INTJ(建築家)

INTJの殺意の目とは?INTJが殺意芽生える瞬間について徹底解説!

INTJという性格タイプは、マイヤーズ・ブリッグス・タイプ・インディケーター(MBTI)という心理学的な分類法で用いられるものです。

INTJは、内向的・直観的・思考的・判断的という4つの特徴を持つ人のことを指します。

INTJは、独創的で分析的、自信があり、計画的な人です。

INTJは、自分の知識や能力に対して、高い基準や目標を持ち、効率的に遂行することができます。

INTJは、自分の行動や決断に対して、自分の思考や判断、理由や意図など、論理的で客観的な説明をすることができます。

しかし、あまりに論理的に考えるが故に相手が理解不能な行動をした時は、相手に対して冷たい視線を送ることがあります。

これが殺意の目と言われることがあるのです。

殺意の目とは、相手に対して、強い敵意や不快感、軽蔑や嫌悪など、ネガティブな感情を表す目つきのことです。

INTJが殺意の目をすることがありますが、本当なのでしょうか?

実際のところがどうなのでしょうか?そう言われてしまう理由について、徹底解説します!

INTJが殺意の目をしていると言われる理由1:無表情

INTJが殺意の目をしていると言われる理由の一つは、無表情だからです。

INTJは、自分の感情を表に出さないことが多いです。INTJは、感情よりも論理や理性を重視し、自分の感情をコントロールすることができます。しかし、INTJは、自分の感情を表に出さないことで、他人から冷たくや無関心に見えることがあります。特に、INTJが集中しているときや考え込んでいるときは、無表情になりやすいです。INTJが無表情になると、他人はINTJが怒っているとか、嫌っているとか、殺意を持っているとか、勘違いすることがあります。

INTJが殺意の目をしていると言われる理由2:鋭い視線

INTJが殺意の目をしていると言われる理由の一つは、鋭い視線だからです。

INTJは、自分の興味や関心のあるものに対して、鋭い視線で見ることがあります。INTJは、自分の観察力や洞察力を活かして、物事の本質や真実を見抜こうとします。しかし、INTJは、自分の鋭い視線で見ることで、他人から不快に感じられることがあります。特に、INTJが人間や人間関係に対して、鋭い視線で見るときは、他人はINTJが敵対的や威圧的に見えることがあります。INTJが鋭い視線で見ると、他人はINTJが自分を軽蔑しているとか、攻撃してくるとか、殺意を持っているとか、勘違いすることがあります。

INTJが殺意の目をしていると言われる理由3:批判的

INTJが殺意の目をしていると言われる理由の一つは、批判的だからです。

INTJは、自分の論理や理想にこだわり、物事を厳しく分析し、評価します。INTJは、自分や他人に対して、高い基準や要求を持ちます。しかし、INTJは、自分の批判的な態度で、他人から反感を買うことがあります。特に、INTJが他人の意見や行動に対して、批判的になるときは、他人はINTJが傲慢や偏屈に見えることがあります。INTJが批判的になると、他人はINTJが自分を否定しているとか、侮辱しているとか、殺意を持っているとか、勘違いすることがあります。

INTJが殺意の目をしていると言われる理由4:無愛想

INTJが殺意の目をしていると言われる理由の一つは、無愛想だからです。

INTJは、自分の内面に向かって生きることが多く、他人とのコミュニケーションにはあまり興味がありません。INTJは、自分の時間や空間を大切にし、他人に干渉されたり、束縛されたりするのを嫌います。しかし、INTJは、自分の無愛想な態度で、他人から孤立や疎外を感じさせることがあります。特に、INTJが他人との会話や交流に対して、無愛想になるときは、他人はINTJが無礼や無関心に見えることがあります。INTJが無愛想になると、他人はINTJが自分を拒絶しているとか、嫌っているとか、殺意を持っているとか、勘違いすることがあります。

