その他

MBTIでわかる!キレやすい人のタイプと対処法について徹底解説!

MBTIとは、人の性格を16種類に分類する理論です。

MBTIでは、自分の優先する思考や行動のパターンを4つの指標で表します。それぞれの指標は、以下のようなものです。

  • 内向(I)か外向(E)か:自分のエネルギーをどこから得るか
  • 感覚(S)か直感(N)か:情報をどのように受け取るか
  • 思考(T)か感情(F)か:判断をどのように下すか
  • 判断(J)か知覚(P)か:生活をどのように組み立てるか

MBTIでは、これらの指標の組み合わせによって、16種類の性格タイプが定義されます。例えば、内向・感覚・思考・判断のタイプはISTJと呼ばれます。

MBTIは、自分や他人の性格を理解するのに役立つツールです。しかし、MBTIには個人差や状況による変化もあります。そのため、MBTIは絶対的なものではなく、あくまで参考程度に使うべきです。

さて、MBTIにはキレやすい人のタイプが存在するのでしょうか?答えは、あります。しかし、キレやすいというのは、単純に性格の問題だけではありません。キレやすい人には、それぞれに理由背景があります。また、キレやすい人にも対処法があります。

この記事では、MBTIでキレやすい人のタイプを紹介し、その理由や背景、対処法を解説します。キレやすい人と上手に付き合うためのヒントを得ることができます。

【MBTI】キレやすい人のタイプとその特徴

MBTIでキレやすい人のタイプは、以下の4つです。

  • ESTJ:外向・感覚・思考・判断
  • ENTJ:外向・直感・思考・判断
  • ISTP:内向・感覚・思考・知覚
  • INTP:内向・直感・思考・知覚

これらのタイプは、共通して思考(T)の指標を持っています。思考のタイプは、論理や理性を重視し、客観的な判断を下す傾向があります。しかし、思考のタイプは、感情や価値観を無視したり、自分の考えを押し付けたりすることもあります。そのため、思考のタイプは、感情のタイプ(F)と衝突することが多いです。

また、これらのタイプは、それぞれに外向(E)か内向(I)、感覚(S)か直感(N)、判断(J)か知覚(P)の指標を持っています。これらの指標によって、キレやすい人のタイプは、以下のような特徴を持ちます。

  • ESTJ:外向のタイプなので、積極的にコミュニケーションをとります。感覚のタイプなので、現実的で具体的な情報に基づいて行動します。判断のタイプなので、計画的で組織的に物事を進めます。しかし、ESTJは、自分の意見やルールを他人に強要したり、反対意見や変化に対して頑固になったりすることがあります。そのため、ESTJは、自分の考えに反する人や状況に対してキレやすいです。
  • ENTJ:外向のタイプなので、リーダーシップを発揮し、人を動かします。直感のタイプなので、将来的で抽象的な情報に基づいて行動します。判断のタイプなので、目標を立てて効率的に物事を進めます。しかし、ENTJは、自分のビジョンや戦略を他人に押し付けたり、感情や人間関係を軽視したりすることがあります。そのため、ENTJは、自分の目的に反する人や状況に対してキレやすいです。
  • ISTP:内向のタイプなので、自分の世界に没頭し、人と距離を置きます。感覚のタイプなので、現実的で具体的な情報に基づいて行動します。知覚のタイプなので、柔軟で自由な物事の進め方を好みます。しかし、ISTPは、自分の興味や能力に関係ないことには無関心だったり、自分のペースやスタイルを乱されることを嫌ったりすることがあります。そのため、ISTPは、自分のやり方に干渉する人や状況に対してキレやすいです。
  • INTP:内向のタイプなので、自分の世界に没頭し、人と距離を置きます。直感のタイプなので、将来的で抽象的な情報に基づいて行動します。知覚のタイプなので、柔軟で自由な物事の進め方を好みます。しかし、INTPは、自分の理論や知識に自信を持ったり、他人の考えや感情を理解できなかったりすることがあります。そのため、INTPは、自分の思考に挑戦する人や状況に対してキレやすいです。

【MBTI】キレやすい人の理由と背景

キレやすい人のタイプには、それぞれにキレる理由と背景があります。キレやすい人のタイプは、自分の思考や行動のパターンに強く固執する傾向があります。そのため、自分のパターンに合わない人や状況に遭遇すると、ストレスや不満が溜まります。そして、そのストレスや不満が爆発すると、キレることになります。

キレやすい人のタイプは、以下のような理由と背景でキレます。

  • ESTJ:ESTJは、自分の意見やルールを他人に強要することがあります。ESTJは、自分の考えが正しいと信じており、他人の考えを尊重しないことが多いです。そのため、ESTJは、自分の意見やルールに従わない人に対して、怒りや不満を感じます。また、ESTJは、変化や不確実性に対して、不安やストレスを感じます。そのため、ESTJは、自分の計画や秩序が乱されると、パニックになったり、イライラしたりします。これらの感情が高まると、ESTJは、キレることになります。
  • ENTJ:ENTJは、自分のビジョンや戦略を他人に押し付けることがあります。ENTJは、自分の目的に向かって効率的に行動することを重視し、感情や人間関係を軽視することが多いです。そのため、ENTJは、自分の目的に反する人に対して、軽蔑や敵意を感じます。また、ENTJは、自分の能力や成果に自信を持ち、他人の評価や批判に敏感です。そのため、ENTJは、自分の能力や成果を否定されると、傷ついたり、反発したりします。これらの感情が高まると、ENTJは、キレることになります。
  • ISTP:ISTPは、自分の興味や能力に関係ないことには無関心なことがあります。ISTPは、自分のペースやスタイルで物事を進めることを好み、他人の干渉や制約を嫌うことが多いです。そのため、ISTPは、自分のやり方に干渉する人に対して、不快や拒絶を感じます。また、ISTPは、自分の感情や欲求に気づかないことがあります。そのため、ISTPは、自分の感情や欲求が満たされないと、不満や不安を感じます。これらの感情が高まると、ISTPは、キレることになります。
  • INTP:INTPは、自分の理論や知識に自信を持つことがあります。INTPは、自分の思考に没頭することを好み、他人の考えや感情を理解できないことが多いです。そのため、INTPは、自分の思考に挑戦する人に対して、軽蔑や敵意を感じます。また、INTPは、自分の感情や欲求に気づかないことがあります。そのため、INTPは、自分の感情や欲求が満たされないと、不満や不安を感じます。これらの感情が高まると、INTPは、キレることになります。

