INFJ(提唱者)

INFJ-AとINFJ-Tの違いとは?自己肯定感と自己批判が分ける性格タイプ

MBTIとは、人間の性格を16種類に分類する心理学的な理論です。

MBTIでは、各性格タイプには4つの文字が割り当てられますが、実はそれだけではなく、さらにA(Assertive)とT(Turbulent)の2つの変数が加わります。

AとTは、自己肯定感や自己批判などの感情的な側面を表します。

この記事では、AとTの違いに焦点を当て、特に同じINFJでもAとTでどのように異なるのかを解説します。

INFJ(提唱者)とは?関連記事一覧はこちら

忙しい方向けに、本記事の内容を私がまとめると以下の通りです。

  • INFJ-AとINFJ-Tは、自己肯定感や自己批判などの感情的な側面を表すA(Assertive)とT(Turbulent)の違いに焦点を当てている。
  • A(Assertive)は自己肯定感が高く、ストレスに強く、ポジティブで落ち着いて物事に対処できる傾向がある。
  • T(Turbulent)は自己批判が多い、ストレスに弱く、ネガティブで感情的になりやすい傾向がある。
  • INFJ-AとINFJ-Tの違いは、自己評価の高さ、ストレス対処の仕方、自己表現の仕方、人間関係の構築の仕方、恋愛観やパートナー選びの仕方、目標達成や成功の仕方、変化や可能性への対応の仕方、リーダーシップや影響力の発揮の仕方、自己肯定感や自尊心の高さ、幸福感や満足感の高さなどに現れる。
  • INFJ-AとINFJ-Tは、自己肯定感や自己批判、ストレス、目標、感情などの面で異なる傾向があり、それぞれの性格タイプを理解し、自己の強みや弱みを認めることで、バランスの取れた人間関係やキャリアを築くことができる。
INFJ-AとINFJ-Tの違い

INFJとはどんな性格タイプか

INFJは、MBTIの16種類の性格タイプのひとつで、以下のような特徴を持ちます。

  • I(Introversion):内向的で、自分の内面や思考を大切にする。
  • N(Intuition):直感的で、抽象的な概念やビジョンを重視する。
  •  F(Feeling):感情的で、人間関係や価値観に基づいて判断する。
  •  J(Judging):計画的で、決断力があり、目標に向かって効率的に行動する。

INFJは、理想主義者で、共感力が高い性格タイプです。

自分の信念や目的を強く持ち、それに沿って生きようとします。

また、INFJは、他人の感情やニーズに敏感で、助けたり、理解したりすることができます。
INFJは、自分のアイデアや意見を内に秘めており、表に出すことは少ないです。

一方で、INFJは、自分や他人に対して厳しい基準を持ち、完璧を求めます。

また、INFJは、自分の感情や価値観などの主観的な要素を重視し、自分の考えに固執しすぎることもあります。

INFJ-AとINFJ-Tの違いとは?AとTの違い

AとTは、MBTIの性格タイプに付加される変数で、自己肯定感や自己批判などの感情的な側面を表します。

AとTは、以下のような違いがあります。

A(Assertive)

自己肯定感が高く、ストレスに強い。自分の能力や価値に自信を持ち、周囲の評価や状況に左右されない。ポジティブで、落ち着いて物事に対処できる。

T(Turbulent)

自己批判が高く、ストレスに弱い。自分の能力や価値に不安を感じ、周囲の評価や状況に影響されやすい。ネガティブで、感情的になりやすい。

AとTは、性格タイプの本質を変えるものではありませんが、同じ性格タイプでもAとTで行動や思考の傾向が異なります。

AとTは、自己評価や自己効力感、自己管理や自己成長などの要素に影響を与えます。

INFJ-AとINFJ-Tの違い1. 自己評価の高さ

INFJ-AとINFJ-Tの違いの一つ目は、自己評価の高さです。

INFJ-AとINFJ-Tの違いにおける自己評価の高さについて説明します。

INFJ-Aは、一般的に自己評価が高く、自信を持って行動する傾向があります。彼らは自分の能力や成果に対して肯定的であり、困難な状況でも冷静さを保ち、ストレスに強いとされています。

