INFJ(提唱者)

INFJと相性の良いタイプと悪いタイプは?意外あのタイプについて徹底解説!

INFJは、MBTIの16タイプの中でも最も希少なタイプと言われています。

INFJは、内向的で直感的で感情的で判断的な性格を持ち、理想主義者で繊細で思慮深い人です。

自分や他人に厳しい基準を持ち、正義感が強く、人の気持ちに敏感です。 INFJは、普段は穏やかで優しく、人との調和を大切にします。

しかし、INFJは、自分の内面や理想に合わない人とは、なかなかうまくやっていけません。

ここでは、INFJと相性の良いタイプと悪いタイプを紹介します

忙しい方向けに、本記事の内容を私がまとめると以下の通りです。

  • INFJはMBTIの16タイプの中でも最も希少なタイプで、内向的で直感的で感情的で判断的な性格を持つ。
  • INFJは理想主義者で繊細で思慮深く、自己や他者に厳しい基準を持ち、正義感が強く、人の気持ちに敏感。
  • INFJは自分と相性の良いタイプと悪いタイプがあり、相性の良いタイプにはENFP、ENTP、INTJ、INTP、ENFJ、ENTJ、INFP、INFJ、ISFJ、ISTJ、ISFP、ISTP、ESFJ、ESTJ、ESFP、ESTPが挙げられる。
  • 相性が悪いタイプにはISTJ、ESTJ、ESFJ、ISFJ、ESTP、ESFP、ISTP、ISFP、ENFP、ENTP、INFP、INTP、ENFJ、ENTJ、INTJ、INFJが挙げられる。

提唱者型(INFJ)女性の特徴や性格、恋愛や仕事における傾向について徹底解説

INFJと相性が良いタイプ1.ENFP  新しい可能性を求める探究者

ENFPは、常に新しいアイデアや可能性を追求することで知られています。

ENFPは「新しい可能性を求める探究者」とも呼ばれ、その開放的で創造的な性格がINFJの内向的で直感的な特性と非常によく合います。

ENFPの特徴

  • ENFPは非常に社交的で、新しいアイデアや経験に対してオープンです。
  • 彼らは周囲の人々に対して熱意を持ち、エネルギッシュなコミュニケーションを楽しみます。
  • ENFPは柔軟性があり、変化を恐れず、新しいことに挑戦することを楽しむ傾向があります。

INFJとENFPの相性

  • INFJは深い思索を好み、理想を追求する傾向がありますが、ENFPの外向的なエネルギーがINFJに新しい視点を提供し、彼らの内面の世界を豊かにします。
  • ENFPの探究心はINFJの直感と調和し、お互いに刺激を与え合いながら成長することができます。
  • INFJの落ち着いた性格は、ENFPの時に過剰になりがちなエネルギーをバランスさせることができます。

このように、ENFPとINFJはお互いの違いを補完し合い、互いに成長を促す関係を築くことができるため、相性が良いとされています。お互いの強みを尊重し、価値観を共有することで、深いつながりと相互理解を育むことが可能です。。

INFJと相性が良いタイプ2.ENTP  鋭い洞察力を持つ発明家

ENTPは、その鋭い知性と好奇心で、INFJとの議論を活発にします。

彼らは好奇心が強く、知的な挑戦を求め、既存のシステムや理論を改善するための革新的な解決策を考え出すことが得意です。

INFJ型とENTP型は、相互に補完し合う関係が築けると言われています。INFJ型の深い思考と倫理観は、ENTP型の創造的で冒険的な精神を安定させることができます。一方、ENTP型の柔軟性と開放性は、INFJ型が持つ理想を現実のものに変える手助けをすることがあります。

この相性の良さは、両者が互いの違いを尊重し、学び合うことで、より豊かな関係を築くことができるからです。INFJ型はENTP型の広い視野と冒険心に魅力を感じ、ENTP型はINFJ型の洞察力と真摯さに引かれます。お互いの強みを活かし合い、成長を促進することができるのが、INFJ型とENTP型の関係の鍵です。

INFJと相性が良いタイプ3.INTJ  戦略的なビジョンを持つ科学者

INTJは、その戦略的な思考と目標達成に向けた集中力で知られています。

INFJタイプの人は、理想主義的で洞察力があり、深い思考をする傾向があります。彼らはしばしば、自分の価値観や信念に基づいて行動し、他人の感情や動機を理解する能力が高いとされています。一方で、INTJタイプの人は、戦略的な思考と長期的な計画を得意とし、独立して論理的な決断を下すことができると言われています。

INFJとINTJは、共に直感的な思考を重視し、内省的で独立した性格を持っているため、相性が良いとされています。特に、INTJの戦略的なビジョンを持つ科学者は、INFJの理想を現実のものとするための具体的な計画を立てることができるでしょう。INFJは、INTJの目標に対する情熱や献身を高く評価し、その達成に向けて共感的な支援を提供することができます。

例えば、INTJの科学者が気候変動に関する新しい研究プロジェクトを立ち上げたとします。INFJは、そのプロジェクトの社会的意義や影響を深く理解し、プロジェクトの目的を広く伝えるためのコミュニケーション戦略を考えることができるでしょう。また、INFJは、プロジェクトチーム内での人間関係の構築や、チームメンバーのモチベーションを高める役割を果たすことができます。

このように、INFJとINTJは、お互いの強みを補完し合いながら、大きな目標に向かって協力していくことができるのです。INFJの深い洞察力INTJの戦略的な思考が組み合わさることで、科学的な発見や社会的な変革をもたらす可能性が高まります。

INFJと相性が良いタイプ4.INTP  知識を追求する論理学者

INTPは、論理的な思考と知識への渇望で知られています。

INTP型は「論理学者型」とも呼ばれ、知識を追求し、理論的な探究を好む性格です。彼らは独立心が強く、新しいアイデアや理論に深い興味を持ち、論理的な思考を通じて世界を理解しようとします。

INFJ型とINTP型は、互いの思考プロセスに深い理解と尊重を示すことができるため、相性が良いと言われています。INFJ型の直感的な洞察力と倫理観は、INTP型の論理的で分析的なアプローチを補完します。一方、INTP型の客観性と冷静さは、INFJ型が持つ情熱と理想主義をバランスさせるのに役立ちます。

この相性の良さは、両者が互いの違いを尊重し、学び合うことで、より豊かな関係を築くことができるからです。INFJ型はINTP型の知的な探究心に魅力を感じ、INTP型はINFJ型の洞察力と真摯さに引かれます。お互いの強みを活かし合い、成長を促進することができるのが、INFJ型とINTP型の関係の鍵です。

INFJと相性が良いタイプ5.ENFJ  他者を励ます指導者

ENFJは、そのカリスマ性と他者への深い配慮で知られています。

ENFJタイプの人は、外向的で感情豊か、そして他者に対する深い共感を持っています。彼らは生まれながらの指導者であり、人々を励ますことに長けていると言われています。INFJタイプの人との相性は非常に良いとされており、両者は互いの感情を理解し、深い人間関係を築くことができます。

ENFJは、そのカリスマ性と影響力を使って、他人を育て、励ますことが得意です。彼らは、人々が自分自身の可能性を最大限に発揮できるように支援することに情熱を注いでいます。INFJは、その洞察力と理解力を活かして、ENFJの目標やビジョンを支えることができます。

例えば、ENFJの指導者が社会的な運動を始めた場合、INFJはその運動の意義を深く理解し、ENFJが目指す変化を実現するための戦略を練ることができるでしょう。INFJは、ENFJの情熱を共有し、運動が広がるようにコミュニティ内でのコミュニケーションを促進することができます。

