INFP(仲介者)

【2024年版】INFPが人生ハードモードと言われる理由!内容を知って生きやすくする為に

INFPとは、内向的・直感的・感情的・柔軟な性格タイプのことです。

INFPの人は、理想主義で創造力豊かな人として周囲から評価されますが、現実とのギャップやコミュニケーションの難しさに悩むことも多いです。

この記事では、INFPが人生ハードモードと言われる理由やその内容、そして生きやすくする為にできることについて解説します。

INFPの頭がおかしいと言われる理由とは?分かりやすく的確に解説

​INFPが人生ハードモードと言われる理由​①理想と現実のギャップに苦しむ​

INFPタイプが「人生ハードモード」と言われる理由の一つに、理想と現実のギャップに苦しむことが挙げられます。INFPは、非常に理想主義的な性格を持ち、美しい世界や完璧な状況を夢見ることが多いです。彼らは、自分の内面にある価値観や信念に深く根ざした理想を持っており、それに従って生きることを望みます。しかし、現実の世界は彼らの理想とはしばしば異なり、このギャップに直面することで、INFPは苦悩することがあります。

理想と現実のギャップがもたらす苦悩とは

INFPは、自分の理想を実現することに情熱を注ぎますが、現実は常に彼らの理想に沿って進むわけではありません。社会の制約、他人の期待、資源の限りなど、多くの障害が彼らの理想を達成することを困難にします。このような障害に直面するたびに、INFPは自分の理想と現実との間に大きなギャップを感じ、失望や挫折を経験することがあります。

また、INFPは自分自身や他人に対して高い理想を持っているため、現実がそれに追いつかない時、自分や他人に対して厳しい評価を下すことがあります。彼らは、理想を追い求めるあまり、現実を受け入れることができず、自分自身や他人を過度に批判することになるかもしれません。

理想と現実のギャップに対処するために

INFPが理想と現実のギャップに苦しむことなく生きるためには、現実を受け入れることが重要です。彼らは、理想を追い求めることと現実を受け入れることの間でバランスを取る必要があります。INFPは、自分の理想を実現するために現実的なステップを踏むことで、理想に近づくことができます。

また、INFPは自分自身や他人に対して柔軟な態度を持つことが大切です。完璧ではない現実を受け入れ、自分や他人の欠点を理解し、それを受け入れることで、彼らはより幸福な人生を送ることができます。そして、自分の行動に一貫性を持たせることで、理想と現実のギャップによる苦悩を減らすことができるでしょう。

INFPの理想主義は、彼らの深い思考と感情から生まれるものです。この理想主義を正しく理解し、適切に使うことで、INFPは自分らしさを保ちながら、現実の世界で生きることができます。ですから、INFPは自分の理想主義を大切にし、それを現実の世界で実現するための努力を続けていくことが大切です。理想と現実のバランスを見つけることで、INFPはより充実した人生を送ることができるでしょう。

​​INFPが人生ハードモードと言われる理由​②コミュニケーションに疲れやすい

INFPタイプが「人生ハードモード」と言われる理由の一つに、コミュニケーションに疲れやすいという特性があります。INFPは内向的感情(Fi)を主要な機能として持ち、これにより自分の感情や価値観を深く内省し、自己の内面に誠実であることを重視します。このため、INFPは自分の感情を他人に理解してもらうことが難しいと感じることがあり、コミュニケーションにおいて疲労感を覚えることがあります。

また、INFPは外向的直感(Ne)も発達しており、多くの可能性を考えることができますが、これがコミュニケーションにおいて複数の選択肢やアイデアを同時に考慮することを意味し、これがさらなるストレスにつながることがあります。彼らはしばしば、自分の考えや感情を言葉にすることが難しいと感じ、他者とのコミュニケーションにおいて誤解されることを恐れます。

さらに、INFPは他者の感情やニーズに対して非常に敏感であり、他人の期待に応えようとする傾向があります。これにより、他者とのコミュニケーションにおいて自分のニーズを後回しにしてしまうことがあり、これが疲労感を増大させる原因となります。INFPは他者との調和を重視する一方で、自分自身の感情や価値観にも忠実であるため、このバランスを取ることが難しいと感じることがあります。

