その他

トライタイプとMBTIの関係性を知ろう!自分の性格を深く理解する方法

MBTIとは、人間の性格を16種類に分類する心理学的な理論です。

MBTIでは、自分の性格を4つの指標(外向性・内向性、感覚型・直感型、思考型・感情型、判断型・知覚型)で表します。

トライタイプとは、エニアグラムという人間の動機づけを9種類に分類する理論を応用したもので、自分の性格を3つのタイプで表します。

トライタイプとMBTIは、それぞれ異なる観点から人間の性格を分析するツールですが、両者を組み合わせることで、自分の性格をより深く理解することができます。

この記事では、トライタイプとMBTIについて述べていきます。

忙しい方向けに、本記事の内容を私がまとめると以下の通りです。

  • MBTIは、人間の性格を16種類に分類する心理学的な理論で、4つの指標(外向性・内向性、感覚型・直感型、思考型・感情型、判断型・知覚型)で性格を表す。
  • トライタイプは、エニアグラムを応用した理論で、人間の動機づけを9種類に分類し、3つのタイプで性格を表す。
  • トライタイプとMBTIは異なる観点から性格を分析するツールであり、組み合わせることでより深く理解できる。

トライタイプとMBTIの基本的な考え方

トライタイプとMBTIは、それぞれ異なる観点から人間の性格を分析するツールです。

トライタイプは、エニアグラムという人間の動機づけを9種類に分類する理論を応用したもので、自分の性格を3つのタイプで表します。MBTIは、人間の認知機能を4つの指標(外向性・内向性、感覚型・直感型、思考型・感情型、判断型・知覚型)で表します。トライタイプとMBTIのそれぞれのタイプと指標について、簡単に説明します。

トライタイプのタイプ

トライタイプは、エニアグラムという人間の動機づけを9種類に分類する理論を応用したものです。エニアグラムでは、人間の動機づけを3つのセンター(本能センター、感情センター、思考センター)に分け、それぞれのセンターに3つのタイプがあります。トライタイプでは、自分の性格を3つのタイプで表します。そのうち、一番強いタイプをコアタイプと呼びます。トライタイプのタイプは、以下の通りです。

  • 本能センター
    • タイプ8:挑戦者。自分の力を信じて、自分の意志を貫くことが好きなタイプ。支配されるのが嫌いで、正義感が強い。
    • タイプ9:調停者。平和を愛して、調和を保つことが好きなタイプ。自分の意見を主張しないで、人に合わせることが多い。
    • タイプ1:改革者。完璧を求めて、自分や他人に厳しいタイプ。正しくあることが重要で、間違いを許せない。
  • 感情センター
    • タイプ2:支援者。人に必要とされることが好きで、人のために尽くすタイプ。愛情深くて、感受性が豊かだが、自分の欲求を無視しがち。
    • タイプ3:達成者。目標を達成することが好きで、自分を高めるタイプ。効率的で、自信があるが、自分の感情を隠しがち。
    • タイプ4:個人主義者。自分の感性を大切にすることが好きで、自分らしくあるタイプ。独創的で、感情豊かだが、自分に満足できないことが多い。
  • 思考センター
    • タイプ5:調査者。知識を求めることが好きで、自分の専門性を高めるタイプ。分析的で、好奇心が強いが、人との関わりを避けがち。
    • タイプ6:忠実者。安全を求めることが好きで、自分の信頼できる人やグループに従うタイプ。忠誠心が高くて、協調性があるが、不安や疑いを感じやすい。
    • タイプ7:楽天家。楽しいことを求めることが好きで、自分の可能性を広げるタイプ。楽観的で、冒険心があるが、苦しみや制限を避けがち。

MBTIの指標

MBTIは、人間の認知機能を4つの指標(外向性・内向性、感覚型・直感型、思考型・感情型、判断型・知覚型)で表します。それぞれの指標は、以下のような意味を持ちます。

  • 外向性・内向性(E・I)
    • 外向性(E):外部の世界に向かってエネルギーを発散するタイプ。人と話すことや行動することが好きで、社交的で活発。
    • 内向性(I):内部の世界に向かってエネルギーを集中するタイプ。考えることや観察することが好きで、独立的で静か。
  • 感覚型・直感型(S・N)
    • 感覚型(S):具体的な事実や現実に基づいて情報を受け取るタイプ。目に見えることや実際に体験したことに重きを置き、現実的で具体的。
    • 直感型(N):抽象的な理論や可能性に基づいて情報を受け取るタイプ。目に見えないことや未来に起こりうることに重きを置き、創造的で理想的。
  • 思考型・感情型(T・F)
    • 思考型(T):論理的な原理や客観的な基準に基づいて判断するタイプ。理性的で公平で、感情に左右されない。
    • 感情型(F):個人的な価値や主観的な基準に基づ判断するタイプ。感情的で思いやりがあり、人間関係に重きを置く。
  • 判断型・知覚型(J・P)
    • 判断型(J):決断することが好きで、自分の計画や目標に基づいて行動するタイプ。組織的で責任感が強く、ルールや期限を守る。
    • 知覚型(P):柔軟に対応することが好きで、自分の好奇心や興味に基づいて行動するタイプ。自由奔放で適応力があり、ルールや期限を破ることが多い。

