INFP(仲介者)

INFPが生きづらい理由20選とその克服法について徹底解説!

あなたは自分の性格を知っていますか?性格は人生に大きな影響を与えます。自分の性格を理解することで、自分の強みや弱み、向き不向きなどを把握することができます。また、他人の性格を理解することで、人間関係やコミュニケーションのスキルを向上させることができます。

性格を分類する方法の一つに、MBTIというものがあります。MBTIとは、マイヤーズ・ブリッグス・タイプ・インディケーターの略で、人の性格を4つの指標で16種類に分けるものです。MBTIは、世界中で広く使われており、自分や他人の性格を知るための有効なツールとなっています。

MBTIの16種類の性格の中で、最も生きづらいと言われるのがINFP型です。INFP型は、内向的(I)、直観的(N)、感情的(F)、柔軟的(P)という特徴を持ちます。INFP型は、理想主義者で創造的な人ですが、現実とのギャップや人間関係、社会のルールなどに苦しむことが多いです。

この記事では、INFP型が生きづらい理由を20選で紹介します。また、その理由に対する克服法も併せてお伝えします。INFP型の方はもちろん、INFP型の人と関わる方もぜひ参考にしてください。

INFPが生きづらい理由20選①相手の気持ちを理解しようとしすぎる

INFPが生きづらい理由10選①相手の気持ちを理解しようとしすぎる

INFPが生きづらい理由10選のうち、1番目に挙げられるのが「相手の気持ちを理解しようとしすぎる」ということです。

INFPは、相手の気持ちを理解し、尊重することができる優しさを持っています。しかし、時には相手の気持ちを考えすぎて悩んでしまうことがあります。例えば、相手の機嫌や感情に左右されたり、相手の言動に深い意味を見出したりすることがあります。相手の気持ちを考えすぎることで、自分の気持ちや考えを見失ったり、自分を苦しめたりすることがあります。

相手の気持ちを理解しようとしすぎることに対する対処法としては、以下のようなものがあります。

  • 自分の気持ちや考えを整理する:相手の気持ちを考えすぎて悩んだり、混乱したりするときは、自分の気持ちや考えを整理することが大切です。自分の感情や思考を言葉にすることで、自分の状況や問題を客観的に見ることができます。自分の気持ちや考えを整理する方法としては、日記を書いたり、友人や家族に話したり、カウンセリングを受けたりすることがおすすめです。
  • 自分の感性や価値観を大切にする:相手の気持ちを尊重することは大切ですが、自分の感性や価値観を大切にすることも大切です。自分の感性や価値観は、自分の個性や魅力の源です。自分の感性や価値観を大切にすることで、自分の自信や幸せを高めることができます。自分の感性や価値観を大切にする方法としては、自分の好きなことや興味のあることに時間を割いたり、自分の意見や感情を表現したりすることがおすすめです。
  • 相手との境界線を引く:相手の気持ちに共感することは素晴らしいことですが、相手の気持ちに侵食されることは危険です。相手の気持ちに侵食されると、自分の気持ちや考えが曖昧になったり、相手の負担や問題を自分のものにしたりすることがあります。そのため、相手との境界線を引くことが重要です。相手との境界線を引くことで、自分と相手の違いや距離を認識することができます。相手との境界線を引く方法としては、相手の問題に対して、助言や支援をするのではなく、傾聴や共感をすることがおすすめです。

以上が、INFPが生きづらい理由10選の1番目である「相手の気持ちを理解しようとしすぎる」ということについての説明です。INFPは、相手の気持ちを理解し、尊重することができる優しさを持っていますが、それが裏目に出ることがあります。しかし、自分の気持ちや考えを整理したり、自分の感性や価値観を大切にしたり、相手との境界線を引いたりすることで、自分の健康や幸せを高めることができます。INFPは、自分の魅力と創造性を活かしながら、自分らしい生き方を楽しみ、深めることができるでしょう。

INFPが生きづらい理由20選②自己表現が苦手

INFPが生きづらい理由10選②自己表現が苦手

自己表現が苦手なことは、INFPが生きづらい理由の一つです。INFPは、自分の感性や価値観に基づいて物事を考えることが多く、他人とのコミュニケーションに不満や不安を感じることがあります。以下に、自己表現が苦手なことの原因とその対策を紹介します。

  • 自分の気持ちや考えを言葉にするのが難しい:INFPは、自分の気持ちや考えを言葉にするのが難しいことがあります。自分の内面や理想に重きを置き、抽象的な思考をすることが多いため、具体的な表現や説明が苦手です。また、自分の感情や思考に影響を受けやすく、気分や態度が変わりやすいため、自分の状況や問題を明確にすることができません。自分の気持ちや考えを言葉にするのが難しいことで、自分の意見や感情を伝えられなかったり、相手との理解や共感が得られなかったりすることがあります。自分の気持ちや考えを言葉にするのが難しいことに対する対策としては、自分の感情や思考を言葉にする練習をしたり、自分の話を録音したり、自分の話を書き出したりすることがおすすめです。
  • 相手の反応や感想を気にしすぎる:INFPは、相手の反応や感想を気にしすぎることがあります。自分の感性や価値観に基づいて物事を考えることが多いため、他人の視点や評価に敏感です。また、相手の気持ちを尊重することが多く、自分の意見や感情を押し付けることが嫌いです。相手の反応や感想を気にしすぎることで、自分の気持ちや考えを伝えるのが恥ずかしいと感じたり、自分の自信や幸せを低く見積もったりすることがあります。相手の反応や感想を気にしすぎることに対する対策としては、自分の気持ちや考えを伝えることのメリットを意識したり、相手の反応や感想を聞いたり、自分の努力や成果を認めたりすることがおすすめです。
  • 自分の居場所や目的を見つけられない:INFPは、自分の居場所や目的を見つけられないことがあります。自分の理想や夢に向かって生きることが大切だと考えますが、現実とのギャップや社会のルールや常識に縛られることで、自分の居場所や目的を見失うことがあります。例えば、自分のやりたいことや信じることに対して、周囲の理解や支持が得られなかったり、現実的な問題や困難にぶつかったりすることで、自分の理想や夢を諦めたり、自信や希望を失ったりすることがあります。自分の居場所や目的を見つけられないことで、自分の人生に対して不安や迷いを感じることがあります。自分の居場所や目的を見つけられないことに対する対策としては、自分の好きなことや興味のあることに挑戦したり、自分に合った仕事や活動を探したり、自分にとって大切な人やものを見つけたりすることがおすすめです。