INFPがコミュニケーションに疲れやすいという特性は、彼らが自分自身と他者との間で深いつながりを求める一方で、自分の内面の世界を大切にするという、彼らの複雑な性格の一部です。彼らは自分の感情を適切に表現し、他者との関係を築くことで、より充実した人生を送ることができるでしょう。しかし、自分自身とのバランスを取ることが重要であり、自分のニーズや限界を認識し、適切な境界線を引くことが、健全なコミュニケーションを維持する上での鍵となります。\

​​​​INFPが人生ハードモードと言われる理由③​自己肯定感が低い

INFPが「人生ハードモード」と言われる理由の一つに、自己肯定感が低いことが挙げられます。INFPは内向的感情(Fi)を主要な機能として持ち、これにより自分の価値観や感情を深く内省します。彼らは自分の内面に非常に誠実であり、自己の理想と現実とのギャップに敏感です。このため、自分自身を厳しく評価し、自己肯定感が低くなる傾向があります。

INFPはまた、外向的直感(Ne)を使って多くの可能性を見出すことができますが、これが自分自身に対する期待を高め、達成できないと感じたときに自己肯定感を損なうことがあります。彼らはしばしば、自分の内面の理想に忠実でありたいと願いながらも、それを外部の世界で表現することに苦労します。

さらに、INFPは他者の感情やニーズに対して非常に敏感であり、他人からの承認や評価を意識することがあります。他者との関係において自分の価値を見出そうとすることが、自己肯定感をさらに揺るがすことがあります。彼らは他者との調和を重視する一方で、自分自身の価値観やニーズにも忠実であるため、このバランスを取ることが難しいと感じることがあります。

INFPが自己肯定感が低いと感じることは、彼らが自分自身と他者との間で深いつながりを求める一方で、自分の内面の世界を大切にするという、彼らの複雑な性格の一部です。彼らは自分の感情を適切に理解し、他者との関係を築くことで、より充実した人生を送ることができるでしょう。しかし、自分自身とのバランスを取ることが重要であり、自分のニーズや限界を認識し、適切な境界線を引くことが、健全な自己肯定感を維持する上での鍵となります。\

​​INFPが人生ハードモードと言われる理由④決断力が弱い

INFPタイプが「人生ハードモード」と言われる理由の一つに、決断力の弱さが挙げられます。INFPは内省的で感情豊かな性格を持ち、自分の価値観や感情に基づいて決断を下すことを重視します。しかし、これが彼らの決断力に影響を与えることがあり、特に重要な選択を迫られた時に、決断を下すことが困難になることがあります。

決断力が弱いことがもたらす苦悩とは

INFPは、選択肢の中から最も自分の価値観に合致するものを選びたいと考えますが、現実には完璧な選択肢が存在しないことが多いです。また、彼らは他人を傷つけたり、自分の理想に反する決断を下すことを極端に恐れるため、決断を先延ばしにする傾向があります。このような状況は、INFPにとって大きなストレスとなり、決断を下すことが「ハードモード」のように感じられる原因となります。

決断力を強化するために

INFPが決断力を強化するためには、自分の内面と向き合い、自分の価値観や感情を理解することが重要です。また、完璧な選択肢を求めるのではなく、現実的な選択肢の中で最善のものを選ぶことを学ぶ必要があります。INFPは、自分の直感を信じ、自分の価値観に基づいて決断を下すことで、より自信を持って行動することができます。

また、INFPは、決断を下す際には、その結果が完璧でなくても良いということを受け入れることが大切です。すべての選択には利点と欠点があり、重要なのはその選択が自分にとって意味のあるものであるかどうかです。そして、決断を下した後は、その選択を受け入れ、前向きに進むことが重要です。

