MBTIアニメ

【HUNTER×HUNTER】MBTIで分析するハンター×ハンターのキャラクターの性格について徹底解説!

ハンター×ハンターは、冨樫義博さんの人気漫画です。

物語の中には、様々な個性や性格を持つキャラクターが登場します。

そこで、MBTIという性格診断ツールを使って、ハンター×ハンターのキャラクターの性格を分析してみましょう。

ハンター×ハンターのキャラクターのMBTI

それでは、ハンター×ハンターのキャラクターのMBTIを見ていきましょう。ここでは、主要なキャラクターのうち、8人を選んで分析してみます。

ゴン・フリークス:ENFP

ゴンは、ハンター×ハンターの主人公です。ゴンのMBTIは、ENFPと推測できます。ENFPは、外向・直感・感情・知覚のタイプで、以下のような特徴があります。

  • 好奇心旺盛で、新しいことに挑戦するのが好き
  • 想像力豊かで、創造的なアイデアを持つ
  • 感情豊かで、人との関係を大切にする
  • 柔軟で、自由な生き方を好む

ゴンは、父親であるジンを探すためにハンターになります。ゴンは、冒険や発見が大好きで、常に新しいことに興味を示します。ゴンは、自分の直感に従って行動し、独自の発想で問題を解決します。ゴンは、仲間や友人を大切にし、感情的になることもあります。ゴンは、計画やルールに縛られるのが苦手で、自分のペースで生きます。

キルア・ゾルディック:ISTP

キルアは、ゴンの親友であり、暗殺一家の出身です。キルアのMBTIは、ISTPと推測できます。ISTPは、内向・感覚・思考・知覚のタイプで、以下のような特徴があります。

  • 理性的で、論理的に物事を分析する
  • 実践的で、手先が器用である
  • 冷静で、危機的な状況でも動じない
  • 独立心が強く、束縛を嫌う

キルアは、幼少期から暗殺の技術を叩き込まれてきました。キルアは、自分の感覚に頼って行動し、冷静に状況を判断します。キルアは、機械や電気などの技術に興味があり、自分で改造したヨーヨーを武器に使います。キルアは、自分の思考や判断に自信があり、他人の意見に左右されません。キルアは、自分の自由を求めて、家族から離れてゴンと旅をします。

クラピカ:INFJ

クラピカは、滅びたクルタ族の生き残りであり、ゴンの仲間です。クラピカのMBTIは、INFJと推測できます。INFJは、内向・直感・感情・判断のタイプで、以下のような特徴があります。

  • 理想主義で、自分の信念に従って生きる
  • 洞察力が深く、人の本質や動機を見抜く
  • 繊細で、自分や他人の感情に敏感である
  • 責任感が強く、計画的に物事を進める

クラピカは、自分の族を殺した幻影旅団を討つことを目的としています。クラピカは、自分の理想や正義に燃えており、そのためならば危険を冒します。クラピカは、人の心理や状況を読み取る能力が高く、戦闘や交渉に活かします。クラピカは、自分の感情を抑えることができますが、時には激情に駆られます。クラピカは、自分の目標に向かって、効率的に行動します。

することに興味があり、自分の能力や知識を深めることを目指す性格です。クラピカは、念能力の一種である鎖針を使って、幻影旅団のメンバーを捕らえたり、自分の能力を変化させたりすることができます。

レオリオ・パラディナイト(ESTJ)

レオリオは、ゴンとキルアの仲間であり、医者になることを目指している人物です。彼のMBTIは、ESTJと推測できます。ESTJは、外向性・感覚・思考・判断のタイプで、責任感や正義感が強く、現実的で組織的な性格です。レオリオは、幼い頃に友人を病気で亡くしたことがきっかけで、医者になることを決意します。彼は、自分の感覚や思考に基づいて行動し、自分の目標や義務に忠実です。彼は、友人や仲間を守るために、正義感や勇気を発揮します。しかし、時には自分の意見や価値観を押し付けたり、感情的になったりすることもあります。ESTJは、自分の役割や責任を果たすことに興味があり、ルールや秩序を重視する性格です。レオリオは、ハンターの掟や社会の常識を守ることを大切にします。

ヒソカ・モロウ(ENTP)

ヒソカは、ハンター×ハンターの代表的な悪役であり、幻影旅団の元メンバーです。彼のMBTIは、ENTPと推測できます。ENTPは、外向性・直感・思考・知覚のタイプで、創造力や知性が高く、挑戦や刺激を求める性格です。ヒソカは、自分の興味や好奇心に従って行動し、自分の目的のためには手段を選びません。彼は、強い相手と戦うことを楽しみとし、自分の能力や知識を試すことを目指します。しかし、時には自分の欲望や衝動に支配されたり、周囲の人を利用したりすることもあります。ENTPは、自分のアイデアや戦略を実現することに興味があり、ルールや権威に反抗することも厭わない性格です。ヒソカは、念能力の一種であるバンジーガムを使って、様々なトリックや罠を仕掛けたり、相手の動きを読んだりすることができます。

