ISFP(冒険家)

ISTPタイプの愛情表現15選!相手の気持ちを読み取るコツについて徹底解説!

ISTPタイプは、MBTIの16タイプの中でも、最も感情を表に出さないタイプの一つです。

彼らは、自分の内面を他人に見せることに抵抗があり、愛情表現も控えめでシンプルなものになりがちです。しかし、それは彼らが愛情を持っていないということではありません。ISTPタイプは、自分の行動や態度で相手に気持ちを伝えるタイプなのです。

では、ISTPタイプの愛情表現とはどのようなものなのでしょうか?また、ISTPタイプの相手の気持ちを読み取るにはどうすればいいのでしょうか?

この記事では、ISTPタイプの特徴や恋愛傾向、愛情表現のパターン、相手の気持ちを読み取るコツなどを紹介します。

【愛情表現】ISTPタイプの特徴と恋愛傾向

ISTPタイプは、内向的思考型現実主義者と呼ばれるタイプです。

彼らは、自分の頭で物事を分析し、論理的に判断することが得意です。彼らは、現実的で合理的な考え方を持ち、目に見える事実やデータに基づいて行動します。彼らは、自分の興味や関心に従って自由に生きることを好み、束縛や制約を嫌います。彼らは、冒険心や好奇心が強く、新しいことに挑戦することを楽しみます。

ISTPタイプは、恋愛においても、自分の感情よりも相手の行動や態度を重視します。彼らは、言葉や態度で愛情を示すことが苦手で、自分から積極的にアプローチすることも少ないです。彼らは、相手の本質や価値観を見極めることが重要だと考えます。彼らは、自分と同じように自由に生きることができる相手や、自分の興味や趣味に理解がある相手に惹かれます。彼らは、相手に対して忠実で尊重することはしますが、甘えたり依存したりすることはしません。彼らは、相手にも自分と同じように自立していることを求めます。

ISTPタイプの愛情表現のパターン1. 相手のために何かをする

ISTPタイプは、言葉よりも行動で愛情を示すタイプです。

彼らは、相手のために何かをすることで、自分の気持ちを伝えます。例えば、相手の好きなものを買ってきたり、相手の困ったことを手伝ったり、相手の興味や趣味に合わせて一緒に遊んだりします。彼らは、相手の喜ぶ顔や感謝の言葉を見ることで、自分の愛情が伝わったと感じます。

ISTPタイプの愛情表現のパターン2. 相手に自分のことを話す

ISTPタイプは、自分の内面を他人に見せることに抵抗があります。

彼らは、自分の感情や考え方をあまり話さないタイプです。しかし、彼らが相手に愛情を持っている場合、相手に自分のことを話すことで、自分の気持ちを伝えます。例えば、自分の過去や夢や悩みなど、普段は話さないようなことを話したり、自分の意見や考え方を正直に話したりします。彼らは、相手に自分のことを理解してもらうことで、自分の愛情が伝わったと感じます。

ISTPタイプの愛情表現のパターン3. 相手にスキンシップをする

ISTPタイプは、感情を表に出さないタイプなので、スキンシップもあまりしないタイプです。

彼らは、相手に触れることに慣れていないか、恥ずかしがるか、不必要だと思うかのどれかです。しかし、彼らが相手に愛情を持っている場合、相手にスキンシップをすることで、自分の気持ちを伝えます。例えば、相手の手を握ったり、相手の髪を撫でたり、相手にキスをしたりします。彼らは、相手に触れることで、自分の愛情が伝わったと感じます。

ISTPと相性が良いMBTIタイプとは?

ISTPタイプの愛情表現のパターン4.冷静なアプローチ

ISTPは感情よりも論理的なアプローチを好みます。

彼らは愛情を感じていても、感情を大げさに表現することはありません。しかし、その冷静な態度の裏には深い思考と愛情が隠れています。

ISTPタイプの愛情表現のパターン5.実践的な愛

ISTPは実践的で、愛情を行動で示します。

彼らは相手のために何か実際の手助けをすることを好みます。例えば、家事を手伝ったり、修理をしたりすることで愛情を表現します。

ISTPタイプの愛情表現のパターン6.言葉よりも行動

ISTPは愛情を言葉よりも行動で示します。

彼らは「愛している」という言葉よりも、実際に相手のために何かをしていることを重視します。

ISTPタイプの愛情表現のパターン7.言葉よりも行動で愛情を示す

ISTPは、口下手な面があり、愛情を言葉で表現するのが苦手です。

しかし、何かをプレゼントしたり、相手を手伝ったりすることでアプローチをする性格です。ただし、愛情表現自体は苦手なので気持ちが相手に伝わらないこともあります。

ISTPタイプの愛情表現のパターン8.実は嫉妬深い

ISTPは感情をあらわにしないため、好きな人に対しても興味がなさそうだったり、そっけない態度をとることがあります。

しかし、心の中では悶々としていることも多いです。嫉妬に束縛、お説教までしてしまうこともあります。

ISTPタイプの愛情表現のパターン9.言葉ではなく行動で示す

ISTPは、自分の気持ちを言葉で表現するのが苦手です。

そのかわり、好きな人に対しては行動や生活を通して、愛情表現をすることが多いです。連絡をマメにしてくれたり、相手のために料理や掃除をしたり、プレゼントを一生懸命選んでくれたりします。