INFPの決断力の弱さは、彼らの深い思考と感情から生まれるものです。この特性を理解し、適切に対処することで、INFPは自分らしさを保ちながら、より効果的に決断を下すことができます。ですから、INFPは自分の決断力を強化するための努力を続けていくことが大切です。自分の価値観に基づいて決断を下すことで、INFPはより充実した人生を送ることができるでしょう。\

​​INFPが人生ハードモードと言われる理由⑤繊細

INFPが「人生ハードモード」と言われる理由の一つに、彼らの繊細さが挙げられます。INFPは内向的感情(Fi)を主要な機能として持ち、これにより自分の感情や価値観を深く内省し、自己の内面に非常に誠実です。彼らは自分の感情を豊かに表現し、他者の感情にも敏感であるため、繊細な心を持っています。

この繊細さは、INFPが他者の苦痛や喜びに深く共感する能力を持つことを意味しますが、同時に過度の感情移入によって精神的な負担を感じやすいという側面もあります。彼らはしばしば、他人の否定的な感情や緊張を自分のものとして感じ取り、それによって疲れやストレスを感じることがあります。

また、INFPは自分の内面の世界を大切にするため、外部の世界の厳しさや冷たさに対して特に敏感です。彼らは自分の理想と現実とのギャップに苦しむことがあり、その結果、自己肯定感が低下することがあります。INFPは自分の価値観や感情を他者に理解してもらうことが難しいと感じることがあり、これがコミュニケーションにおける挑戦となることがあります。

INFPの繊細さは、彼らが他者との深い感情的なつながりを求める一方で、自分の内面の世界を大切にするという、彼らの複雑な性格の一部です。彼らは自分の感情を適切に理解し、他者との関係を築くことで、より充実した人生を送ることができるでしょう。しかし、自分自身とのバランスを取ることが重要であり、自分のニーズや限界を認識し、適切な境界線を引くことが、健全な精神状態を維持する上での鍵となります。\

​​INFPが人生ハードモードと言われる理由⑥他人を優先する

INFPタイプが「人生ハードモード」と言われる理由の一つに、他人を優先する傾向があります。INFPは、自己犠牲的で共感的な性格を持ち、しばしば自分のニーズよりも他人のニーズを優先します。この特性は、他人からの感謝や尊敬を得ることができる一方で、自分自身の目標や幸福を犠牲にしてしまうことがあります。

他人を優先することがもたらす苦悩とは

INFPは、他人の感情や状況に深く共感し、助けたいという強い願望を持っています。彼らは、他人が直面している問題を自分の問題のように感じ、解決するために力を尽くします。しかし、これが過度になると、自分の時間、エネルギー、さらには健康を犠牲にすることになりかねません。また、自分のニーズを後回しにすることで、長期的なストレスや燃え尽き症候群を引き起こす原因となることもあります。

他人を優先する傾向に対処するために

INFPが他人を優先する傾向に対処するためには、自己愛と自己ケアを学ぶことが重要です。彼らは、自分自身のニーズと他人のニーズのバランスを取ることを意識する必要があります。INFPは、他人を助けることと自分自身を大切にすることが共存できると理解し、自分の限界を知り、適切な境界線を設定することが大切です。

また、INFPは、他人の期待に応えることだけが自分の価値ではないと理解することが必要です。彼らは、自分の幸福や目標を追求することも、他人を助けることと同じくらい重要であると認識することで、よりバランスの取れた人生を送ることができます。

INFPの他人を優先する特性は、彼らの深い共感力と愛情から生まれるものです。この特性を理解し、適切に対処することで、INFPは自分らしさを保ちながら、他人との健全な関係を築くことができます。ですから、INFPは自分の他人を優先する傾向を理解し、それを健康的な方法で表現するための努力を続けていくことが大切です。自分自身を大切にすることで、INFPは他人にもより良い影響を与えることができるでしょう。\

​​INFPが人生ハードモードと言われる理由⑦スケジュール管理が苦手

INFPが「人生ハードモード」と言われる理由の一つに、スケジュール管理が苦手であることが挙げられます。INFPは内向的感情(Fi)を主要な機能として持ち、自分の価値観や感情を深く内省する傾向があります。このため、彼らは自分の内面の世界に非常に誠実であり、しばしば外部の世界の要求や期限に対して敏感ではないことがあります。

