その他

MBTIと軍隊の相性は?16タイプ別に分析した結果について徹底解説!

MBTIとは、人間の性格を16種類に分類する心理学的な理論です。

自分や他人の性格を理解するのに役立ちます。しかし、MBTIの性格タイプによっては、軍隊との相性が良いものと悪いものがあります。

軍隊とは、国家の防衛や安全保障のために組織された武装集団です。軍隊には、厳格な規律や階級制度、命令系統があります。

また、軍隊には、戦闘や訓練などの危険な任務があります。

このような特徴から、軍隊には、特定の性格タイプが求められることが予想されます。

では、MBTIの16タイプのうち、どのタイプが軍隊に向いているのでしょうか?それでは、早速見ていきましょう。

【MBTI】軍隊に向いているタイプ

軍隊に向いているタイプは、以下のような特徴を持っていると考えられます。

  • 規律や秩序を重んじる
  • 階級や命令に従う
  • 危険やストレスに強い
  • 戦闘や訓練に熱心で能力が高い
  • 団結や協調性を持つ
  • 感情をコントロールする

これらの特徴に合致するタイプは、以下のようになります。

  • ESTJ(責任者タイプ):ESTJは、軍隊に最も向いているタイプと言えるでしょう。彼らは、規律や秩序を重んじ、階級や命令に忠実に従います。彼らは、危険やストレスに強く、戦闘や訓練に熱心で能力が高いです。彼らは、団結や協調性を持ち、部下や同僚をリードすることができます。彼らは、感情をコントロールし、冷静に判断することができます。ESTJは、軍隊の中でリーダーや指揮官として活躍することができるでしょう。
  • ISTJ(努力家タイプ):ISTJも、軍隊に向いているタイプの一つです。彼らは、ESTJと同様に、規律や秩序を重んじ、階級や命令に忠実に従います。彼らは、危険やストレスに強く、戦闘や訓練に熱心で能力が高いです。彼らは、団結や協調性を持ち、部下や同僚をサポートすることができます。彼らは、感情をコントロールし、冷静に判断することができます。ISTJは、軍隊の中で信頼される部下や同僚として活躍することができるでしょう。
  • ESFJ(社交家タイプ):ESFJは、軍隊に向いているタイプの一つです。彼らは、規律や秩序を重んじ、階級や命令に忠実に従います。彼らは、危険やストレスに強く、戦闘や訓練に熱心で能力が高いです。彼らは、団結や協調性を持ち、部下や同僚との人間関係を築くことができます。彼らは、感情をコントロールし、冷静に判断することができます。ESFJは、軍隊の中で人気のある部下や同僚として活躍することができるでしょう。
  • ISFJ(保護者タイプ):ISFJも、軍隊に向いているタイプの一つです。彼らは、ESFJと同様に、規律や秩序を重んじ、階級や命令に忠実に従います。彼らは、危険やストレスに強く、戦闘や訓練に熱心で能力が高いです。彼らは、団結や協調性を持ち、部下や同僚との人間関係を築くことができます。彼らは、感情をコントロールし、冷静に判断することができます。ISFJは、軍隊の中で忠実な部下や同僚として活躍することができるでしょう。

【MBTI】軍隊に向いていないタイプ

軍隊に向いていないタイプは、以下のような特徴を持っていると考えられます。

  • 規律や秩序を嫌う
  • 階級や命令に反抗する
  • 危険やストレスに弱い
  • 戦闘や訓練に興味がないか能力が低い
  • 団結や協調性に欠ける
  • 感情をコントロールできない

これらの特徴に合致するタイプは、以下のようになります。

  • ENFP(改革者タイプ):ENFPは、軍隊に最も向いていないタイプと言えるでしょう。彼らは、規律や秩序を嫌い、階級や命令に反抗します。彼らは、危険やストレスに弱く、戦闘や訓練に興味がないか能力が低いです。彼らは、団結や協調性に欠け、部下や同僚との人間関係を壊すことがあります。彼らは、感情をコントロールできず、衝動的に行動することがあります。ENFPは、軍隊の中で問題を起こす部下や同僚として扱われることが多いでしょう。
  • INFP(心理学者タイプ):INFPも、軍隊に向いていないタイプの一つです。彼らは、ENFPと同様に、規律や秩序を嫌い、階級や命令に反抗します。彼らは、危険やストレスに弱く、戦闘や訓練に興味がないか能力が低いです。彼らは、団結や協調性に欠け、部下や同僚との人間関係を築くことができません。
  • ISFJ(保護者タイプ):ISFJは、二軍に向いているタイプの一つです。彼らは、規律や秩序を重んじ、階級や命令に忠実に従います。彼らは、危険やストレスに強く、戦闘や訓練に熱心で能力が高いです。彼らは、団結や協調性を持ち、部下や同僚との人間関係を築くことができます。彼らは、感情をコントロールし、冷静に判断することができます。ISFJは、軍隊の中で忠実な部下や同僚として活躍することができるでしょう。
  • ESTP(冒険者タイプ):ESTPは、二軍に向いているタイプの一つです。彼らは、規律や秩序を重んじ、階級や命令に忠実に従います。彼らは、危険やストレスに強く、戦闘や訓練に熱心で能力が高いです。彼らは、団結や協調性を持ち、部下や同僚との人間関係を築くことができます。彼らは、感情をコントロールし、冷静に判断することができます。ESTPは、軍隊の中で冒険的な部下や同僚として活躍することができるでしょう。
  • ESFP(楽天家タイプ):ESFPは、二軍に向いているタイプの一つです。彼らは、規律や秩序を重んじ、階級や命令に忠実に従います。彼らは、危険やストレスに強く、戦闘や訓練に熱心で能力が高いです。彼らは、団結や協調性を持ち、部下や同僚との人間関係を築くことができます。彼らは、感情をコントロールし、冷静に判断することができます。ESFPは、軍隊の中で楽天的な部下や同僚として活躍することができるでしょう。

軍隊に向いているタイプと向いていないタイプのまとめ

以上が、MBTIの16タイプ別に分析した軍隊との相性についての記事でした。

軍隊に向いているタイプは、規律や秩序を重んじ、階級や命令に従い、危険やストレスに強く、戦闘や訓練に熱心で能力が高く、団結や協調性を持ち、感情をコントロールすることができるタイプです。

これらの特徴に合致するタイプは、ESTJ、ISTJ、ESFJ、ISFJ、ESTP、ESFPの6タイプです。軍隊に向いていないタイプは、規律や秩序を嫌い、階級や命令に反抗し、危険やストレスに弱く、戦闘や訓練に興味がないか能力が低く、団結や協調性に欠け、感情をコントロールできないタイプです。

これらの特徴に合致するタイプは、ENFP、INFP、INTP、INTJの4タイプです。

 

 

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー取得。現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)