ISTPタイプの愛情表現のパターン10.束縛を嫌う

ISTPは、好きな人に対して嫉妬深く束縛や説教をしてしまうことがありますが、自分が束縛されることは嫌います。

自立している一匹狼タイプなので、相手に生活を管理されたり監視されたりすることを嫌います。

ISTPタイプの愛情表現のパターン11.趣味を一緒に楽しみたい

好奇心旺盛で多趣味なISTPは、刺激的な活動を通じて関係を深めることを好みます。

スポーツやアウトドア活動、旅行など、共通の趣味を楽しんだり、新しいことを一緒に始めたりすることで有意義な時間を過ごしたいと思っています。

ISTPタイプの愛情表現のパターン12.プライベートな瞬間

ISTPはプライベートな瞬間を大切にします。

愛情を表現する際に、公然とではなく、二人だけの特別な瞬間を選ぶことがあります。例えば、夜の散歩や星空の下での会話などです。

ISTPタイプの愛情表現のパターン13.感情の制御

ISTPは感情を抑制することが得意です。

愛情表現においても、冷静で感情的になりすぎないように気をつけます。感情の爆発よりも、落ち着いた態度を保つことを好みます。

ISTPタイプの愛情表現のパターン14.サプライズ

ISTPは予測不可能なサプライズを好みます。

突然の小さな贈り物や思いがけない行動で、愛情を示すことがあります。

ISTPタイプの愛情表現のパターン15.ートスポットは実践的なアクティビティや新しい体験ができる場所

  • ISTPが楽しむデートは、探究的で実践的なものになることが多いです。
  • 新しい技術や実践的な活動に興味を持つため、自動車の展示会やDIYワークショップ、アウトドアアドベンチャーが良いでしょう。

【愛情表現】ISTPタイプの相手の気持ちを読み取るコツ1. 相手の行動や態度に注目する

ISTPタイプは、自分の感情よりも相手の行動や態度を重視します。

彼らは、言葉や態度で愛情を示すことが苦手で、自分から積極的にアプローチすることも少ないです。しかし、彼らは、自分の行動や態度で相手に気持ちを伝えるタイプです。彼らが相手に愛情を持っている場合、相手のために何かをしたり、相手に自分のことを話したり、相手にスキンシップをしたりします。これらの行動や態度に注目することで、相手の気持ちを読み取ることができます。

【愛情表現】ISTPタイプの相手の気持ちを読み取るコツ2. 相手の本質や価値観に共感する

ISTPタイプは、相手の本質や価値観を見極めることが重要だと考えます。

彼らは、自分と同じように自由に生きることができる相手や、自分の興味や趣味に理解がある相手に惹かれます。彼らが相手に愛情を持っている場合、相手の本質や価値観に共感したり、相手の興味や趣味に関心を持ったりします。これらの本質や価値観に共感することで、相手の気持ちを読み取ることができます。

【愛情表現】ISTPタイプの相手の気持ちを読み取るコツ3. 相手との時間や空間を大切にする

ISTPタイプは、自分の興味や関心に従って自由に生きることを好みます。

彼らは、束縛や制約を嫌います。彼らは、自分の時間や空間を大切にします。彼らが相手に愛情を持っている場合、相手との時間や空間も大切にします。彼らは、相手と一緒にいるときは、相手に集中したり、相手に気配りしたりします。彼らは、相手と離れているときは、相手に連絡したり、相手のことを考えたりします。これらの時間や空間を大切にすることで、相手の気持ちを読み取ることができます。

ISTPタイプの愛情表現に関する実体験エピソード

私は高校時代、ISTPタイプの性格を持っていました。内向的で、感情をあまり表に出さない性格でしたが、ある日、クラスメートに対する感謝の気持ちを表現する機会がありました。

私たちのクラスは、あるプロジェクトを共同で進めていました。私は自分の役割を果たすことに集中していましたが、クラスメートの一人が私に助けてくれました。彼は私が苦手とする部分を補完してくれ、プロジェクトを成功に導いてくれました。

プロジェクトが終了した後、私は彼に感謝の気持ちを伝えたいと思いました。しかし、私は感情を表に出すのが苦手でした。そこで、手紙を書くことにしました。

手紙の中で、私は彼に感謝の意を述べ、彼の協力とサポートに感謝していました。彼は驚いていましたが、喜んで受け取ってくれました。その後、私たちは友人としてさらに親しくなり、クラスメートとしての絆が深まりました。

この経験を通じて、私は感情を表現することが大切であり、他人に感謝の気持ちを伝えることが人間関係をより良くする一歩だと学びました。

ISTPタイプの愛情表現15選!相手の気持ちを読み取るコツについて徹底解説!まとめ

ISTPタイプは、感情を表に出さないタイプなので、愛情表現も控えめでシンプルなものになりがちです。

しかし、それは彼らが愛情を持っていないということではありません。

ISTPタイプは、自分の行動や態度で相手に気持ちを伝えるタイプです。

彼らの愛情表現のパターンは、相手のために何かをする、相手に自分のことを話す、相手にスキンシップをするなどです。

ISTPタイプの相手の気持ちを読み取るには、相手の行動や態度に注目する、相手の本質や価値観に共感する、相手との時間や空間を大切にするなどのコツがあります。

ISTPタイプの相手にとって、あなたは自分と同じように自由に生きることができるパートナーです。

彼らの愛情表現に気づいて、彼らの気持ちに応えてあげましょう。

ABOUT ME
この記事の監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー資格取得。 現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者) X(旧Twitter):@jp_16labo

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です