INTP(論理学者)

INTPはなぜやる気がないのか?モチベーションの低下の原因と対策

INTPはMBTIの16タイプの中でも最も知的好奇心が強く、新しい知識や技術を学ぶことが好きなタイプです。

しかし、INTPはやる気がないと言われることも多く、自分でもモチベーションの維持に苦労することがあります。

では、INTPはなぜやる気がないのでしょうか?

そして、やる気を出すためにはどうすればいいのでしょうか?この記事では、INTPの性格特徴やモチベーションの傾向、そしてモチベーションの低下の原因と対策について解説します。

INTPは他人に興味がない?そう言われてしまう理由とは?

INTPの性格特徴とモチベーションの傾向

INTPは、内向的思考(Ti)と外向的直観(Ne)を主な心理機能として持つタイプです。内向的思考(Ti)は、自分の内面にある論理や理論を重視し、物事の原理や仕組みを分析する能力を持ちます。外向的直観(Ne)は、自分の外面にある情報や環境に対して柔軟に反応し、物事の可能性や関連性を探求する能力を持ちます。この組み合わせにより、INTPは以下のような性格特徴を持ちます。

  • 独立独創で自分の考えに従う
  • 知的好奇心が強く、新しい知識や技術を学ぶことが好き
  • 創造的で革新的なアイデアを持ち、問題解決に向けて努力する
  • 探求的で開放的な思考をする
  • 感情的な判断や人間関係には興味がなく、無関心に見られることがある

INTPのモチベーションの傾向は、以下のようになります。

  • 自分の興味や関心に基づいて行動する
  • 論理的で客観的な情報や事実に魅力を感じる
  • 他者の意見や評価に左右されない
  • ルーティンや決まり事に飽きやすい
  • 自分のペースで物事を進めたい

INTPがやる気がない理由

INTPがやる気がない理由は、主に以下の3つに分けられます。

1. 興味や関心がないことに対して無関心になる

INTPは、自分の興味や関心に基づいて行動するタイプです。自分が好きなことや得意なことに対しては、高い集中力や熱意を持ちます。しかし、自分が興味や関心がないことに対しては、無関心になりやすく、やる気を出すことが難しくなります。例えば、学校や職場での課題や業務、人間関係や日常生活など、INTPにとってはつまらないと感じることに対しては、モチベーションが低下しやすくなります。このように、INTPは自分の興味や関心に合わないことに対しては、やる気がないと言われることが多いのです。

2. ルーティンや決まり事に飽きやすい

INTPは、探求的で開放的な思考をするタイプです。自分の外面にある情報や環境に対して柔軟に反応し、物事の可能性や関連性を探求することが好きです。しかし、ルーティンや決まり事に対しては、飽きやすくなります。例えば、毎日同じ時間に起きて、同じ場所に行って、同じ仕事をして、同じ人と話すというような生活に対しては、モチベーションが下がりやすくなります。このように、INTPはルーティンや決まり事に対しては、やる気がないと言われることが多いのです。

3. 自分のペースで物事を進められない

INTPは、自分のペースで物事を進めたいタイプです。自分の内面にある論理や理論を重視し、物事の原理や仕組みを分析することが好きです。しかし、他者のペースや要求に合わせることには、苦手意識を持ちます。例えば、他者からの期限や指示、評価やフィードバックなどに対しては、ストレスを感じやすく、モチベーションが下がりやすくなります。このように、INTPは自分のペースで物事を進められないときには、やる気がないと言われることが多いのです。

INTPがやる気を出す方法

INTPがやる気を出す方法は、主に以下の3つに分けられます。

1. 興味や関心を見つける

INTPは、自分の興味や関心に基づいて行動するタイプなので、自分が興味や関心がないことに対しては、無関心になりやすいです。しかし、それはINTPがそのことに対して何も知らないか、見方や捉え方が偏っているかもしれません。そこで、INTPは興味や関心を見つけることが大切です。例えば、学校や職場での課題や業務、人間関係や日常生活など、INTPにとってはつまらないと感じることに対しても、以下のような方法で興味や関心を見つけることができます。

  • 自分の得意な分野や知識を活かして、そのことに関する新しい視点やアイデアを考える
  • 自分の好きな分野や知識と関連付けて、そのことに関する新しい情報や知識を探求する
  • 自分の目標や理想と関連付けて、そのことに関する新しい意義や価値を見出す

これらの方法により、INTPは自分の興味や関心に合わないことに対しても、やる気を出すことができるようになります。

承りました。上記文章の続きは、以下のようになります。

2. ルーティンや決まり事に変化や挑戦を加える

INTPは、探求的で開放的な思考をするタイプなので、ルーティンや決まり事に対しては、飽きやすいです。しかし、それはINTPがそのことに対して何も変化や挑戦を加えないことにも原因があります。そこで、INTPはルーティンや決まり事に変化や挑戦を加えることが大切です。例えば、毎日同じ時間に起きて、同じ場所に行って、同じ仕事をして、同じ人と話すというような生活に対しても、以下のような方法で変化や挑戦を加えることができます。

  • 自分の起床時間や出勤時間、休憩時間などを少し変えてみる
  • 自分の通勤ルートや職場の席、ランチの場所などを少し変えてみる
  • 自分の仕事の方法や順序、目標などを少し変えてみる
  • 自分の話す人や話題、話し方などを少し変えてみる

これらの方法により、INTPはルーティンや決まり事に対しても、やる気を出すことができるようになります。

3. 自分のペースで物事を進める余地を作る

INTPは、自分のペースで物事を進めたいタイプなので、他者のペースや要求に合わせることには、苦手意識を持ちます。しかし、それはINTPが自分のペースで物事を進める余地を作らないことにも原因があります。そこで、INTPは自分のペースで物事を進める余地を作ることが大切です。例えば、他者からの期限や指示、評価やフィードバックなどに対しても、以下のような方法で自分のペースで物事を進める余地を作ることができます。

  • 自分のやりたいことややり方について、他者に説明することや交渉すること
  • 自分のやらなくてもいいことややりたくないことについて、他者に断ることや委任すること
  • 自分のやるべきことややりたいことについて、他者に協力することや依頼すること

これらの方法により、INTPは自分のペースで物事を進められないときにも、やる気を出すことができるようになります。

INTPはなぜやる気がないのか?モチベーションの低下の原因と対策まとめ

INTPは、自分の内面にある論理や理論を重視し、物事の原理や仕組みを分析することが好きなタイプです。

しかし、この能力は他のタイプには理解されにくく、説明するのも難しいことが多いです。また、INTPは自分の外面にある情報や環境に対して柔軟に反応し、物事の可能性や関連性を探求することが好きです。しかし、ルーティンや決まり事に対しては、飽きやすくなります。このように、INTPは自分の興味や関心に合わないことや、自分のペースで物事を進められないことに対しては、やる気がないと言われることが多いのです。しかし、やる気がないことはモチベーションの低下を招くことには逆効果です。そこで、INTPは以下の3つの方法を試してみることをおすすめします。

  • 興味や関心を見つける
  • ルーティンや決まり事に変化や挑戦を加える
  • 自分のペースで物事を進める余地を作る

これらの方法により、INTPはモチベーションの低下の原因を克服し、モチベーションの維持や向上につなげることができるようになるでしょう。INTPは、自分の論理や理論を活かして、創造的で革新的なアイデアを持つタイプです。やる気を出すことで、INTPは自分のアイデアをより多くの人に伝え、問題解決に貢献することができるのです。

 

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー取得。現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)