一方、INFJ-Tは感情の波が激しく、ストレスや不確実性に敏感であるため、自己評価が低くなりやすいです。

他人からの評価や批判に左右されやすく、自分の信念を揺らぎやすいと言われています。

INFJ-Aは自分の直感を信じて行動することができ、自己肯定感が高いです。

対照的に、INFJ-Tは他人からのフィードバックを気にし、自己批判的になることがあります。

この違いは、日常生活や職場での対人関係、ストレスの管理など、さまざまな面で影響を及ぼす可能性があります。

INFJ(提唱者)とは?関連記事一覧はこちら

INFJ-AとINFJ-Tの違い2. ストレス対処の仕方

INFJ-AとINFJ-Tの違いの二つ目は、ストレス対処の仕方です。

MBTI診断におけるINFJ-A(アサーティブ・アドボケイト)とINFJ-T(タービュレント・アドボケイト)の主な違いの一つは、ストレス対処の仕方にあります。

INFJ-Aのストレス対処法

INFJ-Aは、一般的にストレスに対してより強い耐性を持っています。彼らは自信があり、ストレスの状況に直面しても落ち着いて対処することができます。問題が発生した場合、INFJ-Aは積極的に解決策を探し、そのエネルギーを建設的な活動に向ける傾向があります。

INFJ-Tのストレス対処法

一方で、INFJ-Tはストレスや不安を感じやすく、自己疑念に陥りやすいです。ストレスの多い状況では、INFJ-Tはより敏感に反応し、困難を感じることが多いです。彼らは内省と自己ケアに多くの時間を必要とし、ストレスを感じたときには自分自身を見つめ直し、感情を整理することを重視します。

まとめると、INFJ-Aはストレスに対して自信を持って対処することができ、INFJ-Tはストレスに敏感であり、自己反省とケアを通じてストレスを管理する傾向があります。

どちらのタイプもストレスを完全に避けることはできませんが、それぞれが独自の方法でストレスと向き合い、対処しているのです。

INFJ-AとINFJ-Tの違い3. 自己表現の仕方

INFJ-AとINFJ-Tの違いの三つ目は、自己表現の仕方です。

INFJ-AとINFJ-Tの自己表現の仕方には顕著な違いがあります。

INFJ-Aタイプは自己主張型(Assertive)であり、自信があり、ストレスに強く、自分の意見をはっきりと表現する傾向があります。

彼らは自分の能力や価値観に自信を持ち、周囲の評価や状況に左右されずに、ポジティブで落ち着いて物事に対処できることが特徴です。

一方で、INFJ-Tタイプは慎重型(Turbulent)であり、神経質で、不安や緊張に悩まされやすく、自分に厳しい傾向があります。

自分の能力や価値観に不安を感じやすく、周囲の評価や状況に影響されやすいため、ネガティブで感情的になりやすいです。

具体的には、INFJ-Aは自分の感情や思考を素直に表現し、自分の言葉や態度を正直に伝えることができます。

彼らは自分の行動や責任を誠実に表現し、間違いや失敗を認めることができるのです。

対照的に、INFJ-Tは自分の感情や思考を隠したり偽ったりすることがあり、言葉や態度に嘘やごまかしが見られることがあります。

また、自分の行動や責任から逃げたり言い訳をしたりすることがあり、自分の間違いや失敗を認めることが難しいことがあります。

これらの違いは、自己評価や自己効力感、自己管理や自己成長などの要素に影響を与え、それぞれの性格タイプを理解し、自己の強みや弱みを認めることで、バランスの取れた人間関係やキャリアを築くことができます。

INFJ-AとINFJ-Tの違い4. 人間関係の構築の仕方

INFJ-AとINFJ-Tの違いの四つ目は、人間関係の構築の仕方です。

MBTI診断におけるINFJ-A(アサーティブ・アドボケイト)とINFJ-T(タービュレント・アドボケイト)の間で、人間関係の構築の仕方にはいくつかの違いがあります。