以上が、INFPが生きづらい理由10選の2番目である「自己表現が苦手」ということについての説明です。INFPは、自分の感性や価値観に基づいて物事を考えることが多く、他人とのコミュニケーションに不満や不安を感じることがあります。しかし、自分の気持ちや考えを言葉にしたり、相手の反応や感想を気にしなかったり、自分の居場所や目的を見つけたりすることで、自分の健康や幸せを高めることができます。INFPは、自分の魅力と創造性を活かしながら、自分らしい生き方を楽しみ、深めることができるでしょう。

INFPが生きづらい理由20選③理想と現実のギャップに落ち込む

INFPが生きづらい理由10選③理想と現実のギャップに落ち込む

INFPが生きづらい理由10選のうち、3番目に挙げられるのが「理想と現実のギャップに落ち込む」ということです。INFPは理想主義者で、自分の感性や価値観に基づいて物事を考えることが多いです。しかし、現実は理想とは異なることが多く、自分の理想と現実が乖離していることに失望や心の疲れを感じることがあります。以下に、理想と現実のギャップに落ち込むことの原因とその対策を紹介します。

  • 自分の理想を現実に落とし込むのが難しい:INFPは、自分の理想を現実に落とし込むのが難しいことがあります。自分の内面や理想に重きを置き、抽象的な思考をすることが多いため、具体的な行動や計画が苦手です。また、多様なアイデアを出すのは得意ですが、実行に移すことに苦労する傾向があります。自分の理想を現実に落とし込むのが難しいことで、自分の夢や目標を達成できなかったり、自分の能力や才能を発揮できなかったりすることがあります。自分の理想を現実に落とし込むのが難しいことに対する対策としては、自分の理想を明確にしたり、目標を具体的にしたり、行動を小さく分割したりすることがおすすめです。
  • 現実の問題や困難にぶつかる:INFPは、現実の問題や困難にぶつかることがあります。自分の理想や夢に向かって生きることが大切だと考えますが、現実は理想とは異なることが多く、自分の理想や夢に対して、周囲の理解や支持が得られなかったり、現実的な問題や困難にぶつかったりすることがあります。例えば、自分のやりたいことや信じることに対して、家族や友人や社会の反対や批判を受けたり、経済的な制約や時間的な制約によって挫折したりすることがあります。現実の問題や困難にぶつかることで、自分の理想や夢を諦めたり、自信や希望を失ったりすることがあります。現実の問題や困難にぶつかることに対する対策としては、自分の理想や夢を見直したり、現実に合わせて柔軟に対応したり、支援や協力を求めたりすることがおすすめです。
  • 自分の価値観と社会の価値観が合わない:INFPは、自分の価値観と社会の価値観が合わないことがあります。自分の感性や価値観に基づいて物事を考えることが多いため、社会のルールや常識に従えないことがあります。また、自分のペースで物事を進めることが多く、他人のペースに合わせることが苦手です。自分の価値観と社会の価値観が合わないことで、周囲との摩擦やトラブルに巻き込まれたり、自分の居場所や目的を見つけられなかったりすることがあります。自分の価値観と社会の価値観が合わないことに対する対策としては、社会のルールや常識を学んだり、競争や評価に対してポジティブに捉えたり、自分の居場所や目的を見つけたりすることがおすすめです。

以上が、INFPが生きづらい理由10選の3番目である「理想と現実のギャップに落ち込む」ということについての説明です。INFPは理想主義者で、自分の感性や価値観に基づいて物事を考えることが多いですが、現実は理想とは異なることが多く、自分の理想と現実が乖離していることに失望や心の疲れを感じることがあります。しかし、自分の理想を現実に落とし込んだり、現実の問題や困難に対処したり、自分の価値観と社会の価値観を調整したりすることで、自分の健康や幸せを高めることができます。INFPは、自分の魅力と創造性を活かしながら、自分らしい生き方を楽しみ、深めることができるでしょう。

INFPが生きづらい理由20選④自分の内側にある無限の可能性に過信する

INFPが生きづらい理由10選④自分の内側にある無限の可能性に過信する

INFPが生きづらい理由10選のうち、4番目に挙げられるのが「自分の内側にある無限の可能性に過信する」ということです。INFPは、自分の感性や創造性に自信を持ち、自分の内側にある無限の可能性を信じることがあります。しかし、時には自分の内側にある無限の可能性に過信しすぎて、現実との乖離や自己満足に陥ることがあります。以下に、自分の内側にある無限の可能性に過信することの弊害とその対策を紹介します。

