その他

MBTIと学部の相性とは?知っておくと役に立つ情報について徹底解説!!

多くの学生が、将来のキャリアや興味に合った学部を選ぶ際に、自分の性格や特性を考慮することが重要です。

MBTI(Myers-Briggs Type Indicator)は、個人の心理的特性を分類するためのツールであり、学部選択においても役立つ情報を提供します。

この記事では、16のMBTIタイプごとに、それぞれの学部選択の相性について詳しく解説します。

忙しい方向けに、本記事の内容を私がまとめると以下の通りです。

  • 例えば、ENTP型は文学部に適しており、INFJ型は農学部、ISTJ型は社会学部、ENFJ型は心理学部、INTJ型は経済学部、INTP型は工学部、ENTJ型は理工学部、INFP型は教養学部、ISTP型は情報学部、ENFP型は国際文化学部、ISFJ型は経営学部、ESFJ型は看護学部、ISFP型は医学部、ESTP型は外語学部、ISFJ型は法学部、ESTP型は教育学部に適している。

MBTIと学部の相性1.ENTP型  文学部

ENTP型は、創造的思考と批判的分析を得意とするMBTIタイプです。

文学部においては、これらの特性を活かすことができる学科です。ENTP型は、新しいアイデアを生み出し、既存の理論や作品を批判的に分析する能力があります。文学は、言語や表現の豊かさを通じて、人間の経験や社会の複雑さを探求する学問であり、ENTP型はこのような探求において自分の才能を発揮することができるでしょう。

また、文学は多様な視点から物語やテキストを解釈することが求められるため、ENTP型の好奇心と好奇心が満たされます。創造的な解釈や独自の見解を持つことで、文学作品に対する深い理解を得ることができます。これにより、ENTP型は文学の世界で豊かな経験を積み、将来的には創造的な作家や批評家としてのキャリアを追求することが可能です。

したがって、ENTP型は文学部において自分の才能を最大限に発揮し、興味深い学問への道を歩むことができるため、この学科への転向は非常に適しています。

MBTIと学部の相性2.INFJ型  農学部

INFJ型の人物は、感情的に敏感で、理想主義的な性格を持っています。

農学部においては、自然との調和や生態系の保全に対する深い理解が求められます。

INFJ型は、これらの価値観に共鳴し、農学部での学びを通じて、自分の信念を実践することができるでしょう。

また、農学部では、社会的な問題に対する解決策を模索することが多く、INFJ型はそのような挑戦に向かうことに興味を持つ可能性が高いです。

そのため、INFJ型は農学部での学びを通じて、自分の才能を発揮し、社会に貢献することができると薦めます。

農学部では、感情的な理解と理想主義的な考え方が大切な役割を果たすため、INFJ型はこの学部で成長し、自分の価値観を実践する場所として適していると言えるでしょう。

MBTIと学部の相性3.ISTJ型  社会学部

ISTJ型は、社会学部においても多くの利点を持っています。

ISTJ型は、具体的で現実的な視点を持ち、社会的なルールや構造を理解しやすいため、社会学の研究に適しています。また、ISTJ型は、データ分析や統計学に強い能力を持ち、社会学の研究において重要な役割を果たすことができます。

理由1:具体的な分析能力

ISTJ型は、データを詳細に分析し、社会的な現象を理解する能力が高いです。これは、社会学の研究において重要なスキルであり、社会的な問題を解決するための基盤となります。

理由2:社会的な規範への尊重

ISTJ型は、社会的なルールや構造を尊重し、それらを理解することができます。これは、社会学の研究において重要な役割を果たし、社会の秩序を維持するためにも役立ちます。

理由3:リーダーシップと組織化

ISTJ型は、リーダーシップと組織化能力が高く、チームワークやプロジェクト管理においても優れています。これは、社会学の研究においても重要であり、複雑な問題解決に役立ちます。

理由4:実用的なアプローチ

ISTJ型は実用的であり、理論だけでなく実際の社会的な問題に対処することができます。これは、社会学の研究において重要であり、実際の社会問題への対応が求められます。