また、INFPは外向的直感(Ne)を使って多くの可能性を見出すことができますが、これが計画性よりも直感に基づいて行動することを意味し、スケジュールや期限を守ることに挑戦を感じることがあります。彼らはしばしば、瞬間のインスピレーションに従って行動することを好み、計画やスケジュールに縛られることを苦手とします。

さらに、INFPは自分のプロジェクトや活動に対して非常に情熱的であり、それが彼らの時間管理や優先順位付けに影響を与えることがあります。彼らは一つのタスクに深く没頭することができますが、それが他のタスクや約束を忘れがちになる原因となることがあります。

INFPのスケジュール管理が苦手であることは、彼らが自分の内面の世界を大切にし、自己の価値観や感情に忠実であるという、彼らの複雑な性格の一部です。彼らは自分の感情や価値観に基づいて行動することで、より充実した人生を送ることができるでしょう。しかし、外部の世界とのバランスを取ることが重要であり、効果的な時間管理やスケジュール管理の技術を身につけることが、彼らが直面する挑戦を克服する上での鍵となります。\

​​INFPが人生ハードモードと言われる理由⑧プレッシャーに弱い

INFPタイプが「人生ハードモード」と言われる理由の一つに、プレッシャーに弱いことが挙げられます。INFPは感受性が高く、内向的な性格であるため、外部からの圧力や期待に対して過敏に反応することがあります。彼らは自分の内面の価値観や感情に従って行動することを重視するため、外部からの強い要求や制約に直面すると、ストレスを感じやすくなります。

プレッシャーに弱いことがもたらす苦悩とは

INFPは、他人からの批判や評価に敏感であり、特に否定的なフィードバックを受けると、深く傷つきやすいです。彼らは自分の行動や選択が周囲から認められることを望んでいますが、それが過度のプレッシャーとなり、自信を失ったり、自己疑念に陥ったりすることがあります。また、期限や競争、高い期待などの状況下では、INFPは自分の能力を最大限に発揮することが難しくなることがあります。

プレッシャーに対処するために

INFPがプレッシャーに対処するためには、自己受容とリラックスする方法を見つけることが重要です。彼らは、自分の感受性を理解し、それを強みとして活用する方法を学ぶ必要があります。たとえば、創造的な活動や瞑想、自然とのふれあいなど、ストレスを軽減するための活動に積極的に参加することが助けになります。

また、INFPは、自分のペースで物事を進めることの重要性を認識し、他人の期待に振り回されないようにすることが大切です。彼らは、自分にとって意味のある目標を設定し、それに向かって一歩ずつ進むことで、プレッシャーを乗り越えることができます。

INFPのプレッシャーに弱い特性は、彼らの深い共感力と創造性から生まれるものです。この特性を理解し、適切に対処することで、INFPは自分らしさを保ちながら、ストレスの多い状況でもうまくやっていくことができます。ですから、INFPは自分の感受性を大切にし、それを健康的な方法で表現するための努力を続けていくことが大切です。自分自身を理解し、受け入れることで、INFPはより強く、自信を持って生きることができるでしょう。\

​​INFPが人生ハードモードと言われる理由⑨深い関係になれる人が少ない

INFPが「人生ハードモード」と言われる理由の一つに、深い関係を築ける人が少ないという点があります。INFPは内向的感情(Fi)を主要な機能として持ち、自分の価値観や感情を深く内省する傾向があります。彼らは自分の内面に非常に誠実であり、自分自身と同じように深い感情や価値観を共有できる人とのみ、本当の意味でのつながりを感じることができます。

このため、INFPは表面的な関係や一般的な社交場では満足を得られず、本当に心を開ける人を見つけることが難しいと感じることがあります。彼らはしばしば、他者との深い関係を求める一方で、自分の内面の世界を理解し、受け入れてくれる人が少ないと感じることがあります。