INFJ-Aの人間関係の構築

INFJ-Aは自信があり、自己主張が強いため、人間関係を築く際には積極的で直接的なアプローチを取ります。

彼らは自分のニーズや境界線をはっきりと伝えることができ、ストレスの多い状況でも比較的リラックスした態度を保つことができます。

これにより、他者の幸福に焦点を当てることができるのです。

INFJ-Tの人間関係の構築

一方、INFJ-Tは自己疑念や完璧主義に苦しむことがあり、人間関係を築く際にはより受動的な傾向があります。

彼らは感情や問題に対して反応することが多く、自分の問題に積極的に取り組むことがあります。

また、恋愛関係においては、INFJ-Tは感情を表現することに慎重であり、関係の初期段階では自分の気持ちをあまり表に出さないことがあります。

まとめると、INFJ-Aは自信を持って人間関係を構築し、INFJ-Tはより慎重で内省的なアプローチを取る傾向があります。

どちらのタイプも深い共感力を持っており、他者のニーズに敏感ですが、その表現の仕方には違いがあります。

これらの違いを理解することは、INFJ-AとINFJ-Tの個々の人々との関係を深める上で役立つでしょう。

INFJ-AとINFJ-Tの違い5. 恋愛観やパートナー選びの仕方

INFJ-AとINFJ-Tの違いの五つ目は、恋愛観やパートナー選びの仕方です。

INFJ-AとINFJ-Tの恋愛観やパートナー選びに関する違いは、それぞれのタイプの自己肯定感とストレス対応の違いから生じます。

INFJ-Aは自己肯定感が高く、ストレスに強いため、恋愛においても自信を持って自分の感情や意見を表現することができます。彼らは自分の直感を信じ、積極的にパートナーとの関係を築いていきます。

一方で、INFJ-Tは自己批判が高く、ストレスに弱いため、恋愛においても不安を感じやすく、自分の感情を表現することに消極的になることがあります。

彼らはパートナー選びにおいても慎重であり、相手の反応や評価を気にする傾向があります。

INFJ-Aは恋愛においても目標に向かって効率的に行動し、自分の価値観や目的に合ったパートナーを選ぶことができます。

彼らは自分の感情や価値観をしっかりと持ち、相手に対してもそれをはっきりと伝えることができます。

対照的に、INFJ-Tは恋愛においても完璧を求める傾向があり、パートナー選びにおいても理想と現実のギャップに苦しむことがあります。

彼らは自分の感情や価値観に不安を持ち、相手に対してもその不安を投影することがあります。

結局のところ、INFJ-Aは恋愛においても自己肯定感が高く、自分の感情をしっかりと持ち、相手に対してもそれをはっきりと伝えることができるのに対し、INFJ-Tは自己批判が高く、恋愛においても不安を感じやすく、自分の感情を表現することに消極的になることがあります。

これらの違いは、恋愛観やパートナー選びの仕方に大きく影響を与えると言えるでしょう。

INFJ-AとINFJ-Tの違い6. 目標達成や成功の仕方

INFJ-AとINFJ-Tの違いの六つ目は、目標達成や成功の仕方です。

INFJ-AとINFJ-Tの目標達成や成功の仕方には、それぞれのタイプの自己肯定感とストレス対応の違いが反映されます。

INFJ-Aタイプは、自己肯定感が高く、ストレスに強いため、目標を設定し、それに向かって着実に進むことができます。彼らは自分の直感を信じ、長期的な視点から物事を俯瞰的に捉えることができるため、計画に沿って効率的に行動することが得意です。

一方、INFJ-Tタイプは、自己批判が高く、ストレスに弱いため、目標達成の過程で不安を感じやすく、完璧主義的な傾向があります。これにより、意思決定を先延ばしにしたり、失敗を恐れて行動に移せないことがあるのです。

INFJ-Aは、成功を収めた際に満足感を得やすく、失敗したときでも前向きな姿勢を保つことができます。対して、INFJ-Tは、成功しても不安を感じたり、失敗に対して落ち込んだりすることがあります。

このように、INFJ-AとINFJ-Tは目標達成や成功の仕方において、自己肯定感とストレス対処能力の違いによって異なるアプローチを取ります。INFJ-Aは自信を持って前進するのに対し、INFJ-Tは慎重であり、時には不安によって行動が制限されることがあるのです。

INFJ-AとINFJ-Tの違い7. 変化や可能性への対応の仕方

INFJ-AとINFJ-Tの違いの七つ目は、変化や可能性への対応の仕方です。

MBTI診断におけるINFJ-A(アサーティブ・アドボケイト)とINFJ-T(タービュレント・アドボケイト)の間で、変化や可能性への対応の仕方には顕著な違いがあります。