  • 現実の制約や限界を無視する:INFPは、自分の内側にある無限の可能性に過信することで、現実の制約や限界を無視することがあります。自分の理想や夢に向かって生きることが大切だと考えますが、現実は理想とは異なることが多く、自分の理想や夢を実現するためには、努力や計画や協力などが必要です。しかし、自分の内側にある無限の可能性に過信することで、自分の能力や才能だけで何でもできると思い込んだり、現実的な問題や困難を軽視したりすることがあります。現実の制約や限界を無視することで、自分の理想や夢を達成できなかったり、周囲との衝突や孤立を招いたりすることがあります。現実の制約や限界を無視することに対する対策としては、自分の理想や夢を現実に落とし込んだり、現実に合わせて柔軟に対応したり、支援や協力を求めたりすることがおすすめです。
  • 自己満足に陥る:INFPは、自分の内側にある無限の可能性に過信することで、自己満足に陥ることがあります。自分の感性や創造性に自信を持ち、自分の内側にある無限の可能性を信じることは、自分の魅力や成長につながります。しかし、自分の内側にある無限の可能性に過信することで、自分の感性や創造性を他人に押し付けたり、他人の感性や創造性を否定したりすることがあります。自己満足に陥ることで、自分の成長や発展を妨げたり、他人との関係や評価を損ねたりすることがあります。自己満足に陥ることに対する対策としては、自分の感性や創造性を他人に尊重してもらえるように表現したり、他人の感性や創造性を尊重して学んだりすることがおすすめです。

以上が、INFPが生きづらい理由10選の4番目である「自分の内側にある無限の可能性に過信する」ということについての説明です。INFPは、自分の感性や創造性に自信を持ち、自分の内側にある無限の可能性を信じることがありますが、それが裏目に出ることがあります。しかし、現実の制約や限界を無視しなかったり、自己満足に陥らなかったりすることで、自分の健康や幸せを高めることができます。INFPは、自分の魅力と創造性を活かしながら、自分らしい生き方を楽しみ、深めることができるでしょう。

INFPが生きづらい理由20選⑤自分の感性や価値観に固執する

INFPが生きづらい理由10選⑤自分の感性や価値観に固執する

INFPが生きづらい理由10選のうち、5番目に挙げられるのが「自分の感性や価値観に固執する」ということです。INFPは、自分の感性や価値観に基づいて物事を考えることが多く、自分の内面世界を大切にします。しかし、時には自分の感性や価値観に固執しすぎて、他人や社会との調和や協力を欠くことがあります。以下に、自分の感性や価値観に固執することの弊害とその対策を紹介します。

  • 他人の感性や価値観を尊重しない:INFPは、自分の感性や価値観に固執することで、他人の感性や価値観を尊重しないことがあります。自分の理想や夢に向かって生きることが大切だと考えますが、他人の理想や夢に対しては無関心や否定的な態度をとることがあります。例えば、自分のやりたいことや信じることに対して、家族や友人や社会の反対や批判を受けたとき、自分の感性や価値観を押し通したり、相手の感性や価値観を無視したりすることがあります。他人の感性や価値観を尊重しないことで、自分の理解や支持を得られなかったり、周囲との摩擦やトラブルに巻き込まれたりすることがあります。他人の感性や価値観を尊重しないことに対する対策としては、自分の感性や価値観を他人に押し付けなかったり、他人の感性や価値観を聞いたり、他人の理想や夢を応援したりすることがおすすめです。
  • 社会のルールや常識に従わない:INFPは、自分の感性や価値観に固執することで、社会のルールや常識に従わないことがあります。自分の内面や理想に重きを置き、抽象的な思考をすることが多いため、現実や社会に対して無関心や批判的な態度をとることがあります。例えば、自分のやりたいことや信じることに対して、社会のルールや常識に縛られたくなかったり、社会のルールや常識に反発したりすることがあります。社会のルールや常識に従わないことで、自分の居場所や目的を見つけられなかったり、社会からの評価や信頼を失ったりすることがあります。社会のルールや常識に従わないことに対する対策としては、社会のルールや常識を学んだり、社会のルールや常識に合わせて柔軟に対応したり、社会のルールや常識を変えるために行動したりすることがおすすめです。
  • 自分の感性や価値観に自信がない:INFPは、自分の感性や価値観に固執することで、自分の感性や価値観に自信がないことがあります。自分の感性や価値観に基づいて物事を考えることが多いため、他人や社会との違いや距離を感じることがあります。例えば、自分のやりたいことや信じることに対して、自分の感性や価値観が正しいのか疑ったり、自分の感性や価値観が受け入れられるのか不安になったりすることがあります。自分の感性や価値観に自信がないことで、自分の自信や幸せを低く見積もったり、自分の感性や価値観を変えようとしたりすることがあります。自分の感性や価値観に自信がないことに対する対策としては、自分の感性や価値観を明確にしたり、自分の感性や価値観を誇りにしたり、自分の感性や価値観を表現したりすることがおすすめです。

以上が、INFPが生きづらい理由10選の5番目である「自分の感性や価値観に固執する」ということについての説明です。INFPは、自分の感性や価値観に基づいて物事を考えることが多く、自分の内面世界を大切にしますが、それが裏目に出ることがあります。しかし、他人の感性や価値観を尊重したり、社会のルールや常識に従ったり、自分の感性や価値観に自信を持ったりすることで、自分の健康や幸せを高めることができます。INFPは、自分の魅力と創造性を活かしながら、自分らしい生き方を楽しみ、深めることができるでしょう。

INFPが生きづらい理由20選⑥生活習慣が乱れやすい

INFPが生きづらい理由10選⑥生活習慣が乱れやすい

NFPが生きづらい理由10選のうち、6番目に挙げられるのが「生活習慣が乱れやすい」ということです。INFPは、自分の世界に没頭することが好きで、一人の時間を大切にすることがあります。しかし、それが生活習慣に悪影響を及ぼすことがあります。以下に、生活習慣が乱れやすい理由とその対策を紹介します。

