ISFP(冒険家)

ISTP型は協調性が低い?MBTIで分析果について徹底解説!

MBTIとは、人間の性格を4つの指標(外向性・内向性、感覚型・直観型、思考型・感情型、判断型・知覚型)で16通りに分けるものです。

ISTP型は、内向型(Introversion)、感覚型(Sensing)、思考型(Thinking)、知覚型(Perceiving)の4つの性格特性を持つタイプです2。ISTP型の人は、現実的で合理的な思考を持ち、手に職を持つことや実践的な活動に傾倒しています。彼らは、好奇心が強く、物事の仕組みや原理を理解することに興味を持ちます。また、自己独立と自由を重視し、新しい体験や冒険を求める傾向があります。

この記事では、ISTP型の協調性についてMBTIという心理学的な分類法で分析してみたいと思います。

協調性とは、他人との関係を円滑にするために、自分の意見や感情を抑えたり、相手の立場や気持ちに配慮したりする能力や態度のことです。

ISTP型の協調性は、一般的には低いとされています。

では、なぜ低いのでしょうか?それぞれの指標について見ていきましょう。

内向性・外向性

内向性・外向性とは、自分のエネルギーの源泉が外部にあるか内部にあるかを表す指標です。外向性の人は、人と話したり、行動したりすることで元気になります。内向性の人は、一人で考えたり、静かに過ごしたりすることでリラックスします。

ISTP型は、明らかに内向性の人です。彼らは、自分の考えや感情をあまり表に出さず、人とコミュニケーションを取ることが苦手です。また、消極的で無口な印象を与えることが多く、人との関係を築くことに興味がありません。彼らは、自分の目標に向かって独立して行動することを好み、他人からの干渉や束縛を嫌います。一方で、一人で静かに過ごすことは得意で、自分の内面に向き合うことを好みます。彼らは、自分の思考や感覚に従って行動し、自分のペースで物事を進めます。

感覚型・直観型

感覚型・直観型とは、自分が情報を受け取り、処理する方法を表す指標です。感覚型の人は、具体的で現実的な情報を重視し、事実や経験に基づいて判断します。直観型の人は、抽象的で理論的な情報を重視し、可能性や未来に基づいて判断します。

ISTP型は、感覚型の人です。彼らは、自分の目に見える現実を重視し、具体的で実用的な情報に基づいて判断します。彼らは、物事の仕組みや原理を分析し、実践的な解決策を見つけることに優れています。彼らは、自分の感覚や技能を活かして、物事を成し遂げることに喜びを感じます。一方で、抽象的な概念や理論にはあまり興味がありません。彼らは、自分の直感やひらめきよりも、自分の経験や証拠を重んじます。

思考型・感情型

思考型・感情型とは、自分が物事を判断する基準を表す指標です。思考型の人は、論理的で客観的な判断を重視し、原則や法則に基づいて判断します。感情型の人は、倫理的で主観的な判断を重視し、価値観や感情に基づいて判断します。

ISTP型は、思考型の人です。彼らは、自分の感情や価値観よりも、自分の論理や理性を重視します。彼らは、物事を客観的に分析し、合理的かつ効率的な判断をします。彼らは、自分の目標に向かって冷静に行動し、自分の信念に従って行動します。一方で、自分の感情や価値観を表現することは苦手です。彼らは、他人の感情や価値観にもあまり配慮しないことが多く、自分の意見や行動に対して批判や反対を受けると、感情的にならずに論理的に反論します。

判断型・知覚型

判断型・知覚型とは、自分が行動するスタイルを表す指標です。判断型の人は、計画的で決断力のある行動を好み、目標や期限に従って行動します。知覚型の人は、柔軟で臨機応変な行動を好み、自由や選択肢に従って行動します。

ISTP型は、知覚型の人です。彼らは、自分の行動をあらかじめ決めることを嫌い、自分の気分や状況に応じて行動します。彼らは、自分の自由や選択肢を大切にし、束縛や制約を嫌います。彼らは、自分の好奇心や冒険心に従って行動し、新しいことに挑戦することを好みます。一方で、自分の行動に責任を持つことや、決断を下すことは苦手です。彼らは、自分の行動に対して後悔や迷いを感じることもあります。彼らは、自分の行動によって他人に迷惑や不安をかけることもあります。

ISTPと相性が良いMBTIタイプとは?

ISTP型は協調性が低い?MBTIで分析果について徹底解説!まとめ

この記事では、ISTP型の協調性についてMBTIという心理学的な分類法で分析してみました。ISTP型の人は、自分の論理や理性に従って行動し、自分の自由や選択肢を重視する人です。彼らは、現実的で合理的な思考を持ち、実践的な活動に傾倒しています。彼らは、好奇心が強く、物事の仕組みや原理を理解することに興味を持ちます。また、自己独立と自由を重視し、新しい体験や冒険を求める傾向があります。

ISTP型の人の協調性は、一般的には低いと言えます。彼らは、自分の感情や価値観よりも、自分の論理や理性を重視します。彼らは、自分の目標に向かって独立して行動することを好み、他人からの干渉や束縛を嫌います。彼らは、自分の気分や状況に応じて行動することを好み、計画性や決断力に欠けることがあります。彼らは、自分の感情や価値観を表現することや、他人の感情や価値観に配慮することが苦手です。彼らは、独立して作業することを好み、チームワークや社交性に苦手意識を持つことがあります。

しかし、これらの特性は、ISTP型の人が協調性を高めることができないということを意味しません。ISTP型の人は、自分の協調性を高めるために、以下のようなことに注意すると良いでしょう。

  • 他人の感情や価値観にも配慮する
  • 計画性や決断力を高める
  • チームワークや社交性を高める

これらのことを意識することで、ISTP型の人は、自分の長所である実用的な技能や柔軟な問題解決能力を活かしながら、他人との協調性やコミュニケーションを高めることができます。ISTP型の人は、自分の内向的思考(Ti)や外向的感覚(Se)だけでなく、自分の内向的直観(Ni)や外向的感情(Fe)も発揮することで、よりバランスの取れた自己を育成することができます。

 

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー取得。現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)