INFP(仲介者)

INFPタイプの人が生きやすくなるための5つのコツについて徹底解説!

あなたはMBTIの性格診断でINFPタイプという結果が出たことはありませんか?

INFPタイプの人は、理想主義的で創造的で感受性が豊かな人です。

しかし、現実社会では、INFPタイプの人が生きづらさを感じることも多いでしょう。

そこで、この記事では、INFPタイプの人が生きやすくなるための5つのコツを紹介します。

1. 自分の価値観を大切にする

INFPタイプの人は、自分の内面にある価値観や理想に基づいて行動します。

しかし、周囲の人や社会の常識と合わないことも多く、自分の考え方や感情を理解されないと感じることもあるでしょう。

そんなときは、自分の価値観を大切にすることが大切です。

自分の価値観は、自分の個性や魅力の源泉です。

他人の評価や期待に左右されず、自分の心に従って生きることで、自分らしさを発揮できます。

2. 創造性を発揮する

INFPタイプの人は、創造性が高く、芸術的な才能を持っています。

音楽や絵画や文学など、自分の感性を表現できる分野で活躍する人も多いでしょう。

しかし、創造性を発揮するには、自分の時間や空間が必要です。

現実社会では、忙しくて自分の趣味や興味に没頭できないこともあるでしょう。

そんなときは、自分の創造性を発揮するために、時間や場所を確保することが大切です。

自分の好きなことに没頭することで、ストレスを解消したり、新しいアイデアを得たりできます。

3. 人間関係を築く

INFPタイプの人は、人間関係において、深いつながりや理解を求めます。

しかし、INFPタイプの人は、内向的で控えめで繊細な人でもあります。

自分から積極的にコミュニケーションをとることが苦手だったり、人との距離感を測ることが難しかったりすることもあるでしょう。

そんなときは、人間関係を築くために、自分に合った方法を見つけることが大切です。

例えば、自分の興味や趣味に関するコミュニティに参加したり、信頼できる友人や家族と話したりすることで、自分の気持ちを共有できます。

4. 現実と向き合う

INFPタイプの人は、理想主義的で夢見がちな人です。

自分の理想や夢を追い求めることは、INFPタイプの人の魅力の一つです。

しかし、現実と理想のギャップに苦しんだり、夢をあきらめたりすることもあるでしょう。

そんなときは、現実と向き合うことが大切です。現実と向き合うというのは、現実を否定するのではなく、現実を受け入れるということです。

現実を受け入れることで、自分にできることやできないことを見極めたり、自分の目標や計画を立てたりできます。

5. 自分を肯定する

INFPタイプの人は、自分に厳しい人です。自分の行動や感情に対して、自己批判や自己否定をすることも多いでしょう。しかし、自分を肯定することが大切です。

自分を肯定するというのは、自分の長所や短所を認めるということです。

自分の長所や短所は、自分の個性や魅力の一部です。自分を肯定することで、自分に自信を持ったり、自分を好きになったりできます。

INFPタイプの人が生きやすくなるための5つのコツについて徹底解説!まとめ

INFPタイプの人は、理想主義的で創造的で感受性が豊かな人です。

しかし、現実社会では、INFPタイプの人が生きづらさを感じることも多いでしょう。

そこで、この記事では、INFPタイプの人が生きやすくなるための5つのコツを紹介しました。

それは、自分の価値観を大切にする、創造性を発揮する、人間関係を築く、現実と向き合う、自分を肯定するということです。

これらのコツを実践することで、INFPタイプの人は、自分らしく生きやすくなるでしょう。

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー資格取得。 現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)