  • 時間管理が苦手:INFPは、時間管理が苦手なことがあります。自分のやりたいことや興味のあることに夢中になって、時間の経過に気づかなかったり、予定や期限を忘れたりすることがあります。また、自分のペースで物事を進めることが多く、他人のペースに合わせることが苦手です。時間管理が苦手なことで、朝起きられなかったり、遅刻や納期遅れを起こしたり、睡眠不足や疲労を感じたりすることがあります。時間管理が苦手なことに対する対策としては、スケジュールや目標を紙やアプリで管理したり、アラームやリマインダーを設定したり、優先順位や効率を考えたりすることがおすすめです。
  • 食生活が乱れやすい:INFPは、食生活が乱れやすいことがあります。自分の感性や価値観に基づいて食べ物を選んだり、自分の好きなものだけを食べたりすることがあります。また、自分の世界に没頭して、食事の時間や量を忘れたり、食欲がなくなったりすることがあります。食生活が乱れやすいことで、栄養不足や偏食や食中毒などの健康問題を引き起こしたり、体重や体型に悩んだりすることがあります。食生活が乱れやすいことに対する対策としては、バランスの良い食事を摂ったり、定期的に食事をとったり、食事の前後に水分をとったりすることがおすすめです。
  • 運動不足になりやすい:INFPは、運動不足になりやすいことがあります。自分の内面や理想に重きを置き、外界や現実に興味がないことがあります。また、自分の感情や思考に影響を受けやすく、気分や態度が変わりやすいことがあります。運動不足になりやすいことで、肥満や筋力低下や病気などの健康問題を引き起こしたり、気分や精神が落ち込んだりすることがあります。運動不足になりやすいことに対する対策としては、自分の好きな運動や趣味を見つけたり、友人や家族と一緒に運動したり、日常生活に運動を取り入れたりすることがおすすめです。

以上が、INFPが生きづらい理由10選の6番目である「生活習慣が乱れやすい」ということについての説明です。INFPは、自分の世界に没頭することが好きで、一人の時間を大切にすることがありますが、それが生活習慣に悪影響を及ぼすことがあります。しかし、時間管理や食生活や運動などの生活習慣を改善することで、自分の健康や幸せを高めることができます。INFPは、自分の魅力と創造性を活かしながら、自分らしい生活習慣を楽しみ、深めることができるでしょう。

INFPが生きづらい理由20選⑦社会のルールや常識に従えない

INFPが生きづらい理由10選⑦社会のルールや常識に従えない

INFPが生きづらい理由10選のうち、7番目に挙げられるのが「社会のルールや常識に従えない」ということです。INFPは、自分の内面や理想に重きを置き、抽象的な思考をすることが多いです。しかし、現実や社会に対しては無関心や批判的な態度をとることがあります。以下に、社会のルールや常識に従えないことの弊害とその対策を紹介します。

  • 周囲との衝突や孤立を招く:INFPは、社会のルールや常識に従えないことで、周囲との衝突や孤立を招くことがあります。自分のやりたいことや信じることに対して、社会のルールや常識に縛られたくなかったり、社会のルールや常識に反発したりすることがあります。例えば、自分の感性や価値観に合わない仕事や人間関係に対して、無気力や不満を表したり、逃げたりすることがあります。社会のルールや常識に従えないことで、自分の居場所や目的を見つけられなかったり、社会からの評価や信頼を失ったりすることがあります。社会のルールや常識に従えないことに対する対策としては、社会のルールや常識を学んだり、社会のルールや常識に合わせて柔軟に対応したり、社会のルールや常識を変えるために行動したりすることがおすすめです。
  • 自分の成長や発展を妨げる:INFPは、社会のルールや常識に従えないことで、自分の成長や発展を妨げることがあります。自分の内面や理想に重きを置き、抽象的な思考をすることが多いため、現実や社会に対しては無関心や批判的な態度をとることがあります。例えば、自分の感性や価値観に合わない知識や技能に対して、学ぶ必要がないと思ったり、学ぶ意欲がなかったりすることがあります。社会のルールや常識に従えないことで、自分の知識や技能が偏ったり、陳腐化したりすることがあります。社会のルールや常識に従えないことに対する対策としては、自分の感性や価値観を広げたり、自分の知識や技能を更新したり、自分の感性や価値観を表現したりすることがおすすめです。

以上が、INFPが生きづらい理由10選の7番目である「社会のルールや常識に従えない」ということについての説明です。INFPは、自分の内面や理想に重きを置き、抽象的な思考をすることが多いですが、現実や社会に対しては無関心や批判的な態度をとることがあります。しかし、社会のルールや常識を学んだり、社会のルールや常識に合わせて柔軟に対応したり、社会のルールや常識を変えるために行動したりすることで、自分の健康や幸せを高めることができます。INFPは、自分の魅力と創造性を活かしながら、自分らしい生き方を楽しみ、深めることができるでしょう。

INFPが生きづらい理由20選⑧競争や評価に対して消極的

INFPが生きづらい理由10選⑧競争や評価に対して消極的

INFPが生きづらい理由10選の8番目は、「競争や評価に対して消極的」という特徴です。INFPは、自分の価値観や内面の世界を大切にする性格であり、競争を好まず、他人からの評価に敏感です。以下に、この特徴による生きづらさと、それに対する対策を述べます。

  • 競争を避ける傾向がある:INFPは、競争を避ける傾向があります。彼らは協調性を重んじ、競争よりも共感や理解を求めることが多いです。そのため、競争が激しい環境ではストレスを感じやすく、自分の価値を見出しにくくなることがあります。競争を避けることによる生きづらさに対する対策としては、自分の強みや興味を活かせる分野を見つけ、競争ではなく協力を基盤とした環境で活動することがおすすめです。
  • 他人からの評価に敏感:INFPは、他人からの評価に敏感です。否定的なフィードバックや批判に強く反応し、自己評価が下がることがあります。これは、ストレスや精神的な負担を引き起こす原因となることがあります。他人からの評価に敏感であることによる生きづらさに対する対策としては、自己受容を高め、自分の価値観に基づいて行動することが大切です。また、批判を構築的なフィードバックとして捉え、成長の機会とすることも有効です。