ENFJの指導力INFJの洞察力が組み合わさることで、彼らは強力なチームを形成し、大きな影響力を持つことができます。ENFJは、INFJの支援を受けながら、人々を動かし、ポジティブな変化を生み出すことができるのです。

INFJと相性が良いタイプ6.ENTJ  効率と組織を重んじる司令官

ENTJは、そのリーダーシップと組織力で知られています。

ENTJ型は「司令官型」とも呼ばれ、効率と組織を重んじる性格です。彼らは自信があり、決断力があり、リーダーシップを発揮することで知られています。目標達成に向けて戦略的に行動し、計画を立ててそれを実行に移す能力があります。

INFJ型とENTJ型は、互いに補完し合う関係が築けると言われています。INFJ型の洞察力と倫理観は、ENTJ型の戦略的な思考と行動力をバランスさせることができます。一方、ENTJ型の決断力と組織力は、INFJ型が持つ理想を現実のものに変える手助けをすることがあります。

この相性の良さは、両者が互いの違いを尊重し、学び合うことで、より豊かな関係を築くことができるからです。INFJ型はENTJ型の明確なビジョンと指導力に魅力を感じ、ENTJ型はINFJ型の深い思考と献身的な姿勢に引かれます。お互いの強みを活かし合い、成長を促進することができるのが、INFJ型とENTJ型の関係の鍵です。

INFJと相性が良いタイプ7.INFP  理想を追い求める仲介者

INFPは、その理想主義と創造性で知られています。

INFPタイプの人は、理想主義的で創造的、そして内省的な性格を持っています。彼らは「仲介者」とも呼ばれ、自分の価値観や信念に従って行動することを重視します。INFJタイプの人との相性は非常に良いとされており、両者は互いの理想を共有し、深い理解を築くことができます。

INFPは、その柔軟な思考とオープンマインドを活かして、新しいアイデアや可能性を探求することが得意です。彼らは、自分の内面の世界を大切にし、感情や直感を通じて世界を理解しようとします。INFJは、その洞察力と共感力を活かして、INFPの理想を支え、実現に向けて助けることができます。

例えば、INFPのアーティストが社会的なメッセージを込めた作品を創作した場合、INFJはその作品の深い意味を理解し、それを広く伝えるためのサポートを提供することができるでしょう。INFJは、INFPの創造性を尊重し、その表現を通じて人々に影響を与えることができます。

INFPの創造性INFJの洞察力が組み合わさることで、彼らは互いの理想を追求し、世界にポジティブな影響を与えることができます。INFPは、INFJの理解と支援を受けながら、自分の内面の声に従い、真の自己表現を追求することができるのです。

INFJと相性が良いタイプ8.INFJ  自己と他者の理解を深めるカウンセラー

INFJ同士の関係は、互いの内面を深く理解し合うことができるため、非常に強い絆を築くことができます。

INFJ型は「カウンセラー型」とも呼ばれ、内向的で直感的、感情を重視し、判断力を持つ性格です。彼らはしばしば、深い洞察力と強い倫理観を持ち、他者の理解を深めることに情熱を注ぎます。

同じINFJ型同士の関係は、互いに深い理解と共感を持つことができるため、相性が良いと言われています。INFJ型は自己と他者の感情を深く理解し、その洞察力を使って他人の成長を助けることができます。また、彼らは理想主義者であり、個人や社会のために意味のある変化を起こそうとします。

この相性の良さは、両者が互いの感情や価値観を共有し、お互いの経験や見解に深い共感を示すことができるからです。INFJ型同士は、お互いの複雑な内面を理解し、支え合うことで、強い絆を築くことができます。お互いの深い洞察力と共感力を活かし合い、成長を促進することができるのが、INFJ型同士の関係の鍵です。

INFJと相性が良いタイプ9.ISFJ  献身的な保護者

ISFJは、その献身性と実用性で知られています。

ISFJタイプの人は、献身的で実用的、そして温かい保護者として知られています。彼らは安定性と秩序を重んじ、周囲の人々の幸福と快適さを確保することに深い満足を感じます。INFJタイプの人との相性は非常に良いとされており、両者は互いの価値観を尊重し、支え合う関係を築くことができます。

ISFJは、その細やかな注意力と世話好きな性格を活かして、他人のニーズに応えることが得意です。彼らは、具体的な行動を通じて愛情を示し、安定した環境を作り出すことに努めます。INFJは、その共感力と洞察力を活かして、ISFJの努力を理解し、精神的なサポートを提供することができます。

例えば、ISFJの看護師が患者のケアに尽力している場合、INFJはその献身的な姿勢を高く評価し、患者や同僚とのコミュニケーションを円滑にするための助言を提供することができるでしょう。INFJは、ISFJの日々の努力がどれほど重要であるかを理解し、その貢献を社会に広く認識させるための支援を行うことができます。

ISFJの献身性INFJの理解力が組み合わさることで、彼らは互いの強みを活かし、周囲の人々の生活を豊かにすることができます。ISFJは、INFJの支援を受けながら、日々のケアを通じて人々の心に触れ、安心感を提供することができるのです。

INFJと相性が良いタイプ10.ISTJ  真面目で責任感の強い管理者

ISTJは、その責任感と実務能力で知られています。

ISTJ型は「管理者型」とも呼ばれ、真面目で責任感が強く、実用的なタスクをこなすことに優れています。彼らは伝統を重んじ、ルールや手順に従うことを好みます。

INFJ型とISTJ型の関係は、互いの違いを理解し、尊重することで、相性が良いと言われています。INFJ型の直感的な洞察力と倫理観は、ISTJ型の実用的で詳細に注目するアプローチを補完することができます。一方、ISTJ型の組織力と計画性は、INFJ型が持つ理想を現実のものに変える手助けをすることがあります。

この相性の良さは、両者が互いの長所を認め合い、お互いの成長を支え合うことができるからです。INFJ型はISTJ型の信頼性と一貫性に魅力を感じ、ISTJ型はINFJ型の洞察力と献身的な姿勢に引かれます。お互いの強みを活かし合い、成長を促進することができるのが、INFJ型とISTJ型の関係の鍵です。

INFJと相性が良いタイプ11.ISFP  柔軟性と創造性を持つ冒険家

ISFPは、その柔軟性と芸術的な才能で知られています。

ISFPタイプの人は、自由を愛し、柔軟性と創造性に富んだ冒険家として知られています。彼らは瞬間を大切にし、新しい体験や美的な表現に価値を見出します。INFJタイプの人との相性は良いとされており、両者は互いの感性を尊重し、深い理解を共有することができます。

ISFPは、その直感的な感覚と芸術的な才能を活かして、周囲の世界をユニークな視点で捉え、表現することが得意です。彼らは、自分の内面の声に従い、自己表現を通じて自由を追求します。INFJは、その共感力と洞察力を活かして、ISFPの創造的なプロセスを理解し、支援することができます。

例えば、ISFPのアーティストが新しいアートプロジェクトに取り組んでいる場合、INFJはそのアートワークの背後にある感情や意図を深く理解し、それを社会に伝えるためのサポートを提供することができるでしょう。INFJは、ISFPの芸術的な冒険を尊重し、その表現を通じて人々にインスピレーションを与えることができます。

ISFPの柔軟性INFJの理解力が組み合わさることで、彼らは互いの創造性を高め合い、豊かな人間関係を築くことができます。ISFPは、INFJの支援を受けながら、自分のパッションを追求し、世界に新たな色を加えることができるのです。