トライタイプとMBTIの相関性を示す表

トライタイプとMBTIは、それぞれ異なる観点から人間の性格を分析するツールですが、両者には一定の相関性があります。

つまり、あるトライタイプの人は、あるMBTIのタイプになりやすいという傾向があります。もちろん、これは絶対的なものではなく、個人差や環境の影響もありますが、一般的な傾向としては、以下のような表が作成できます。

トライタイプ MBTIのタイプ
125,126,127 ISFJ,ESFJ
135,136,137 ESTJ,ENTJ
145,146,147 INTJ,ISTJ
258,259,268 ESTP,ESFP
269,279,289 ENFJ,ESFJ
278,378,478 ENTP,ENFP
358,368,378 ENTJ,ESTJ
369,379,389 ENFP,ESFP
459,469,479 INFJ,INFP
478,479,489 INTP,INFP
126,136,146 ISTJ,ISFJ
259,269,279 ESFJ,ENFJ
379,389,478 ENFP,ENTP
469,479,489 INFP,INFJ

この表は、トライタイプとMBTIのタイプの特徴を比較して、類似性が高いと思われる組み合わせを選んだものです。

例えば、トライタイプ125は、本能センターのタイプ1、感情センターのタイプ2、思考センターのタイプ5で構成されます。

このトライタイプの人は、自分や他人に厳しいタイプ1、人のために尽くすタイプ2、知識を求めるタイプ5の特徴を持ちます。

これらの特徴は、MBTIのタイプISFJやESFJと類似しています。

ISFJやESFJの人は、感覚型・感情型・判断型の指標を持ち、具体的で思いやりがあり、責任感が強いと言われます。

このように、トライタイプとMBTIのタイプの特徴を比較することで、相関性を見出すことができます。

トライタイプとMBTIの組み合わせによる性格分析の例

トライタイプとMBTIのタイプを組み合わせることで、自分の性格をより深く理解することができます。

トライタイプは、自分の動機づけや価値観を表します。MBTIは、自分の認知機能や行動傾向を表します。両者を組み合わせることで、自分の性格の強みや弱み、適性や発展性などを見つけることができます。以下に、トライタイプとMBTIの組み合わせによる性格分析の例を示します。

トライタイプ125・MBTI ISFJ

トライタイプ125・MBTI ISFJの人は、自分や他人に厳しいタイプ1、人のために尽くすタイプ2、知識を求めるタイプ5の特徴を持ちます。また、内向性・感覚型・感情型・判断型の指標を持ちます。この組み合わせの人は、以下のような性格分析ができます。

  • 強み:誠実で思いやりがあり、責任感が強い。自分の仕事や役割に対して、高い基準を持っている。人の気持ちやニーズに敏感で、サポートすることができる。知識や経験を重視し、信頼できる情報に基づいて行動する。
  • 弱み:自分や他人に対して、厳しすぎることがある。自分の感情や欲求を抑えて、人に合わせることが多い。変化や不確実性に対して、不安や抵抗を感じることがある。自分の意見や主張を表現するのが苦手なことがある。
  • 適性:自分の専門性や経験を活かせる仕事や役割に向いている。人との関係性を大切にする仕事や役割に向いている。細かいことに気を配れる仕事や役割に向いている。例えば、医療・教育・福祉・経理・事務などの分野に適性があると言える。
  • 発展性:自分の感情や欲求にも気を配ることができるようになる。自分の意見や主張を積極的に表現することができるようになる。変化や不確実性に対して、柔軟に対応することができるようになる。自分の可能性や興味を広げることができるようになる。

 

トライタイプとMBTIを活用するメリットと注意点

トライタイプとMBTIを組み合わせることで、自分の性格をより深く理解することができます。自分の性格を理解することは、自分自身や他人との関係性を深めるために有効な方法です。トライタイプとMBTIを活用することで、以下のようなメリットがあります。

  • 自分の強みや弱みを客観的に把握することができる。自分の強みを活かして、自分に合った仕事や役割を見つけることができる。自分の弱みを改善して、自分の成長につなげることができる。
  • 自分の動機づけや価値観を明確にすることができる。自分の動機づけや価値観に基づいて、自分の目標や方向性を設定することができる。自分の目標や方向性に沿って、自分の行動や判断をすることができる。
  • 自分と異なる性格の人を理解することができる。自分と異なる性格の人の動機づけや価値観、認知機能や行動傾向を知ることができる。自分と異なる性格の人とのコミュニケーションや協力を円滑にすることができる。