以上が、INFPが競争や評価に対して消極的であることによる生きづらさと、それに対する対策です。INFPは、自分の価値観や内面の世界を大切にする性格であり、競争を好まず、他人からの評価に敏感ですが、自分の強みを活かし、自己受容を高めることで、より快適に生きることができます。自分らしい価値観を持ち、自分のペースで生きることが、INFPにとっての幸せにつながるでしょう。

INFPが生きづらい理由20選⑨変化や刺激に対して敏感

INFPが生きづらい理由10選⑨変化や刺激に対して敏感

INFPが生きづらい理由10選の9番目は、「変化や刺激に対して敏感」という特徴です。INFPは、感受性が高く、内向的な性格であるため、環境の変化や新しい刺激に対して強く反応することがあります。以下に、この特徴による生きづらさと、それに対する対策を述べます。

  • 環境の変化に適応するのが難しい:INFPは、環境の変化に適応するのが難しいことがあります。安定した環境やルーチンを好むため、予期せぬ変化に対してストレスを感じやすく、適応に時間がかかることがあります。このような生きづらさに対する対策としては、変化に対する準備を事前に行い、変化を少しずつ受け入れることが大切です。また、変化をポジティブな成長の機会と捉えることも有効です。
  • 新しい刺激に敏感である:INFPは、新しい刺激に敏感です。刺激的な環境や人混みなどは、彼らにとって過度なストレスとなることがあります。このため、静かで落ち着いた環境を好む傾向があります。新しい刺激に敏感であることによる生きづらさに対する対策としては、自分のペースで環境に慣れる時間を取り、必要に応じて休息を取ることが重要です。

以上が、INFPが「変化や刺激に対して敏感」であることによる生きづらさと、それに対する対策です。INFPは、感受性が高く、内向的な性格であるため、環境の変化や新しい刺激に対して強く反応することがありますが、事前の準備や自分のペースでの適応を心がけることで、生きやすさを向上させることができます。自分の感性を大切にしながら、変化を受け入れる柔軟性を持つことが、INFPにとっての幸せにつながるでしょう。

INFPが生きづらい理由20選⑩自分の居場所や目的を見つけられない

INFPが生きづらい理由10選⑩自分の居場所や目的を見つけられない

INFPが生きづらい理由10選の10番目は、「自分の居場所や目的を見つけられない」という点です。INFPは理想主義的で、内面の価値観に深く根ざした行動を取るため、自分だけの居場所や目的を見つけることに苦労することがあります。以下に、この特徴による生きづらさと、それに対する対策を述べます。

  • 自分だけの居場所を見つけることの難しさ:INFPは、自分だけの居場所を見つけることが難しいです。彼らはしばしば、自分の価値観や感性に完全に合致する環境を求めますが、それが容易に見つからないことが多いです。このような生きづらさに対する対策としては、自分の価値観を共有できるコミュニティを探すか、または自分でそのような場を作ることが有効です。
  • 目的を見つけることの複雑さ:INFPは、自分の人生の目的を見つけることにも苦労します。彼らはしばしば、自分の行動が大きな意味を持つことを望みますが、それが明確でない場合、方向性を見失いがちです。目的を見つけることの複雑さに対する対策としては、小さなステップから始めて、自分の情熱を追求することで、徐々に自分の目的を明確にしていくことが推奨されます。

以上が、INFPが「自分の居場所や目的を見つけられない」と感じる理由と、それに対する対策です。INFPは、自分の価値観や感性に基づいて行動することを重視するため、居場所や目的を見つけることに苦労することがありますが、自分の価値観を共有できる場を見つけたり、小さなステップから目的を探求することで、生きやすさを向上させることができます。自分らしい価値観を持ち、自分のペースで生きることが、INFPにとっての幸せにつながるでしょう。

INFPが生きづらい理由20選⑪ルーティンワークの苦手さ

INFPが生きづらい理由20選⑪ルーティンワークの苦手さ

NFP型の人々がルーティンワークに苦手意識を持つ理由は、彼らの自由を愛する性質と創造性を重視する傾向にあります。以下は、INFP型がルーティンワークを苦手と感じる理由についての詳細です:

  • 創造性への制限: INFP型は、新しいアイデアや創造的なプロジェクトに取り組むことに情熱を感じます。ルーティンワークは、そのような創造的な活動に対する制限となり得るため、彼らにとっては制約と感じられます。
  • 変化への渇望: INFP型は変化を求める性質があり、同じ作業の繰り返しは彼らにとって退屈であると感じられます。彼らは、日々の変化と成長を重視し、それが欠けると生きづらさを感じることがあります。
  • 個性の表現: INFP型は自分の個性や価値観を表現することを大切にします。ルーティンワークは個性的な表現の機会を減少させるため、彼らにとっては満足感を得にくいものです。
  • 内省と自己実現: INFP型は内省的であり、自己実現を目指すことに深い価値を見出します。ルーティンワークは、自己実現の過程において彼らが求める深い意味や目的を提供しないため、不満を感じる原因となります。

これらの理由から、INFP型はルーティンワークに対して苦手意識を持ちやすく、より自由で創造的な環境で働くことを好む傾向があります。

INFPが生きづらい理由20選⑫自己実現の追求

INFPが生きづらい理由20選⑫自己実現の追求

INFP型の人々が生きづらさを感じる理由の一つに、自己実現の追求が挙げられます。彼らは理想主義的であり、自分自身の価値観や信念に沿った生き方を深く求めています。以下は、INFP型が自己実現の追求において生きづらさを感じる理由です:

  • 理想と現実のギャップ: INFP型は高い理想を持っており、現実がそれに追いつかない場合、失望やフラストレーションを感じることがあります。
  • 内面の価値観と外界の不一致: INFP型は内面の価値観に従って行動することを重視しますが、それが社会の期待や規範と一致しない場合、葛藤を感じることがあります。
  • 自己表現の難しさ: INFP型は自己表現を大切にしますが、自分の内面を言葉にすることや、他者に理解されることが難しいと感じることがあります。
  • 選択の難しさ: INFP型は多くの可能性に惹かれるため、一つの道を選ぶことに苦慮することがあります。これは、自己実珀の過程で迷いや不安を生む原因となります。
  • 自己犠牲の傾向: INFP型は他者を助けることに喜びを感じる一方で、自分のニーズを犠牲にしてしまうことがあります。これは、自己実現を妨げる要因となることがあります。

これらの理由から、INFP型は自己実現の道を追求する中で、生きづらさを感じることがあります。しかし、彼らの深い内省と理想への追求は、彼らが自分自身と調和した生き方を見つけるための大切なプロセスでもあります。

INFPが生きづらい理由20選⑬感情の起伏の激しさ

INFPが生きづらい理由20選⑬感情の起伏の激しさ

INFP型の人々が感情の起伏の激しさによって生きづらさを感じる理由は、彼らの感受性が非常に高いことと、深い感情を内包していることにあります。以下は、INFP型が感情の起伏の激しさを感じる理由についての詳細です:

  • 感受性の高さ: INFP型は、周囲の出来事や人々の感情に対して非常に敏感です。これにより、他者の感情や環境の変化に強く反応し、感情が揺れ動きやすくなります。
  • 内面の感情の深さ: INFP型は内面の世界が豊かで、感情が深く、しばしば強い感情に圧倒されることがあります。これは、日常生活において感情の起伏を激しくする原因となります。
  • 価値観との対立: INFP型は自分の価値観に深くコミットしており、それが外界の現実と対立すると、感情的なストレスを感じることがあります。
  • 表現の難しさ: INFP型は感情を表現することが難しいことがあり、それが内面での葛藤を引き起こし、感情の起伏を激しくします。

これらの特徴により、INFP型は感情の起伏の激しさによって生きづらさを感じることがありますが、同時に彼らの感受性は創造性や共感の能力の源泉でもあります。

INFPが生きづらい理由20選⑭人間関係の深さへの渇望

INFPが生きづらい理由20選⑭人間関係の深さへの渇望

INFP型の人々が生きづらさを感じる理由の一つに、人間関係の深さへの渇望があります。彼らは本質的に深いつながりを求め、表面的な関係では満足できないため、以下のような点で生きづらさを感じることがあります:

  • 深いつながりの探求: INFP型は、人との関係において深い精神的なつながりを求めます。しかし、そのようなつながりはすぐには形成されず、見つけるのが難しいことがあります。
  • 感情の共有の必要性: INFP型は、自分の感情を理解し、共感してくれる人との関係を重視します。このような共有がないと、孤独や疎外感を感じることがあります。
  • 理解されることへの願望: INFP型は、他者に自分の価値観や内面を理解されることを深く望みます。理解されないと、関係において不満や不安を感じることがあります。
  • 対人関係における繊細さ: INFP型は感受性が強く、他者の言動に敏感です。そのため、人間関係において傷つきやすく、ストレスを感じることがあります。

これらの特徴により、INFP型は人間関係において深いつながりを求める一方で、そのような関係を築くことの難しさに直面することがあります。

INFPが生きづらい理由20選⑮社会的役割のプレッシャー

INFPが生きづらい理由20選⑮社会的役割のプレッシャー 

INFP型の人々が生きづらさを感じる理由の一つに、社会的役割のプレッシャーがあります。彼らは個性的で独立した精神を持ち、自分らしさを大切にするため、以下のような点で社会的な圧力を感じることがあります:

  • 型にはまらない性格: INFP型は、型にはまることを嫌い、自分の価値観や信念に基づいて行動することを重視します。しかし、これが社会的な役割や期待と衝突することがあります。
  • 自己表現の制限: 社会的な役割はしばしば、個人の自由な自己表現に制限をかけることがあります。INFP型はこのような制限を苦痛に感じることが多いです。
  • 理想と現実のバランス: INFP型は理想を追求する傾向がありますが、社会的な役割は現実的な要求を伴います。理想と現実のバランスを取ることは、彼らにとって挑戦的です。
  • 役割への適応: INFP型は変化に富んだ環境を好むため、固定された役割に適応することに抵抗を感じることがあります。

これらの理由から、INFP型は社会的な役割のプレッシャーによって生きづらさを感じることがあります。彼らは自分らしさを表現し、自分の価値観に忠実でいることを重視するため、社会的な期待との間で葛藤を抱えることがあります。

INFPが生きづらい理由20選⑯自己犠牲の精神

INFPが生きづらい理由20選⑯自己犠牲の精神

INFP型の人々が生きづらさを感じる理由の一つに、自己犠牲の精神があります。彼らは他者への共感が深く、しばしば自分のニーズを後回しにしてまで他人を助けようとします。以下は、INFP型が自己犠牲の精神によって生きづらさを感じる理由です:

  • 他者への深い共感: INFP型は、他者の感情や状況に深く共感するため、自分の問題よりも他人の問題を優先する傾向があります。
  • 過度な責任感: INFP型は、他人の幸福や問題に対して過度な責任を感じることがあり、これが自己犠牲につながることがあります。
  • 自己のニーズの軽視: INFP型は、自分のニーズや欲求を他人のそれよりも低く評価することがあり、結果として自分自身を犠牲にすることがあります。
  • 疲弊するまでの助け: INFP型は、他者を助けることによって自己価値を見出すことがありますが、時には自分が疲弊するまで助け続けることがあります。

