その他

MBTIでHSP気質がありそうなタイプとは?繊細さんについて徹底解説!!

MBTI(マイヤーズ・ブリッグス・タイプ指標)は、16種類の性格タイプを提供し、個々の傾向や行動パターンを理解するための有効なツールです。

その中でも、HSP(Highly Sensitive Person)と呼ばれる「繊細さん」は、外部の刺激に対して特に敏感で、深い思考や豊かな感情を持つことが特徴です。

今回は、MBTIの中でHSP気質が顕著に表れる可能性が高いトップ5のタイプを、その特性と共に掘り下げてご紹介します。

忙しい方向けに、本記事の内容を私がまとめると以下の通りです。

  • HSP(Highly Sensitive Person)と呼ばれる「繊細さん」は、外部の刺激に対して特に敏感で、深い思考や豊かな感情を持つことが特徴。
  • INFJタイプは、MBTIの中でも特に繊細で理想主義的な性格であり、HSP気質を持つ可能性が高い。
  • INFPタイプは「夢見る創造者」と呼ばれ、内面は豊かな想像力と深い感受性に満ちており、HSP気質を持つとされる。

MBTIでHSP気質がありそうなタイプ1.INFJ  内省的な理想主義者

INFJタイプは、MBTIの中でも特に繊細で理想主義的な性格として知られています。

彼らは内向的直感(Ni)を主要な機能として使用し、深い思考と洞察力を持ち合わせています。このタイプの人々は、しばしばHSP(Highly Sensitive Person)の特徴を持ち、外部の刺激に対して非常に敏感であることが多いです。

内省的な理想主義者としてのINFJ

INFJは、自分の内面世界に深く没頭し、理想とするべき未来のビジョンを持っています。彼らは、自己と他者の調和を重んじ、倫理的で道徳的な価値観を大切にする傾向があります。また、INFJは、他人の感情や動機を理解し、共感する能力が高く、人々の苦悩や喜びを自分のものとして感じ取ることができます。

HSP気質とINFJ

HSP気質を持つINFJは、日常生活の中で感じるさまざまな感覚や感情を深く内省することが多いです。彼らは、周囲の環境や人々の微妙な変化に対して敏感であり、そのために時には過度なストレスを感じることもあります。しかし、この敏感さは、人間関係や創造的な活動において、豊かな感受性として表れることもあります。

INFJの社会への貢献

INFJは、その繊細さと共感力を活かして、人々を助け、支援することに情熱を注ぎます。彼らは、特にカウンセリングや心理学、教育などの分野で、他者の成長と発展を促すことができる人材として重宝されます。INFJの理想主義とHSP気質は、社会に対して深い理解と優しさをもたらすことでしょう。

INFJタイプの人々は、HSP気質を持つことで、繊細で豊かな内面世界を持ち、他者への深い共感と理解を示すことができます。彼らのこの特性は、社会において重要な役割を果たし、人々の心に寄り添う存在となるでしょう。このようなINFJの特性は、HSP気質を持つ人々の理解に役立ち、彼らが持つ独特の価値を社会に示すことにも繋がります。

MBTIでHSP気質がありそうなタイプ2.INFP  夢見る創造者

INFPタイプは、MBTIの中でも特にHSP(Highly Sensitive Person)気質を持つとされるタイプの一つです。

INFPは「夢見る創造者」とも呼ばれ、その内面は豊かな想像力と深い感受性に満ちています。彼らは独自の価値観や倫理観を持ち、自己内省と他者への共感に優れています1

INFPは、感覚刺激に対して敏感であり、光や音、香りなどの物理的な刺激だけでなく、他人の感情や社会的な状況にも強く反応する傾向があります。このため、彼らは周囲の微妙な変化を察知しやすく、他者の心情を深く理解することができます。しかし、その敏感さが原因で、過度なストレスや圧倒されることも少なくありません2

INFPの「夢見る創造者」としての特性は、彼らが理想的な世界を追求し、それを実現するための創造的なアイデアを生み出すことにも表れています。彼らはしばしば、アートや文学、音楽などの分野でその才能を発揮し、独特で奇抜な発想力を持つことが知られています3

INFPがHSP気質を持つことは、彼らの繊細さと深い思考、内省的な性格からも理解できます。これらの特性は、彼らが日常生活や職場で直面する様々な状況において、独自の視点を持ち、人々との深いつながりを築くことを可能にします。ただし、INFPはその感受性の高さから、時には生きづらさを感じることもありますが、それを理解し、適切に対処することで、彼らの繊細な感性は大きな強みとなり得ます4

MBTIでHSP気質がありそうなタイプ3.ISFJ  献身的な守護者

ISFJタイプはMBTIの中で「献身的な守護者」として知られており、HSP(Highly Sensitive Person)気質を持つ人々と共通する特徴が多く見られます。

ISFJは、非常に思いやりが深く、他人の感情に敏感で、周囲のニーズに対して献身的に応えることができる人々です。

彼らは、責任感が強く、伝統や慣習を重んじる傾向があり、家族や友人、職場などのコミュニティにおいて欠かせない存在となっています。しかし、自己犠牲を払いすぎたり、変化を恐れたり、自分の意見を主張することが苦手な側面も持ち合わせています。

ISFJの献身的な性格は、HSP気質の人々が持つ共感力やサポート力を強化することで、周囲の人々を支えるために活かされます。彼らは、相手の気持ちを理解し、寄り添うことで深い信頼関係を築くことができ、困っている人がいれば積極的に手を差し伸べ、サポートします。