INTJが殺意の目をしていると言われる理由5:独断的

INTJが殺意の目をしていると言われる理由の一つは、独断的だからです。

INTJは、自分の判断に自信を持ち、それに従って行動します。INTJは、自分の考えや意見をはっきりと伝え、他人を説得したり、影響したり、指導したりします。しかし、INTJは、自分の独断的な態度で、他人から反発や抵抗を招くことがあります。特に、INTJが他人の意見や感情を無視して、独断的に決めたり、行ったりするときは、他人はINTJが尊大や独裁的に見えることがあります。INTJが独断的になると、他人はINTJが自分を軽視しているとか、支配しているとか、殺意を持っているとか、勘違いすることがあります。

INTJが殺意の目をしていると言われる理由6:皮肉的

INTJが殺意の目をしていると言われる理由の一つは、皮肉的だからです。

INTJは、自分の知性や洞察力を活かして、物事の矛盾や欠点を見つけ、皮肉や皮肉を言うことがあります。INTJは、自分の皮肉や皮肉を言うことで、自分の感情や考えを表現したり、他人に気づきや学びを与えたりすると思っています。しかし、INTJは、自分の皮肉や皮肉を言うことで、他人から不快に感じ

INTJが殺意の目をしていると言われる理由7:孤独好き

INTJが殺意の目をしていると言われる理由の一つは、孤独好きだからです。

INTJは、自分の内面に向かって生きることが多く、他人とのコミュニケーションにはあまり興味がありません。INTJは、自分の時間や空間を大切にし、他人に干渉されたり、束縛されたりするのを嫌います。しかし、INTJは、自分の孤独好きな態度で、他人から孤立や疎外を感じさせることがあります。特に、INTJが他人との関わりを避けたり、断ったりするときは、他人はINTJが無礼や無関心に見えることがあります。INTJが孤独好きになると、他人はINTJが自分を拒絶しているとか、嫌っているとか、殺意を持っているとか、勘違いすることがあります。

INTJが殺意の目をしていると言われる理由8:プライドが高い

INTJが殺意の目をしていると言われる理由の一つは、プライドが高いからです。

INTJは、自分の知性や能力に自信を持ち、それに従って行動します。INTJは、自分の考えや意見をはっきりと伝え、他人を説得したり、影響したり、指導したりします。しかし、INTJは、自分のプライドが高い態度で、他人から反発や抵抗を招くことがあります。特に、INTJが他人の考えや意見に対して、プライドが高くなるときは、他人はINTJが傲慢や偏屈に見えることがあります。INTJがプライドが高くなると、他人はINTJが自分を軽視しているとか、侮辱しているとか、殺意を持っているとか、勘違いすることがあります。

INTJが殺意の目をしていると言われる理由9:無関心

INTJが殺意の目をしていると言われる理由の一つは、無関心だからです。

INTJは、自分の興味や関心のあるものに対して、熱心に取り組みます。INTJは、自分の知識やスキルを向上させ、物事の本質や真実を探求します。しかし、INTJは、自分の興味や関心のないものに対して、無関心になります。INTJは、自分の興味や関心のないものに対して、時間や労力を使うのを嫌います。特に、INTJが自分の興味や関心のない話題や人に対して、無関心になるときは、他人はINTJが冷淡や無感情に見えることがあります。INTJが無関心になると、他人はINTJが自分を無視しているとか、嫌っているとか、殺意を持っているとか、勘違いすることがあります。

INTJが殺意の目をしていると言われる理由10:短気

INTJが殺意の目をしていると言われる理由の一つは、短気だからです。

INTJは、自分の判断に自信を持ち、それに従って行動します。INTJは、自分の考えや意見をはっきりと伝え、他人を説得したり、影響したり、指導したりします。しかし、INTJは、自分の判断や行動に対して、他人が理解しなかったり、反対したり、妨害したりすると、短気になります。INTJは、自分の判断や行動に対して、他人が理解しなかったり、反対したり、妨害したりすることを、無能や無知や無礼とみなします。特に、INTJが自分の判断や行動に対して、他人が理解しなかったり、反対したり、妨害したりするときは、他人はINTJが怒りや不満に見えることがあります。INTJが短気になると、他人はINTJが自分を攻撃しているとか、脅しているとか、殺意を持っているとか、勘違いすることがあります。

