるでしょう。

これらの相性についての考察は、MBTIの理論に基づいた一般的な傾向です。実際の関係では、個々の人格や状況によって異なる結果が生まれることを念頭に置くことが重要です。

MBTIは自己理解と他者理解のツールとして有効ですが、人間関係においては、お互いの個性を尊重し、コミュニケーションを大切にすることが何よりも重要です。

INFP-aとこれらのタイプとの関係は、互いの個性を認め合い、共に成長していく素晴らしいパートナーシップの例と言えるでしょう。

【相性】INFP-aの性格の特徴

まずは、「INFP-a」の性格の特徴を見ていきましょう。

このタイプの人は、以下のような特徴を持っています。

直観的

抽象的で未来志向な情報に基づいて判断する。新しいアイデアや可能性に興味がある。

内向的

自分の内面に向かって考える。人と接するよりもひとりでいる方がリラックスできる。

情緒的

自分の感情や価値観に基づいて判断する。他人の感情にも敏感で共感力が高い。

判断的

物事を整理し、計画的に進める。ルールや期限を守る。責任感が強い。

自信型

自分に自信があり、楽観的でストレスに強い。

「INFP-a」の人は、自分の感性や価値観に従って行動する人です。

誠実で信頼できる人柄で、人の幸せを第一に考えます。

また、物事を計画的に進めることが得意で、細かいことにも気を配ります。その反面、自分に自信があり、自分の考えや感情を率直に表現することもできます。

【相性】INFP-aの恋愛傾向

次に、「INFP-a」の恋愛傾向について見ていきましょう。

このタイプの人は、以下のような恋愛傾向があります。

  • 恋愛に対して積極的で、自分からアプローチすることもある。
  • 恋人に対しては、忠実で、尽くす。相手の幸せを第一に考える。
  • 恋人との時間は、安定したものであるべきと考える。変化や冒険よりも日常やルーティンを好む。
  • 恋人とのコミュニケーションは、言葉よりも行動で伝える。感情を表に出すのは苦手。
  • 恋人とのトラブルは、自分のせいだと思い込みやすい。相手に合わせることが多い。

「INFP-a」の人は、恋愛においても自分の感性や価値観に従って行動します。

自分から好きな人にアタックすることもありますが、相手の気持ちを尊重することも忘れません。

恋人に対しては、深い愛情と信頼を持ち、相手のために尽くします。

しかし、自分の感情や意見を表に出すのは苦手で、相手に合わせることが多くなります。

INFP-aの相性に関する実体験エピソード

学校でのINFP-aタイプの人との相性に関する私の実体験エピソードは、非常に心温まるものでした。

INFP-a、または「仲介者」と呼ばれるこのタイプの人々は、理想主義的で情熱的、そして創造的です。彼らはしばしば、自分の内面の価値観と外の世界を調和させようと努力します。

私のクラスには、INFP-aの特徴を持つ友人がいました。彼女は、文学や芸術に深い関心を持ち、しばしば自分の感情を創造的な方法で表現していました。私たちは、文学クラブで一緒に活動することが多く、彼女の豊かな想像力と私の組織的なスキルが補完し合いました。

あるプロジェクトでは、彼女が書いた詩を基に劇を作り上げることになりました。彼女の詩は感動的で、私たちのクラスメートを魅了しました。私はその詩を劇のシナリオに落とし込み、彼女のアイデアを具体化する手助けをしました。最終的に、私たちは学校のイベントでその劇を上演し、大成功を収めました。

この経験を通じて、INFP-aの人々とは、彼らの情熱と創造性を尊重し、それをプロジェクトに活かすことで、素晴らしい成果を出すことができると学びました。彼らはまた、深い共感力を持っており、チームメンバーの感情を理解し、支えることができるため、心強い存在です。

INFP-aの相性は?MBTI診断で自分の恋愛傾向について徹底解説!まとめ

「INFP-a」は、直観的・内向的・情緒的・判断的な性格の人で、自信型の傾向があるタイプです。

このタイプの人は、自分の感性や価値観に従って行動し、誠実で信頼できる人柄です。また、物事を計画的に進めることが得意で、細かいことにも気を配ります。その反面、自分に自信があり、自分の考えや感情を率直に表現することもできます。

恋愛に対しては積極的で、自分からアプローチすることもある。恋人に対しては、忠実で、尽くす。相手の幸せを第一に考える。しかし、自分の感情や意見を表に出すのは苦手で、相手に合わせることが多い。

恋愛においても、自分と相手の感情や価値観を尊重し合えることが大切である。

無料書籍でMBTIを知る

【完全版】MBTIとは何か?わかりやすく解説 Kindle Unlimitedへ加入すると、無料で課金せずに、70近いMBTI本やその他漫画雑誌が読み放題!!
※1か月間の無料期間内で解約した場合に限ります。

MBTI性格診断のランキング・あるある

MBTI 性格悪い ランキング MBTI 生きづらさランキング MBTI 性格良いランキング
MBTI 嫌われる ランキング MBTI 怒ると怖い ランキング MBTI 珍しいランキング
MBTI ランキングいろいろ MBTI メンタルランキング MBTI 可愛いランキング

MBTIに関する注目記事

ペルソナ診断 領事館 MBTI INFP-T やばい
INTJ 殺意の目 ISTP 女 特徴 INFJ女性 特徴
ENTP 頭おかしい INFJ-T やばい ESTP 頭おかしい
ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー資格取得。 現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)