理由5:倫理観と正義感

ISTJ型は強い倫理観と正義感を持っており、社会学の研究においてもこれらの価値観を反映させることができます。これは、社会学の研究において重要であり、社会的な問題への対応が求められます。

以上の理由から、ISTJ型は社会学部においても多くの利点を持っています。

具体的な分析能力やリーダーシップと組織化能力が高く、実用的なアプローチや倫理観と正義感が強いためです。

したがって、ISTJ型は社会学部においても成功することが期待されます。

MBTIと学部の相性4.ENFJ型  心理学部

ENFJ型の人々は、他人を理解し、支援し、指導することに長けています。

心理学部では、人間の行動や心理を研究することができ、その知識を使って他人の生活を向上させることができます。ENFJ型は、感情的なコミュニケーションと社会的な関係性に強いため、心理学の学位を取得することで、自分の強みを活かしたキャリアを築くことができるでしょう。

また、ENFJ型は、他人の感情を理解し、それに基づいて行動する能力が高いため、心理学者としての役割に適しています。彼らは、患者やクライアントに対して同情的でサポート的なアプローチを取ることができ、効果的な治療やサポートを提供することができます。

さらに、ENFJ型は、チームワークやリーダーシップに優れており、心理学の研究グループやプロジェクトにおいても重要な役割を果たすことができます。彼らは、他のメンバーを指導し、チーム全体の目標達成に貢献することができます。

結論として、ENFJ型は心理学部において自分の能力を最大限に発揮し、社会に貢献するための素晴らしいカリキュラムを提供しています。感情的なコミュニケーションスキルや人間関係性への強い関心がありますから、心理学部への進学は非常に適していると言えるでしょう。

MBTIと学部の相性5.INTJ型  経済学部

INTJ型の人々は、計画的で論理的なアプローチを持ち、直感的で即興的なアプローチを持つ人々との相性が良いとされています。

経済学部では、INTJ型は自分の強みを活かしながら、新しいアイデアや創造的な解決策を生み出すことができるため、学業においても成功する可能性が高いです。また、経済学は多くの計画と分析が必要な分野であり、INTJ型の人々はこれらの要素に適しています。

経済学部では、市場の動向や経済政策の影響を理解し、それらを利用してビジネスや政策立案に貢献することが求められます。INTJ型は、これらの複雑な問題に挑戦し、独自の視点から解決策を見つける能力があります。さらに、経済学は社会的な変化や技術革新に対応するための戦略を立てることも重要であり、INTJ型はこれらの変化に適応し、新しい機会を見つけることができるでしょう。

経済学部では、協力的で生産的な関係を築くことも重要です。INTJ型は他者との相性を理解し、受け入れることで、より良い結果を出すことができます。したがって、INTJ型の人々は経済学部で活躍することができると考えられます。

MBTIと学部の相性6.INTP型  工学部

INTP型は、論理的で分析的な思考を重視する性格タイプです。

工学部に進学することで、その分析力と発想力を活かすことができるとされています。INTP型は、新しい技術や理論に興味を持ち、それらを深く理解しようとする傾向があります。また、問題解決能力が高く、複雑な問題に対しても冷静にアプローチすることができるため、工学の分野での成功に適していると言えるでしょう。

ただし、INTP型は感情的な判断を苦手とする傾向があり、他者との関わりに悩むシーンも少なくありません。仕事や学業においても、しっかり考えてから行動するため行動が遅くなることがあるため、一部の緊急時には不向きな場合もあります。

工学部では、実験やデザインプロジェクトなどの実践的な活動が多いため、INTP型はこれらの活動を通じて自分の能力を発揮することができます。しかし、日々同じ仕事を繰り返すことにはストレスを感じる可能性があるため、変化が多い環境や新しい課題に挑戦することを心がけることが大切です。

結論として、INTP型は工学部においても成功する可能性がありますが、自分の性格特徴を理解し、それに合わせた学習方法やコミュニケーションスキルを身につけることが重要です。また、他者との協力関係を築くことも大切です。

