16タイプ性格診断

MBTIのスクールカーストとは?そう噂される理由などについて徹底解説!

MBTIとは、マイヤーズ・ブリッグス・タイプ・インディケーターの略で、人の性格を16種類に分類する方法です。

MBTIのスクールカーストとは、MBTIの性格タイプによって、学校での人気度やコミュニケーション能力などが異なるという仮説です。

この記事では、MBTIのスクールカーストのランキングやその理由、そしてスクールカーストに囚われないためにできることについて解説します。

MBTIのスクールカースト1軍:ESFP、ESTP、ESFJ、ENFP

1軍は、社交的で陽気な性格を持ち、周囲の人々に楽しさと陽気さをもたらします。

彼らは非常に親しみやすく、新しい人々や経験に対して開放的です。

感覚的で感情豊かなESFPは、自分の感覚や感情を素直に表現します。

彼らは冒険心が強く、刺激や快楽を求めています。現在を楽しむことに重点を置き、将来のことはあまり考えません。

ESFPタイプは、スクールカーストのランキング1軍に入ると言われる理由は、以下のような点にあります。

  • コミュニケーションが得意で、話題やユーモアに富んだ会話をすることができる。
  • 気分やニーズに合わせて、自分の態度や行動を調整することができる。
  • 楽しさや陽気さを与えることで、人気や影響力を得ることができる。
  • 個性や多様性を認め、それを称賛することができる。

MBTIのスクールカースト2軍:ESTJ、ENFJ、ENTP、ISFP

2軍は、外向的で直感的で感情的で判断型、または内向的で感覚的で感情的で柔軟な性格タイプで、人とのコミュニケーションや空気を読む能力がそこそこあり、人気があります。

自信溢れるリーダーとして知られる性格です。

現実的で実践的な思考を持ち、物事を論理的に捉える能力があります。

彼らは野心的で目標志向的であり、自分のビジョンを実現するために積極的に行動します。

スクールカーストのランキング2軍に入ると言われる理由は、以下のような点にあります。

  • 人々とのコミュニケーションが得意で、話題やユーモアに富んだ会話をすることができる。
  • 人々の気分やニーズに合わせて、自分の態度や行動を調整することができる。
  • 人々にエネルギーと喜びを与えることで、人気や影響力を得ることができる。
  • 人々の個性や多様性を認め、それを称賛することができる。

MBTIのスクールカースト3軍:ISTP、ISFJ、INTP、INFJ

3軍は、内向的で感覚的で論理的で判断型、または内向的で直感的で論理的で柔軟な性格タイプで、人とのコミュニケーションや空気を読む能力が低く、人気がありません。

内向的で知的な性格を持ち、物事を理性的に分析する能力が高いです。

彼らは直感的で創造的な思考を持ち、物事を論理的に捉える能力があります。

彼らは独創的で創造的な思考を持ち、常に新しいアイデアや可能性を追求します。

彼らは冒険心が強く、変化や新しさを求めています。柔軟で適応力が高いINTPは、困難な状況にもポジティブに対処します。

控えめで感情をあまり表に出さない傾向があります。

INTPタイプは、スクールカーストのランキング3軍に入ると言われる理由は、以下のような点にあります。

  • 人々とのコミュニケーションが苦手で、話題やユーモアに乏しい会話をすることが多い。
  • 人々の気分やニーズに合わせることができず、自分のペースやスタイルを崩さないことが多い。
  • 人々に楽しさや陽気さを与えることができず、人気や影響力を得ることができない。
  •  人々の個性や多様性を認めず、それを批判することが多い。

MBTIのスクールカースト4軍:INTJ、ISTJ、INFP、ENTJ

4軍は、内向的で直感的で論理的で判断型の性格タイプで、人とのコミュニケーションや空気を読む能力が非常に低く、人気がありません。

内向的で知的な性格を持ち、物事を理性的に分析する能力が高いです。

直感的で創造的な思考を持ち、物事を論理的に捉える能力があります。

独創的で創造的な思考を持ち、常に新しいアイデアや可能性を追求します。

冒険心が強く、変化や新しさを求めています。

柔軟で適応力が高いINTJは、困難な状況にもポジティブに対処します。

彼らは控えめで感情をあまり表に出さない傾向があります。

INTJタイプは、スクールカーストのランキング4軍に入ると言われる理由は、以下のような点にあります。

  • コミュニケーションが苦手で、話題やユーモアに乏しい会話をすることが多い。
  • 気分やニーズに合わせることができず、自分のペースやスタイルを崩さないことが多い。
  • 楽しさや陽気さを与えることができず、人気や影響力を得ることができない。
  • 個性や多様性を認めず、それを批判することが多い。