また、INFPは外向的直感(Ne)を使って多くの可能性を見出すことができますが、これが他者との関係においても理想を追求することを意味し、現実の人間関係がその理想に達しないと感じたときに失望を感じることがあります。彼らはしばしば、自分の理想と現実とのギャップに苦しむことがあり、それが深い関係を築くことの難しさにつながります。

INFPの深い関係になれる人が少ないという特性は、彼らが他者との深い感情的なつながりを求める一方で、自分の内面の世界を大切にするという、彼らの複雑な性格の一部です。彼らは自分の感情や価値観に基づいて行動することで、より充実した人生を送ることができるでしょう。しかし、自分自身とのバランスを取ることが重要であり、自分のニーズや限界を認識し、適切な境界線を引くことが、健全な人間関係を築く上での鍵となります。

​​INFPが人生ハードモードと言われる理由⑩感受性が豊か

INFPタイプが「人生ハードモード」と言われる理由の一つに、彼らの感受性が豊かであることが挙げられます。INFPは、内面の感情や外界からの刺激に対して非常に敏感であり、美しい芸術や人間関係に深い感動を覚えることができます。この豊かな感受性は、創造性や共感力の源泉となりますが、同時に過度の感情的な影響を受けやすいという側面もあります。

豊かな感受性がもたらす苦悩とは

INFPは、日常生活の中で感じる喜びや悲しみを深く体験します。彼らは、他人の痛みを自分のことのように感じ取り、周囲の環境や人々の感情に強く反応します。しかし、この感受性が高いために、否定的な出来事やストレスが大きな精神的負担となることがあります。また、感情が高ぶると、冷静な判断を下すことが難しくなることもあります。

豊かな感受性に対処するために

INFPが豊かな感受性に対処するためには、自分の感情を理解し、適切に管理する方法を学ぶことが重要です。彼らは、感情をコントロールする技術を身につけることで、感受性を強みとして活用することができます。たとえば、感情日記をつける、アートセラピーに参加する、瞑想やヨガなどのリラクゼーション技術を実践することが助けになります。

また、INFPは、自分の感受性を大切にしながらも、過度に感情に流されないようにするために、自己ケアを優先することが大切です。彼らは、自分の感情に耳を傾けることで、自分自身をより深く理解し、感情の波に乗りこなすことができます。

INFPの感受性が豊かであることは、彼らの個性と創造性を形作る重要な要素です。この特性を理解し、適切に対処することで、INFPは自分らしさを保ちながら、感情の波を乗り越え、充実した人生を送ることができます。ですから、INFPは自分の感受性を大切にし、それを健康的な方法で表現するための努力を続けていくことが大切です。感受性が豊かであることを受け入れ、それを自分の強みとして活かすことで、INFPはより豊かな人生を送ることができるでしょう。