これらの特徴により、INFP型は他者を支援することで満足感を得る一方で、自己犠牲が過ぎると自分自身の健康や幸福を損なうリスクがあります。彼らはバランスを見つけ、自分自身のニーズも大切にすることが重要です。

INFPが生きづらい理由20選⑰孤独感との戦い

INFPが生きづらい理由20選⑰孤独感との戦い

INFP型の人々が孤独感と戦う理由は、彼らの内向的な性格と深い内面の世界に根ざしています。以下は、INFP型が孤独感を感じる理由についての詳細です:

  • 内向的な性格: INFP型は内向的であり、自分の内面の世界に深く没頭することがあります。これにより、他者とのつながりを築くことが難しくなることがあります。
  • 理解されることへの渇望: INFP型は、自分の価値観や感情を深く理解してもらいたいと願いますが、それが叶わないと孤独を感じることがあります。
  • 感情の共有の難しさ: INFP型は感情を共有することを重視しますが、自分の感情を言葉にするのが難しいことがあり、これが孤独感につながります。
  • 深いつながりの探求: INFP型は表面的な関係ではなく、深い精神的なつながりを求めます。このようなつながりを見つけることは容易ではないため、孤独感を感じやすいです。

これらの特徴により、INFP型は孤独感との戦いを経験することがありますが、彼らの豊かな内面の世界と感情の深さは、真のつながりを見つけたときに非常に強い絆を築くことができます。

INFPが生きづらい理由20選⑱完璧主義への傾倒

INFPが生きづらい理由20選⑱完璧主義への傾倒

INFP型の人々が完璧主義への傾倒によって生きづらさを感じる理由は、彼らの理想主義的な性格と内面の価値観に基づいた高い目標設定にあります。以下は、INFP型が完璧主義に傾倒することで生きづらさを感じる理由です:

  • 理想と現実のギャップ: INFP型はしばしば、現実を理想のイメージに合わせようとしますが、現実が常に理想に追いつくわけではないため、失望やフラストレーションを感じることがあります。
  • 自己批判の強さ: INFP型は自分自身に対して厳しいことが多く、完璧でないと感じると自己批判に陥りやすいです。これは自尊心に影響を及ぼし、ストレスや不安を引き起こすことがあります。
  • 過度な期待: INFP型は自分自身や他人に対して高い期待を持つことがありますが、それが達成されないときに落胆することがあります。
  • プロジェクトの完了の難しさ: 完璧を求めるあまり、INFP型はプロジェクトやタスクの完了に時間がかかったり、完了できなかったりすることがあります。

これらの特徴により、INFP型は完璧主義に傾倒することで、自分自身に対するプレッシャーを感じ、生きづらさを経験することがあります。しかし、彼らの理想を追求する情熱は、同時に彼らの創造性や独自性の源泉でもあります。

INFPが生きづらい理由20選⑲批判に対する過敏さ

INFPが生きづらい理由20選⑲批判に対する過敏さ

INFP型の人々が批判に対して過敏になることが生きづらさの一因となることがあります。彼らは自分の価値観や創造性を大切にし、非常に個人的なレベルで物事を捉えるため、以下のような理由で批判に敏感です:

  • 個人的な価値観への影響: INFP型は自分の内面の価値観や信念に深く根ざしたアイデンティティを持っています。批判がこれらの価値観に対してなされると、個人的な攻撃として受け取ることがあります。
  • 感情の深さ: INFP型は感情が豊かであり、批判を深く心にとめることがあります。これは、自尊心に影響を与え、傷つきやすくなる原因となります。
  • 創造的な表現への影響: INFP型は創造的な活動を通じて自己表現をすることを重視します。批判は創造性を阻害すると感じることがあり、自己表現への意欲を減少させることがあります。
  • 対立の回避: INFP型は対立を避ける傾向があり、批判を受けると対立が生じると感じることがあります。これにより、ストレスや不安を感じることがあります。

これらの理由から、INFP型は批判に対して過敏に反応することがあり、それが生きづらさを感じる要因となることがあります。しかし、彼らの感受性は同時に、深い共感や創造性の源泉でもあります。

INFPが生きづらい理由20選⑳決断の難しさ

INFPが生きづらい理由20選⑳決断の難しさ

INFP型の人々が決断を下すことに苦労する理由は、彼らの理想主義的な性格と多くの選択肢に対する深い考察に起因します。以下は、INFP型が決断の難しさを感じる理由についての詳細です:

  • 多様な選択肢への魅力: INFP型は可能性を探求することに魅力を感じますが、多くの選択肢があると、最適な決断を下すことが難しくなります。
  • 理想と現実のバランス: INFP型は理想的な結果を求めますが、それが現実的な選択と一致しない場合、決断に葛藤を感じることがあります。
  • 感情の影響: INFP型は感情に基づいて決断を下すことが多く、その感情が時には明確な判断を難しくすることがあります。
  • 完璧主義: INFP型は完璧な選択を求める傾向があり、これが決断を遅らせる原因となることがあります。

これらの特徴により、INFP型は決断を下す際に生きづらさを感じることがありますが、彼らの深い思慮と価値観に基づいた決断は、長期的には彼らにとって最善の結果をもたらすことが多いです。

INFP型が生きづらい理由を20選で紹介しましたが、それに対する克服法もあります。以下に、気持ちが楽になる方法をいくつか紹介します。

相手の気持ちを理解しようとしすぎることに対する対処法

INFP型は、相手の気持ちを理解しようとしすぎることで、自分の気持ちや考えを見失ったり、自分を苦しめたりすることがあります。そのため、以下のような対処法が有効です。