INTJが殺意の目をしていると言われる理由11:皮肉屋

INTJが殺意の目をしていると言われる理由の一つは、皮肉屋だからです。

INTJは、自分の知性や洞察力を活かして、物事の矛盾や欠点を見つけ、皮肉や皮肉を言うことがあります。INTJは、自分の皮肉や皮肉を言うことで、自分の感情や考えを表現したり、他人に気づきや学びを与えたりすると思っています。しかし、INTJは、自分の皮肉や皮肉を言うことで、他人から不快に感じられることがあります。特に、INTJが他人の意見や行動に対して、皮肉や皮肉を言うときは、他人はINTJが嫌味や揶揄に見えることがあります。INTJが皮肉や皮肉を言うと、他人はINTJが自分を否定しているとか、侮辱しているとか、殺意を持っているとか、勘違いすることがあります。

INTJが殺意の目をしていると言われる理由12:秘密主義

INTJが殺意の目をしていると言われる理由の一つは、秘密主義だからです。

INTJは、自分の内面に向かって生きることが多く、他人に自分の感情や考えをあまり明かしません。INTJは、自分の感情や考えをコントロールすることができ、それを他人に知られるのを嫌います。しかし、INTJは、自分の秘密主義な態度で、他人から信頼や親密を感じさせることがありません。特に、INTJが他人に自分の感情や考えを明かさないときは、他人はINTJが不誠実や不透明に見えることがあります。INTJが秘密主義になると、他人はINTJが自分を隠しているとか、嘘をついているとか、殺意を持っているとか、勘違いすることがあります。

INTJが殺意の目をしていると言われる理由13:自信過剰

INTJが殺意の目をしていると言われる理由の一つは、自信過剰だからです。

INTJは、自分の知性や能力に自信を持ち、それに従って行動します。INTJは、自分の考えや意見をはっきりと伝え、他人を説得したり、影響したり、指導したりします。しかし、INTJは、自分の自信過剰な態度で、他人から反発や抵抗を招くことがあります。特に、INTJが他人の考えや意見に対して、自信過剰になるときは、他人はINTJが尊大や傲慢に見えることがあります。INTJが自信過剰になると、他人はINTJが自分を軽視しているとか、侮辱しているとか、殺意を持っているとか、勘違いすることがあります。

INTJが殺意の目をしていると言われる理由14:無神経

INTJが殺意の目をしていると言われる理由の一つは、無神経だからです。

INTJは、自分の感情よりも論理や理性を重視し、自分の感情をコントロールすることができます。INTJは、自分の感情を表に出さないことで、他人から冷たくや無関心に見えることがあります。しかし、INTJは、自分の無神経な態度で、他人の感情を傷つけることがあります。特に、INTJが他人の感情や立場に配慮しないで、無神経になるときは、他人はINTJが無礼や無感情に見えることがあります。INTJが無神経になると、他人はINTJが自分を無視しているとか、嫌っているとか、殺意を持っているとか、勘違いすることがあります。

INTJが殺意の目をしていると言われる理由15:孤高

INTJが殺意の目をしていると言われる理由の一つは、孤高だからです。

INTJは、自分の内面に向かって生きることが多く、他人とのコミュニケーションにはあまり興味がありません。INTJは、自分の時間や空間を大切にし、他人に干渉されたり、束縛されたりするのを嫌います。しかし、INTJは、自分の孤高な態度で、他人から孤立や疎外を感じさせることがあります。特に、INTJが他人との関わりを避けたり、断ったりするときは、他人はINTJが無礼や無関心に見えることがあります。INTJが孤高になると、他人はINTJが自分を拒絶しているとか、嫌っているとか、殺意を持っているとか、勘違いすることがあります。