INFPが人生ハードモードと感じるきっかけ

INFPが人生ハードモードと言われる内容とは、以下のようなものが考えられます。

仕事に不満を感じる

INFPの人は、仕事に対して高い理想や目的意識を持っています。

自分の価値観や感性に合った仕事をしたいと思っています。

しかし、現実の仕事は、ルーティンや細かいルール、人間関係などに縛られることが多く、INFPの人にとってはストレスや不満の原因になります。

恋愛に悩む

INFPの人は、恋愛に対しても高い理想やロマンチックな妄想を持っています。

自分の感情や価値観に共感してくれる相手を求めます。

しかし、現実の恋愛は、相手の欠点や誤解、すれ違いなどに直面することが多く、INFPの人にとっては苦しみや不安の原因になります。

社会に馴染めない

INFPの人は、社会に対しても高い理想や正義感を持っています。

自分の信念や個性に従って生きたいと思っています。

しかし、現実の社会は、権力や利益、常識などに支配されることが多く、INFPの人にとっては違和感や反発の原因になります。

INFPが生きやすくする為にできること

INFPが生きやすくする為にできることとは、以下のようなものが考えられます。

理想と現実のバランスをとる

INFPの人は、理想と現実のバランスをとることで、自分のストレスや不満を減らすことができます。

理想は大切ですが、現実に目を向けて、自分にできることや妥協できることを見つけることが大切です。

また、理想を実現するために、具体的な計画や行動を立てることも有効です。

コミュニケーションのスキルを磨く

INFPの人は、コミュニケーションのスキルを磨くことで、自分の気持ちを伝えることや他人の気持ちを理解することができます。

コミュニケーションのスキルを磨くためには、自分の感情や欲求を認めて受け入れることや、相手の言葉や態度に対して柔軟に対応することが有効です。

自己肯定感を高める

INFPの人は、自己肯定感を高めることで、自分の能力や価値を認めることや自信を持つことができます。

自己肯定感を高めるためには、自分の長所や強みを見つけて褒めることや、自分の感性や創造力を活かすことが有効です。

決断力を強化する

INFPの人は、決断力を強化することで、自分の選択や行動に責任を持つことや自分の意志を貫くことができます。

決断力を強化するためには、自分の直感や感情に従うことや、自分の目標や目的に合わせて優先順位をつけることが有効です。

自分のペースでやること

仕事で自分のペースを保つための重要性は、ストレスを軽減し、健康と幸福を促進するために不可欠です。過去の経験から学んだ教訓は、自分のペースを守らないと体調や精神に悪影響を及ぼす可能性があるということです。

自分のペースを守る方法はいくつかあります。まずは、自分が一人になれる空間で邪魔されずに仕事をすることが重要です。これにより、集中力を高め、効果的に作業を進めることができます。また、自分の考えを掘り下げる時間を持つことも大切です。ノートに感じたことを書き出したり、瞑想や空想をすることで、自分の心情や考えを整理し、自己理解を深めることができます。

自分のペースで仕事をするメリットは多くあります。まず、ストレスを軽減し、心身の健康を維持することができます。また、自分のペースで仕事を進めることで、創造性や集中力が高まり、より効果的な結果を生み出すことができます。さらに、自分のペースに合わせて働くことで、自己成長や自己表現の機会を得ることができます。

考えを掘り下げる時間を持つ

INFPの方は、空想とイメージングの重要性を理解しています。空想やイメージングは、自分の心情や考えを深く掘り下げるための有効な手段です。例えば、ジャーナリングをすることで、毎日感じたことやモヤモヤしたことを書き出すことができます。これにより、自分の心情を整理し、自己理解を深めることができます。

自分の考えを掘り下げることには、いくつかの方法があります。瞑想や空想をすることで、自分の意識を高め、新たなアイディアや視点を見つけることができます。また、ノートに感じたことや思ったことを書き出すことも効果的です。これにより、自分の思考を整理し、深く掘り下げることができます。

考えを掘り下げることには、いくつかのメリットがあります。まず、自分の考えを整理することで、自己理解を深めることができます。また、新たなアイディアや視点を見つけることで、創造性や問題解決能力を高めることができます。さらに、自分の考えを深く掘り下げることで、自信を持って意見を主張することができるようになります。

自分を表現する

自己表現の重要性は、自分がどういう性質や気質、個性を持っているかを知っておくことが大切です。自己表現を通じて、自分の考えや感情を他人に伝えることができます。INFPの方は、内向的で直感的で感情的な要素を持っており、芸術家やアーティストとしての特徴があります。自己表現は、このような性格タイプにとって特に重要な要素です。

さまざまな表現手段があります。歌を歌う、楽器を演奏する、物語を書く、ブログを書く、写真を撮るなど、自己表現の方法は多岐にわたります。自分に合った表現手段を見つけることで、自分自身をより豊かに表現することができます。

自己表現によって得られる喜びは大きいです。自分の考えや感情を表現することで、他人とのつながりを深めることができます。自分自身を表現することによって、他人に共感や理解を得ることができ、自己肯定感や幸福感を高めることができます。

