MBTIランキング

MBTIタイプ別ストレス耐性ランキングTOP16!打たれ強いあの性格について徹底解説!

私たちの日常は、予期せぬ出来事や様々なストレス源に満ちています。

しかし、人によってストレスに対する耐性は異なります。

MBTIパーソナリティタイプは、個人の行動や思考の傾向を示すもので、ストレス耐性にも影響を与えると言われています。

今回は、MBTIタイプ別にストレス耐性があるとされるタイプをランキング形式でご紹介します。

このランキングは、一般的な傾向に基づいており、すべての人に当てはまるわけではありませんので、ご自身に合ったストレス対処法を見つける一助としてご覧ください。

MBTIタイプ別ストレス耐性ランキングTOP16第16位  INFP

INFPタイプは、MBTIの16の性格タイプの中で、ストレス耐性が低いとされています。彼らは内向的で感情的な体験を重視し、ストレス状況下ではその感情が過剰に反応することがあります。

INFPは「仲介者」とも呼ばれ、理想主義的で創造的な性格を持ちます。彼らは自分の価値観に基づいて行動し、人々の心に響くような変化をもたらすことを目指します。しかし、理想と現実のギャップによってストレスを感じることがあります。

ストレス耐性ランキングでINFPが低い位置にいるのは、彼らが持つ深い感情と、理想と現実のギャップに対する敏感さによるものです。INFPは、ストレスのもととなる状況にどれだけうまく対応できるか、そしてそのプレッシャーをどのように乗り越えることができるかという能力が評価されています。

彼らの性格は、特に創造的な職業や人間関係を重視する環境での活動に適しており、そういった場面では彼らのストレス耐性がより発揮されるでしょう。

MBTIタイプ別ストレス耐性ランキングTOP16第15位  ISFP

ISFPタイプは、MBTIの性格タイプの中で、ストレス耐性が比較的低いとされています。彼らは「冒険家型」とも呼ばれ、自由を愛し、感受性が豊かで、芸術的な才能を持つことが多いです。ISFPは新しい体験を求める一方で、予期せぬ変化や衝突に敏感で、それがストレスの原因となることがあります。

ISFPのストレス耐性が低いとされる理由の一つは、彼らの高い感受性です。彼らは周囲の環境や人々の感情に深く共感し、それがストレスにつながることがあります。また、ISFPは計画性があまり高くなく、ルールに縛られるのも苦手であるため、予期せぬ出来事に対してストレスを感じやすいと言われています。しかし、持ち前の楽観的な性格により、「なんとかなる」と考えることで、ストレスを乗り越えることもあります。

ISFPは、自己肯定感が高い「ISFP-A」と、自己肯定感が低い「ISFP-T」のサブタイプに分かれており、それぞれストレスへの対処方法に違いがあります。ISFP-Aは自己肯定が高く、他者からの評価をあまり気にしないため、ストレス耐性が高めであると言えます。一方、ISFP-Tは自己肯定が低く、ストレスを感じやすい傾向がありますが、感情の波に翻弄されやすいという側面もあります。どちらのタイプも、自分らしい方法でストレスと向き合い、乗り越えていくことが大切です。

MBTIタイプ別ストレス耐性ランキングTOP16第14位  ENFP

ENFPタイプは、MBTIの16の性格タイプの中で、ストレス耐性が中程度とされています。彼らは自由奔放で社交的な性格であり、新しいアイデアや挑戦を楽しむ一方で、ルーチンワークや予測可能な環境に飽きやすく、それがストレスの原因になることがあります。

ENFPは情熱的で独創力があり、常に笑いやほほ笑みの種を見つけることができる性格です。彼らは変化を受け入れる柔軟性があり、新しい環境にも適応しやすいですが、深い感情の波によってストレスを感じることがあります。

ストレス耐性ランキングでENFPが中程度の位置にいるのは、彼らが持つ柔軟性と、新しいアイデアや非現実的な考えを好む傾向によるものです。ENFPは、ストレスのもととなる状況にどれだけうまく対応できるか、そしてそのプレッシャーをどのように乗り越えることができるかという能力が評価されています。彼らの性格は、特に創造的な職業や社交的な環境での活動に適しており、そういった場面では彼らのストレス耐性がより発揮されるでしょう。