MBTIと学部の相性7.ENTJ型  理工学部

ENTJ型は、リーダーシップと戦略的思考を得意とするMBTIタイプです。

理工学部においては、これらの特性を活かすことができる学科です。ENTJ型は、新しい技術やシステムを開発し、それらを実際の問題に応用する能力があります。理工学は、科学的な原理を基にした実用的な解決策を提供する学問であり、ENTJ型はこのような実践的なアプローチにおいて自分の才能を発揮することができるでしょう。

また、理工学はチームワークと協力が重要であり、ENTJ型のリーダーシップ能力が活かされます。プロジェクト管理や団体での協力作業において、ENTJ型は他者を指導し、目標達成に向けた効率的な計画を立てることができます。これにより、ENTJ型は理工学の世界でリーダーとしての役割を果たし、将来的には技術企業や研究機関でのキャリアを追求することが可能です。

したがって、ENTJ型は理工学部において自分の才能を最大限に発揮し、興味深い学問への道を歩むことができるため、この学科への転向は非常に適しています。

MBTIと学部の相性8.INFP型  教養学部

INFP型の人物は、感情的に敏感で、理想主義的な性格を持っています。

教養学部では、文化や歴史、美学に関する深い理解が求められます。INFP型は、これらの分野での学びを通じて、自分の内面的な価値観を探求し、表現することができるでしょう。また、教養学部では、社会的な問題に対する解決策を模索することが多く、INFP型はそのような挑戦に向かうことに興味を持つ可能性が高いです。そのため、INFP型は教養学部での学びを通じて、自分の才能を発揮し、社会に貢献することができると薦めます。

教養学部では、感情的な理解と理想主義的な考え方が大切な役割を果たすため、INFP型はこの学部で成長し、自分の価値観を実践する場所として適していると言えるでしょう。

MBTIと学部の相性9.ISTP型  情報学部

ISTP型は、情報学部においても多くの利点を持っています。

ISTP型は、実用的で創造的な思考力を持ち、新しいアイデアや解決策を生み出すことができます。また、データ分析や統計学に強い能力を持ち、情報学の研究において重要な役割を果たすことができます。

理由1:実用的なアプローチ

ISTP型は実用的であり、理論だけでなく実際の情報技術の問題に対処することができます。これは、情報学の研究において重要であり、実際の情報技術の問題への対応が求められます。

理由2:創造性

ISTP型は創造性に富んだ思考力が特徴です。新しいアイデアや解決策を生み出すことで、情報学の研究に貢献します。

理由3:データ分析能力

ISTP型はデータ分析や統計学に強い能力を持ち、情報学の研究において重要な役割を果たすことができます。

理由4:自立性

ISTP型は自立性が高く、独自の解決策を見つけることができます。これは、情報学の研究において重要であり、独自の解決策を見つけることが求められます。

理由5:リスク管理

ISTP型はリスクを管理する能力が高く、情報学の研究において重要な役割を果たします。

以上の理由から、ISTP型は情報学部においても多くの利点を持っています。実用的なアプローチや創造性、データ分析能力や自立性、リスク管理能力が高いためです。したがって、ISTP型は情報学部においても成功することが期待されます。

MBTIと学部の相性10.ENFP型  国際文化学部

ENFP型の人々は、創造性、感情的なコミュニケーション、そして社会的な関係性に強いです。

国際文化学部では、多様な文化や言語を学び、世界中の人々と交流することができます。ENFP型は、新しい経験や知識を求める傾向があり、国際文化学部のカリキュラムはその好奇心を刺激し、彼らの能力を最大限に引き出すことができます。

また、ENFP型は、他人の感情を理解し、それに基づいて行動する能力が高いため、国際文化学部での学習は彼らの社会的なスキルをさらに向上させることができます。彼らは、異なる文化や価値観を理解し尊重することで、より良いコミュニケーターとなります。

さらに、ENFP型は、チームワークやリーダーシップに優れており、国際文化学部でのグループプロジェクトや研究では重要な役割を果たすことができます。彼らは、他のメンバーを指導し、チーム全体の目標達成に貢献することができます。