INTJが殺意の目をすることの原因①自分の思考や判断に対して、論理的で客観的な視点を持つこと

INTJは、自分の思考や判断に対して、論理的で客観的な視点を持つことがあります

INTJは、自分の思考や判断に対して、自分の知識や能力、事実やデータなど、論理的で客観的な根拠を持つことが好きです。

INTJは、自分の思考や判断に対して、自分の理由や意図など、論理的で客観的な説明をすることができます。

しかし、自分の思考や判断に対して、論理的で客観的な視点を持つことは、相手にとっては、感情的や主観的な視点を無視すると感じられることがあります。

また、自分にとっても、自分の思考や判断に対する自分の感情や価値観など、感情的や主観的な要素を見落とすことがあります。

そのため、INTJは、自分の思考や判断で問題が起きたときに、相手に対して、冷たくや厳しくなることがあります。

INTJは、自分の思考や判断で問題が起きたときに、自分に対して、自分の感情や価値観など、感情的や主観的な要素を否定することがあります。

INTJが殺意の目をすることの原因②自分の思考や判断に対して、高い基準や目標を持つこと

INTJは、自分の思考や判断に対して、高い基準や目標を持つことがあります。

INTJは、自分の思考や判断に対して、自分の知識や能力、事実やデータなど、自分の外面に関することに深く関係していると考えることがあります。

INTJは、自分の思考や判断に対して、自分の成果や貢献など、自分の外面に関することに対する自信や誇りを持つことがあります。

しかし、自分の思考や判断に対して、高い基準や目標を持つことは、自分にとっては、ストレスの原因になることがあります。

自分の思考や判断に対して、高い基準や目標を持つことは、自分にとっては、自分の外面に対する不安や不満、恐れや後悔など、ネガティブな感情や考えを引き起こすことがあります。

自分の思考や判断に対して、高い基準や目標を持つことは、自分にとっては、自分の外面に対する自己評価や自己反省を過度に行うことがあります。

INTJが殺意の目をすることの原因③自分の思考や判断に対して、自信があり、計画的なこと

INTJは、自分の思考や判断に対して、自信があり、計画的なことがあります。

INTJは、自分の思考や判断に対して、自分の知識や能力、事実やデータなど、自分の外面に関することに対する自信を持つことがあります。

INTJは、自分の思考や判断に対して、自分の理由や意図など、自分の外面に関することに対する計画を立てることができます。

しかし、自分の思考や判断に対して、自信があり、計画的なことは、相手にとっては、自分の思考や判断に対する相手の意見や感想、提案や要望など、相手の外面に関することを無視すると感じられることがあります。

また、自分にとっても、自分の思考や判断に対する相手の意見や感想、提案や要望など、相手の外面に関することを見落とすことがあります。

そのため、INTJは、自分の思考や判断で問題が起きたときに、相手に対して、傲慢や無関心になることがあります。

INTJは、自分の思考や判断で問題が起きたときに、自分に対して、相手の意見や感想、提案や要望など、相手の外面に関することを軽視することがあります。

INTJの殺意の目に関する実体験

殺意の目とは、INTJの特徴的な表情であり、特にリラックスしている時に顔に現れます。以下は、INTJが殺意の目になる場面や経験についての詳細です。

家族との食事中に言われたエピソード

INTJが殺意の目になる場面の一つに、家族との食事中に言われたエピソードがあります。例えば、食事をしながら考え事をしている時に、母から「どこ見てるの?顔怖いよ」と言われることがあります。INTJは食事中でも考え事をすることが難しく、集中力が散漫になってしまいます。

考え事をしながら食事をすることの難しさ

INTJは、考え事をしながら食事をすることが難しいと感じることがあります。集中力が高く、頭の中で様々な情報やアイデアが浮かび上がるため、周囲のことに注意を向けることができません。そのため、目の前の食事に集中できず、他の人からは怖い目つきに見えることがあります。

リラックスしている時の殺意の目に共通する要素

INTJがリラックスしている時に共通する要素は、意識が内向していることです。INTJは内向型のタイプであり、内海に意識を集中させる傾向があります。そのため、外界のことをあまり気にせず、自分の世界に没頭してしまいます。外界で何を見ているのかについてはあまり意識しておらず、ある時は天井を見つめているだけでも、他人からは怖い目つきに見えることがあります。

INTJの殺意の目は、リラックスしている時に現れる特徴的な顔の表情です。これは無意識であり、怒っているわけではありません。ただ、INTJの内向的な性格や集中力の高さが影響して、周囲からは怖い目つきに見えることがあるのです。

INTJの殺意の目とレスティングフェイス

レスティングフェイスの定義

レスティングフェイスとは、特に何もしていない時に嫌な人に見える顔の表情を指します。直訳すると「ケツの穴」という意味になります。男性の場合は、「レスティングアスホールフェイス」とも呼ばれます。

