MBTIアニメ

【MBTIジブリ】キャラの性格タイプ!あなたは誰に似ている?

MBTIとは、人の性格を16種類に分類する心理学的なツールです。

MBTIは、自分の性格や傾向を知るだけでなく、他人との相性やコミュニケーションの方法にも役立ちます。MBTIは、国際規格に基づいており、世界45カ国以上で活用されています。

では、MBTIの16種類の性格タイプとジブリのキャラクターを結びつけてみると、どのような結果になるでしょうか?

この記事では、MBTIについて学べるおすすめの本や、MBTIの診断テストを参考にして、ジブリのキャラクターの性格タイプを推測してみました。あなたは、誰に似ているでしょうか?

忙しい方向けに、本記事の内容を私がまとめると以下の通りです。

  • MBTIの16種類の性格タイプとジブリのキャラクターを結びつけた結果:
    1. トトロ(ENTJ):エネルギッシュなリーダー
    2. ナウシカ(ENFP):冒険心を刺激する
    3. シータ(INFP):思慮深い哲学者
    4. アシタカ(ISTP):勇敢な戦士
    5. フィオ(ENTP):知的好奇心旺盛
    6. サツキ(ESFJ):優しさと母性
    7. ジジ(ISTJ):独立心と自由
    8. クラリス(ISFP):情熱的なアーティスト
    9. ハウル(INTP):分析的な思考家
    10. カンタ(ESTJ):実用主義者
【MBTIジブリ】キャラの性格タイプ

【MBTIジブリ】エネルギッシュなリーダー:トトロ(ENTJ)

トトロは、ENTJタイプの典型的な特徴を持っています。

トトロは、ジブリ作品の中でも特に愛されているキャラクターで、MBTIのENTJタイプとして分析されることがあります。ENTJタイプは「指揮官」とも呼ばれ、そのエネルギッシュでリーダーシップ溢れる性格がトトロのキャラクターに反映されています。

トトロは、自信に満ち溢れ、決断力があり、周囲を引っ張っていくリーダーシップを発揮します。彼は大胆で、目標達成に向けて人々を励ますことが得意です。このような特徴は、ENTJタイプの人々が持つ典型的な特徴と一致しています。

また、ENTJタイプは、社交的で人との交流を好み、直感的で抽象的な概念やビジョンを重視します。論理的で客観的な事実や原理に基づいて判断し、計画的で目標に向かって効率的に行動する傾向があります。トトロの物語における彼の行動は、これらの特性を色濃く反映しており、彼がどのようにして森の仲間たちと共に問題を解決していくかを示しています。

ENTJタイプは、高い基準を持ち、常に成長や改善を求める一方で、感情や価値観などの主観的な要素を軽視しがちで、自分の意見に固執しすぎることもあります。しかし、トトロの場合、彼の温かさと優しさが、ENTJタイプの強いリーダーシップの特性とバランスを取り、物語において重要な役割を果たしています。

トトロのキャラクターは、ENTJタイプの素晴らしい例として挙げられ、彼の行動や性格が、多くの人々にとって魅力的である理由を説明しています。彼は、目標に向かって努力し、周囲の人々を励ますことで、多くのファンに愛されているのです。

【MBTIジブリ】冒険心を刺激する:ナウシカ(ENFP)

ナウシカは、ENFPタイプの特徴を色濃く反映しています。

ナウシカは、スタジオジブリの映画『風の谷のナウシカ』の主人公であり、ENFPタイプの特徴を色濃く反映しているキャラクターです。ENFPは「情熱的な啓発者」とも称され、好奇心旺盛で新しいことに挑戦することを恐れない性格が特徴です。

ナウシカは、その冒険心と共感力の高さで物語を牽引します。彼女は自然との調和を求め、人々との平和な共存を願いながら、困難に立ち向かっていきます。ENFPのように、彼女は創造性と独自の価値観を大切にし、周囲にポジティブな影響を与える存在です。

また、ナウシカは、危険を顧みずに行動する勇敢さと、他者への深い理解と共感を示すことで、ENFPタイプの特性を示しています。彼女の行動は、ENFPが持つ理想主義と行動力のバランスを象徴しており、多くの視聴者にインスピレーションを与えています。