INFJ-Aの変化や可能性への対応

INFJ-Aは一般的に自信があり、変化や新しい可能性に対しても積極的で柔軟な姿勢を取ります。

彼らはストレスを効果的に管理し、希望に満ちた見方をすることで、困難な状況でも落ち着いて対処することができます。

変化をチャンスと捉え、目標に向かって前進することができるのです。

INFJ-Tの変化や可能性への対応

一方で、INFJ-Tは変化や新しい可能性に対して敏感であり、自己疑念やストレスを感じやすい傾向があります。

彼らは困難をより深刻に捉えがちで、問題を過大評価することがあります。

しかし、この敏感さは、彼らが情熱を持って大きな成果を達成する原動力にもなります。

INFJ-Tは、他者への深い共感と道徳的な問題への関心を持って行動し、時には過度に関与してしまうこともあります。

まとめると、INFJ-Aは変化に対して自信を持って対応し、INFJ-Tは変化に対してより慎重で感情的な反応を示すことがあります。

どちらのタイプも変化や新しい可能性に対して独自の方法で対応しており、それぞれのアプローチには長所と短所があります。

これらの違いを理解することは、INFJ-AとINFJ-Tの個々の人々との関係を深める上で役立つでしょう。

INFJ-AとINFJ-Tの違い8. リーダーシップや影響力の発揮の仕方

INFJ-AとINFJ-Tの違いの八つ目は、リーダーシップや影響力の発揮の仕方です。

INFJ-A(アサーティブ・アドボケイト)とINFJ-T(タービュレント・アドボケイト)のリーダーシップや影響力の発揮の仕方には、いくつかの違いがあります。

INFJ-Aのリーダーシップスタイル

INFJ-Aは自信があり、リーダーシップを取ることに対して快適であり、よりアサーティブなリーダーシップスタイルを持っています。

彼らは積極的に指揮を取り、決断を下すことができ、コミュニケーションスタイルも直接的です。

INFJ-Aは、目標に集中し、ストレスを効果的に管理しながら、希望に満ちた見方をすることで、自分を尊重する人々を高めることができます。

INFJ-Tのリーダーシップスタイル

一方、INFJ-Tは舞台裏で働くことを好み、より協力的なリーダーシップスタイルを持っています。

彼らは自己疑念を抱きやすく、ストレスや困難に敏感です。INFJ-Tは、問題をどこにでも見てしまう傾向がありますが、その敏感さが情熱を持って大きな成果を達成する原動力にもなります。

INFJ-Tは、他者への深い共感と道徳的な問題への関心を持って行動し、時には過度に関与してしまうこともあります。

まとめると、INFJ-Aはより自信を持ってリーダーシップを発揮し、INFJ-Tはより感情的で協力的なアプローチを取る傾向があります。

どちらのタイプも、自分のスタイルに合わせて影響力を発揮し、リーダーシップを取ることができますが、その方法には違いがあります。

これらの違いを理解することは、INFJ-AとINFJ-Tの個々の人々との関係を深める上で役立つでしょう。

INFJ-AとINFJ-Tの違い9. 自己肯定感や自尊心の高さ

INFJ-AとINFJ-Tの違いの九つ目は、自己肯定感や自尊心の高さです。

INFJ-A(アサーティブ・アドボケイト)とINFJ-T(タービュレント・アドボケイト)の自己肯定感や自尊心の高さに関する違いは、それぞれのタイプが自己に対して持つ信頼感と自信の度合いに大きく関係しています。

INFJ-Aの自己肯定感と自尊心

INFJ-Aは一般に、自己肯定感が高く、自分の能力や価値に対して強い自信を持っています。

彼らはストレスに強く、ポジティブで落ち着いて物事に対処する傾向があります。自分の意見や決断に確信を持ち、周囲の評価や状況に左右されにくいです。

INFJ-Tの自己肯定感と自尊心

一方で、INFJ-Tは自己批判が高く、自己肯定感や自尊心が低い傾向にあります。彼らは自分の能力や価値に不安を感じやすく、ストレスに弱いです。

ネガティブな感情に影響されやすく、感情的になりやすいという特徴があります。また、周囲の評価や状況に影響されやすいとも言えます。

これらの違いは、INFJ-AとINFJ-Tが日常生活や職場での挑戦、人間関係の構築、目標達成などにどのように対応するかにも影響を与えます。

自己肯定感や自尊心の高さは、個人の幸福感や満足感にも大きく関わってくるため、これらの性格の違いを理解することは、INFJ-AとINFJ-Tの個々の人々との関係を深める上で非常に役立つでしょう。