要約すると、ISFJタイプは、HSP気質がある人々と同様に、高い共感力と献身性を持ち、周囲の人々を支えることに喜びを感じる人々です。彼らは、自分の優しさと献身性を活かしながら、より自分らしく輝き、周囲の人々を支え続けることを目指しています。

MBTIでHSP気質がありそうなタイプ4.ENFJ  熱意ある指導者

ENFJタイプは、MBTIの16タイプの中で、特にHSP(Highly Sensitive Person、繊細な感受性を持つ人々)の特徴を持ちやすいとされています。

ENFJは外向的な情緒と内向的な直観を組み合わせたNFタイプに属し、感受性が豊かで、直観的な思考を持ち、社交的な性格が特徴です。

ENFJは「熱意ある指導者」とも呼ばれ、その名の通り、他人を助けることを愛し、強いアイデアと価値観を持っています。彼らは、自分の目標を達成するために創造的なエネルギーを持っており、人々をインスパイアし、導くことに深い喜びと充実感を感じます。

ENFJは、困難に直面しても希望を持ち続ける能力を持っており、感謝することを忘れません。彼らは、自分の価値観について声を上げることができ、不正や間違いに気づいたときは、それに立ち向かうことを恐れません。しかし、彼らの感受性と洞察力により、他者に対して押しつけがましくなることはほとんどありません。ENFJは、人々の基本的な動機や信念を見抜く能力を持ち、他者の感情を理解することに長けています。これにより、彼らは非常に説得力のあるコミュニケーターとなり、特に心に近い問題について話すときには、その雄弁さと感受性は無視できないものになります。

ENFJの人々は、真実であり、他人を助けることに情熱を持っています。彼らは、自分が大切にする人々の問題を解決する手助けをしたいと願っており、時にはどんな犠牲を払ってでもそれを実現しようとします。

HSP気質を持つENFJは、外部刺激に敏感であり、感情や環境の変化に強く反応することがあります。彼らは、他者との深いつながりを求め、人々との関係を大切にする傾向があります。このような特性は、ENFJが指導者として、また人間関係においても、他者に対して深い共感と理解を示すことを可能にします。

ENFJは、その熱意と共感性により、周囲の人々にポジティブな影響を与え、彼らの成長を支援することに喜びを感じるのです。

MBTIでHSP気質がありそうなタイプ5.ISFP  自由奔放な芸術家

ISFP型、またはMBTIで「自由奔放な芸術家」として知られるタイプは、独自の価値観と情熱を持ち、自己表現において高い芸術的センスを発揮します。

彼らは内向的で感情豊かな性格を持ち、周囲の人々や環境に対して深い共感を示すことができます。この共感性は、HSP(Highly Sensitive Person)気質と関連していると言えるでしょう。

ISFP型は、自分の内面の世界を大切にし、自由を愛する性格です。彼らは規則や束縛を嫌い、自分の感情や直感に従って行動することを好みます。この自由奔放さは、彼らが新しいアイデアや芸術作品を生み出す源泉となっています。また、ISFP型は、人の感情に敏感であり、他者の感動する要素を知り尽くしているため、人々の心を動かす作品を創造することができます1

しかし、この感受性の高さがストレスを溜めやすい原因にもなり得ます。ISFP型は、他人の批判や否定に対して非常に敏感で、自分の感情を内に溜め込んでしまう傾向があります。そのため、自分の感情を適切に表現し、ストレスを管理する方法を見つけることが、ISFP型の人々にとって重要な課題となるでしょう1

自由奔放な芸術家としてのISFP型は、自分の内面の声に耳を傾け、それを芸術的な形で表現することに喜びを感じます。彼らの創造性と感受性は、彼らを魅力的な人物にし、多くの人々を惹きつける要因となっています。

ISFP型の人々は、自分らしい生き方を追求し、自分の価値観に基づいて行動することで、充実した人生を送ることができるでしょう。

MBTIでHSP気質がありそうなタイプに関する実体験エピソード

HSP(Highly Sensitive Person)気質があるMBTIタイプの私は、学校での環境や人間関係の変化に敏感に反応します。

ある日、学校でのグループ活動中、周囲の緊張感や期待が高まる中、私はその圧力を強く感じ取りました。私のHSP気質が影響し、他の生徒たちの微妙な感情や非言語的なコミュニケーションにも敏感になり、それがストレスとなってしまいました。

しかし、この気質は同時に、他人の感情を深く理解し、共感する能力を与えてくれます。そのため、私は友人が悩んでいる時には、その心情を察知し、適切な助言や支援を提供することができました。学校でのこの経験は、HSP気質を持つ私にとって、自分の感受性を理解し、それを強みとして活かす方法を学ぶ貴重な機会となりました。

感受性共感は、HSP気質を持つMBTIタイプの私が、学校生活の中で他者との深いつながりを築く上で重要な要素です。また、この気質は、教室内での人間関係だけでなく、将来の職場や日常生活においても、人との関わりを豊かにするための大切な資質であると感じています。

MBTIでHSP気質がありそうなタイプとは?繊細さんについて徹底解説!!まとめ

MBTIの性格タイプは、HSP気質を持つ人々の理解に役立つ鍵となります。

上記で挙げた5つのタイプは、繊細さを特に強く持つ傾向があり、それぞれが独自の方法でその感受性を生かしています。HSP気質を持つことは、豊かな内面世界と深い人間理解をもたらし、私たちの社会において重要な役割を果たすことでしょう。

この記事が、HSP気質を持つ方々や、そうした人々を理解したいと願う方々にとって、有益な情報源となることを願っています。

ABOUT ME
この記事の監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー資格取得。 現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者) X(旧Twitter):@jp_16labo