このように、ナウシカはENFPタイプの特徴を体現するジブリキャラクターとして、冒険心を刺激し、観る者に夢と希望を与える魅力的な存在です。彼女の物語は、ENFPタイプの人々が持つ可能性と、世界に対する前向きな影響力を示しています。

【MBTIジブリ】思慮深い哲学者:シータ(INFP)

シータは、INFPタイプの内省的で理想主義的な性格を持っています。

シータは、スタジオジブリの映画『天空の城ラピュタ』の主人公であり、MBTIのINFPタイプとして分析されることがあります。INFPタイプは「仲介者」とも呼ばれ、内省的で理想主義的な性格を持つとされています。

シータは、その内面の豊かさと、周囲の世界との調和を求める姿勢がINFPタイプの特徴を色濃く反映しています。彼女は自分の内面と深く向き合い、感受性が豊かで、人々の心に寄り添うことができる人物として描かれています。

INFPタイプは、直観的で抽象的な理論や未来の可能性を考えることを好み、相手に共感したり、温かい気持ちで考えることができるとされています。また、柔軟性があり、臨機応変な対応力を持っているとも言われています。

シータの物語における行動や決断は、INFPタイプのこれらの特性を反映しており、彼女の思慮深さや哲学的な考え方が、映画の中で重要な役割を果たしています。シータは、自分の価値観を大切にしながらも、他人を尊重し、心の優しい性格を持つことで、多くの視聴者に愛されているキャラクターです。

【MBTIジブリ】勇敢な戦士:アシタカ(ISTP)

アシタカは、ISTPタイプの特徴を体現しています。

アシタカは、スタジオジブリの映画『もののけ姫』の主人公で、ISTPタイプの特徴を体現しているキャラクターです。ISTPは「職人型」とも呼ばれ、現実的で合理的な思考を持ち、直感に頼りながらも論理的なアプローチで問題を解決する能力があります。

アシタカは、冷静かつ合理的な性格で、困難な状況に直面しても動じない強さを持っています。彼は自然との調和を求め、人間と自然の共存の道を探る旅をします。この過程で、彼は自分の信念を貫き、多くの困難を乗り越えていきます。

また、ISTPタイプの人々は、独立心が強く、自分の道を切り開くことに長けています。アシタカもこの特徴を持ち、自分の価値観に基づいて行動し、周囲の人々に影響を与えるリーダーシップを発揮します。

アシタカのキャラクターは、ISTPタイプの勇敢さと、冷静な判断力を象徴しており、ジブリ作品の中でも特に印象的な存在です。彼の物語は、ISTPタイプの人々が直面する挑戦と、それを乗り越えるための内面の強さを示しています。

【MBTIジブリ】知的好奇心旺盛:フィオ(ENTP)

フィオは、ENTPタイプの知的な探求者です

フィオは、スタジオジブリの映画『紅の豚』に登場するキャラクターで、MBTIのENTPタイプとして分析されることがあります。ENTPタイプは「討論者」とも呼ばれ、その知的好奇心が旺盛で、新しいアイデアや可能性に対して開かれている性格がフィオのキャラクターに反映されています。

フィオは、革新的な飛行艇の設計を手掛ける若き天才エンジニアとして描かれており、彼女の創造性と冒険心はENTPタイプの特徴と一致しています。彼女は常に知識を追求し、新しいアイデアに対して非常に開かれた姿勢を持っています。このような特性は、ENTPタイプの人々が持つ典型的な特徴と言えるでしょう。

また、ENTPタイプは、柔軟で型破りな発想力を持ち、議論を通じてアイデアを創造する能力に長けています。フィオのキャラクターは、このようなENTPタイプの特性を色濃く反映しており、彼女の行動や決断が物語の中で重要な役割を果たしています。

ENTPタイプは、自由を愛し、ルーティンワークを苦手とする傾向がありますが、フィオはその自由な精神を活かして、主人公ポルコと共に困難に立ち向かい、物語に活気と魅力をもたらしています。彼女のキャラクターは、ENTPタイプの素晴らしい例として挙げられ、彼女の行動や性格が、多くの視聴者にとって魅力的である理由を説明しています。

【MBTIジブリ】優しさと母性:サツキ(ESFJ)

