INFJ(提唱者)

INFJの自己肯定感を高める方法とは:理想と現実のバランスの取り方について徹底解説!

MBTIの性格タイプの中で、最も理想主義的で洞察力が高いと言われるINFJ。

彼らは自分の内面の世界に深く焦点を当て、自分の価値観と感情を大切にします。

INFJは、内向的、直感型、感情型、判断型の特性を持っています。

この組み合わせは、INFJが他人の感情やニーズに非常に敏感で共感力が高いことを意味します。

他人の感情の微妙な変化を察知する能力を持っており、これにより他人と深い関係を築くことができます。しかし、その敏感さが時としてストレスや疲れをもたらすこともあります。

そのため、INFJは、自己肯定感を高めることで、自分自身の心の安定とパフォーマンスの向上に努力することが重要です。

この記事では、INFJの自己肯定感を高める方法とは、以下の4つのポイントに分けて徹底解説します。

INFJ(提唱者)とは?関連記事一覧はこちら

1. INFJは自分の感情に素直であることが大切

INFJは、自分の感情に素直であることが大切です。

INFJは、自分の感情にとても敏感で、それを大切にします。しかし、周囲の人々は、INFJの感情を理解できなかったり、無視したり、否定したりすることがあります。そうすると、INFJは自分の感情を抑え込んだり、隠したり、偽ったりするようになります。これは、INFJにとって非常にストレスフルで、自分の本質を見失ってしまうことにつながります。INFJは、自分の感情に素直であることが大切です。自分の感情を表現する方法を見つけて、それを伝えることができる人や場所を探すことが必要です。自分の感情を受け入れてくれる人や場所があれば、INFJは自分の価値を認められ、安心感や満足感を得ることができます。

2. INFJは自分の理想と現実のバランスを取ることができる

INFJは、自分の理想と現実のバランスを取ることができる性格です。

INFJは、自分の内なる世界に豊かな想像力と創造力を持ち、美しいものや意味のあるものに惹かれます。しかし、現実は、INFJの理想とはかけ離れていることが多く、それに対する失望や挫折を感じることも多いでしょう。そんなとき、INFJは自分の理想を諦めてしまうこともあるかもしれません。しかし、それはINFJにとって非常にもったいないことです。INFJは、自分の理想と現実のバランスを取ることができるのです。自分の理想を実現するために、具体的な目標や計画を立てて、行動に移すことが必要です。自分の理想に向かって努力することで、INFJは自分の可能性を広げ、成長することができます。

3. INFJは自分の個性を誇りに思うことができる

INFJは、自分の個性を誇りに思うことができる性格です。

INFJは、自分の価値観や信念に基づいて、自分らしく生きることを重視します。そのため、自分の個性やスタイルを表現する方法を見つけて、それを伝えることができます。しかし、社会は、INFJの個性を受け入れてくれなかったり、否定したり、批判したりすることがあります。そうすると、INFJは自分の個性を恥じたり、隠したり、変えようとしたりするようになります。これは、INFJにとって非常に辛く、自分の自信を失ってしまうことにつながります。INFJは、自分の個性を誇りに思うことができるのです。自分の個性を認めて、それを表現することができる人や場所を見つけることが必要です。自分の個性を尊重してくれる人や場所があれば、INFJは自分の魅力を発揮し、楽しく生きることができます。

INFJ(提唱者)とは?関連記事一覧はこちら

4. INFJは自分の幸せを見つけることができる

INFJは、自分の幸せを見つけることができる性格です。

INFJは、自分の内なる世界に豊かな感性と情熱を持ち、自分にとって本当に大切なものや人に向かって生きます。しかし、社会は、INFJの幸せとは異なる価値観や基準を押し付けたり、期待したり、要求したりすることがあります。そうすると、INFJは自分の幸せを見失ったり、疑ったり、諦めたりするようになります。これは、INFJにとって非常に悲しいことです。INFJは、自分の幸せを見つけることができるのです。自分の幸せを見つけるために、自分の心に正直になって、自分の感情や理想や個性に従って生きることが必要です。自分の幸せに向かって生きることで、INFJは自分の充実感や喜びを感じることができます。

INFJの自己肯定感を高める方法とは:理想と現実のバランスの取り方まとめ

INFJは、自分の感情に素直であること、自分の理想と現実のバランスを取ること、自分の個性を誇りに思うこと、自分の幸せを見つけることができる性格です。

しかし、社会は、INFJの感情や理想や個性や幸せを理解できなかったり、受け入れてくれなかったり、否定したりすることがあります。

そうすると、INFJは自分の感情や理想や個性や幸せを抑え込んだり、隠したり、偽ったり、諦めたりするようになります。

INFJ(提唱者)とは?関連記事一覧はこちら

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー取得。現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)