1. ENTJ(司令官型)の特徴とスクールカーストでの課題

ENTJはリーダーシップの素質に長け、計画的かつ決断力があります。しかし、その自己主張が強く、目標達成のためには他者を巻き込むことも辞さない傾向があります。これがスクールカーストにおいては、他者との衝突を引き起こす要因となります。また、冷静で合理的な性格ゆえに、感情の表現が苦手な一面もあり、これが他者とのコミュニケーションを難しくすることがあります。

2. ENTP(発明家型)の魅力とスクールカーストでの落とし穴

一方で、ENTPは柔軟でクリエイティブな発想力を持ち、新しいアイデアを生み出すことに長けています。しかし、その知識欲と好奇心が高まりすぎると、他者との競争心や議論を引き起こすことがあります。社交的でありながらも、自分の意見を曲げない面があります。

1. ISFJ(用心深いおおらか者)

ISFJは、思いやり深く、周りの人々のニーズを理解し、サポートすることが得意なタイプです。しかし、そのおおらかな性格が逆に他者に利用され、いじられることがあります。感受性が高いため、自分を犠牲にしてしまうことで、スクールカーストでいじられっこになりがちです。

2. INFP(夢想的な冒険者)

夢想的で独自の価値観を持つINFPは、他者と異なる視点から物事を見ることができます。しかし、その異質性が理解されず、スクールカーストで浮いてしまうことがあります。繊細で感受性が豊かなため、他者の意見や行動に傷つきやすく、いじめの対象になることがあります。

3. ISTP(冷静な冒険者)

ISTPは冷静で論理的な思考が得意な一方で、社交的な場面での適応力が低いことがあります。そのクールな態度が誤解を生み、スクールカーストでいじられっこになることがあります。他者とのコミュニケーションが苦手であるため、孤立感を感じやすいのが特徴です。

私はENFPタイプの女子高生です。

私は自分の性格に合わない一軍のノリに疲れていました。

一軍の中でも目立たない存在で、周りからは空気と思われていました。

自分の感性や個性を表現したいと思っていましたが、一軍のルールに従わないと仲間外れにされると恐れていました。私は自分のことを偽っていると感じていました。

ある日、私は二軍のグループと仲良くなりました。

彼らは私と同じN型のタイプが多く、自分の考えや感情を自由に話していました。

私の話にも興味を持ってくれて、共感や励ましの言葉をかけてくれました。

彼らと話すことで、自分の価値を認められることができました。

彼らと一緒に遊んだり、勉強したり、趣味を共有したりしました。私は彼らとの関係に幸せを感じました。

私は一軍のグループから離れて、二軍のグループに入りました。

一軍のグループからは冷たい目で見られましたが、それは気にしませんでした。

自分の興味や関心に沿った人間関係を築くことができました。

自分のことを偽らないで生きることができました。

MBTIの性格タイプに基づいたスクールカーストに関する話題は、学校での人間関係やコミュニケーションの能力に影響を与えるとされています。例えば、ある学校では、外向的な生徒(Eタイプ)がより人気があり、内向的な生徒(Iタイプ)は控えめながらも深い友情を築くことが多いという傾向がありました。感覚型(Sタイプ)の生徒は現実的な話題でコミュニケーションを取りやすく、直感型(Nタイプ)の生徒は抽象的なアイデアを共有することで親密さを深めていました。

特に、感情を重視するFタイプの生徒は、他人の感情に敏感で、友人関係でのトラブルを解決するのに役立つことがありました。一方、思考を重視するTタイプの生徒は、論理的なアプローチで問題解決を図ることが多く、時には感情よりも事実を優先することで衝突が起こることもありました。

これらの性格タイプに基づいたスクールカーストは、学校生活における生徒たちの相互作用や自己認識に影響を与える要素の一つとなっています。生徒たちは、自分の性格タイプを理解し、他者との関係を築く上での強みと弱みを知ることで、より良いコミュニケーションと人間関係を築くことができるでしょう。

  • 今更mbti診断やったー。めっちゃ当てはまっててやばい(⊙ω⊙;;)確かにコミュ力皆無の傲慢、論理主義だしなー なんか変人とか傲慢とかコミュ障とか自信過剰とかスクールカースト下とか性格悪いとかボロクソに言われてらw
  • 【悲報】スクールカーストにまでMBTIをこじつけてしまう

MBTIのスクールカーストとは、MBTIの性格タイプによって、学校での人気度やコミュニケーション能力などが異なるという仮説です。

MBTIのスクールカーストのランキングは、外向性・感覚性・感情性・柔軟型の性格タイプが高く、内向性・直感性・論理性・判断型の性格タイプが低くなっています。

MBTIのスクールカーストの理由は、学校での人とのコミュニケーションや空気を読む能力が重視されるためです。

MBTIのスクールカーストに囚われないためにできることは、自分の性格タイプを理解することや他人の性格タイプを理解することやスクールカーストにとらわれないことです。

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー取得。現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)