  • 自分の気持ちや考えを整理する:相手の気持ちを考えすぎて悩んだり、混乱したりするときは、自分の気持ちや考えを整理することが大切です。自分の感情や思考を言葉にすることで、自分の状況や問題を客観的に見ることができます。自分の気持ちや考えを整理する方法としては、日記を書いたり、友人や家族に話したり、カウンセリングを受けたりすることがおすすめです。
  • 自分の感性や価値観を大切にする:相手の気持ちを尊重することは大切ですが、自分の感性や価値観を大切にすることも大切です。自分の感性や価値観は、自分の個性や魅力の源です。自分の感性や価値観を大切にすることで、自分の自信や幸せを高めることができます。自分の感性や価値観を大切にする方法としては、自分の好きなことや興味のあることに時間を割いたり、自分の意見や感情を表現したりすることがおすすめです。
  • 相手との境界線を引く:相手の気持ちに共感することは素晴らしいことですが、相手の気持ちに侵食されることは危険です。相手の気持ちに侵食されると、自分の気持ちや考えが曖昧になったり、相手の負担や問題を自分のものにしたりすることがあります。そのため、相手との境界線を引くことが重要です。相手との境界線を引くことで、自分と相手の違いや距離を認識することができます。相手との境界線を引く方法としては、相手の問題に対して、助言や支援をするのではなく、傾聴や共感をすることがおすすめです。

自己表現が苦手なことに対する対処法

INFP型は、自己表現が苦手なことで、自分の気持ちや考えを伝えられなかったり、相手とのコミュニケーションに不満や不安を感じたりすることがあります。そのため、以下のような対処法が有効です。

  • 自分の気持ちや考えを言葉にする練習をする:自分の気持ちや考えを言葉にするのが難しいと感じるときは、自分の気持ちや考えを言葉にする練習をすることが大切です。自分の気持ちや考えを言葉にすることで、自分の状況や問題を明確にすることができます。自分の気持ちや考えを言葉にする練習としては、自分に問いかけたり、自分の話を録音したり、自分の話を書き出したりすることがおすすめです。
  • 相手の反応や感想を聞く:自分の気持ちや考えを伝えるのが恥ずかしいと感じるときは、相手の反応や感想を聞くことが有効です。相手の反応や感想を聞くことで、自分の気持ちや考えが相手に伝わったかどうかを確認することができます。また、相手の反応や感想を聞くことで、相手の気持ちや考えを理解することができます。相手の反応や感想を聞く方法としては、自分の話をした後に、「どう思いますか?」や「感想はありますか?」などの質問をすることがおすすめです。
  • 自分の気持ちや考えを伝えることのメリットを意識する:自分の気持ちや考えを伝えることのメリットを意識することも重要です。自分の気持ちや考えを伝えることのメリットとしては、以下のようなものがあります。
    • 自分の気持ちや考えをスッキリさせることができる
    • 相手との関係を深めることができる
    • 自分の意見や感情を尊重してもらえることができる
    • 自分の成長や発展につながることができる 自分の気持ちや考えを伝えることのメリットを意識することで、自己表現に対するモチベーションや自信を高めることができます。

社会との摩擦に対する対処法

INFP型は、社会との摩擦に対して敏感で、自分の理想や価値観に合わないことに苦しむことがあります。そのため、以下のような対処法が有効です。

  • 社会のルールや常識を学ぶ:社会のルールや常識に従えないことで、周囲との摩擦やトラブルに巻き込まれることがあります。そのため、社会のルールや常識を学ぶことが重要です。社会のルールや常識を学ぶことで、社会に適応することができます。また、社会のルールや常識を学ぶことで、自分の理想や価値観を社会に伝えることができます。社会のルールや常識を学ぶ方法としては、本やネットで調べたり、周囲の人に聞いたり、実際に体験したりすることがおすすめです。
  • 競争や評価に対してポジティブに捉える:競争や評価に対して消極的なことで、自分の可能性やチャンスを見逃したり、周囲から見下されたりすることがあります。そのため、競争や評価に対してポジティブに捉えることが有効です。競争や評価に対してポジティブに捉えることで、自分の能力や才能を発揮することができます。また、競争や評価に対してポジティブに捉えることで、自分の成長や発展につながることができます。競争や評価に対してポジティブに捉える方法としては、自分の目標や理想を明確にしたり、自分の強みや得意なことを活かしたり、自分の努力や成果を認めたりすることがおすすめです。
  • 自分の居場所や目的を見つける:自分の居場所や目的を見つけられないことで、自分の人生に対して不安や迷いを感じることがあります。そのため、自分の居場所や目的を見つけることが大切です。自分の居場所や目的を見つけることで、自分の人生に対して意味や価値を感じることができます。また、自分の居場所や目的を見つけることで、自分の理想や夢に向かって生きることができます。自分の居場所や目的を見つける方法としては、自分の好きなことや興味のあることに挑戦したり、自分に合った仕事や活動を探したり、自分にとって大切な人やものを見つけたりすることがおすすめです。

INFPが生きづらい理由20選とその克服法について徹底解説!まとめ

INFP型は、理想主義者で創造的な人ですが、心理的な理由や日常生活的な理由や現代社会的な理由によって、生きづらさを感じることがあります。

しかし、その生きづらさに対する克服法もあります。この記事では、INFP型が生きづらい理由を20選で紹介しました。また、その理由に対する克服法も併せてお伝えしました。INFP型の方はもちろん、INFP型の人と関わる方もぜひ参考にしてください。

INFP型は、自分の魅力と創造性を活かしながら、自分らしい生き方を楽しみ、深めることができるでしょう。

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー取得。現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)