その他

MBTIのバーナム効果ってなに?自分のことを言い表している様に感じてしまう件について徹底解説!

バーナム効果(Barnum effect)は、人々が一般的で曖昧な性格の特性やホロスコープの記述を、自分に当てはまると感じてしまう心理現象を指します。

この効果は、MBTI(Myers-Briggs Type Indicator)などの性格診断テストにも当てはまります。

MBTIに関わる部分として更に下記では解説していきます。

バーナム効果とは?

バーナム効果(Barnum effect)は、人々が一般的で曖昧な性格の特性やホロスコープの記述を、自分に当てはまると感じてしまう心理現象を指します。

この効果は、MBTI(Myers-Briggs Type Indicator)などの性格診断テストにも当てはまります。

なぜバーナム効果が起こるのか?

バーナム効果は、以下の要因によって引き起こされます。

一般的な記述

性格診断テストや占いの記述は、一般的で曖昧なものが多いです。これにより、多くの人が当てはまると感じることがあります。

自己肯定感

人々は自分に肯定的な側面を見たいと思う傾向があります。そのため、自分に当てはまると感じる記述を受け入れやすくなります。

認知バイアス

人々は自分に関連する情報を選択的に受け入れる傾向があります。バーナム効果は、この認知バイアスによって強化されます。

MBTIとバーナム効果

MBTIは16の異なる性格タイプに人々を分類します。各タイプの記述は一般的で曖昧なものが多く、個々の人に当てはまる部分があるため、バーナム効果が発生しやすいです。

どう対処するか?

客観的な視点

性格診断結果を客観的に見ることが大切です。自分に当てはまる部分だけでなく、当てはまらない部分も考慮しましょう。

個別の特性

自分の性格は一つのタイプだけでなく、個々の特性や経験によっても形成されます。MBTIはあくまで一つの視点であり、全てを網羅するものではありません。

自己探求

自分自身を深く知るために、MBTI以外の方法でも自己探求を行いましょう。

MBTIのバーナム効果ってなに?自分のことを言い表している様に感じてしまう件について徹底解説!まとめ

バーナム効果(Barnum effect)は、人々が一般的で曖昧な性格の特性やホロスコープの記述を、自分に当てはまると感じてしまう心理現象を指します。この効果は、MBTI(Myers-Briggs Type Indicator)などの性格診断テストにも当てはまります。

バーナム効果が起こる理由は、一般的な記述、自己肯定感、および認知バイアスによるものです。性格診断テストの記述は、多くの人が当てはまるような曖昧なものが多いため、自分に当てはまると感じやすくなります。また、人々は自分に関連する情報を選択的に受け入れる傾向があり、バーナム効果はこの認知バイアスによって強化されます。

MBTIは16の異なる性格タイプに人々を分類しますが、各タイプの記述も一般的で曖昧なものが多いため、バーナム効果が発生しやすいです。

バーナム効果に対処するためには、客観的な視点を持ち、個別の特性を考慮することが重要です。自己探求を進めることで、より深い理解を得ることができます。

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー取得。現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)