INFJと相性が良いタイプ12.ISTP  実用的な解決策を見出す職人

ISTPは、その実用性と問題解決能力で知られています。

ISTP型は「職人型」とも呼ばれ、実用的な解決策を見出すことに長けている性格です。彼らは現実的で論理的な思考を持ち、手に職を持つことを好みます。また、状況に応じて柔軟に対応する能力があり、問題解決においては非常に実践的なアプローチを取ります。

INFJ型とISTP型の関係は、互いの違いを理解し、尊重することで、相性が良いと言われています。INFJ型の直感的な洞察力と倫理観は、ISTP型の実用的で現実的なアプローチを補完することができます。一方、ISTP型の冷静さと即興力は、INFJ型が持つ理想を現実のものに変える手助けをすることがあります。

この相性の良さは、両者が互いの長所を認め合い、お互いの成長を支え合うことができるからです。INFJ型はISTP型の独立性と冷静な判断力に魅力を感じ、ISTP型はINFJ型の洞察力と献身的な姿勢に引かれます。お互いの強みを活かし合い、成長を促進することができるのが、INFJ型とISTP型の関係の鍵です。

INFJと相性が良いタイプ13.ESFJ  社交的で協調性のある支援者

ESFJは、その社交性と協調性で知られています。

ESFJタイプの人は、社交的で協調性があり、他人を支援することに喜びを感じる性格を持っています。彼らは「支援者」として知られ、グループやコミュニティの中で積極的な役割を果たし、人々を結びつけることに長けています。INFJタイプの人との相性は非常に良いとされており、両者は互いの感情を理解し、支え合うことができます。

ESFJは、その組織力と人間関係を大切にする姿勢を活かして、周囲の人々を助け、ハーモニーを作り出すことが得意です。彼らは、具体的な行動を通じてコミュニティを支え、人々の幸福を追求します。INFJは、その共感力と洞察力を活かして、ESFJの努力を理解し、精神的なサポートを提供することができます。

例えば、ESFJのイベントプランナーが地域社会のためのイベントを企画している場合、INFJはそのイベントの目的や意義を深く理解し、人々が参加しやすいようにコミュニケーション戦略を考えることができるでしょう。INFJは、ESFJの社交的な性格を尊重し、イベントが成功するように裏方で支援を行うことができます。

ESFJの社交性INFJの理解力が組み合わさることで、彼らは互いの強みを活かし、コミュニティの中でポジティブな影響を与えることができます。ESFJは、INFJの支援を受けながら、人々をつなぎ、協力し合う環境を作り出すことができるのです。

INFJと相性が良いタイプ14.ESTJ  秩序と構造を重んじる実行者

ESTJは、その組織力と効率性で知られています。

INFJタイプは、内向的(Introverted)、直感的(iNtuitive)、感情的(Feeling)、計画的(Judging)な特徴を持っており、理想主義的で真正性と共感性が強い人々です。彼らは深いつながりと感情的な親密さを大切にし、世界をより良い場所にするために努力します。

一方で、ESTJタイプは外向的(Extraverted)、観察的(Observant)、思考的(Thinking)、計画的(Judging)な特徴を持ち、伝統と秩序の代表者であり、何が正しく、何が間違っているか、そして社会的に受け入れられるかを理解することで、家族やコミュニティをまとめ上げます。ESTJは、堅実な判断力を持ち、逆境の中でも安定した方向性を提供することができる人々です。

INFJとESTJの相性については、これらのタイプは「挑戦的な反対」と見なされることがあります。つまり、基本的に異なる価値観と動機を持っているため、初めは関係を築くことが不可能に思えるかもしれません。しかし、彼らが異なるということは、ESTJの強みがINFJの弱みであり、関係を発展させることができれば、互いに多くを学ぶことができるということです。

ESTJは、その実行力と秩序を重んじる性格により、INFJにとっては挑戦的な存在ですが、INFJはESTJから組織性やリーダーシップを学ぶことができます。逆に、ESTJはINFJの理想主義や共感性から、人間関係や個人の成長に対する新たな視点を得ることができるでしょう。このように、INFJとESTJは互いに補完し合い、成長を促す関係を築くことが可能です。

ただし、このような関係は、お互いの違いを尊重し、相手の価値観を理解しようとする意欲が必要です。コミュニケーションと相互理解が鍵となります。INFJとESTJが互いの強みを活かし、弱みを補い合うことで、バランスの取れた、充実した関係を築くことができるでしょう。

INFJと相性が良いタイプ15.ESFP  自由を愛するエンターテイナー

ESFPは、その社交性と楽観性で知られています。

ESFPタイプの人は、生まれながらのエンターテイナーであり、社交的で活発、そして自由を愛する性格を持っています。彼らは瞬間を楽しむことに価値を見出し、周囲の人々に喜びをもたらすことに情熱を注いでいます。INFJタイプの人との相性は良いとされており、両者は互いの違いを尊重し、バランスの取れた関係を築くことができます。

ESFPは、その明るさと魅力を活かして、人々を魅了し、ポジティブなエネルギーを広めることが得意です。彼らは、自分の感情を素直に表現し、瞬間の美しさを共有することで、人々の心を動かします。INFJは、その共感力と洞察力を活かして、ESFPの自由な精神を理解し、支援することができます。

例えば、ESFPのパフォーマーが新しいショーを開催する場合、INFJはそのショーの創造的な側面を深く理解し、観客との感情的なつながりを強化するためのアイデアを提供することができるでしょう。INFJは、ESFPの芸術的な才能を尊重し、その才能が最大限に発揮されるように裏方で支援を行うことができます。

ESFPのエネルギーINFJの理解力が組み合わさることで、彼らは互いの長所を活かし、周囲の人々に喜びとインスピレーションを与えることができます。ESFPは、INFJの支援を受けながら、自分のパフォーマンスを通じて人々の日常に輝きを加えることができるのです。

INFJと相性が良いタイプ16.ESTP  行動力と挑戦を愛する起業家

ESTPは、その行動力と冒険心で知られています。

INFJタイプは、内向的(Introverted)、直感的(iNtuitive)、感情的(Feeling)、計画的(Judging)な特徴を持っており、理想主義的で真正性と共感性が強い人々です。彼らは深いつながりと感情的な親密さを大切にし、世界をより良い場所にするために努力します。

ESTPタイプは、外向的(Extraverted)、観察的(Observant)、思考的(Thinking)、柔軟的(Prospecting)な特徴を持ち、行動力があり、挑戦を愛する起業家として知られています。彼らはエネルギッシュで行動指向であり、目の前のことに巧みに対応し、人生の機会を見つけ出すことを楽しみます。

INFJとESTPの相性については、これらのタイプは「挑戦的な反対」と見なされることがあります。INFJは理想主義的で感情に重きを置くのに対し、ESTPは現実的で行動指向です。しかし、これらの違いは、互いに補完し合う機会を提供することもできます。INFJはESTPから、より現実的で即座に行動に移すことの重要性を学ぶことができ、ESTPはINFJの理想主義や共感性から、人間関係や個人の成長に対する新たな視点を得ることができます。

INFJとESTPがお互いの違いを理解し、尊重することができれば、非常に充実した関係を築くことが可能です。コミュニケーションと相互理解が鍵となり、互いの強みを活かし、弱みを補い合うことで、バランスの取れた、充実した関係を築くことができるでしょう。ただし、このような関係は、お互いの違いを尊重し、相手の価値観を理解しようとする意欲が必要です。INFJとESTPが互いの強みを活かし、弱みを補い合うことで、バランスの取れた、充実した関係を築くことができるでしょう。