自分を表現する方法は人それぞれです。自分の性格や興味に合わせた表現手段を見つけることが大切です。自己表現のための具体的な方法としては、歌を歌ったり楽器を演奏したりすること、物語を書いたりブログを書いたりすること、写真を撮ったりインスタグラムで発信することなどがあります。自分に合った方法で自己表現をすることで、より自由に自分を表現することができます。

集団行動を避けて深く対応できる関係を築く

INFPの方は、集団行動を避けることが重要です。自分のペースで仕事を進めるためには、集団行動を避けることが必要です。集団行動はストレスを引き起こし、自分の考えやアイディアを十分に表現できない可能性があります。

信頼できるパートナーや友人を持つことも重要です。自分の考えや感情を共有できる人との関係は、INFPの方にとって大きな支えになります。彼らとの深い対話は、自己理解を深めるだけでなく、新たなアイディアや視点を見つけることもできます。

少人数での会合のメリットもあります。INFPの方にとって、少人数の会合はより集中して対話を深める機会です。集団よりも少人数の方が、自分の考えや感情を表現しやすくなります。

また、深い対話の重要性もあります。INFPの方は、自分の思考や行動に対して深く掘り下げることを好みます。深い対話は、自己理解を深めるだけでなく、創造性や問題解決能力を高めることにもつながります。

自分を充電する方法やキーワードをリスト化する

INFPの方は、エネルギーチャージの方法や自分のキーワードの重要性を理解しています。自分を充電する方法は、一人の時間を持つことや自分の考えを掘り下げる時間を持つことです。一人の時間でヨガや瞑想を行い、内省することでエネルギーを回復させることができます。また、感じたことや思ったことをノートに書き出すことで自分の心情を整理し、自己理解を深めることができます。

また、自分のキーワードをリスト化することも重要です。自分が何に喜びを感じるのか、どんな活動でエネルギーがチャージされるのかをリストにしておくと、疲れた時にそれを見てアクションを起こすことができます。自分に合った活動や趣味を見つけることで、より充実した日々を送ることができます。

自分を充電する方法やキーワードをリスト化することで、自己成長や自己表現の機会を得ることができます。また、自分の心と体がバランス良く健康に保たれることで、より幸せな生活を送ることができます。

自分を充電する方法やキーワードをリスト化することは、INFPの方にとって特に重要です。自分自身を理解し、自己表現するためには、自分を充電することが不可欠です。これらの方法を活用して、より充実した日々を過ごしましょう。

INFが恋愛で人生ハードモードにならない為に

INFPは恋愛においては、人生ハードモードになりやすいです。INFは、自分の理想と現実のギャップに苦しみやすく、自分や他人に厳しすぎることがあります。また、自分の感情を表に出さないため、周囲に理解されにくいこともあります。

そんなINFは、どのようにすれば恋愛で人生ハードモードにならないで済むのでしょうか?

自分の感情や欲求を大切にする

INFPは、自分の感情や欲求を大切にすることができます。INFは、他人の感情やニーズに敏感で、自分の感情や欲求を抑えてしまうことが多いです。しかし、それでは自分の本当の気持ちや幸せを見失ってしまうことがあります。INFは、自分の感情や欲求を大切にすることで、自分の心に正直になり、自分らしく生きることができます。自分の感情や欲求を大切にするときは、自分の感情や欲求を認めたり、表現したり、満たしたりしましょう。

相手の感情や考えを尊重する

INFPは、相手の感情や考えを尊重することができます。INFは、自分の価値観や理想にこだわりが強く、相手の感情や考えに対して批判的になることがあります。しかし、それでは相手に不快感や反発を招くことがあります。INFは、相手の感情や考えを尊重することで、相手との信頼関係を築き、相手の良さを見つけることができます。相手の感情や考えを尊重するときは、相手の感情や考えを聞いたり、理解したり、受け入れたりしましょう。

