その他

MBTIは信頼できるのか?心理学的な根拠と批判について徹底解説!

MBTIとは、Myers-Briggs Type Indicator(マイヤーズ・ブリッグス・タイプ指標)の略称で、人間の性格を16種類に分類する性格診断です。

MBTIは、自分や他人の性格や行動を深く理解することができるとして、世界中で広く利用されています。

しかし、MBTIは本当に信頼できるのでしょうか?MBTIの心理学的な根拠と批判について、検証してみましょう。

MBTIの心理学的な根拠は?

MBTIの心理学的な根拠は?

MBTIは、スイスの心理学者であるカール・ユングのタイプ論に基づいています。

ユングは、人間の性格は4つの心理機能(感覚、直観、思考、感情)と2つの態度(外向、内向)によって決まると考えました。

ユングのタイプ論は、人間の心理的な発達や個性の多様性を説明する理論として、高い評価を受けています。MBTIは、ユングのタイプ論をもとに、アメリカの母娘であるキャサリン・ブリッグスとイザベル・マイヤーズが開発しました。

ブリッグスとマイヤーズは、ユングのタイプ論を実用的に活用できるように、質問紙の形式に落とし込みました。また、ユングのタイプ論にはなかった「判断」と「知覚」という指標を追加し、性格の分類を8種類から16種類に増やしました。

MBTIは、ブリッグスとマイヤーズによって長年にわたって研究や改良が重ねられ、その信頼性や妥当性が検証されてきました。

MBTIは、自分の性格を理解するだけでなく、職業選択や人間関係の改善など、様々な場面で役立てることができます。

MBTIは信頼できるのか?MBTIの批判について

MBTIは信頼できるのか?MBTIの批判について

MBTIは、多くの人に支持されている性格診断ですが、一方で批判も受けています。

MBTIの批判には、以下のようなものがあります。

MBTIは、性格を二項対立で分けることに問題がある

MBTIは、人間の性格を4つの二分法(外向・内向、感覚・直観、思考・感情、判断・知覚)で表しますが、これは現実には存在しない単純化された分類だという指摘があります。一部の心理学者は、性格特性は二項対立ではなく連続体上に存在すると主張しています。例えば、外向と内向は、どちらか一方に完全に分かれるのではなく、その中間にある人も多いということです。また、MBTIは、性格が固定されたものであるという前提に基づいていますが、これも現実には当てはまらないという指摘があります。人間の性格は、環境や経験などによって変化する可能性があるということです。

MBTIは、その経験的な支持が不足している

MBTIは、ユングのタイプ論に基づいていますが、ユングのタイプ論自体が科学的な根拠に乏しいという指摘があります。ユングのタイプ論は、彼自身の経験や観察に基づいて作られたものであり、客観的なデータや実験によって検証されたものではありません。また、MBTIは、ブリッグスとマイヤーズによって開発されましたが、彼女たちは心理学の専門家ではなく、独学で研究を行っていたということです。MBTIは、その信頼性や妥当性を検証するための研究が進められてきましたが、その結果は必ずしも一貫していないということです。特に、MBTIの再試験信頼性は低い傾向にあるという研究があります。再試験信頼性とは、同じテストを同じ人が何度も受けたときに、同じ結果が出るかどうかを測る指標です。MBTIの再試験信頼性は、平均で50%程度という低い水準であり、これは、MBTIの結果が安定していないことを示しています。

MBTIは、確認バイアスの可能性があるという批判

確認バイアスとは、自分の信念や期待に合う情報を選択的に受け入れることで、自分の考えを正当化する傾向のことです。MBTIは、自分の性格を16種類のうちの1つに分類することで、自分の特徴や傾向を説明することができます。しかし、これは、自分の性格に合わない情報を無視したり、自分の性格に合う情報を過剰に解釈したりすることにつながる可能性があります。例えば、自分が「感情型」と診断されたときに、「感情型は人間関係や感情を重視するタイプだから、自分は優しくて思いやりがある」と思い込んだり、「感情型は判断力や論理性に欠けるタイプだから、自分は頭が悪い」と思い込んだりすることがあります。これは、自分の性格に対する偏見や先入観を強化することになり、自分の可能性や成長を制限することになりかねません。

MBTIは信頼できるのか?心理学的な根拠と批判について徹底解説!まとめ

MBTIは、人間の性格を16種類に分類する性格診断です。MBTIは、自分や他人の性格や行動を深く理解することができるとして、世界中で広く利用されています。

しかし、MBTIは本当に信頼できるのでしょうか?MBTIの心理学的な根拠と批判について、検証してみました。MBTIの心理学的な根拠は、カール・ユングのタイプ論に基づいており、人間の心理的な発達や個性の多様性を説明する理論として、高い評価を受けています。MBTIは、ユングのタイプ論を実用的に活用できるように、キャサリン・ブリッグスとイザベル・マイヤーズによって開発され、その信頼性や妥当性が検証されてきました。MBTIは、自分の性格を理解するだけでなく、職業選択や人間関係の改善など、様々な場面で役立てることができます。MBTIの批判は、性格を二項対立で分けることに問題があるという批判や、その経験的な支持が不足しているという批判や、確認バイアスの可能性があるという批判があります。MBTIは、人間の性格を4つの二分法で表しますが、これは現実には存在しない単純化された分類だという指摘があります。また、MBTIは、ユングのタイプ論自体が科学的な根拠に乏しいという指摘があります。さらに、MBTIは、自分の性格に合う情報を選択的に受け入れることで、自分の考えを正当化する傾向があるという指摘があります。これらの批判は、MBTIの信頼性や妥当性に疑問を投げかけるものです。

MBTIは、人間の性格を16種類に分類する性格診断です。MBTIは、自分や他人の性格や行動を深く理解することができるとして、世界中で広く利用されています。しかし、MBTIは本当に信頼できるのでしょうか?MBTIの心理学的な根拠と批判について、検証してみました。MBTIの心理学的な根拠は、カール・ユングのタイプ論に基づいており、人間の心理的な発達や個性の多様性を説明する理論として、高い評価を受けています。MBTIの批判は、性格を二項対立で分けることや、その経験的な支持が不足していることや、確認バイアスの可能性があることなどがあります。MBTIは、自分の性格を理解することには有用ですが、その結果に盲信することは避けるべきです。MBTIは、自分の性格の一面を示すものであり、自分の性格の全てを示すものではありません。MBTIは、自分の性格を客観的に見るためのツールであり、自分の性格を決めるためのルールではありません。MBTIは、自分の性格を理解することで、自分の可能性や成長を広げることに役立てることができます。

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー取得。現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)