サツキは、ESFJタイプの温かい心を持つキャラクターです。

サツキは、スタジオジブリの名作『となりのトトロ』に登場するキャラクターで、ESFJタイプの特徴を持っていると考えられています。ESFJは「領事官型」とも呼ばれ、温かい心を持ち、周囲の人々の幸せを第一に考える性格です。

サツキは、妹のメイの面倒を見たり、父親に代わって家事をこなすなど、しっかり者であり、素直で明るく、思いやりに溢れています。彼女の行動は、ESFJが持つ世話好きで頑張り屋の性格を反映しており、家族や周囲の人々を支える役割を果たしています。

また、サツキは、頑張り屋の性格から、病院からの電報やメイが迷子になった時の不安から泣き出してしまうこともあります。これは、ESFJの人々が感じる責任感の強さと、他人への深い共感力を示しています。

サツキのキャラクターは、ESFJタイプの優しさと母性を象徴しており、ジブリ作品の中でも特に愛される存在です。彼女の物語は、ESFJタイプの人々が持つ可能性と、他人に対する前向きな影響力を示しています。

【MBTIジブリ】独立心と自由:ジジ(ISTJ)

ジジは、ISTJタイプの独立した精神を持っています。

ジジは、スタジオジブリの映画『魔女の宅急便』に登場する黒猫で、MBTIのISTJタイプとして分析されることがあります。ISTJタイプは「管理者」とも呼ばれ、その独立心と自由を愛する性格がジジのキャラクターに反映されています。

ジジは、自分のルールに従い、計画的に行動することが特徴です。彼は責任感が強く、組織的な生活を送ることができるため、ISTJタイプの人々と共通する性質を持っています。また、ジジは自己管理能力が高く、冷静沈着で、必ず計画を立ててから行動するというISTJの特徴を体現しています。

ジジのキャラクターは、ISTJタイプの独立した精神を持ち、自分のルールに従い、計画的に行動することを得意とする性格を示しています。これは、規則や規律に従って行動することを得意とし、ストイックな優等生っぷりで知られているISTJタイプの特徴と一致しています。

ジジの物語における行動や決断は、ISTJタイプのこれらの特性を色濃く反映しており、彼の独立心と自由を愛する性格が、映画の中で重要な役割を果たしています。ジジは、自分の価値観を大切にしながらも、周囲の人々との関係を築くことで、多くの視聴者に愛されているキャラクターです。

【MBTIジブリ】情熱的なアーティスト:カリオストロの城のクラリス(ISFP)

クラリスは、ISFPタイプの自由な精神を持つアーティストです。

クラリスは、『ルパン三世 カリオストロの城』に登場するキャラクターで、ISFPタイプの特徴を持つと考えられています。ISFPは「冒険家型」とも呼ばれ、自由を愛し、直感的で芸術的な才能を持つ性格です。

クラリスは、その自由な精神と自己表現を重視する姿勢で、物語の中で重要な役割を果たします。彼女は感情を大切にし、自分の心に正直に生きることを選びます。この点で、ISFPタイプの人々が持つ、直感的で芸術的な才能を象徴していると言えるでしょう。

また、クラリスは、カリオストロの城の謎を解き明かす冒険において、自分の信念を貫く勇気を見せます。これは、ISFPが持つ冒険心と、自分の価値観に基づいて行動する姿勢を反映しています。

ジブリ作品におけるクラリスのキャラクターは、ISFPタイプの情熱的なアーティストとしての側面を見事に表現しており、観る者に夢とインスピレーションを与える存在です。

【MBTIジブリ】分析的な思考家:ハウル(INTP)

ハウルは、INTPタイプの分析的な思考をするキャラクターです。

ハウルは、スタジオジブリの映画『ハウルの動く城』の主人公で、MBTIのINTPタイプとして分析されることがあります。INTPタイプは「論理学者」とも呼ばれ、その分析的な思考と知的好奇心が強い性格がハウルのキャラクターに反映されています。

ハウルは、魔法使いとしての彼の知識と技術を駆使し、理論的なアプローチで問題を解決します。彼は新しい魔法や解決策を見つけるために、常に知識を追求し、複雑な問題を解析することに長けています。これらは、INTPタイプの典型的な特徴と一致しています。

また、INTPタイプは、独立した思考を重んじ、自分の内面の世界に深く没頭する傾向があります。ハウルもまた、自分の城にこもって研究に没頭するシーンが多く、外部の世界から距離を置くことで、自分のアイデアと直感に従って行動します。このような特性は、INTPが持つ内向的な側面を示しています。