【MBTI】キレやすい人の対処法

キレやすい人のタイプには、それぞれに対処法があります。キレやすい人のタイプは、自分の思考や行動のパターンに強く固執する傾向があります。そのため、キレやすい人のタイプに対しては、以下のような対処法が有効です。

  • ESTJ:ESTJに対しては、自分の意見やルールを尊重し、理解しようとする態度を示すことが大切です。ESTJは、自分の考えが正しいと信じているので、反対意見や変化に対しては、頑固になります。そのため、ESTJに対しては、自分の意見やルールを否定せず、認めることが必要です。しかし、それだけではなく、ESTJに対しては、自分の意見やルールの根拠や効果を論理的に説明することも必要です。ESTJは、論理や理性を重視するので、根拠や効果があれば、自分の意見やルールを変えることもできます。また、ESTJに対しては、変化や不確実性に対しては、安心感や信頼感を与えることも必要です。ESTJは、変化や不確実性に対しては、不安やストレスを感じるので、変化や不確実性が必要な理由や目的を明確に伝えることが必要です。さらに、ESTJに対しては、変化や不確実性に対応するための計画や支援を提供することが必要です。ESTJは、計画や支援があれば、変化や不確実性に対応することができます。
  • ENTJ:ENTJに対しては、自分のビジョンや戦略を尊重し、理解しようとする態度を示すことが大切です。ENTJは、自分の目的に向かって効率的に行動することを重視するので、自分のビジョンや戦略に反する人に対しては、軽蔑や敵意を感じます。そのため、ENTJに対しては、自分のビジョンや戦略を否定せず、認めることが必要です。しかし、それだけではなく、ENTJに対しては、自分のビジョンや戦略の根拠や効果を論理的に説明することも必要です。ENTJは、論理や理性を重視するので、根拠や効果があれば、自分のビジョンや戦略を変えることもできます。また、ENTJに対しては、感情や人間関係に対しては、配慮や尊重を示すことも必要です。ENTJは、感情や人間関係を軽視することが多いので、感情や人間関係に関するフィードバックやサポートを提供することが必要です。さらに、ENTJに対しては、感情や人間関係に関するスキルや知識を提供することも必要です。ENTJは、スキルや知識があれば、感情や人間関係に対応することができます。
  • ISTP:ISTPに対しては、自分の興味や能力を尊重し、理解しようとする態度を示すことが大切です。ISTPは、自分のペースやスタイルで物事を進めることを好むので、自分のやり方に干渉する人に対しては、不快や拒絶を感じます。そのため、ISTPに対しては、自分の興味や能力を否定せず、認めることが必要です。しかし、それだけではなく、ISTPに対しては、自分の興味や能力の根拠や効果を論理的に説明することも必要です。ISTPは、論理や理性を重視するので、根拠や効果があれば、自分の興味や能力を変えることもできます。また、ISTPに対しては、自分の感情や欲求に対しては、気づきや受容を示すことも必要です。ISTPは、自分の感情や欲求に気づかないことが多いので、自分の感情や欲求に関するフィードバックやサポートを提供することが必要です。さらに、ISTPに対しては、自分の感情や欲求に関するスキルや知識を提供することも必要です。ISTPは、スキルや知識があれば、自分の感情や欲求に対応することができます。
  • INTP:INTPに対しては、自分の理論や知識を尊重し、理解しようとする態度を示すことが大切です。INTPは、自分の思考に没頭することを好むので、自分の思考に挑戦する人に対しては、軽蔑や敵意を感じます。そのため、INTPに対しては、自分の理論や知識を否定せず、認めることが必要です。しかし、それだけではなく、INTPに対しては、自分の理論や知識の根拠や効果を論理的に説明することも必要です。INTPは、論理や理性を重視するので、根拠や効果があれば、自分の理論や知識を変えることもできます。また、INTPに対しては、自分の感情や欲求に対しては、気づきや受容を示すことも必要です。INTPは、自分の感情や欲求に気づかないことが多いので、自分の感情や欲求に関するフィードバックやサポートを提供することが必要です。さらに、INTPに対しては、自分の感情や欲求に関するスキルや知識を提供することも必要です。INTPは、スキルや知識があれば、自分の感情や欲求に対応することができます。

MBTIでわかる!キレやすい人のタイプと対処法について徹底解説!まとめ

MBTIでキレやすい人のタイプは、ESTJ、ENTJ、ISTP、INTPの4つです。これらのタイプは、共通して思考のタイプであり、論理や理性を重視する傾向があります。しかし、思考のタイプは、感情や価値観を無視したり、自分の考えを押し付けたりすることもあります。そのため、思考のタイプは、感情のタイプと衝突することが多いです。

キレやすい人のタイプには、それぞれにキレる理由と背景があります。キレやすい人のタイプは、自分の思考や行動のパターンに強く固執する傾向があります。そのため、自分のパターンに合わない人や状況に遭遇すると、ストレスや不満が溜まります。そして、そのストレスや不満が爆発すると、キレることになります。

 

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー取得。現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)