MBTIタイプ別ストレス耐性ランキングTOP16第13位  ESFP

ESFPタイプ、または「エンターテイナー型」として知られる人々は、MBTIの性格タイプの中で、ストレス耐性が比較的高いとされています。彼らは社交的で、人々とのつながりを大切にし、周囲を明るくすることで知られています。ストレス耐性に関しては、ESFPは新しい経験や人々との交流を通じてストレスを発散する傾向があります。

しかし、彼らは同時に感情的な反応を示しやすく、否定的なフィードバックや厳しい批判に敏感であるため、これらがストレスの原因になることもあります。ESFPは、楽観的で陽気な性格が彼らのストレス耐性の高さに貢献していますが、感情の波に翻弄されることもあるため、ストレス管理にはバランスが重要です。彼らのメンタルの強さは、他人とのつながりを大切にする彼らの性格から来ていると言えるでしょう。

MBTIタイプ別ストレス耐性ランキングTOP16第12位  ISTP

ISTPタイプは、MBTIの16の性格タイプの中で、ストレス耐性が比較的高いとされています。彼らは実用的で現実的な思考を持ち、直面する問題に対して実用的な解決策を見つけ出すことができ、圧力下でも落ち着いて行動できる傾向にあります。

ISTPは、柔軟で現実的な思考を持つ性格で、好奇心が強く、手を動かして何かを作ることを楽しみます。技術的な問題を解決するエンジニア、危険な状況に冷静に対応するパイロット、精密な技術を駆使する職人など、多様な分野で活躍することが多いです。

ストレス耐性ランキングでISTPが比較的高い位置にいるのは、彼らが持つ柔軟性と、新しいアイデアや非現実的な考えを好む傾向によるものです。ISTPは、ストレスのもととなる状況にどれだけうまく対応できるか、そしてそのプレッシャーをどのように乗り越えることができるかという能力が評価されています。

MBTIタイプ別ストレス耐性ランキングTOP16第11位  ESTP

ESTPタイプは、MBTIの性格タイプの中で、実践的な解決策と直観力により、メンタルの強さで5位にランクされています。彼らはアクティブな対処法を持ち、ストレスや困難に効果的に対応する力があります。

ESTPは「起業家型」とも呼ばれ、臨機応変で、緊急時に迅速に対応する能力があります。彼らは実行力があり、冒険を楽しむ性格で、現実的な問題解決を得意とし、人との交流を重んじる傾向があります。このタイプの人々は、周囲の意見や評価に左右されにくく、自己主導で行動することが多いです。また、ストレス耐性が高く、困難な状況でも落ち着いて対処することができるとされています。

MBTIタイプ別ストレス耐性ランキングTOP16第10位  ISFJ

ISFJタイプは、MBTIの16の性格タイプの中で、ストレス耐性が比較的高いとされています。彼らは献身的で、心の温かい性格であり、大切な人を守ることに常に準備ができています。ISFJは、変化を受け入れる柔軟性があり、新しい環境にも適応しやすいですが、深い感情の波によってストレスを感じることがあります1

ISFJは、内向的・感覚的・情緒的・判断的・神経質な性格の人を指し、日々の生活の中で様々なストレスに直面することがあります。職場でのプレッシャー、人間関係の悩み、未知の状況への適応など、ストレスは多岐にわたります。しかし、ISFJはこれらのストレスのもととなる状況にどれだけうまく対応できるか、そしてそのプレッシャーをどのように乗り越えることができるかという能力を持っています。

彼らのストレス耐性は、心理学の視点から見ると、MBTI(マイヤーズ・ブリッグス・タイプ指標)によって理解され、評価されています。この性格タイプの人々は、特にケアの職業やサポート役として優れており、他人を支えることで自己実現を図ることができます。彼らの献身的な性格は、ストレスの多い状況でも彼らを支え、乗り越える力となっています。

MBTIタイプ別ストレス耐性ランキングTOP16第9位  ESFJ

ESFJタイプは、MBTIの16の性格タイプの中で、ストレス耐性が比較的高いとされています。彼らは「領事官型」とも呼ばれ、社交性が高く、他人との協調性を重んじる特性を持っています。このタイプの人々は、他人からの承認を求める傾向があり、社会的な調和を保つことに大きな価値を見出します。

