その他

MBTIとADHDの関係|特徴は創造的なタイプに多い?詳細について徹底解説!

MBTIとは、人々の性格を4つの指標によって16のタイプに分類する診断法です。

この診断法は、自分自身や他者の性格を理解するのに役立ちます。MBTIの16タイプの中で、ADHDという発達障害を持つ人はどのタイプに多いのでしょうか?ADHDとは、注意欠陥多動性障害とも呼ばれる、集中力が続かない人や整理整頓ができない人、落ち着きがなく、すぐに行動するような症状を見ることができる発達障害の一つと言われています。

この記事では、MBTIとADHDの関係について、以下の項目で詳しく解説します

  • MBTIとADHDの関係の概要
  • MBTIの直観型(N)とADHD
  • MBTIの知覚型(P)とADHD
  • MBTIの各タイプとADHD
  • MBTIとADHDの関係のまとめ

MBTIとADHDの関係の概要

MBTIとADHDの関係については、様々な研究や調査が行われていますが、決定的な結論は出ていません。しかし、一般的な傾向として、以下のようなことが言われています。

  • ADHDの人は、全人口の中で5~10%程度と、10人〜20人に1人、クラスに2~3人いる計算になると言われています。
  • ADHDの人は、MBTIの16タイプの中で、直観型(N)や知覚型(P)のタイプに多いと言われています。
  • ADHDの人は、MBTIの16タイプの中で、創造的なタイプに属している人の特徴と近いと言われています。

これらのことから、MBTIとADHDの関係は、性格の傾向や気質として捉えることができるという見方もできるでしょう。

ADHDであることは、必ずしも病気や障害として扱われるべきではなく、個性や遺伝子的な特徴として受け入れることができるという見方もできるでしょう。

MBTIの直観型(N)とADHD

MBTIの16タイプの中で、直観型(N)という指標を持つタイプは、具体的な事実や現実に基づいて物事を判断する感覚型(S)とは対照的に、抽象的な概念や理論に基づいて物事を判断するタイプです。

直観型(N)のタイプは、以下のような特徴を持ちます。

  • 未来志向で、物事の中にパターンや可能性を見つける
  • 新しい物事や新しいやり方を検討することを好む
  • 問題解決することを楽しんでいる
  • 現状を超えていこうとする

これらの特徴は、ADHDの特徴とも重なる部分があります。ADHDの人は、以下のような特徴を持つと言われています。

  • 気が散りやすく、集中力が続かない
  • 忘れ物が多い
  • 喋りだしたら止まらない
  • 衝動が抑えられない

これらの特徴は、直観型(N)のタイプの中でも、特に外向型(E)のタイプに多いと言われています。外向型(E)のタイプは、社交的で活発な性格で、人との交流やコミュニケーションを楽しむタイプです。外向型(E)のタイプは、以下のような特徴を持ちます。

  • 人と話すことでエネルギーを得る
  • 多くの人と関わることを好む
  • 行動する前に考えるよりも、考えながら行動する
  • 変化や刺激を求める

これらの特徴は、ADHDの人が学校や社会で困難に直面する原因となることもあります。ADHDの人は、以下のような問題を抱えることがあります。

  • 授業中に歩き回る
  • 宿題やテストを忘れる
  • 先生や親の指示に従わない
  • 他の子供とトラブルになる

これらの問題は、ADHDの人が直観型(N)や外向型(E)のタイプとしての個性や気質を持っていることによって起こることもあるという見方もできるでしょう。

自分の興味や能力に忠実に生きることを好みます。

自分の目の前にあるものや、自分の身体で感じることに価値を見出します。

自分のやりたいことをやることで、自分の存在意義を感じます。

、自分の能力や才能を発揮することで、自分の自信や魅力を高めます。

MBTIの知覚型(P)とADHD

MBTIの16タイプの中で、知覚型(P)という指標を持つタイプは、計画や決断よりも、柔軟性や自由度を重視するタイプです。

知覚型(P)のタイプは、以下のような特徴を持ちます。

  • 現在の状況に応じて臨機応変に対応することができる
  • 新しいことに挑戦することを楽しむ
  • スケジュールを立てることは苦手で、自分のペースで行動する
  • 繰り返しが多いと飽きる

これらの特徴は、ADHDの特徴とも重なる部分があります。ADHDの人は、以下のような特徴を持つと言われています。

  • 気が散りやすく、集中力が続かない
  • 忘れ物が多い
  • 喋りだしたら止まらない
  • 衝動が抑えられない

これらのことから、MBTIとADHDの関係は、性格の傾向や気質として捉えることができるという見方もできるでしょう。ADHDであることは、必ずしも病気や障害として扱われるべきではなく、個性や遺伝子的な特徴として受け入れることができるという見方もできるでしょう。

MBTIの各タイプとADHD

MBTIの16タイプの中で、ADHDという発達障害を持つ人はどのタイプに多いのでしょうか?