INTJが殺意の目と誤解される理由

INTJは内向的な性格であり、内海に意識を集中させる傾向があります。そのため、リラックスしている時に顔に出る特徴的な表情が殺意の目と誤解されることがあります。

リラックスしている時の顔の表情

INTJがリラックスしている時の顔の表情は、一見すると怖い目つきをしているように見えますが、実際には怒っているわけではありません。内向的な性格や集中力の高さが影響して、周囲からは怖い目つきに見えることがあるのです。

男性の場合のレスティングフェイス

男性の場合、レスティングフェイスは特に目つきが悪いとされます。これは男性の内向的な性格や集中力の高さが影響している可能性があります。周囲の人々は、男性がリラックスしている時に怖い目つきに見えることがありますが、実際にはその人が怒っているわけではありません。

INTJ殺意の目に関する実体験①

INTJタイプの人々はしばしば「殺意の目」と表現される鋭い視線で知られていますが、これは彼らの集中力と内省的な性質を反映していることが多いです。学校の環境では、INTJの生徒は授業に深く没頭しているか、または自分の考えにふけっているときに、このような視線を持つことがあります。

例えば、あるINTJの生徒が数学の問題に取り組んでいるとき、彼の眼差しは非常に集中していて、周りの人々は彼が怒っていると誤解するかもしれません。しかし実際には、彼は単に解決策を見つけるために深く考え込んでいるだけです。このような誤解は、INTJが他人とコミュニケーションを取る際に説明を要することがあります。

この「殺意の目」は、INTJが情熱を持って取り組んでいるプロジェクトやアイデアについて話すときにも見られることがあります。彼らの情熱と集中力は、時には強烈な視線として外に現れるのです。学校でのプレゼンテーションやディスカッションの際には、この特徴が特に顕著になることがあります。

INTJの人々は、自分の内面の世界が豊かであるため、外部からの観察者には理解しがたい行動をとることがあります。彼らの行動や表情が、時には誤解を招くこともあるのです。ですが、これらはすべてINTJの深い思考と内省の表れであり、彼らの知性と独創性を示しています。

INTJ殺意の目に関する実体験②

職場でのINTJの「殺意の目」に関するエピソードは、彼らの深い集中力と独立した思考が仕事にどのように影響を与えるかを示しています。例えば、あるINTJのプロジェクトマネージャーがチームミーティングで新しい戦略を練っている時、彼の眼差しは非常に真剣で、時には他のメンバーが圧倒されるほどです。

このマネージャーは、プロジェクトの成功に向けてのみ集中しており、その過程で他人の感情を読み取ることが苦手かもしれません。そのため、彼の視線は時には「殺意の目」と誤解されがちですが、実際には彼の情熱とプロジェクトへの献身を反映しています。

また、INTJが新しいアイデアや改善策を提案する際にも、この特徴的な視線が見られます。彼らは自分のアイデアに非常に自信を持っており、それを伝える際にはその自信が強い眼差しとなって現れるのです。しかし、この自信が時には他人には威圧的に映ることもあります。

INTJの人々は、自分の仕事に対する深いコミットメントと、それを達成するための集中力を持っています。彼らの「殺意の目」は、その集中力と情熱の表れであり、職場での彼らの効率性と生産性を高める要因となっています。ただし、この特徴が誤解を招かないように、INTJは他人とのコミュニケーションにおいても意識的な努力が必要です。

INTJ殺意の目に関するSNS投稿

  • 最近はintjって出てるんだけど、サジェストで殺意って出てきて「???」ってなりながら記事見たら共感しかなくて納得した
  • INTJ殺意、ただじっと見ているだけではあるけど常に分析はしてるよね。そこに悪意がないだけで。そう、悪意はその時点ではない。

INTJの殺意の目とは?INTJが殺意芽生える瞬間について徹底解説!【まとめ】

INTJの殺意の目とは?INTJが殺意芽生える瞬間について徹底解説してきました。

相手に対して、自分のこだわりの考えを押し付けることなく、寛容であることが大切です。

上記の内容を活かして生活に組み込んで頂ければと思います。

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー取得。現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)