ESFJタイプは、他人との関係構築において強みを持ち、共感力が高いため、人々とのつながりを通じてストレスを軽減することができます。しかし、他人からの承認を求めるあまり、その期待に応えられない時にストレスを感じやすいとも言われています。彼らは変化を受け入れる柔軟性があり、新しい環境にも適応しやすいですが、深い感情の波によってストレスを感じることがあります。

総じて、ESFJタイプは、人間関係を大切にし、他人との協力を通じてストレスを管理する能力がありますが、過度な期待や承認欲求がストレスの原因となることもあるため、バランスを取ることが重要です。彼らのメンタルの強さは、他人とのつながりを大切にする彼らの性格から来ていると言えるでしょう。

MBTIタイプ別ストレス耐性ランキングTOP16第8位  INFJ

INFJタイプは、MBTIの16の性格タイプの中で、ストレス耐性が中程度とされています。INFJは「提唱者」とも呼ばれ、献身的で洞察力があり、強い倫理観を持つ性格です。彼らは人との深いつながりを求め、影響力のある変化をもたらすことを目指します。しかし、理想と現実のギャップによってストレスを感じることがあります。

INFJは、深い感受性と対人関係における洞察力により、メンタルの強さで8位に位置します。彼らの深い思考と感情は、他人との深いつながりを築く力の源です。社会正義を追求する活動家、深い共感力を持つカウンセラー、人々の心に響く作家など、INFJタイプの人々は、自分の価値観に基づいて行動し、他人に対して深い理解を示すことができます。

MBTIタイプ別ストレス耐性ランキングTOP16第7位  INTJ

INTJタイプは、MBTIの中でも特に独立心が強く、内向的な思考型です。彼らは戦略的で計画的なアプローチを好み、複雑な問題を解決する能力に長けています。ストレス耐性に関しては、INTJは自己管理と内省に優れており、ストレスを感じたときには、それを分析し、論理的に対処する傾向があります。

しかし、ストレス耐性ランキングにおいてINTJが第7位とされることは稀で、通常は他のタイプがより高い耐性を示すとされています。実際には、INTJは深い内省と高い自己管理能力を持っているため、ストレスを内面化しやすく、それを外に出さないことで知られています。これは、彼らがストレスを感じてもそれを表に出さず、冷静に対処する能力があることを意味します。

INTJがストレスに対処する際には、目標に向かって効率的に進むための計画を立てることで、ストレスを管理することが多いです。彼らは自分の感情をコントロールし、客観的な視点から問題を見ることで、ストレスを乗り越える力を持っています。

MBTIタイプ別ストレス耐性ランキングTOP16第6位  ENTP

ENTPタイプは、MBTIの16の性格タイプの中で、ストレス耐性が中程度とされています。彼らは新しいアイデアや挑戦を楽しむ一方で、ルーチンワークや予測可能な環境に飽きやすく、それがストレスの原因になることがあります。

ENTPは好奇心旺盛で、創造的な思考を持つ性格です。新しいことへの挑戦を恐れず、状況を柔軟に乗り越える能力があります。彼らは革新的なアイデアを生み出す起業家、論理的な議論を好む弁護士、斬新な作品を創るアーティストなど、多様な分野で活躍することが多いです。

ストレス耐性ランキングでENTPが中程度の位置にいるのは、彼らが持つ柔軟性と、新しいアイデアや非現実的な考えを好む傾向によるものです。ENTPは、ストレスのもととなる状況にどれだけうまく対応できるか、そしてそのプレッシャーをどのように乗り越えることができるかという能力が評価されています。

MBTIタイプ別ストレス耐性ランキングTOP16第5位  ENTJ

ENTJタイプは、MBTIの中でも特に高いストレス耐性を持つとされています。彼らは目標達成に向けて障害を乗り越える力があり、プレッシャーをエネルギーに変えることができると言われています。ENTJは自信があり、野心的で、強いリーダーシップを持つ性格で、困難な状況でも果敢に挑戦し、効率的な解決策を求めます。

このタイプの人々は、ストレスのもととなる状況にどれだけうまく対応できるか、そしてそのプレッシャーをどのように乗り越えることができるかという能力を指します。ENTJ型は、非常に高いストレス耐性を持ち、目標達成に向けて障害を乗り越える力があり、プレッシャーをエネルギーに変えることができます。性格の特徴としては、自信があり、野心的で、強いリーダーシップを持つ性格です。困難な状況でも果敢に挑戦し、効率的な解決策を求めます。