結論として、ENFP型は国際文化学部において自分の能力を最大限に発揮し、社会に貢献するための素晴らしいカリキュラムを提供しています。感情的なコミュニケーションスキルや人間関係性への強い関心がありますから、国際文化学部への進学は非常に適していると言えるでしょう。

MBTIと学部の相性11.ISFJ型  経営学部

ISFJ型は、擁護者として知られる性格タイプで、仕事においては詳細に注意を払い、安定した環境を好む傾向があります。

経営学部では、計画性実践的なスキルが求められるため、ISFJ型はこれらの要素を活かすことができるとされています。

ISFJ型は、他者のニーズを理解し合い協力的な関係を築くことに長けています。経営学部では、チームワークやプロジェクト管理が重要な役割を果たすため、ISFJ型はこれらの活動での成功に適していると言えます。

しかし、ISFJ型は自己主張が強すぎないことが重要であり、他者の意見を尊重しながらも自分の意見を伝えるバランスが取れている必要があります。経営学部では、多様な視点から問題解決に取り組むことが求められるため、ISFJ型はこれに対応するために自己成長を図ることが大切です。

結論として、ISFJ型は経営学部においても成功する可能性がありますが、自分の性格特徴を理解し、それに合わせた学習方法やコミュニケーションスキルを身につけることが重要です。また、他者との協力関係を築くことも大切です。

MBTIと学部の相性12.ESFJ型  看護学部

ESFJ型の人々は、温かみ、共感、お手伝いの意欲があり、決断力があり、徹底的で一貫性があるとされています。

これらの特性は、看護学部などの人間関係において非常に有益です。看護学部では、患者やチームメイトとの良好な関係を築くことが重要であり、ESFJ型はそのような関係を形成しやすいと言えるでしょう。

また、ESFJ型は直感的な理解とスムーズなコミュニケーションにより、誤解や摩擦が少なく、調和の取れた関係が築ける傾向があります。仕事では自然な信頼関係が築かれ、パフォーマンスが向上します。恋愛では論理的な性格と直感的なアプローチが補完し合い、安心感と満足感を得やすいです。

ESFJ型は、他者の行動を見ることで自己の短所を理解し、職場での成長の機会が増えます。言葉にしなくても理解し合える場面が多く、深い絆を築きやすい関係です。これらの特性は看護学部での成功につながる可能性が高いです。

MBTIと学部の相性13.ISFP型  医学部

MBTIのISFP型は、感情的で直感的で、芸術的な才能を持つ人々を指します。

医学部に進学する際には、以下のような特性が役立つかもしれません。

感情的な理解

医学は患者の感情を理解することが重要です。ISFPは他者の感情に共感しやすく、患者との良好な関係を築くことができます。

直感的な判断力

医学では、瞬時の判断が求められることがあります。ISFPは直感的な判断力を持ち、緊急時にも迅速に対応できる可能性があります。

芸術的なアプローチ

医学は科学的な知識だけでなく、創造性も必要です。ISFPは芸術的な視点を持ち込むことで、新しい治療法やアイデアを生み出すことができるかもしれません。

ただし、医学は厳格な科学的基盤と規則に基づいており、ISFPのような直感的で芸術的なタイプは、厳格な科学的方法論に従うことが求められる場合もあります。そのため、ISFP型の人々は自分自身の特性を活かしながらも、医学の基本原則に従う必要があります。

また、医学部では多様なタイプが協力して働くため、ISFP型の人々は他のタイプとの協力関係を築くことで、より良い医療提供者になることができます。相性を知って人間関係に活かすことで、日々の仕事を円滑にすることが可能です。

MBTIと学部の相性14.ESTP型  外語学部

ESTP型の人々は、創造性、感情的なコミュニケーション、そして社会的な関係性に強いです。

外語学部では、多様な言語や文化を学び、世界中の人々と交流することができます。ESTP型は、新しい経験や知識を求める傾向があり、外語学部のカリキュラムはその好奇心を刺激し、彼らの能力を最大限に引き出すことができます。