また、どのタイプがADHDの人と相性が良いのでしょうか?ここでは、各タイプの特徴とADHDの関係について、簡単に紹介します。

ENFP(活動家)とADHD

ENFPは、外向型(E)、直観型(N)、感情型(F)、知覚型(P)の4つの指標を持ち、熱心で魅力的な性格です。ENFPは、以下のような特徴を持ちます。

  • 新しいことに興味を持ち、冒険心が強い
  • 人と話すことでエネルギーを得る
  • 感情豊かで、自分の価値観を大切にする
  • 変化や刺激を求める

ENFPは、ADHDの特徴とも重なる部分が多く、ADHDの人の中でも比較的多いタイプと言われています。ENFPは、ADHDの人としての個性や気質を活かすことができるタイプです。ENFPは、以下のような利点を持ちます。

  • 創造的で、問題解決能力が高い
  • 社交的で、人との関係を築くのが得意
  • 柔軟で、変化に対応できる
  • 熱心で、自分のやりたいことに情熱を持つ

ENFPは、ADHDの人と相性が良いタイプと言われています。ENFPは、ADHDの人の気持ちやニーズを理解し、感情的な支援や共感を提供することができます。また、ENFPは、ADHDの人の感情表現を助けることができます。ENFPは、以下のようなタイプとの間で良好な相性が見られます。

  • ENFP(活動家):同じタイプ同士で、互いの特徴や価値観を尊重し合うことができる
  • INFP(仲介者):内向型(I)と外向型(E)のバランスがとれ、互いの感情や創造性を高め合うことができる
  • ENFJ(教育者):感情型(F)と判断型(J)のバランスがとれ、互いの目標や夢を応援し合うことができる

INFP(仲介者)とADHD

INFPは、内向型(I)、直観型(N)、感情型(F)、知覚型(P)の4つの指標を持ち、理想主義的で優しい性格です。INFPは、以下のような特徴を持ちます。

  • 自分の内面に向かって生きる
  • 抽象的な概念や理論に興味を持つ
  • 感情豊かで、自分の価値観を大切にする
  • 柔軟で、自分のペースで行動する

INFPは、ADHDの特徴とも重なる部分が多く、ADHDの人の中でも比較的多いタイプと言われています。INFPは、ADHDの人としての個性や気質を活かすことができるタイプです。INFPは、以下のような利点を持ちます。

  • 創造的で、独自の視点やアイデアを持つ
  • 理想主義的で、自分の信念や情熱を持つ
  • 柔軟で、変化に対応できる
  • 優しいで、他人の気持ちやニーズに敏感である

INFPは、ADHDの人と相性が良いタイプと言われています。INFPは、ADHDの人の気持ちやニーズを理解し、感情的な支援や共感を提供することができます。また、INFPは、ADHDの人の感情表現を助けることができます。INFPは、以下のようなタイプとの間で良好な相性が見られます。

  • ENFP(活動家):外向型(E)と内向型(I)のバランスがとれ、互いの感情や創造性を高め合うことができる
  • INFP(仲介者):同じタイプ同士で、互いの特徴や価値観を尊重し合うことができる
  • INFJ(提唱者):感情型(F)と判断型(J)のバランスがとれ、互いの目標や夢を応援し合うことができる

ENTP(討論者)とADHD

ENTPは、外向型(E)、直観型(N)、思考型(T)、知覚型(P)の4つの指標を持ち、知的で挑戦的な性格です。ENTPは、以下のような特徴を持ちます。

  • 新しいことに興味を持ち、冒険心が強い
  • 人と話すことでエネルギーを得る
  • 論理的で、物事を分析するのが得意
  • 変化や刺激を求める

ENTPは、ADHDの特徴とも重なる部分が多く、ADHDの人の中でも比較的多いタイプと言われています。ENTPは、ADHDの人としての個性や気質を活かすことができるタイプです。ENTPは、以下のような利点を持ちます。

  • 創造的で、問題解決能力が高い
  • 社交的で、人との関係を築くのが得意
  • 論理的で、物事を客観的に判断できる
  • 挑戦的で、自分の能力や才能を発揮できる

ENTPは、ADHDの人と相性が良いタイプと言われています。ENTPは、ADHDの人の気持ちやニーズを理解し、知的な支援や刺激を提供することができます。

MBTIとADHDに関する体験談

私が知る限り、MBTIは個人の性格の傾向を理解するためのツールであり、ADHDは注意欠陥多動性障害として知られる発達障害の一つです。これら二つは異なる概念ですが、性格の特徴とADHDの症状が重なる場合があるという点で関連性が見られます。

例えば、MBTIの中で直観型(N)や知覚型(P)の特徴を持つ人々は、ADHDの特徴と似た傾向を示すことがあります。直観型は未来的な視点を持ち、物事を抽象的に考える傾向があり、知覚型は柔軟性を重視し、計画性よりも spontaneity を大切にする特性があります。これらの特性は、ADHDの人々が示す行動パターンと類似していると言えるでしょう。

私が出会ったあるINFPの方は、自分の創造性と直観力を活かしながらも、日常生活における細かなルーチンやスケジュール管理に苦労していました。彼は、自分の性格とADHDの症状がどのように相互作用しているのかを理解することで、自己受容と自己管理のバランスを取る方法を見つけることができました。

このように、MBTIとADHDは直接的な関係はありませんが、個人の性格の理解を深めることで、ADHDの症状をより良く管理し、自分自身の強みを活かす手助けになることがあります。もちろん、これは一例に過ぎず、個々の体験は多様です。MBTIやADHDについての理解は、個人の自己認識と成長に役立つツールとして有効に活用されるべきです。

MBTIとADHDの関係|ADHDの特徴は創造的なタイプに多い?まとめ

MBTIの各タイプとADHDの関係について、簡単に紹介しました。ADHDの人と相性が良いタイプや悪いタイプについても触れました。

あくまで一般的な傾向であり、個々の相性は、その人の経験や価値観、成長の度合いなど、多くの要素によって影響を受けます。

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー取得。現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)