INFJと相性が悪いタイプ1.ISTJ  厳格なルールに縛られることが苦痛

 ISTJは、そのルール重視の姿勢と計画性で知られています。

ISTJタイプの人は、責任感が強く、実用的で、伝統を重んじる性格を持っています。彼らはルールや規則を尊重し、計画性と整理整頓を大切にすることで知られています。一方、INFJタイプの人は、理想主義的で直感的、そして変化を受け入れる柔軟性を持っています。

ISTJとINFJの間には、価値観やコミュニケーションスタイルの違いがあり、これが相性の悪さにつながることがあります。ISTJは具体的で実際的なデータに基づいて行動することを好み、INFJは抽象的な概念や理想に基づいて行動することを好むため、お互いのアプローチを理解し合うのが難しい場合があります。

例えば、厳格なルールや規則に縛られることが苦痛であるINFJにとって、ISTJのルールに基づいたアプローチは制約と感じられることがあります。INFJは、自由な発想や創造的な解決策を求める傾向があり、ISTJの方法が創造性を制限すると感じることがあるでしょう。

しかし、これらの違いを理解し、お互いの強みを尊重することで、ISTJとINFJは有意義な関係を築くことが可能です。ISTJは、INFJの理想を現実的な計画に落とし込むのに役立つかもしれませんし、INFJは、ISTJの組織化された環境に新しい視点をもたらすことができます。

ISTJの実用性INFJの理想主義が組み合わさることで、彼らは互いの違いを乗り越え、共に成長することができるのです。お互いの価値観を理解し、尊重することが、相性の良い関係を築く鍵となります。

INFJと相性が悪いタイプ2.ESTJ  権威主義的な態度が衝突

ESTJは、その組織力とリーダーシップで知られていますが、時に権威主義的な態度を取ることがあります。

ESTJタイプは、外向的(Extraverted)、観察的(Observant)、思考的(Thinking)、計画的(Judging)な特徴を持ち、伝統と秩序を重んじる実行者です。彼らは権威主義的で、安定と効率を重視し、変化よりも既存のシステムを維持することを好みます。

INFJとESTJの間には、相性の面でいくつかの課題があります。INFJは変化を受け入れ、新しい可能性を追求することに熱心ですが、ESTJは変化に対して懐疑的で、伝統的な方法や確立されたシステムを好む傾向があります。この基本的な価値観の違いは、両者の間で衝突を引き起こす可能性があります。

INFJは、人々の苦しみに共感し、それを改善する責任があると考えます。一方、ESTJは、人々に仕える最善の方法は、物事を一貫性があり予測可能なものとして保つことだと信じています。このような違いは、特に夢やビジョンを共有しようとする際に、INFJにとってはESTJが想像力に欠け、現実的でないと感じさせることがあります。ESTJは、INFJを非現実的で実用的でないと見なすことがあります。

しかし、これらの違いは学びの機会でもあります。INFJはESTJから、伝統や一貫性の価値を学び、ESTJはINFJから、理想主義や共感性を通じて人々や世界に対する新しい視点を得ることができます。お互いの違いを理解し、尊重することで、互いに成長し、充実した関係を築くことが可能です。

ただし、このような関係を成功させるためには、お互いの違いを受け入れ、コミュニケーションを通じて相互理解を深めることが重要です。INFJとESTJがお互いの強みを活かし、弱みを補い合うことで、バランスの取れた、充実した関係を築くことができるでしょう。

INFJと相性が悪いタイプ3.ESFJ  社交的な圧力を感じさせる

ESFJは、その協調性と社交性で知られていますが、INFJにとっては、ESFJの集団内での調和を重んじる姿勢が圧力となることがあります。

ESFJタイプの人は、非常に社交的で、周囲の人々との調和を重視する性格を持っています。彼らはしばしば、グループの中での結束や共同体意識を大切にし、他人との関係を築くことに喜びを感じます。一方で、INFJタイプの人は、内向的で理想主義的な性格を持ち、しばしば独自の価値観や信念に基づいて行動します。

ESFJが社交的な圧力を感じさせるとされるのは、彼らがコミュニティの規範や期待に従うことを重視するためです。これは、INFJが自分自身の内面的な価値観に従って行動する傾向があるため、相性が悪いと感じられることがあります。ESFJは、グループの一員としての役割を果たすことを期待し、INFJにとってはこれが外部からの圧力として感じられることがあるのです。

例えば、ESFJが主催する社交的なイベントにINFJが参加する場合、INFJは群れることに抵抗を感じ、自分の内面的な世界に引きこもりたいと思うかもしれません。ESFJは、INFJがグループ活動に積極的に参加することを期待するかもしれませんが、INFJはそれを強制されていると感じる可能性があります。

しかし、これらの違いを理解し、お互いの価値観を尊重することで、ESFJとINFJは互いに学び、成長することができます。ESFJは、INFJの個性を尊重し、INFJが自分のペースで社交的な活動に参加できるように配慮することが大切です。INFJも、ESFJの社交的な性格を理解し、時にはグループ活動に参加することで新たな視点を得ることができるでしょう。

ESFJの社交性INFJの内向性が組み合わさることで、お互いの違いを受け入れ、互いに補完し合う関係を築くことが可能です。コミュニケーションと理解が鍵となります。

INFJと相性が悪いタイプ4.ISFJ 保守的な傾向が合わず

ISFJは、その安定志向と献身性で知られていますが、INFJは新しいアイデアや変化を求めることが多いため、ISFJの保守的な傾向とは相性が良くありません。

ISFJタイプは、内向的(Introverted)、観察的(Sensing)、感情的(Feeling)、計画的(Judging)な特徴を持ち、安定と伝統を重んじる保守的な傾向があります。彼らは予測可能で一貫性のある環境を好み、変化に対して懐疑的であることが多いです。

INFJとISFJの間には、相性の面でいくつかの課題があります。INFJは変化を受け入れ、新しい可能性を追求することに熱心ですが、ISFJは変化に対して懐疑的で、伝統的な方法や確立されたシステムを好む傾向があります。この基本的な価値観の違いは、両者の間で衝突を引き起こす可能性があります。

INFJは、人々の苦しみに共感し、それを改善する責任があると考えます。一方、ISFJは、物事を一貫性があり予測可能なものとして保つことで、人々に仕える最善の方法だと信じています。このような違いは、特に夢やビジョンを共有しようとする際に、INFJにとってはISFJが想像力に欠け、現実的でないと感じさせることがあります。ISFJは、INFJを非現実的で実用的でないと見なすことがあります。

しかし、これらの違いは学びの機会でもあります。INFJはISFJから、伝統や一貫性の価値を学び、ISFJはINFJから、理想主義や共感性を通じて人々や世界に対する新しい視点を得ることができます。お互いの違いを理解し、尊重することで、互いに成長し、充実した関係を築くことが可能です。

ただし、このような関係を成功させるためには、お互いの違いを受け入れ、コミュニケーションを通じて相互理解を深めることが重要です。INFJとISFJがお互いの強みを活かし、弱みを補い合うことで、バランスの取れた、充実した関係を築くことができるでしょう。

INFJと相性が悪いタイプ5.ESTP  衝動的な行動が相容れない

ESTPは、その即断即決の姿勢と冒険心で知られていますが、INFJにとっては、ESTPの衝動的な行動やリスクを取る姿勢が計画性や安定を重んじるINFJの価値観とは合いません。

ESTPタイプの人は、行動的で現実的、そして冒険を愛する性格を持っています。彼らは瞬間を生きることを楽しみ、新しい体験や刺激を求めることに情熱を注いでいます。一方で、INFJタイプの人は、内向的で理想主義的、そして計画的な行動を好む性格を持っています。

