INFP(仲介者)

INFPの馴染めない理由と対処法-感受性が強く、自分らしく生きることを大切にする仲介者タイプ

INFPといえば、MBTIの16タイプの中でも最も感受性が強く、自分らしく生きることを大切にする仲介者タイプです。

彼らは理想主義的で創造的であり、人や動物、自然などに対して深い思いやりを持っています。しかし、INFPは日本社会に馴染めないと感じることが多く、孤独やストレスを抱えることがあります。なぜINFPは日本社会に馴染めないのでしょうか?また、馴染めない理由を知ったら、どのように対処すればいいのでしょうか?

この記事では、MBTIという性格診断を用いて、INFPの馴染めない理由と対処法について解説します。

INFPの頭がおかしいと言われる理由とは?分かりやすく的確に解説

INFPの性格の特徴-感受性が強く、自分らしく生きることを大切にする仲介者タイプ

INFPの性格の特徴は、感受性が強く、自分らしく生きることを大切にする仲介者タイプです。彼らは内向性(I)、直感(N)、感情(F)、知覚(P)の4つの次元によって、MBTIの16タイプの中でINFPと表記されます。これらの次元は、以下のような意味を持ちます。

  • 内向性(I):自分の内面に向かい、独立的で静かなタイプです。他人との交流よりも、自分の考えや感情に没頭することを好みます。
  • 直感(N):抽象的であり、新しい可能性やビジョンに注目します。事実や現実よりも、未来や理想に興味を持ちます。
  • 感情(F):主観的であり、人間関係や感情に注目します。論理や原理よりも、価値観や信念に基づいて判断します。
  • 知覚(P):柔軟であり、変化や可能性に注目します。秩序や計画よりも、自由や spontaneity を重視します。

INFPは、これらの次元の組み合わせによって、以下のような性格の特徴を持っています。

  • 感受性が強く、自分や他人の感情に敏感です。美しいものや感動するものに惹かれます。
  • 自分らしく生きることを大切にし、自分の価値観や信念に基づいて行動します。他人の期待や評価に左右されません。
  • 理想主義的で創造的であり、新しいアイデアや表現方法を生み出します。芸術や文学などに興味を持ちます。
  • 思いやりや支援を示し、人や動物、自然などに対して深い愛情を持ちます。平和や調和を求めます。
  • 楽観的で大胆な思考を持ち、自分の可能性を広げることに情熱を持ちます。冒険や挑戦を楽しみます。
  • 独立心が強く、自分のペースで物事を進めます。束縛や制約を嫌います。
  • 内省的で、自分の感情や考えを分析したり、自己啓発したりすることが好きです。瞑想や日記などに取り組みます。

INFPの馴染めない理由-日本社会の文化や働き方とのギャップ

INFPは、自分の性格の特徴と日本社会の文化や働き方とのギャップによって、馴染めないと感じることがあります。以下は、INFPが日本社会に馴染めないと感じるよくある理由です。

  • 日本社会は、集団主義や規律や秩序を重視し、個人主義や自由や spontaneity をあまり受け入れません。INFPは、自分らしく生きることを大切にし、自分の価値観や信念に基づいて行動するタイプですが、日本社会では、そのような考え方は受け入れられにくいと感じます。
  • 日本社会は、長時間労働や残業が当たり前であるとされており、ワークライフバランスが難しいと言われています。INFPは、感受性が強く、自分の感情や考えに没頭することを好むタイプですが、日本社会では、そのような時間や空間が確保されにくいと感じます。
  • 日本社会は、報連相やマニュアルやルールが多く、それに従って行動しなければならないと感じます。INFPは、柔軟で自由な思考を持ち、自分のペースで物事を進めるタイプですが、日本社会では、そのような行動は許されにくいと感じます。
  • 日本社会は、コミュニケーションが複雑であり、空気を読んだり、察したり、遠回しに言ったりすることが多いと言われています。INFPは、感情的で直感的なコミュニケーションを好むタイプですが、日本社会では、そのようなコミュニケーションは理解されにくいと感じます。
  • 日本社会は、少数派や異質なものに対して偏見や差別があると言われています。INFPは、理想主義的で創造的であり、自分の個性や独自性を大切にするタイプですが、日本社会では、そのような個性や独自性は評価されにくいと感じます。

INFPの対処法-自分の強みや魅力を活かし、自分に合った環境や人間関係を築く

INFPは、自分の性格の特徴と日本社会の文化や働き方とのギャップによって、馴染めないと感じることがありますが、それを乗り越えるためには、自分の強みや魅力を活かし、自分に合った環境や人間関係を築くことが大切です。以下は、INFPが馴染めない理由を克服するための対処法です。

  • 自分の性格や価値観を理解し、自己肯定感を高める。INFPは、自分の感情や考えに敏感であり、自分の内面に向かうタイプです。しかし、日本社会では、そのような性格は理解されにくいと感じることがあります。そのため、自分の性格や価値観を理解し、自分の強みや魅力を認めることが大切です。自己肯定感を高めることで、自分に自信を持ち、他人の評価に左右されなくなります。自分の性格や価値観を理解するためには、MBTIやHSPなどの性格診断を利用すると良いでしょう。
  • 自分に合った仕事や趣味を見つける。INFPは、理想主義的で創造的であり、自分の可能性を広げることに情熱を持つタイプです。しかし、日本社会では、そのような仕事や趣味は見つけにくいと感じることがあります。そのため、自分に合った仕事や趣味を見つけることが大切です。自分に合った仕事や趣味を見つけることで、自分の才能や能力を発揮し、やりがいや充実感を得ることができます。自分に合った仕事や趣味を見つけるためには、自分の興味や関心を広げることや、インターネットや書籍などの情報源を活用することが有効です。
  • 自分に合った人間関係を築く。INFPは、思いやりや支援を示し、人や動物、自然などに対して深い愛情を持つタイプです。しかし、日本社会では、そのような人間関係は築きにくいと感じることがあります。そのため、自分に合った人間関係を築くことが大切です。自分に合った人間関係を築くことで、自分の感情や考えを共有し、理解や支えを得ることができます。自分に合った人間関係を築くためには、自分と同じ性格や価値観を持つ人や、自分の仕事や趣味に関心を持つ人を探すことや、SNSやコミュニティなどのツールを利用することが効果的です 。

INFPの馴染めない理由と対処法-感受性が強く、自分らしく生きることを大切にする仲介者タイプまとめ

MBTIで見るINFPの馴染めない理由と対処法は、感受性が強く、自分らしく生きることを大切にする仲介者タイプとして、日本社会の文化や働き方とのギャップによるものです。INFPは、自分の強みや魅力を活かし、自分に合った環境や人間関係を築くことで、馴染めない理由を克服することができます。INFPは、自分の性格や価値観を理解し、自己肯定感を高めることや、自分に合った仕事や趣味を見つけることや、自分に合った人間関係を築くことが大切です。

 

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー取得。現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)