MBTIタイプ別ストレス耐性ランキングTOP16第4位  ISTJ

ISTJタイプは、MBTIの16の性格タイプの中で、ストレス耐性が高いとされています。彼らは計画性があり、状況を客観的に評価する能力があり、ストレス状況下でも落ち着いて対処できる傾向にあります。

ISTJは実用的で真面目な性格で、責任感が強く、伝統と秩序を重んじ、細かいディテールにも注意を払います。確実な判断が求められる会計士、ルールに厳格な法律家、プロジェクトを着実に進めるエンジニアなど、リーダーシップを発揮するポジションで活躍することが多いです。

ストレス耐性ランキングでISTJが高い位置にいるのは、彼らが持つ強い責任感と、困難な状況でも果敢に挑戦し、効率的な解決策を求める能力によるものです。ISTJは、ストレスのもととなる状況にどれだけうまく対応できるか、そしてそのプレッシャーをどのように乗り越えることができるかという能力が評価されています。

MBTIタイプ別ストレス耐性ランキングTOP16第3位  ESTJ

ESTJタイプは、MBTIの16の性格タイプの中で、ストレス耐性が非常に高いとされています。彼らは困難な状況に直面しても冷静さを保ち、計画的かつ実行力のあるアプローチで問題を解決する傾向があります。

ESTJは組織と秩序を重んじる性格で、責任感が強く、リーダーシップに溢れ、実用的な解決策を好むとされています。彼らは効率的なプロジェクトマネージャー、組織を率いる幹部、コミュニティリーダーなど、リーダーシップを発揮するポジションで活躍することが多いです。

ストレス耐性ランキングでESTJが高い位置にいるのは、彼らが持つ強い責任感と、困難な状況でも果敢に挑戦し、効率的な解決策を求める能力によるものです。ESTJは、ストレスのもととなる状況にどれだけうまく対応できるか、そしてそのプレッシャーをどのように乗り越えることができるかという能力が評価されています。

MBTIタイプ別ストレス耐性ランキングTOP16第2位  ENFJ

ENFJタイプは、MBTIの16の性格タイプの中で、ストレス耐性が非常に高いとされています。彼らは他人との関係を大切にするため、人間関係のストレスを感じやすいですが、強い共感力と説得力でそれを乗り越えることができます。

ENFJは、人を励ますことが得意で、理想主義的なビジョンを持つ性格です。集団の調和と成長を促進するリーダー的な役割を果たし、人々を鼓舞するカリスマ的な指導者として活躍することが多いです。

ストレス耐性ランキングにおいてENFJが高い位置にいるのは、彼らが持つ強い共感力と、困難な状況でも人々を励ます能力によるものです。ENFJは、ストレスのもととなる状況にどれだけうまく対応できるか、そしてそのプレッシャーをどのように乗り越えることができるかという能力が評価されています。

MBTIタイプ別ストレス耐性ランキングTOP16第1位  INTJ

INTJタイプは、MBTIの中で非常に独立心が強く、内向的な思考型です。彼らは戦略的で計画的なアプローチを好み、複雑な問題を解決する能力に長けています。ストレス耐性に関しては、INTJは自己管理と内省に優れており、ストレスを感じたときには、それを分析し、論理的に対処する傾向があります。

しかし、ストレス耐性ランキングにおいてINTJが第1位とされることは稀で、通常は他のタイプがより高い耐性を示すとされています。実際には、INTJは深い内省と高い自己管理能力を持っているため、ストレスを内面化しやすく、それを外に出さないことで知られています。これは、彼らがストレスを感じてもそれを表に出さず、冷静に対処する能力があることを意味します。

INTJがストレスに対処する際には、目標に向かって効率的に進むための計画を立てることで、ストレスを管理することが多いです。彼らは自分の感情をコントロールし、客観的な視点から問題を見ることで、ストレスを乗り越える力を持っています。

MBTIタイプ別ストレス耐性ランキングTOP16!打たれ強いあの性格について徹底解説!まとめ

MBTIタイプによってストレス耐性には差がありますが、大切なのは自分自身を理解し、ストレスに対処するための個人的な方法を見つけることです。

ランキングはあくまで一般的な傾向を示したものであり、個々の経験や状況によって異なることを念頭に置いてください。

自分にとって最適なストレスマネジメントを実践することで、より充実した日々を送ることができるでしょう。

 

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー取得。現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)