ESTPが衝動的な行動を取ることがINFJと相容れないとされるのは、INFJがより計画的で思慮深いアプローチを好むためです。ESTPは直感に従って即座に行動を起こすことが多く、これはINFJの慎重な性格とは対照的です。INFJは、行動を起こす前に深く考え、その影響を検討することを重視します。

例えば、ESTPがスリルを求めて急な冒険に出かけることを提案した場合、INFJはその計画のリスクを慎重に評価し、準備が不十分であると感じるかもしれません。ESTPは、そのような冒険がもたらす即時の喜びや興奮を重視する一方で、INFJは長期的な結果や深い意味を求める傾向があります。

しかし、お互いの違いを理解し、尊重することで、ESTPとINFJは互いに学び、成長することができます。ESTPは、INFJの洞察力や計画性を活かして、より安全で充実した体験を提供することができます。一方、INFJは、ESTPの柔軟性や行動力から、新しい視点やエネルギーを得ることができるでしょう。

ESTPの行動力INFJの思慮深さが組み合わさることで、彼らは互いの違いを乗り越え、バランスの取れた関係を築くことが可能です。コミュニケーションと相互理解が、相性の良い関係を築くための鍵となります。

INFJと相性が悪いタイプ6.ESFP  瞬間的な楽しさを求める姿勢が理解しづらい

ESFPは、その社交性と楽観性で知られていますが、INFJにとっては、ESFPの瞬間的な楽しさを求める姿勢や即興性は、長期的なビジョンや深い思考を重んじるINFJには理解しづらいものです。

ESFPタイプは、外向的(Extraverted)、観察的(Observant)、感情的(Feeling)、柔軟的(Prospecting)な特徴を持ち、瞬間を楽しむことに重きを置く人々です。彼らは社交的で、新しい体験を求め、現実的な楽しみを享受することを好みます。

INFJとESFPの相性に関しては、両者はMBTIの性格タイプの中でも特に対照的な特徴を持っています。INFJは将来のビジョンに焦点を当て、深い意味や目的を追求するのに対し、ESFPは現在の楽しみや行動に重点を置きます。この違いは、互いの価値観やコミュニケーションスタイルにおいて誤解や衝突を引き起こす可能性があります。

例えば、ESFPの瞬間的な楽しさを求める姿勢は、INFJにとって理解しづらいことがあります。INFJは、行動よりも意味や目的を重視するため、ESFPの即興的で計画性のない行動に戸惑うことがあります。また、ESFPはINFJの内省的で理想主義的な性格を、非現実的であると感じることがあるでしょう。

しかし、これらの違いは互いに学び合い、成長する機会を提供することもできます。INFJはESFPから、現在の瞬間を楽しむことの価値を学び、ESFPはINFJから、深い意味や目的を追求することの重要性を学ぶことができます。お互いの違いを理解し、尊重することで、互いに成長し、充実した関係を築くことが可能です。

ただし、このような関係を成功させるためには、お互いの違いを受け入れ、コミュニケーションを通じて相互理解を深めることが重要です。INFJとESFPがお互いの強みを活かし、弱みを補い合うことで、バランスの取れた、充実した関係を築くことができるでしょう。

INFJと相性が悪いタイプ7.ISTP  現実的なアプローチがINFJの理想とは異なる

ISTPは、その実用性と問題解決能力で知られていますが、INFJにとっては、ISTPの現実的なアプローチや即効性は、理想を追い求めるINFJの価値観とは異なります。

ISTPタイプの人は、現実的で論理的、そして自立心が強い性格を持っています。彼らは実用的な解決策を好み、即座に問題に対処することが得意です。一方で、INFJタイプの人は、理想主義的で直感的、そして長期的なビジョンを持って行動することを好む性格を持っています。

ISTPの現実的なアプローチがINFJの理想と異なるとされるのは、INFJがより大きな絵を見て行動するのに対し、ISTPは具体的な事実やデータに基づいて即座に行動を起こすためです。INFJは、個人的な価値観や内面的な洞察に基づいて意思決定を行うことが多く、ISTPの実用的なアプローチはINFJの理想とは必ずしも一致しないことがあります。

例えば、社会的な問題に取り組む際、INFJはその問題の根本的な原因を理解し、持続可能な解決策を模索することを重視します。一方、ISTPは、問題を迅速に解決するための実用的な手段を探ることが多いです。このようなアプローチの違いは、お互いの理解に障害となることがあります。

しかし、お互いの違いを認識し、互いの強みを尊重することで、ISTPとINFJは有意義な関係を築くことができます。ISTPは、INFJの理想を現実的な行動に変換するのに役立つかもしれませんし、INFJは、ISTPの即時の問題解決能力に深い洞察を加えることができます。

ISTPの現実主義INFJの理想主義が組み合わさることで、彼らは互いの違いを乗り越え、共に成長することができるのです。お互いの価値観を理解し、尊重することが、相性の良い関係を築く鍵となります。

INFJと相性が悪いタイプ8.ISFP  感情的な不安定さがINFJの平穏を乱すことがある

ISFPは、その感受性と芸術的な才能で知られていますが、INFJにとっては、ISFPの感情的な起伏や不安定さが、内面の平穏を求めるINFJにとってはストレスの原因となることがあります。

INFJとISFPの相性に関しては、両者はMBTIの性格タイプの中でも特に対照的な特徴を持っています。INFJは将来のビジョンに焦点を当て、深い意味や目的を追求するのに対し、ISFPは現在の楽しみや行動に重点を置きます。この違いは、互いの価値観やコミュニケーションスタイルにおいて誤解や衝突を引き起こす可能性があります。

例えば、ISFPの感情的な不安定さは、INFJの平穏を乱すことがあります。INFJは、行動よりも意味や目的を重視するため、ISFPの即興的で計画性のない行動に戸惑うことがあります。また、ISFPはINFJの内省的で理想主義的な性格を、非現実的であると感じることがあるでしょう。

しかし、これらの違いは互いに学び合い、成長する機会を提供することもできます。INFJはISFPから、現在の瞬間を楽しむことの価値を学び、ISFPはINFJから、深い意味や目的を追求することの重要性を学ぶことができます。お互いの違いを理解し、尊重することで、互いに成長し、充実した関係を築くことが可能です。

ただし、このような関係を成功させるためには、お互いの違いを受け入れ、コミュニケーションを通じて相互理解を深めることが重要です。INFJとISFPがお互いの強みを活かし、弱みを補い合うことで、バランスの取れた、充実した関係を築くことができるでしょう。

INFJと相性が悪いタイプ9.ENFP  時に無責任な行動が困惑させる

ENFPは、その創造性と柔軟性で知られていますが、INFJにとっては、ENFPの時に見せる無責任な行動や計画性の欠如が、責任感を重んじるINFJを困惑させることがあります。

ENFPタイプの人は、情熱的で創造的、そして非常に自由奔放な性格を持っています。彼らは新しいアイデアや可能性に興奮し、その瞬間のインスピレーションに従って行動することが多いです。一方で、INFJタイプの人は、内向的で理想主義的、そして計画的な行動を好む性格を持っています。

ENFPの時に無責任な行動がINFJに困惑をもたらすとされるのは、INFJがより慎重で計画的なアプローチを好むためです。ENFPは、自分の感情や興奮に基づいて即座に行動を起こすことがあり、これはINFJの慎重な性格とは対照的です。INFJは、行動を起こす前に深く考え、その影響を検討することを重視します。

