その他

MBTIで直感型(S)と観察型(N)の違いとは?それぞれの特徴と相性について徹底解説!

MBTIとは、人間の性格を16種類に分類する理論です。

MBTIは、カール・ユングの心理学に基づいて、キャサリン・ブリッグスとイザベル・マイヤーズが開発したものです。

MBTIは、自分や他人の性格を理解するのに役立つツールとして、世界中で広く使われています。 MBTIは、以下の4つの指標で性格を表します。

  • E(外向)とI(内向):エネルギーの向き先を表します。Eは人や環境に向かってエネルギーを注ぐタイプで、Iは自分の内面に向かってエネルギーを注ぐタイプです。
  • S(現実感覚)とN(直感):情報の受け取り方を表します。Sは具体的で実際的な情報に基づいて判断するタイプで、Nは抽象的で理論的な情報に基づいて判断するタイプです。
  • T(思考)とF(感情):判断の基準を表します。Tは論理的で客観的な基準に基づいて判断するタイプで、Fは感情的で主観的な基準に基づいて判断するタイプです。
  • J(判断)とP(知覚):行動のスタイルを表します。Jは計画的で決断力のあるタイプで、Pは柔軟で適応力のあるタイプです。

これらの指標の組み合わせによって、16種類の性格タイプが生まれます。 この記事では、その中でもS(現実感覚)とN(直感)の違いについて詳しく解説します。 SとNは、情報の受け取り方を表す指標で、自分の見方や考え方に大きな影響を与えます。 SとNの違いは、以下のようにまとめることができます。

  • Sは、目に見える事実やデータに基づいて判断するタイプで、Nは、目に見えない可能性や理論に基づいて判断するタイプです。
  • Sは、現実に即した行動をとるタイプで、Nは、未来に向けた行動をとるタイプです。
  • Sは、経験や実践を重視するタイプで、Nは、想像や創造を重視するタイプです。
  • Sは、具体的で詳細な情報を好むタイプで、Nは、抽象的で全体的な情報を好むタイプです。

この記事では、SとNのそれぞれの特徴と相性を、以下の見出しで紹介します。

  • S(現実感覚)の特徴とは?
  • N(直感)の特徴とは?
  • SとNの相性とは?
  • まとめ

MBTIで直感型と観察型の違いとは?S(現実感覚)の特徴

S(現実感覚)の特徴は、以下のようにまとめることができます。

  • 目に見える事実やデータに基づいて判断するタイプです。Sは、自分の感覚や観察に信頼を置きます。Sは、客観的で確かな情報を重視し、主観的で曖昧な情報を避けます。Sは、物事をそのまま受け入れることができます。
  • 現実に即した行動をとるタイプです。Sは、現在の状況や環境に適応することができます。Sは、実用的で効果的な方法を選びます。Sは、計画やルールを守ることができます。
  • 経験や実践を重視するタイプです。Sは、自分の手で何かをすることに喜びを感じます。Sは、手先が器用で、機械や道具などに興味があります。Sは、自分の知識や技能を活かすことができます。
  • 具体的で詳細な情報を好むタイプです。Sは、物事を一つ一つ丁寧に見ることができます。Sは、細かいことに気づくことができます。Sは、明確で正確な表現を好みます。

S(現実感覚)のタイプには、以下のような人が含まれます。

  • ESTJ(監督者):組織的で責任感の強いタイプで、目標やルールを明確にすることが得意です。
  • ISTJ(検査官):細かくて几帳面なタイプで、計画やルールを守ることが得意です。
  • ESTP(挑戦者):行動的で活発なタイプで、変化や新しいことに対応することが得意です。
  • ISTP(工作家):現実的で合理的な思考を持ち、物事を分析したり、問題を解決したりするのが得意です。
  • ESFJ(支援者):組織的で協調的なタイプで、人や環境に配慮することが得意です。
  • ISFJ(保護者):忠実で誠実なタイプで、人や物に対する責任感が強いです。
  • ESFP(演出家):社交的で陽気なタイプで、人と接することやグループで働くことを好みます。
  • ISFP(芸術家):感性的で芸術的なタイプで、物事を美しく表現することが得意です。

MBTIで直感型と観察型の違いとは?N(直感)の特徴

N(直感)の特徴は、以下のようにまとめることができます。

  • 目に見えない可能性や理論に基づいて判断するタイプです。Nは、自分の直感や洞察に信頼を置きます。Nは、主観的で曖昧な情報を重視し、客観的で確かな情報を避けます。Nは、物事に意味や価値を見出すことができます。
  • 未来に向けた行動をとるタイプです。Nは、未来の展望や目標に向かって進むことができます。Nは、革新的で創造的な方法を選びます。

MBTIで直感型と観察型の違いとは?J(判断)とP(知覚)の行動の仕方

S(現実感覚)とN(直感)の違いについて説明しましたが、これだけでは性格タイプを完全に分類することはできません。 SとNは、情報の受け取り方を表す指標ですが、それだけでは、その情報をどのように使って行動するかはわかりません。 そこで、もう一つの指標であるJ(判断)とP(知覚)が登場します。 JとPは、行動のスタイルを表す指標で、自分の生活や仕事に対する姿勢に大きな影響を与えます。 JとPの違いは、以下のようにまとめることができます。

  • Jは、計画的で決断力のあるタイプで、物事を整理したり、終わらせたりすることが得意です。
  • Pは、柔軟で適応力のあるタイプで、物事を開放的にしたり、変更したりすることが得意です。

この記事では、JとPのそれぞれの特徴と相性を、以下の見出しで紹介します。

  • J(判断)の特徴とは?
  • P(知覚)の特徴とは?
  • JとPの相性とは?
  • まとめ

J(判断)の特徴とは?