クロロ・ルシルフル(INTJ)

クロロは、幻影旅団のリーダーであり、ハンター×ハンターのもう一人の悪役です。彼のMBTIは、INTJと推測できます。INTJは、内向性・直感・思考・判断のタイプで、独創力や洞察力が高く、計画的で目的志向な性格です。クロロは、自分の直感や思考に基づいて行動し、自分の目標や理想に忠実です。彼は、幻影旅団のメンバーを大切にし、組織や戦略を指揮します。しかし、時には自分の感情や価値観を表に出さなかったり、他人の感情や動機を無視したりすることもあります。INTJは、自分のビジョンや計画を実現することに興味があり、ルールや伝統にとらわれない性格です。クロロは、念能力の一種である盗賊の極意を使って、他人の念能力を奪ったり、自分の能力を変化させたりすることができます。

ネテロ(ENTJ)

ネテロは、ハンター協会の会長であり、ハンター×ハンターの最強のハンターの一人です。彼のMBTIは、ENTJと推測できます。ENTJは、外向性・直感・思考・判断のタイプで、リーダーシップや決断力が高く、野心的で効率的な性格です。ネテロは、自分の直感や思考に基づいて行動し、自分の目標や信念に忠実です。彼は、ハンター協会の会長として、ハンターたちを統率し、危機に対処します。しかし、時には自分の意見や判断を押し通したり、感情的になったりすることもあります。ENTJは、自分の能力や地位を高めることに興味があり、ルールや権威に挑戦することも厭わない性格です。ネテロは、念能力の一種である百式観音を使って、圧倒的な攻撃力や防御力を発揮します。

キメラアント王(INTP)

キメラアント王は、ハンター×ハンターの最大の敵であり、キメラアントの王です。彼のMBTIは、INTPと推測できます。INTPは、内向性・直感・思考・知覚のタイプで、論理力や分析力が高く、知識欲や探究心が強い性格です。キメラアント王は、自分の感覚や思考に基づいて行動し、自分の目的や理性に忠実です。彼は、自分の存在意義や価値観を探求し、様々なことに挑戦します。しかし、時には自分の感情や価値観を無視したり、他人の感情や動機を軽視したりすることもあります。INTPは、自分の知識や理論を深めることに興味があり、ルールや常識にとらわれない性格です。キメラアント王は、念能力の一種である螺旋階段を使って、自分の能力や知識を高めたり、相手の能力や知識を奪ったりすることができます。

メルエム(ENFJ)

メルエムは、キメラアント王の本名であり、ハンター×ハンターの最終的な敵です。彼のMBTIは、ENFJと推測できます。ENFJは、外向性・直感・感情・判断のタイプで、カリスマ性や説得力が高く、人との関わりや協調を重視する性格です。メルエムは、自分の直感や感情に基づいて行動し、自分の目的や理想に忠実です。彼は、自分の存在意義や価値観を探求し、自分の配下や仲間を尊重します。しかし、時には自分の感情や価値観を押し付けたり、他人の感情や動機を無視したりすることもあります。ENFJは、自分の影響力や貢献度を高めることに興味があり、ルールや伝統に従うことも厭わない性格です。メルエムは、念能力の一種である天照を使って、圧倒的な攻撃力や防御力を発揮します。

コムギ(ISFJ)

コムギは、キメラアント王の相手であり、ギンギ盤の天才です。彼女のMBTIは、ISFJと推測できます。ISFJは、内向性・感覚・感情・判断のタイプで、忠実で献身的で、人の気持ちに寄り添う性格です。コムギは、自分の感覚や感情に基づいて行動し、自分の目標や義務に忠実です。彼女は、ギンギ盤の天才として、キメラアント王と対戦し、彼の心に影響を与えます。彼女は、友人や仲間を大切にし、人の感情や動機を理解するのが得意です。しかし、時には自分の感情や価値観を表に出さなかったり、自分を犠牲にしたりすることもあります。ISFJは、自分の役割や責任を果たすことに興味があり、ルールや秩序を重視する性格です。コムギは、ギンギ盤のルールや戦略を完璧に覚えており、自分の能力や知識を発揮します。

MBTIで分析するハンター×ハンターのキャラクターの性格について徹底解説!まとめ

以上が、MBTIで分析するハンター×ハンターのキャラクターの性格の例です。

ハンター×ハンターに登場するキャラクターは、16種類の性格タイプのうち、10種類をカバーしています。もちろん、これはあくまで筆者の主観的な見解であり、正解はありません。また、キャラクターの性格は、物語の展開や成長によって変化することもありますので、その点もご了承ください。

MBTIは、自分自身や他人の性格を理解するのに役立つツールですが、それだけではなく、作品のキャラクターの性格を分析するのにも使えます。作品のキャラクターの性格を分析することで、作品の世界観やテーマに対する理解が深まったり、作品の魅力や感動が増したりするかもしれません。あなたも、お気に入りの作品のキャラクターの性格をMBTIで分析してみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー取得。現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)