しかし、トライタイプとMBTIを活用する際には、以下のような注意点もあります。

  • トライタイプとMBTIは、あくまで自分の性格の一面を表すツールであることを忘れない。トライタイプとMBTIは、自分の性格を分析するための参考にするものであり、自分の性格を決めるものではない。自分の性格は、トライタイプやMBTIのタイプに囚われることなく、自由に変化や発展することができる。
  • トライタイプとMBTIは、自分の性格の個人差や環境の影響を考慮することができないことを忘れない。トライタイプとMBTIは、自分の性格の一般的な傾向を示すものであり、自分の性格の細かい違いや特徴を示すものではない。自分の性格は、トライタイプやMBTIのタイプに当てはまらない部分もあるし、トライタイプやMBTIのタイプと同じでも、人によって表現や程度が異なる。また、自分の性格は、自分の成長や経験、状況や環境によっても変化することがある。
  • トライタイプとMBTIは、自分の性格を他人と比較するために使わないこと。トライタイプとMBTIは、自分の性格を理解するために使うものであり、自分の性格を他人と比較するために使うものではない。トライタイプやMBTIのタイプによって、自分や他人の性格を優劣や良し悪しで判断することは、間違っている。トライタイプやMBTIのタイプは、自分や他人の性格の違いや多様性を認めるために使うものである。

トライタイプとMBTIに関する実体験エピソード

学生時代、私はMBTIに興味を持ち、自分自身や友人たちのタイプを調査しました。

トライタイプ(Tri-type)は、エニアグラムとMBTIを組み合わせた理論で、個々の人のパーソナリティをより詳細に理解する手法です。

以下は、私の実体験エピソードです。

トライタイプの探求

学校でエニアグラムとMBTIについて学ぶ機会がありました。私は自分のエニアグラムタイプ(私は4w5)とMBTIタイプ(INTJ)を調査し、トライタイプを探求しました。私は自分の主要なタイプと翼(ウィング)を組み合わせて、より詳細な理解を得ました。

友人との議論

学校の友人たちとMBTIについて議論することがありました。私たちは自分のタイプを共有し、どのように自分自身や他の人との相性を理解できるかを探求しました。友人たちはさまざまなタイプであり、それぞれの視点から興味深い議論が展開されました。

タイプの違いと共感

学校での経験から、人々は異なるタイプを持っていることを理解しました。私はINTJであり、他のタイプとは異なる視点や行動パターンを持っていました。しかし、友人たちとの共感や理解を通じて、タイプの違いを受け入れることができました。

自己成長と深化

MBTIとトライタイプの探求は、自己理解と成長に寄与しました。私は自分の強みや課題を理解し、他の人とのつながりを深めることで、学業や人間関係で成長しました。

学校でのトライタイプとMBTIの探求は、私のパーソナリティ理解に大きな影響を与えました。これらの理論は、自己理解や他者とのコミュニケーションに役立つものであり、学生時代の貴重な経験となりました。

トライタイプとMBTIの関係性を知ろう!自分の性格を深く理解する方法まとめ

トライタイプとMBTIは、それぞれ異なる観点から人間の性格を分析するツールです。

トライタイプは、自分の動機づけや価値観を表します。

MBTIは、自分の認知機能や行動傾向を表します。

両者を組み合わせることで、自分の性格をより深く理解することができます。自分の性格を理解することは、自分自身や他人との関係性を深めるために有効な方法です。

この記事では、トライタイプとMBTIの関係性について、以下の内容を紹介しました。

  • トライタイプとMBTIの基本的な考え方
  • トライタイプとMBTIの相関性を示す表
  • トライタイプとMBTIの組み合わせによる性格分析の例
  • トライタイプとMBTIを活用するメリットと注意点

トライタイプとMBTIは、自分の性格を分析するための参考にするものであり、自分の性格を決めるものではありません。自分の性格は、トライタイプやMBTIのタイプに囚われることなく、自由に変化や発展することができます。

トライタイプとMBTIは、自分の性格の強みや弱み、適性や発展性などを見つけることができますが、それらはあくまで自分の可能性の一つであり、自分の選択や努力によって変えることができます。トライタイプとMBTIは、自分の性格の一面を表すツールであり、自分の性格の全てではありません。

自分の性格は、トライタイプやMBTIのタイプに当てはまらない部分もあるし、トライタイプやMBTIのタイプと同じでも、人によって表現や程度が異なります。

また、自分の性格は、自分の成長や経験、状況や環境によっても変化します。

トライタイプとMBTIは、自分の性格の個人差や環境の影響を考慮することができません。トライタイプとMBTIは、自分の性格を理解するために使うものであり、自分の性格を他人と比較するために使うものではありません。

トライタイプやMBTIのタイプによって、自分や他人の性格を優劣や良し悪しで判断することは、間違っています。トライタイプやMBTIのタイプは、自分や他人の性格の違いや多様性を認めるために使うものです。

トライタイプとMBTIは、自分の性格を分析するための有効なツールですが、それらを使う際には、注意点もあります。

トライタイプとMBTIを活用することで、自分の性格を深く理解することができますが、それだけで満足せずに、自分の性格をより豊かにすることを目指しましょう。

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー資格取得。 現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)