J(判断)の特徴は、以下のようにまとめることができます。

  • 計画的で決断力のあるタイプです。Jは、自分の目標や期限に向かって効率的に行動することができます。Jは、物事を早めに終わらせることを好み、先延ばしを嫌います。Jは、自分の意見や判断をはっきりと表現することができます。
  • 物事を整理したり、統制したりすることが得意です。Jは、自分の周りの環境や時間を整理することに喜びを感じます。Jは、秩序や規則を重視し、ルーチンやスケジュールを守ることができます。Jは、自分や他人に高い基準を求めることがあります。
  • 責任感や誠実さがあり、信頼されるタイプです。Jは、自分が決めたことや約束したことを守ることができます。Jは、自分の役割や義務を果たすことに誇りを持ちます。Jは、自分の行動や結果に責任を持つことができます。

J(判断)のタイプには、以下のような人が含まれます。

  • ESTJ(監督者):組織的で責任感の強いタイプで、目標やルールを明確にすることが得意です。
  • ISTJ(検査官):細かくて几帳面なタイプで、計画やルールを守ることが得意です。
  • ENTJ(指導者):指導力や決断力があり、物事を分析したり、問題を解決したりするのが得意です。
  • INTJ(研究者):独創的で知的なタイプで、物事を理論的に考えたり、創造したりするのが得意です。
  • ESFJ(支援者):組織的で協調的なタイプで、人や環境に配慮することが得意です。
  • ISFJ(保護者):忠実で誠実なタイプで、人や物に対する責任感が強いです。
  • ENFJ(教育者):社交的で魅力的なタイプで、人と接することやグループで働くことを好みます。
  • INFJ(理想主義者):感性的で理想的なタイプで、物事に意味や価値を見出すことが得意です。

P(知覚)の特徴とは?

P(知覚)の特徴は、以下のようにまとめることができます。

  • 柔軟で適応力のあるタイプです。Pは、自分の目標や期限に囚われずに自由に行動することができます。Pは、物事を最後まで開けておくことを好み、先延ばしをします。Pは、自分の意見や判断を曖昧にしておくことができます。
  • 物事を開放的にしたり、変更したりすることが得意です。Pは、自分の周りの環境や時間を流動的にすることに喜びを感じます。Pは、秩序や規則にとらわれず、自由や選択肢を重視します。Pは、自分や他人に寛容で、多様性を受け入れることができます。
  • 好奇心や探究心があり、新しいことに挑戦するタイプです。Pは、自分の興味や関心に従って何かをすることに喜びを感じます。Pは、冒険的で、機会や可能性を探すことができます。Pは、自分の知識や技能を広げることができます。
  • 抽象的で全体的な情報を好むタイプです。Pは、物事を多角的に見ることができます。Pは、大きなことに気づくことができます。Pは、暗示的でメタファー的な表現を好みます。

P(知覚)のタイプには、以下のような人が含まれます。

  • ESTP(挑戦者):行動的で活発なタイプで、変化や新しいことに対応することが得意です。
  • ISTP(工作家):現実的で合理的な思考を持ち、物事を分析したり、問題を解決したりするのが得意です。
  • ENTP(発明家):独創的で知的なタイプで、物事を理論的に考えたり、創造したりするのが得意です。
  • INTP(論理学者):独創的で知的なタイプで、物事を理論的に考えたり、創造したりするのが得意です。
  • ESFP(演出家):社交的で陽気なタイプで、人と接することやグループで働くことを好みます。
  • ISFP(芸術家):感性的で芸術的なタイプで、物事を美しく表現することが得意です。
  • ENFP(活動家):独創的で知的なタイプで、物事を理論的に考えたり、創造したりするのが得意です。
  • INFP(理想主義者):感性的で理想的なタイプで、物事に意味や価値を見出すことが得意です。

JとPの相性とは?

J(判断)とP(知覚)の相性は、以下のようにまとめることができます。

  • JとJの相性は、互いに計画やルールを尊重し、効率的に協力することができると言われています。しかし、互いに厳しすぎたり、柔軟性に欠けたりすることがあると言われています。
  • JとPの相性は、互いに補い合うことができると言われています。JはPに計画や決断を促し、PはJに自由や選択肢を与えることができると言われています。しかし、互いに理解し合えないことが多く、衝突することがあると言われています。
  • PとPの相性は、互いに自由や選択肢を尊重し、楽しくやりとりすることができると言われています。しかし、互いに計画や決断に欠けたり、無責任になったりすることがあると言われています。

MBTIで直感型(S)と観察型(N)の違いとは?それぞれの特徴と相性について徹底解説!まとめ

MBTIでJ(判断)とP(知覚)の違いとは、行動のスタイルを表す指標で、自分の生活や仕事に対する姿勢に大きな影響を与えるということでした。 JとPの違いは、以下のようにまとめることができます。

  • Jは、計画的で決断力のあるタイプで、物事を整理したり、終わらせたりすることが得意です。
  • Pは、柔軟で適応力のあるタイプで、物事を開放的にしたり、変更したりすることが得意です。

この記事では、JとPのそれぞれの特徴と相性を紹介しました。 JとPは、自分の行動や生活に対する姿勢が違うため、互いに理解し合うことが難しいことがあります。 しかし、互いの違いを認めて、補い合うことができれば、より良い関係を築くことができるでしょう。

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー取得。現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)