INTP(論理学者)

INTPはなぜ怒らないのか?INTPの怒りの特徴と対処法について徹底解説!

INTPとは、MBTIという性格診断法で分類される16タイプのうちの一つで、知的で好奇心旺盛で、論理的で分析的な人です。

INTPは、自分の知識や能力に自信を持ち、自分の興味や関心のあることに時間を割きます。

物事の仕組みや原理を理解し、問題の本質や解決策を見つけます。

INTPは、自分の考えや感情を他人に伝えるのが苦手で、理解されにくいと感じることがあります。

自分の世界観や価値観と合わない人や環境に対しては、拒絶や反発を示すことがあります。

しかし、INTPは、一見冷静で合理的に見えるので、怒りにくいと思われることもあります。

INTPは本当に怒らないのでしょうか?INTPの怒りの特徴と対処法について、この記事で解説します。

INTPは他人に興味がない?そう言われてしまう理由とは?

INTPは怒らないと言われる理由①怒りを表現することが無駄だと思うことがある

INTPは、怒りは感情的な反応であり、理性的な判断を妨げるものだと考えます。

怒りを抑えて冷静になり、問題の原因や解決策を探ろうとします。

怒りを表現しても、相手に理解されないか、反発されるか、無視されるかのいずれかだと予測します。

怒りを表現することは、自分の時間やエネルギーを無駄にすることだと感じます。

INTPは怒らないと言われる理由②怒りを表に出さないので、周囲には気づかれないことが多い

INTPは、怒らないと言われる理由のもう一つは、怒りを表に出さないので、周囲には気づかれないことが多いからです。

感情をコントロールするのが得意で、自分の内面をあまり見せません。

怒りを感じても、それを言葉や態度に出すことはほとんどありません。

怒りを表に出すことは、自分の弱さや不完全さをさらけ出すことだと思います

INTPは怒らないと言われる理由③怒りを内に溜め込むことで、ストレスや不満が蓄積されることがある

INTPは、怒りを内に溜め込むことで、ストレスや不満が蓄積されることがあるというのは、INTPの性格や感情の特徴を反映したものです。

自分の感情を理解するのも、他人に伝えるのも苦手で、自分の世界に閉じこもりがちです。

怒りを感じても、それを解消する方法を知らないか、興味がないかのいずれかです。

INTPは怒らないと言われる理由④怒りを内に溜め込むことで、自分の感情に気づかなくなることがある

INTPは、自分の感情を理解するのが苦手です。そのため、怒りを感じているときにも、それをうまく表現することができず、内に溜め込んでしまうことがあります。

怒りを内に溜め込むと、ストレスが溜まり、体調を崩したり、人間関係に悪影響が出たりすることがあります。

INTPは、自分の感情を理解できるようになるために、自分の感情を書き出すなどの方法で、自分の感情と向き合う必要があります。

また、INTPは、自分の感情を理解できるようになるために、信頼できる人に相談したり、カウンセリングを受けるなどの方法で、自分の感情を整理する必要があります。

自分の感情を理解できるようになれば、自分の感情をコントロールできるようになり、より豊かな人生を送ることができるでしょう。

INTPは怒らないと言われる理由⑤怒りを内に溜め込むことで、爆発することがある

怒りを内に溜め込むと、突然爆発することがあります。

INTPは、自分の感情をコントロールするのが苦手なので、突然怒りを感じて爆発してしまうことがあります。

INTPが突然怒りを感じて爆発すると、周囲の人々を驚かせたり、傷つけたりすることがあります。

INTPは怒らないと言われる理由⑥忍耐強い

NTPは怒りっぽい性格ではありませんが、忍耐強い性格であることも、怒らない理由の一つです。

INTPは、自分の考えや意見を大切にしています。そのため、自分の考えや意見を否定されると、怒りを感じるかもしれません。しかし、INTPは、自分の考えや意見を否定されても、すぐに怒ることはしません。

INTPは、自分の考えや意見を否定されたときにも、冷静に考え、自分の考えや意見を改めることができます。そのため、INTPは、怒りを感じても、すぐに怒ることはなく、冷静に対処することができます。

INTPは、忍耐強い性格なので、怒りを感じても、すぐに怒ることはなく、冷静に対処することができます。そのため、INTPは、怒りっぽい性格の人よりも、周囲の人から好かれることが多いです。