例えば、ENFPが突然の冒険に出かけることを提案した場合、INFJはその計画のリスクを慎重に評価し、準備が不十分であると感じるかもしれません。ENFPは、そのような冒険がもたらす即時の喜びや興奮を重視する一方で、INFJは長期的な結果や深い意味を求める傾向があります。

しかし、お互いの違いを理解し、尊重することで、ENFPとINFJは互いに学び、成長することができます。ENFPは、INFJの洞察力や計画性を活かして、より安全で充実した体験を提供することができます。一方、INFJは、ENFPの柔軟性や行動力から、新しい視点やエネルギーを得ることができるでしょう。

ENFPの自由奔放さINFJの思慮深さが組み合わさることで、彼らは互いの違いを乗り越え、バランスの取れた関係を築くことが可能です。コミュニケーションと相互理解が、相性の良い関係を築くための鍵となります。

INFJと相性が悪いタイプ10.ENTP  議論を好む性質がINFJの平和を愛する心には合わない

ENTPは、その知性と議論好きな性質で知られていますが、INFJにとっては、ENTPの挑戦的な議論や対立を生む可能性が、平和を愛するINFJの価値観とは合いません。

ENTPタイプは、外向的(Extraverted)、直感的(iNtuitive)、思考的(Thinking)、柔軟的(Prospecting)な特徴を持ち、議論を好むことで知られています。彼らは大胆で創造的であり、アイデアを分解し再構築することに長けています。ENTPは、ステータスクオに異を唱えることを恐れず、議論を通じて新しい視点を探求することを楽しみます。

INFJとENTPの関係では、相性の良さと同時に課題も存在します。INFJは平和を愛し、調和を重んじるのに対し、ENTPは議論を通じてアイデアを探求することを好みます。この性質は、INFJにとっては時にストレスの原因となり得ます。INFJは感情的なつながりを重視し、議論よりも理解と共感を求めるため、ENTPの議論を好む性質がINFJの平和を愛する心に合わないことがあります。

しかし、これらの違いは互いに学び合い、成長する機会を提供することもできます。INFJはENTPから、異なる視点を受け入れ、より広い視野で物事を見ることを学び、ENTPはINFJから、感情的な理解と深い意味を追求することの重要性を学ぶことができます。お互いの違いを理解し、尊重することで、互いに成長し、充実した関係を築くことが可能です。

ただし、このような関係を成功させるためには、お互いの違いを受け入れ、コミュニケーションを通じて相互理解を深めることが重要です。INFJとENTPがお互いの強みを活かし、弱みを補い合うことで、バランスの取れた、充実した関係を築くことができるでしょう。また、ENTPはINFJにとって、感情を抱えることの価値を理解する手助けとなり、INFJはENTPに、より合理的になることを促すことができます。

INFJと相性が悪いタイプ11.INFP  感情の起伏が激しいことがINFJには負担

INFPは、その感受性と理想主義で知られていますが、INFJにとっては、INFPの感情の起伏が激しいことが、感情的な安定を求めるINFJにとっては負担となることがあります。

INFPタイプの人は、感情豊かで理想主義的な性格を持ち、自分の内面の世界に深く没頭することがあります。彼らは自分の感情を素直に表現し、時には感情の起伏が激しいことがあります。一方、INFJタイプの人は、共感力が高く、他人の感情に敏感であるため、INFPの感情の波に巻き込まれやすいとされています。

INFPの感情の起伏がINFJにとって負担になるとされるのは、INFJが他人の感情に共鳴しやすく、特に親しい人の感情には特に影響を受けやすいためです。INFPが感情的な波に乗ると、INFJはその感情を吸収し、自分のものとして感じることがあります。これは、INFJにとって精神的なストレスや疲労を引き起こす可能性があります。

例えば、INFPが何かに強く感動したり、失望したりした場合、INFJはその感情を深く理解し、共感することができますが、同時にINFJ自身の感情的なバランスを保つことが難しくなることがあります。INFJは、INFPの感情的な安定を支えるために多くのエネルギーを使うことになるかもしれません。

しかし、お互いの違いを理解し、適切な境界線を設けることで、INFPとINFJは互いに支え合い、成長することができます。INFJは、INFPの感情の起伏を受け入れつつ、自分自身の感情的なバランスを保つ方法を見つける必要があります。INFPも、INFJの感情的な容量を理解し、自分の感情を適切に管理することが大切です。

INFPの感情の豊かさINFJの共感力が組み合わさることで、彼らは互いの感情的な深さを理解し、豊かな人間関係を築くことができます。お互いの感情を尊重し、サポートし合うことが、相性の良い関係を築く鍵となります。

INFJと相性が悪いタイプ12.INTP 冷静な分析がINFJの情熱とはマッチせず

INTPは、その論理的な思考と分析力で知られていますが、INFJにとっては、INTPの冷静な分析や客観性が、情熱を重んじるINFJの価値観とはマッチしません。

INTPタイプの人は、冷静で論理的な分析を得意とし、知識を追求することに情熱を注ぐ性格を持っています。彼らは理論的な探求や抽象的な概念に深い興味を持ち、独立して思考することを好みます。一方で、INFJタイプの人は、理想主義的で情熱的、そして人間関係や社会的な価値に深い関心を持っています。

INTPの冷静な分析がINFJの情熱とマッチしないとされるのは、INFJが感情や直感に基づいて行動することを好むためです。INTPは客観的なデータや論理に重きを置き、感情よりも事実を優先する傾向があります。これは、INFJの感情的なアプローチとは対照的であり、お互いのコミュニケーションスタイルの違いを生むことがあります。

例えば、社会的な問題に対する解決策を議論する際、INFJはその問題の人間的な側面や影響を重視するかもしれませんが、INTPはより技術的または論理的なアプローチを取ることがあります。INFJは、INTPのアプローチが冷たく感じられることがあり、INTPは、INFJのアプローチが非現実的であると感じることがあります。

しかし、お互いの違いを理解し、尊重することで、INTPとINFJは互いに学び、成長することができます。INTPは、INFJの情熱を理解し、それを論理的な枠組みに組み込むことで、より深い洞察を得ることができます。一方、INFJは、INTPの分析的な視点を活かして、自分の理想をより現実的なものにすることができるでしょう。

INTPの分析力INFJの情熱が組み合わさることで、彼らは互いの違いを乗り越え、バランスの取れた関係を築くことが可能です。お互いの強みを活かし、相互理解を深めることが、相性の良い関係を築く鍵となります。

INFJと相性が悪いタイプ13.ENFJ  リーダーシップの強さがINFJの自立心を妨げる

ENFJは、そのカリスマ性と他者への深い配慮で知られていますが、INFJにとっては、ENFJのリーダーシップの強さが、自立心を重んじるINFJにとっては圧迫感を与えることがあります。

ENFJタイプは、外向的(Extraverted)、直感的(iNtuitive)、感情的(Feeling)、計画的(Judging)な特徴を持ち、リーダーシップの強さと他人を助けることに情熱を持っています12。彼らは通常、非常に社交的で、人々を鼓舞し、グループやコミュニティにおいて積極的な影響を与えることができます。

一方、INFJタイプは内向的(Introverted)、直感的(iNtuitive)、感情的(Feeling)、計画的(Judging)で、理想主義的で真正性と共感性が強いです。INFJは自立心が強く、自分自身の価値観やビジョンに従って行動することを重視します。

