ISTP(巨匠)

ISTP-A / ISTP-Tとの違いってなに?巨匠タイプについて徹底解説!

MBTIの性格タイプの中でも、ISTPはその独立心と実用的なスキルで「巨匠」と称されます。

このタイプにはさらに細分化されたISTP-AとISTP-Tが存在し、それぞれに独特の特性があります。

本稿では、これら二つのサブタイプの違いを探り、巨匠タイプの深い理解を目指します。

忙しい方向けに、本記事の内容を私がまとめると以下の通りです。

  • STPは独立心と実用的なスキルで「巨匠」と称されるMBTIの性格タイプ。
  • ISTPにはISTP-AとISTP-Tというサブタイプがあり、それぞれ異なる特性を持つ。
  • ISTP-Aは自信と冒険心があり、ストレスに強く、新しいことへのチャレンジを楽しむ。
  • ISTP-Tは慎重で感情的な波が激しく、ストレスに弱く、自己改善や完璧を求める傾向がある。

…etc

【ISTP-A / ISTP-Tとの違い】ISTP-A  自信と冒険心の持ち主

ISTP-Aは自己確信度が高く、ストレス耐性に優れています。

自分の判断に自信を持ち、困難な状況にも動じない強さがあります。

新しいことへのチャレンジを楽しみ、冷静かつ合理的な思考で物事に取り組みます。

彼らは自分の能力に自信を持ち、新しい経験や刺激を求める傾向があります。

【ISTP-A / ISTP-Tとの違い】ISTP-T  慎重で感情的な波が激しい

一方、ISTP-Tはストレスに弱く、自己確信度が低い傾向にあります。

小さな失敗や批判に対して過敏に反応し、自己改善や完璧を求めることがあります。

彼らは自分の決断や能力に不確実性を感じることがあり、外部からの評価や反応に敏感です。

ISTP-Tは、自分の能力に自信を持ちつつも、常に自己反省を行い、改善の余地を探求します。

ISTP-A / ISTP-Tとの違いの実体験エピソード

ISTP-A(Assertive)は自信があり、自己管理ができ、粘り強い性格です。一方、ISTP-T(Turbulent)は好奇心が強く、社交スキルが高く、個人的な成長により投資する傾向があります。

学校でのエピソードを例にとると、私(ISTP-A)は実験科学の授業で、自分のアイデアに基づいて実験を進める際に、失敗を恐れずに挑戦しました。自分の能力に自信を持っていたので、問題が発生しても冷静に対処することができました。一方、私のクラスメートであるISTP-Tは、新しいアプローチを試す前に慎重にリスクを評価し、失敗に対してより敏感でした。彼は失敗から学び、成長することに価値を見出していました。

このように、ISTP-Aは自信と安定性を持ちながら、ISTP-Tは変化と成長を求める性格の違いがあります。どちらのタイプも独自の強みと弱みを持ち、それぞれの環境において独特の貢献をすることができます。

ISTP-A / ISTP-Tとの違いってなに?巨匠タイプについて徹底解説!まとめ

ISTP-AとISTP-Tは、同じ巨匠タイプでありながら、自己確信度やストレス耐性、感情の波に大きな違いがあります。ISTP-Aは自信に満ち、新しい挑戦を楽しむタイプであるのに対し、ISTP-Tはより内省的で、感情の波に影響を受けやすいタイプです。これらの違いを理解することで、ISTPタイプの人々とより良い関係を築くことができるでしょう。どちらのタイプも、その独自の強みを活かし、日々の生活や仕事において独特の価値を提供しています。

この記事は、公開されている情報とMBTI理論に基づいて推測したものです。実際のMBTIタイプを知るには、本人が正式な診断を受けることが必要です。また、MBTIはあくまで一つの性格分析ツールであり、人の全てを表すものではありません。ISTPタイプの人々の多様性と複雑さを尊重しつつ、彼らの性格についての理解を深めていきましょう。

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー資格取得。 現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)