INTPは怒らないと言われる理由⑦物事を深く考える

INTPは、物事を論理的に考える傾向があります。そのため、自分の考えや意見を否定されても、すぐに怒ることはなく、冷静に考えることができます。

また、INTPは、物事を多角的に考える傾向があります。そのため、自分の考えや意見が間違っていたとしても、すぐに怒ることはなく、冷静に考えることができます。

INTPは怒らないと言われる理由⑧冷静である

NTPは、物事を論理的に考え、冷静に分析する傾向があります。そのため、自分の考えや意見を否定されても、すぐに怒ることはなく、冷静に考えることができます。

また、INTPは、自分の感情をうまくコントロールする傾向があります。そのため、怒りを感じても、すぐに怒ることはなく、冷静に対処することができます。

INTPは怒らないと言われる理由⑨相手の行動を理解できる

INTPは、物事を論理的に考える傾向があります。そのため、相手の行動の理由を理解することができます。例えば、相手が自分の考えや意見を否定しても、その理由を理解することができます。

また、INTPは、相手の感情を理解する傾向があります。そのため、相手が怒っている理由も理解することができます。

INTPは怒らないと言われる理由⑩相手をリスペクトしている

INTPは、自分の考えや意見を大切にしています。しかし、自分の考えや意見が正しいと思っていても、相手を尊重する気持ちがあります。そのため、相手が自分の考えや意見を否定しても、すぐに怒ることはなく、相手を尊重した上で、自分の考えや意見を述べることができます。

また、INTPは、相手が怒っている理由を理解しようとします。そのため、相手が怒っていても、すぐに怒ることはなく、相手を理解しようとします。

INTPは、相手をリスペクトしている性格なので、相手を怒らせるような言動をすることはほとんどありません。そのため、INTPは、怒りっぽい性格の人よりも、周囲の人から好かれることが多いです。

INTPの怒りの対処法

INTPの怒りの対処法は、以下のようなものが考えられます。

自分の感情を認める

INTPは、自分の感情をコントロールしようとすることで、自分の感情を無視することがあります。しかし、自分の感情を無視することは、自分の感情を解決することにはなりません。自分の感情を認めることで、自分の感情の原因や影響を理解することができます。自分の感情を認めることで、自分の感情をコントロールすることができます。

怒りを表現する

INTPは、怒りを表現することが無駄だと思うことがあります。しかし、怒りを表現することは、自分の感情を解放することになります。怒りを表現することで、自分の感情を伝えることができます。怒りを表現することで、自分の感情を受け入れてもらうことができます。怒りを表現する方法は、人によって違いますが、話す、書く、描く、動くなどがあります。

怒りの対象と話す

INTPは、怒りの対象と話すことを避けることがあります。しかし、怒りの対象と話すことは、自分の感情を解決することになります。怒りの対象と話すことで、自分の感情の理由や要求を伝えることができます。怒りの対象と話すことで、相手の感情や立場を理解することができます。怒りの対象と話すときは、冷静に、論理的に、誠実に話すことが大切です。

INTPは怒らないに関する実体験エピソード

私はINTP(内向的・直感的・思考的・知覚的)の性格タイプであり、学校での経験についてお話しします。

1. 怒りの抑制

INTPは一般的に冷静で感情を表に出さない傾向があります。私もその一人で、学校で怒りを感じたときでも、他の人にはあまり表面には出さないようにしていました。

2. 理性と論理

学校での怒りに直面したとき、私は感情を抑え、理性と論理を重視しました。怒りが湧いてきたとしても、自分にとって最善の解決策を見つけるために冷静に考えることを心がけました。

3. 自己分析と反省

怒りを感じた後、私は自己分析を行いました。なぜ怒ったのか、どのようなトリガーがあったのかを考え、次回同じ状況に直面したときに適切に対処できるようにしました。

4. 怒りの解放

INTPは感情を内に秘めることが多いですが、時には感情を解放することも大切です。学業やプロジェクトのストレスが溜まったとき、友人と話すことや趣味に没頭することで怒りを解消しました。

INTPは怒りを感じても冷静で理性的に対処する傾向があります。私は学校での怒りを自己分析と冷静な思考で乗り越え、バランスを保つことを心がけました。

INTPはなぜ怒らないに関するSNS投稿

  • INTPかINFPだけど怒る権利があるから怒るだな…相手がかわいそうだから怒らないとかないつもりだけどやっぱあるかも、甘い
  • INTPかINFPだけど怒る権利があるから怒るだな…相手がかわいそうだから怒らないとかないつもりだけどやっぱあるかも、甘い

INTPはなぜ怒らないのか?INTPの怒りの特徴と対処法について徹底解説!まとめ

INTPは、怒りにくいというよりも、怒りを表に出さないというのが正しいでしょう。

INTPは、自分の感情をコントロールすることが得意で、感情的になることを嫌います。

しかし、INTPは、怒りを内に溜め込むことで、ストレスや不満が蓄積されることもあります。

INTPの怒りの対処法は、自分の感情を認めることや怒りを表現することや怒りの対象と話すことです。

 

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー取得。現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)