ハウルのキャラクターは、INTPタイプの分析的な思考家としての特性を色濃く反映しており、彼の行動や決断が映画の中で重要な役割を果たしています。ハウルは、自分の価値観を大切にしながらも、周囲の人々との関係を築くことで、多くの視聴者に愛されているキャラクターです。

【MBTIジブリ】実用主義者:カンタ(ESTJ)

カンタは、ESTJタイプの実用主義者です。

カンタは、スタジオジブリの作品『となりのトトロ』に登場するキャラクターで、ESTJタイプの特徴を持つとされています。ESTJは「実行者型」とも呼ばれ、組織的で責任感が強く、効率的な方法で物事を進める性格です。

カンタは、物語の中でしっかり者として描かれており、サツキやメイの良き友人として支える役割を果たしています。彼は現実的で実用的な思考を持ち、問題に直面した際には、論理的かつ効率的に解決策を見つける能力を持っています。

また、ESTJタイプの人々は、リーダーシップを発揮することが得意であり、カンタもその特徴を示しています。彼はグループの中で自然とリーダー的な立場を取り、周囲を引っ張っていく姿が見られます。

ジブリ作品におけるカンタのキャラクターは、ESTJタイプの実用主義者としての側面を見事に表現しており、観る者にとって信頼できる存在として描かれています。彼の物語は、ESTJタイプの人々が持つ可能性と、集団の中での前向きな影響力を示しています。

ジブリキャラクターと同じMBTIタイプに関する実体験エピソード

カンタは、スタジオジブリの作品『となりのトトロ』に登場するキャラクターで、ESTJタイプの特徴を持つとされています。

ESTJは「実行者型」とも呼ばれ、組織的で責任感が強く、効率的な方法で物事を進める性格です。

カンタは、物語の中でしっかり者として描かれており、サツキやメイの良き友人として支える役割を果たしています。彼は現実的で実用的な思考を持ち、問題に直面した際には、論理的かつ効率的に解決策を見つける能力を持っています。

また、ESTJタイプの人々は、リーダーシップを発揮することが得意であり、カンタもその特徴を示しています。彼はグループの中で自然とリーダー的な立場を取り、周囲を引っ張っていく姿が見られます。

ジブリ作品におけるカンタのキャラクターは、ESTJタイプの実用主義者としての側面を見事に表現しており、観る者にとって信頼できる存在として描かれています。彼の物語は、ESTJタイプの人々が持つ可能性と、集団の中での前向きな影響力を示しています。

【ジブリ】MBTIでわかるキャラの性格タイプ!あなたは誰に似ている?まとめ

この記事では、MBTIでわかるジブリキャラの性格タイプを紹介しました。

MBTIは、自分や他人の性格や傾向を知ることができる有用なツールですが、それだけで人を判断することはできません。

人は、MBTIタイプによって決まるだけではなく、個人的な経験や環境によっても影響されます。

また、MBTIタイプは、固定的なものではなく、変化する可能性もあります。

したがって、MBTIについて学ぶことは、自分や他人を理解するための一つの手がかりとして使うことができますが、それにとらわれることなく、柔軟に対応することが大切です。

MBTIについて学ぶことで、自分の個性や強みを発揮し、幸せに生きることができます。

無料書籍でMBTIを知る

【完全版】MBTIとは何か?わかりやすく解説 Kindle Unlimitedへ加入すると、無料で課金せずに、70近いMBTI本やその他漫画雑誌が読み放題!!
※1か月間の無料期間内で解約した場合に限ります。

MBTI性格診断のランキング・あるある

MBTI 性格悪い ランキング MBTI 生きづらさランキング MBTI 性格良いランキング
MBTI 嫌われる ランキング MBTI 怒ると怖い ランキング MBTI 珍しいランキング
MBTI ランキングいろいろ MBTI メンタルランキング MBTI 可愛いランキング

MBTIに関する注目記事

ペルソナ診断 領事館 MBTI INFP-T やばい
INTJ 殺意の目 ISTP 女 特徴 INFJ女性 特徴
ENTP 頭おかしい INFJ-T やばい ESTP 頭おかしい
ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー資格取得。 現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)