また、ESTP型は、他人の感情を理解し、それに基づいて行動する能力が高いため、外語学部での学習は彼らの社会的なスキルをさらに向上させることができます。彼らは、異なる文化や価値観を理解し尊重することで、より良いコミュニケーターとなります。

さらに、ESTP型は、チームワークやリーダーシップに優れており、外語学部でのグループプロジェクトや研究では重要な役割を果たすことができます。彼らは、他のメンバーを指導し、チーム全体の目標達成に貢献することができます。

結論として、ESTP型は外語学部において自分の能力を最大限に発揮し、社会に貢献するための素晴らしいカリキュラムを提供しています。感情的なコミュニケーションスキルや人間関係性への強い関心がありますから、外語学部への進学は非常に適していると言えるでしょう。

MBTIと学部の相性15.ISFJ型  法学部

ISFJ型は、法学部においても良い相性を持っています。

ISFJは、人間関係において非常に敏感であり、周囲の人々の感情を理解し、支援することに長けています。法学では、これらの特性が大変役立ちます。例えば、法律の適用や裁判所での対応において、ISFJ型は他人の立場を理解し、公正な判断を下すことができます。

また、ISFJ型は詳細な注意を払い、情報を整理することに長けています。法学では、これらのスキルが重要です。法律の文書や証拠を分析し、必要な情報を抽出する際には、ISFJ型の能力が有効です。さらに、ISFJ型はチームワークにも優れており、他のメンバーと協力しながら共通の目標を達成することができます。

結論として、ISFJ型は法学部で成功するための素晴らしい資質を持っており、その人間関係力と注意力が組み合わさることで、多くの可能性を秘めています。彼らは将来的には弁護士や法律家として重要な役割を果たすことが期待されます。

MBTIと学部の相性16.ESTP型  教育学部

ESTP型は、起業家型として知られる性格タイプで、実践的で行動的な思考を特徴としています。

教育学部では、新しい教育方法や技術に対する興味を持ち、実際にそれらを実践することができるため、成功する可能性があります。

ESTP型は、変化に対して積極的であり、新しい課題に挑戦することを好みます。教育学部では、教育の分野での多様な課題に対処する能力が求められるため、ESTP型はこれらの課題に適していると言えます。

しかし、ESTP型は計画性長期的な目標設定に苦労する傾向があります。教育学部では、教育プログラムの計画や研究プロジェクトの長期的な管理が必要な場合が多いため、ESTP型はこれらの要素を活かすために自己成長を図る必要があります。

結論として、ESTP型は教育学部においても成功する可能性がありますが、自分の性格特徴を理解し、それに合わせた学習方法やコミュニケーションスキルを身につけることが重要です。また、計画性や長期的な目標設定に関する自己成長も大切です。

MBTIと学部の相性に関する実体験エピソード

私はINTJ型の人物で、学校での実体験を共有いたします。

INTJ型は、自分の考えを内面化し、他人とのコミュニケーションを避ける傾向があります。私の場合、特に集団でのプレゼンテーションやグループプロジェクトは苦手でした。例えば、一度は数学の授業でグループプロジェクトを行うことになりました。私は計画を立て、作業を進めることができましたが、他のメンバーとのコミュニケーションは少なく、彼らが理解していないことに気づきました。結果的に、プロジェクトは成功しましたが、私は他人とのコミュニケーションスキルを向上させる必要があることを学びました。

この経験から、私は自分の強みを活かしながらも、他人との関係を築くために努力することの重要性を理解しました。

MBTIと学部の相性とは?知っておくと役に立つ情報について徹底解説!!まとめ

 MBTIは、個人が自分自身を理解し、自分に合った学部を選ぶ上で非常に役立つツールです。

各タイプごとに異なる特性や傾向があり、それらを活かした学業道路を見つけることができます。この記事では、16のMBTIタイプごとに、それぞれの学部選択の相性について詳しく解説しました。

将来的なキャリアや興味に合った学部を選ぶ際には、自分のMBTIタイプを参考にしてみてください。

 

ABOUT ME
この記事の監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー資格取得。 現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者) X(旧Twitter):@jp_16labo

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です