自己の強みや弱みを認め、バランスの取れた人間関係やキャリアを築くことが重要です。

INFJ-AとINFJ-Tの違い10. 幸福感や満足感の高さ

INFJ-AとINFJ-Tの違いの十つ目は、幸福感や満足感の高さです。

INFJ-A(アサーティブ・アドボケイト)とINFJ-T(タービュレント・アドボケイト)の幸福感や満足感の高さに関する違いは、それぞれのタイプが日々の生活や達成したい目標に対してどのように感じ、反応するかに基づいています。

INFJ-Aの幸福感と満足感

INFJ-Aは一般的に自信があり、ストレスを効果的に管理する能力が高いため、幸福感や満足感が高いと感じることが多いです。

彼らはポジティブな見方をし、困難な状況でも希望を持って対処することができます。

このような姿勢は、彼らが自分の人生に対してより満足し、幸福を感じることに繋がります。

INFJ-Tの幸福感と満足感

一方で、INFJ-Tは自己疑念や完璧主義に苦しむことがあり、ストレスや困難に対して敏感であるため、幸福感や満足感が低いと感じることがあります。

彼らは問題を過大評価する傾向があり、ネガティブな見方をすることが多いです。

しかし、この敏感さが情熱を持って大きな成果を達成する原動力にもなることがあります。

まとめると、INFJ-Aは自信を持ってポジティブに物事を捉えることができ、INFJ-Tは感情的な反応が強く、自己疑念に苦しむことがあります。

これらの違いは、それぞれのタイプが感じる幸福感や満足感に影響を与え、日々の生活や目標達成における彼らの経験に差を生じさせます。

どちらのタイプも、自分の性格を理解し、それに合った生き方を見つけることが、幸福感や満足感を高める鍵となるでしょう。

INFJ-AとINFJ-Tの違いに関する実体験エピソード

私の学校時代におけるINFJ-AとINFJ-Tの違いに関する実体験は、自己認識とストレスへの対処方法において顕著でした。

INFJ-A(アサーション型)としての私は、比較的自信があり、ストレス状況下でも冷静さを保つことができました。

一方で、INFJ-T(タービュレント型)の友人は、同じ状況下で不安を感じやすく、自己疑念に陥りがちでした。

あるプロジェクトでのことです。私たちはグループで締め切りに追われていました。

INFJ-Aの私は、プレッシャーをバネにして効率的にタスクをこなし、チームをリードすることができました。

しかし、INFJ-Tの友人は、細部にこだわりすぎて時間を費やし、完璧を求めるあまりストレスを感じていました。

この経験から、INFJ-AとINFJ-Tの間には、自己受容とストレス管理のアプローチに明確な違いがあることを学びました。

INFJ-Aは自己肯定感が高く、困難に直面してもポジティブな姿勢を保つことができます。

一方、INFJ-Tは自己批判的であり、ストレスに対して敏感ですが、その敏感さが深い洞察と成長への動機付けにつながることもあります。

学校でのこれらの体験は、INFJのサブタイプの理解を深める貴重な機会となりました。

私たちの違いを認識し、互いの長所を尊重することで、より強固なチームワークを築くことができたのです。この実体験が、INFJ-AとINFJ-Tの違いを理解し、自己受容につながる一助となれば幸いです。

INFJ-AとINFJ-Tの違いに関するSNS投稿

  • INFJAはマジで ポジティブかネガティブか違いやけど 大体、INFJってTが多くてネガティブやから 確かにそう言われるゆう兄ツイートとか振りまいがポジティブなINFJだもんな 納得したわ
  • 勝手に思っている事だがINTJもINFJも会話中でイメージをしている思う。 それがINTJは相手周辺や環境をイメージしINFJは相手気持ちイメージという違いかな…

INFJ-AとINFJ-Tの違いとは?自己肯定感と自己批判が分ける性格タイプまとめ

INFJは、理想主義者で、共感力が高い性格タイプですが、AとTの違いによって、自己肯定感や自己批判、ストレスや目標、感情などの面で異なる傾向があります。
INFJ-Aは、自分の能力や価値に自信を持ち、ストレスに強く、ポジティブに物事に対処できます。

INFJ-Tは、自分の能力や価値に不安を感じ、ストレスに弱く、ネガティブに物事に対処しがちです。

INFJ-AとINFJ-Tは、自分の性格タイプを理解し、自分の強みや弱みを認めることで、よりバランスの取れた人間関係やキャリアを築くことができます。

INFJ(提唱者)とは?関連記事一覧はこちら

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー資格取得。 現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)