INFJとENFJの関係では、ENFJのリーダーシップの強さがINFJの自立心を妨げる可能性があります。ENFJは自分の意見や価値観を積極的に表現し、他人を導くことに長けていますが、これがINFJにとっては圧倒的に感じられることがあります。INFJは自分の内面の声に耳を傾け、自分自身の道を歩むことを好むため、ENFJの強いリーダーシップが自分の意見や選択を制限していると感じることがあるのです。

また、ENFJは社交的で人々との関わりを重視するのに対し、INFJは一人の時間を大切にし、内省的な活動を好むため、この点でも相性の問題が生じることがあります。ENFJがグループ活動や社会的なイベントに参加することを好むのに対して、INFJは静かな環境で深い思考に没頭することを好むためです。

しかし、これらの違いは互いに学び合い、成長する機会を提供することもできます。INFJはENFJから、自分の価値観を積極的に表現する方法を学び、ENFJはINFJから、内面の声に耳を傾け、自分自身の道を見つけることの重要性を学ぶことができます。お互いの違いを理解し、尊重することで、互いに成長し、充実した関係を築くことが可能です。

ただし、このような関係を成功させるためには、お互いの違いを受け入れ、コミュニケーションを通じて相互理解を深めることが重要です。INFJとENFJがお互いの強みを活かし、弱みを補い合うことで、バランスの取れた、充実した関係を築くことができるでしょう。また、ENFJはINFJにとって、自分の価値観を積極的に表現する手助けとなり、INFJはENFJに、内面の声に耳を傾けることを促すことができます。

INFJと相性が悪いタイプ14.ENTJ  目的志向が強すぎるとINFJは圧迫感を感じる

ENTJは、その決断力と目的志向で知られていますが、INFJにとっては、ENTJの目的に向かって突き進む姿勢が、INFJの感情や価値観を圧迫することがあります。

ENTJタイプの人は、目的志向が非常に強く、決断力があり、リーダーシップを発揮することに長けています。彼らは効率性と成果を重視し、目標達成のためには強い意志と戦略的な計画が必要だと考えます。一方で、INFJタイプの人は、理想主義的で共感力が高く、人間関係や個人の価値を大切にする性格を持っています。

ENTJの目的志向が強すぎるとINFJは圧迫感を感じるとされるのは、INFJがより人間関係や個人の感情を重視するためです。ENTJは、目標達成のためには時に厳しい決断や迅速な行動が必要だと考えることがあり、これはINFJの価値観とは異なる場合があります。INFJは、プロセスの中での人間関係や個人の感情を大切にし、目標達成のためにはそれらを考慮に入れるべきだと考えます。

例えば、組織の目標を達成するためにENTJが厳しい期限や高い基準を設定した場合、INFJはそのプレッシャーに圧迫感を感じるかもしれません。ENTJは、そのような基準がチームの効率性や成果を高めると考える一方で、INFJはチームメンバーの感情やストレスレベルを気にかける傾向があります。

しかし、お互いの違いを理解し、尊重することで、ENTJとINFJは互いに学び、成長することができます。ENTJは、INFJの共感力や人間関係を重視する視点を理解し、それを組織の目標達成に活かすことができます。一方、INFJは、ENTJの決断力や目的志向を尊重し、それを自分の理想や価値観に統合することができるでしょう。

ENTJの目的志向INFJの共感力が組み合わさることで、彼らは互いの違いを乗り越え、バランスの取れた関係を築くことが可能です。お互いの強みを活かし、相互理解を深めることが、相性の良い関係を築く鍵となります。お互いの価値観を理解し、尊重することが大切です。

INFJと相性が悪いタイプ15.INTJ 独立心が強いことがINFJの協調性とはずれる

INTJは、その独立心と戦略的な思考で知られていますが、INFJにとっては、INTJの独立心が強すぎると、協調性を重んじるINFJの価値観とはずれることがあります。

INTJタイプは、内向的(Introverted)、直感的(iNtuitive)、思考的(Thinking)、計画的(Judging)な特徴を持ち、独立心が強く、自分のアイデアやプロジェクトに集中することを好む人々です。彼らは非常に分析的で、論理的なアプローチを取り、自分の内面の世界を大切にします。

INFJとINTJの相性については、両者が共有する共通のテーマがありますが、いくつかの課題も存在します。INFJは感情的なつながりを求め、関係において意味や目的を重視します。一方、INTJは知的なつながりを求め、議論を通じて新しいことを学ぶことや異なる視点を探求することを楽しみます。

INTJの独立心が強いことは、INFJの協調性とはずれることがあります。INTJは自分の考えや計画を追求する際に、他人の意見や感情を考慮することなく行動することが多いです。これは、INFJが価値を置く協調性や共感性とは対照的です。INFJは他人との調和を重んじ、感情的な理解を求めるため、INTJの独立した行動や直接的なコミュニケーションスタイルが衝突を引き起こす可能性があります。

しかし、これらの違いは互いに学び合い、成長する機会を提供することもできます。INFJはINTJから、自分の考えを独立して追求する方法を学び、INTJはINFJから、感情的な理解と深い意味を追求することの重要性を学ぶことができます。お互いの違いを理解し、尊重することで、互いに成長し、充実した関係を築くことが可能です。

ただし、このような関係を成功させるためには、お互いの違いを受け入れ、コミュニケーションを通じて相互理解を深めることが重要です。INFJとINTJがお互いの強みを活かし、弱みを補い合うことで、バランスの取れた、充実した関係を築くことができるでしょう。また、INTJはINFJにとって、自分の考えを独立して追求する手助けとなり、INFJはINTJに、感情を抱えることの価値を理解することを促すことができます。

INFJと相性が悪いタイプ16.INFJ 自己との対話が多くなりすぎることがある

INFJ同士の関係では、自己との対話が多くなりすぎることがあり、お互いの内面に深く没頭するあまり、外界とのつながりが希薄になることがあります。

お互いの理解を深めることを重視しつつも、外界とのバランスを保つことが重要です。

以上が、INFJと相性の良いタイプとそうでないタイプの詳細な解説です。MBTIのタイプ間の相性は、個々の人格や状況によって異なるため、これらの解説は一般的な傾向に基づいています。個人の経験や成長によって、相性は変化する可能性があります。重要なのは、お互いの違いを理解し、尊重することです。相性が良いとされるタイプとの関係でも、コミュニケーションや理解に努めることが、より良い関係を築く鍵となります。また、相性が悪いとされるタイプとの関係でも、お互いの価値観を尊重し合い、適切な距離感を保つことで、互いにとって有意義な関係を築くことができるでしょう。

どのタイプとの関係においても、相互理解と尊重が最も重要な要素です。

INFJ性格的な特徴は

INFJタイプはMBTIの性格タイプの中でも「提唱者」として知られており、以下のような特徴を持っています:

理想が高い

INFJは通常、高い理想を持ち、物事の無限の可能性を信じています。彼らはしばしば周囲から「不思議ちゃん」と見なされることがあります。

責任感が強い

律儀で責任感が強く、どんな環境でも周囲からの信頼を得やすいです。職場では任された仕事を丁寧にこなし、上司や同僚から頼りにされることが多いです。

物静かでクール

冷静で物静かな外面を持ちながらも、実際には人間味があり、感情の起伏が激しいことがあります。

動物が好き

内向的な性格で、人よりも動物や自然と過ごす時間に癒しを見出す傾向があります。

空想や瞑想が大好き

瞑想や内なる自分との対話を楽しみ、死後の世界や宇宙の先にあるものなど、答えのない疑問について深く考えることを好みます。

人目を気にする

他人の目を気にしやすく、相手の心を必要以上に深読みする傾向があります。

繊細で涙もろい

共感力が高く、HSP(Highly Sensitive Person)気質であるため、涙もろいことがあります。

INFJは、これらの特徴により、カウンセリングや社会貢献活動など、他人の感情に寄り添い、深い理解を示すことができる分野で力を発揮することができます。ただし、理想と現実のギャップに苦しむこともあり、自己批判が過剰になることもあるため、自己ケアが重要です。