自分と相手の境界線を明確にする

INFPは、自分と相手の境界線を明確にすることができます。

INFPは、他人との関係に深く入り込みすぎて、自分と相手の境界線が曖昧になることがあります。しかし、それでは自分のアイデンティティや自立性を失ってしまうことがあります。INFPは、自分と相手の境界線を明確にすることで、自分と相手のバランスを保ち、健全な関係を築くことができます。自分と相手の境界線を明確にするときは、自分の責任と相手の責任を区別したり、自分の時間や空間を確保したり、自分の意見や希望を伝えたりしましょう。

INFPが人生ハードモードにならない為に相性の良し悪しを知っておく

INFPと相性が良いタイプは、外向的で直感的で感情的で判断的な性格を持つENFJと、外向的で直感的で思考的で判断的な性格を持つENTJです。これらのタイプは、INFPとは補完的な関係を築くことができます。

ENFJは「教育者」

人間関係を大切にし、他人の成長や幸せを支援する人です。ENFJは、INFPの内面の世界に興味を持ち、INFPの感情や価値観を理解し、INFPの自己表現を助けます。また、ENFJは、INFPに対して優しくて温かくて情熱的な態度を示し、INFPの心を満たします。

ENTJは「指導者」

目標を達成するために効率的に行動し、他人に影響力を持つ人です。ENTJは、INFPの創造性や独創性に魅力を感じ、INFPのアイデアや夢を実現するために協力します。また、ENTJは、INFPに対して誠実で頼りになる態度を示し、INFPの安心感を高めます。

INFPは、ENFJやENTJとは共通の価値観や感性を持っており、互いに尊敬し合うことができます。INFPは、ENFJやENTJの行動力や決断力に刺激を受け、自分の可能性を広げることができます。一方、ENFJやENTJは、INFPの柔軟性や思いやりに感動し、自分の感情を豊かにすることができます。

INFPと相性が悪いタイプはESTPとISTJ

INFPと相性が悪いタイプは、外向的で感覚的で思考的で知覚的な性格を持つESTPと、内向的で感覚的で思考的で判断的な性格を持つISTJです。これらのタイプは、INFPとは対立的な関係を築くことが多いです。

ESTPは「挑戦者」

冒険好きで行動的で現実的で合理的な人です。ESTPは、自分の感覚に従って刺激を求め、物事を論理的に分析し、柔軟に対応します。しかし、ESTPは、長期的な計画や目標に興味がなく、自分の欲求を優先し、他人の感情に鈍感なことがあります。

ISTJは「管理者」

責任感が強くて組織的で実践的で論理的な人です。ISTJは、自分の経験に基づいて物事を判断し、秩序や規則を重んじ、効率的に仕事をこなします。しかし、ISTJは、新しいアイデアや変化に抵抗があることがあります。また、自分の意見を強く主張し、他人の価値観や感情を無視することがあります。

INFPの人生ハードモード【実体験】

MBTI診断でINFPと結果が出たA子さん(30代)

大学を卒業して都内の企業で事務職で採用されるも3年で退職。

それからも短い期間で転職を繰り返してしまいました。

理由を考えると、些細なことで落ち込んでしまい自信が付かず仕事も飽きてしまうそうです。

感受性が豊かで新しい環境に目を向きがち

これはINFPが思慮深く、感受性が豊かで些細なことでもプレッシャーを感じてしまうが故と言えるでしょう。

どうしても転職回数や引っ越し回数が増えるのもINFPの特徴と言えます。

INFPが人生ハードモードに関するSNS投稿

  • INFP 人生ハードモードとか言われてて笑う INFJ良い感じの事書かれまくりで良いな
  • mbti診断ってのを久しぶりにやったんだけど、INTP?からINFPに変わってた、この性格は人生ハードモードと言われてるらしい………

INFPが人生ハードモードと言われる理由!内容を知って生きやすくする為に【まとめ】

INFPが人生ハードモードと言われる理由は、理想と現実のギャップに苦しんだり、コミュニケーションに疲れやすかったり、自己肯定感が低かったり、決断力が弱かったりするからです。

INFPが人生ハードモードと言われる内容は、仕事に不満を感じたり、恋愛に悩んだり、社会に馴染めなかったりすることです。

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー取得。現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)