16タイプ性格診断

16パーソナリティ相性とは?自分と相手のタイプでわかる人間関係のコツについて徹底解説!

16パーソナリティ相性とは、MBTIという性格診断に基づいて、自分と相手の性格タイプの相性を見ることです。 MBTIとは、マイヤーズ・ブリッグス・タイプ・インディケーターの略で、人の性格を4つの指標で分類する方法です。 4つの指標とは、以下のようなものです。

  • マインド:外向的(E)か内向的(I)か
  • エネルギー:直観的(N)か現実的(S)か
  • ネイチャー:論理的(T)か感情的(F)か
  • 戦略:計画的(J)か探索的(P)か

これらの指標の組み合わせによって、16種類の性格タイプが生まれます。 例えば、外向的・直観的・論理的・計画的な人は、ENTJタイプと呼ばれます。 各タイプには、独自の特徴や強み・弱みがあります。

16パーソナリティ相性では、自分と相手のタイプを知ることで、人間関係のコツを掴むことができます。 相性が良いタイプとは、お互いに理解しやすく、コミュニケーションがスムーズになるタイプです。 相性が悪いタイプとは、考え方や価値観が合わなく、コミュニケーションが難しくなるタイプです。

この記事では、16パーソナリティ相性について、以下の4つの観点から紹介します。

  • 16パーソナリティ相性のメリットとデメリット
  • 16パーソナリティ相性の見方と表
  • 16パーソナリティ相性の例と分析
  • 16パーソナリティ相性の活用方法と注意点

16パーソナリティ相性のメリットとデメリット

16パーソナリティ相性のメリットとデメリット

16パーソナリティ相性を知ることには、以下のようなメリットとデメリットがあります。

  • メリット
    • 自分や相手の性格を客観的に理解できる
    • 相手に合わせたコミュニケーションの方法を見つけやすくなる
    • 相手の長所や強みを認めやすくなる
    • 相手の短所や弱みを受け入れやすくなる
    • 相手との関係を改善や深化させやすくなる
  • デメリット
    • 自分や相手の性格を固定観念にとらわれやすくなる
    • 相手の個性や多様性を無視しやすくなる
    • 相手の行動や感情を予測しやすくなる
    • 相手の変化や成長に気づきにくくなる
    • 相手との関係を単純化や判断しやすくなる

16パーソナリティ相性は、あくまで参考として使うべきものであり、絶対的なものではありません。 人の性格は、成長や経験、環境や状況によって変化するものです。 相手の性格を知ることは大切ですが、それだけで相手を決めつけたり、ラベル付けしたりすることは避けましょう。

16パーソナリティ相性の例と分析①ENFJとINFP

16パーソナリティ相性の例と分析①ENFJとINFP

ENFJは、感情的で協力的な性格を持つ人です。INFPは、感受性が豊かで柔軟な性格を持つ人です。ENFJは、INFPの感性や価値観を理解してくれます。INFPは、ENFJの感情や考えを言葉にするのを助けてくれます。ENFJは、INFPのペースや空間を侵さないでくれます。INFPは、ENFJの目標や期待に応えようとします。ENFJは、INFPに新しいことや変化を提案してくれます。INFPは、ENFJに安定や安心を与えてくれます。

ISTPとESTP:ISTPは、現実的で冒険的な性格を持つ人です。ESTPは、外向的で冒険的な性格を持つ人です。ISTPは、ESTPの行動力や刺激を求める姿勢を尊敬します。ESTPは、ISTPの分析力や技術力を尊敬します。ISTPは、ESTPの社交性や適応力を学びます。ESTPは、ISTPの独立性や創造性を学びます。ISTPは、ESTPに楽しさや刺激を与えてくれます。ESTPは、ISTPに自信や支持を与えてくれます。

16パーソナリティ相性の例と分析②ENTJとISFP

16パーソナリティ相性の例と分析②ENTJとISFP

NTJは、論理的で決断力のある性格を持つ人です。ISFPは、感受性が豊かで自由を求める性格を持つ人です。ENTJは、ISFPの感性や価値観を尊重できません。ISFPは、ENTJの論理や意見を理解できません。ENTJは、ISFPの感情や考えを無視してしまいます。ISFPは、ENTJの行動や決断に反発してしまいます。ENTJは、ISFPのペースや空間を尊重できません。ISFPは、ENTJのやり方に干渉されることや束縛されることを嫌います。

16パーソナリティ相性の活用方法と注意点

16パーソナリティ相性を活用する方法と注意点を、以下のように紹介します。

  • 活用方法
    • 自分や相手の性格を客観的に理解するために、性格診断テストを受ける
    • 相手の性格タイプに合わせたコミュニケーションの方法を見つけるために、相性表を参考にする
    • 相手の長所や強みを認めるために、相性の良いタイプの特徴を学ぶ
    • 相手の短所や弱みを受け入れるために、相性の悪いタイプの特徴を学ぶ
    • 相手との関係を改善や深化させるために、相性の良いタイプの例や分析を参考にする
  • 注意点
    • 自分や相手の性格を固定観念にとらわれないようにする
    • 相手の個性や多様性を無視しないようにする
    • 相手の行動や感情を予測しないようにする
    • 相手の変化や成長に気づくようにする
    • 相手との関係を単純化や判断しないようにする

16パーソナリティ相性に関するSNS投稿

  • 16パーソナリティ診断久々にしたけど 前回と全く一緒だった笑 指揮官・幹部タイプと相性が良いらしい かと言って特に何かある訳でもないので これからもX上で仲良くできると嬉しいです。
  • 16パーソナリティ回ってくると若干気になるからもう一回するか悩んでる…でもな…信じすぎるうえに、友達と大体相性良くないから避けてるんだよな…

16パーソナリティ相性とは?自分と相手のタイプでわかる人間関係のコツについて徹底解説!まとめ

この記事では、16パーソナリティ相性とは?自分と相手のタイプでわかる人間関係のコツについて述べてきました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー取得。現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)