INFJの適職と不向きな職業

INFJタイプは「提唱者」とも呼ばれ、内向的で直感的、感情的、そして計画的な性格を持っています。彼らは理想主義者であり、深い洞察力と共感力を持ち合わせています。これらの特性から、INFJに適した職業としては以下のようなものが挙げられます。

カウンセリングや心理学関連の職業

INFJは人の感情を理解し、深い洞察力を持っているため、カウンセラーや心理学者としての仕事が適しています。

クリエイティブな職業

豊かな想像力を活かして、デザイナーやライター、アーティストなどのクリエイティブな職業も向いています。

教育関連の職業

教師や教育コンサルタントなど、人の成長を支援し、教育に関わる仕事もINFJには適しています。

ヘルスケア関連の職業

看護師や医療ソーシャルワーカーなど、人の健康や福祉に貢献する職業もINFJに合っています。

一方で、INFJには不向きな職業もあります。彼らは過度に競争的な環境や、単調な作業が続く仕事、個人の成長や他者への貢献が見込めない仕事には向いていないと言われています。また、予測不可能な状況や非対面の職業もINFJには不向きです。

INFJタイプの人々は、自分の強みを活かし、他人のためになる仕事をすることで満足感を得ることができます。そのため、自分の価値観や強みを理解し、それに合った職業を選ぶことが重要です。

INFJの割合

INFJタイプは、MBTIの中でも最も珍しいタイプとされています。全世界の人口に占める割合は、約1.5%から3%と推定されており、100人に1人から2人程度しかいないということになります。

このタイプは「アドボケイト」とも呼ばれ、内省的で直感的、感情的、かつ計画的な性質を持つとされています。INFJの人々は、しばしば理想主義的であり、強い倫理観と共感力を持ち合わせていると言われています。そのため、社会正義や人道的な価値を重んじる職業に就くことが多いとされています。

INFJの希少性は、彼らが持つ独特の視点や深い思考が、他のタイプにはない貴重な貢献を社会にもたらすことを意味しています。しかし、その一方で、INFJの人々は自分と同じ価値観を共有する人々を見つけることが難しいと感じることもあるでしょう。INFJタイプの人々は、自分たちが少数派であることを理解し、自分の特性を理解し受け入れることで、その希少性を強みとして活かすことができます。また、INFJの人々は、他者と深いつながりを築く能力があるため、少数であってもその影響力は大きいと言えるでしょう。

INFJタイプの有名人(日本人)

INFJタイプの日本人有名人には、様々な分野で活躍する人物がいます。INFJは「アドボケイト」とも呼ばれ、その理想主義的な性格や強い倫理観、共感力を活かして、多くの場合、芸術や社会活動において独自の足跡を残しています。

岩田剛典

三代目 J SOUL BROTHERSのメンバーであり、俳優としても活躍している人気アイドルです。彼は、ダンスや歌の才能だけでなく、演技やバラエティでもその魅力を発揮しています。

綾瀬はるか

日本を代表する女優の一人であり、『世界の中心で、愛をさけぶ』などの作品で人気を博しました。彼女は、自分の役柄に深く入り込み、感情や感覚を鮮やかに表現することで知られています。

宮崎あおい

日本の女優であり、『NANA』などの作品で高い評価を得ました。彼女は、役柄に完全に没入し、感情や感覚を表現することで知られています。

福山雅治

日本のミュージシャンであり、俳優としても活躍している人気アーティストです。彼は、歌声や楽曲だけでなく、演技やバラエティでもその魅力を発揮しています。

これらの有名人は、INFJとしての特徴を活かし、それぞれの分野で独自のスタイルを確立し、多くの人々に影響を与えています。

INFJタイプの人々は、しばしば内面の世界が豊かで、自分の信念に基づいて行動することで、社会や世界に良い変化をもたらそうとします。彼らの作品や活動は、深い共感を呼び、多くの人々に感銘を与えることが多いです。また、INFJの人々は、自分の内面をあまり表に出さないため、神秘的で深い印象を与えることもあります。

このように、INFJタイプの有名人は、その希少性と共に、独特の魅力を持っていると言えるでしょう。

INFJと相性に関する実体験エピソード①

私の学校での経験から、INFJタイプとの相性に関する実体験エピソードをお話しします。INFJは「提唱者」とも呼ばれ、内向的で直感的、感情的、そして計画的な性格を持っています。彼らは理想が高く、繊細で哲学的な思考を持つことで知られています。

学校では、INFJタイプの友人がいました。彼女はクラスの中でも静かで、しかし心の中には熱い信念を持っていました。彼女はしばしば、深い洞察力と共感性を活かして、クラスメートの問題を解決するのに役立っていました。また、彼女の創造的なアイデアは、学校のプロジェクトやグループ活動に新たな視点をもたらしました。

ある時、私たちのクラスがチャリティイベントを企画していた際、彼女の提案が大きな影響を与えました。彼女は、ただ単に寄付を集めるのではなく、地域社会とのつながりを深める活動を提案しました。その結果、私たちのイベントは大成功を収め、多くの人々に感動を与えました。

しかし、INFJタイプの彼女は時に自分の理想と現実のギャップに苦しみ、自分や他人に厳しすぎることがありました。彼女は自分の感情を表に出さないため、理解されにくいこともありました。私たちは、彼女の感情や考えを尊重し、彼女が自分自身を表現できるように支援しました。

この経験から、INFJタイプの人々との相性は、彼らの価値観を理解し、彼らの感情に敏感であることが重要であると学びました。また、彼らの深い思考と感情を尊重することで、互いに有意義な関係を築くことができるのです。

INFJと相性に関する実体験エピソード②

INFJは「提唱者」とも呼ばれ、内向的で直感的、感情的、そして計画的な性格を持っています。彼らは理想が高く、繊細で哲学的な思考を持つことで知られています。

私の職場には、INFJタイプの同僚がいました。彼女は非常に思慮深く、チームの調和を大切にする人でした。彼女の洞察力と共感性は、職場の人間関係を円滑にし、プロジェクトの成功に大きく貢献していました。特に、複雑な問題を解決する際には、彼女の能力が光りました。

あるプロジェクトでは、チーム内の意見の不一致が問題となっていましたが、彼女は各メンバーの意見を丁寧に聞き出し、それぞれの強みを活かす解決策を提案しました。彼女のこのアプローチは、チームの士気を高め、最終的にはプロジェクトを成功に導くことができました。

しかし、INFJタイプの彼女は、時に自分の理想と現実のギャップに苦しみ、ストレスを感じることもありました。彼女は自分の感情を表に出さないため、理解されにくいこともありました。私たちは、彼女の感情や考えを尊重し、彼女が自分自身を表現できるように支援しました。

この経験から、INFJタイプの人々との相性は、彼らの価値観を理解し、彼らの感情に敏感であることが重要であると学びました。また、彼らの深い思考と感情を尊重することで、互いに有意義な関係を築くことができるのです。

INFJと相性の良いタイプと悪いタイプは?意外なあのタイプとのマッチングについて徹底解説!まとめ

INFJと相性の良いタイプと悪いタイプをそれぞれ3つずつ紹介してきました。

本記事の内容があなたのお役に立てば幸いです。

INFJ(提唱者)とは?関連記事一覧はこちら

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー資格取得。 現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)