その他

INFJタイプはなぜSNSが苦手なのか?その理由と対処法について徹底解説!

SNSは現代社会において、コミュニケーションや情報収集の重要なツールとなっています。

しかし、SNSを使うことに抵抗感や不安を感じる人も少なくありません。

特に、MBTIの性格診断でINFJタイプと呼ばれる人は、SNSが苦手な傾向が強いと言われています。

INFJタイプは、どのような特徴を持ち、なぜSNSが苦手なのでしょうか?

また、SNSを使う上での悩みやストレスを軽減する方法はあるのでしょうか?

本記事では、INFJタイプの性格とSNSとの関係について、詳しく解説します。

INFJタイプとは

MBTIとは、マイヤーズ・ブリッグス・タイプ・インディケーターの略で、人の性格を16種類に分類する方法です。MBTIでは、以下の4つの次元で、人の性格を判断します。

  • 外向性(E)か内向性(I)か
  • 感覚(S)か直感(N)か
  • 思考(T)か感情(F)か
  • 判断(J)か知覚(P)か

これらの組み合わせによって、16種類の性格タイプが生まれます。INFJタイプは、内向性(I)、直感(N)、感情(F)、判断(J)の4つの特徴を持つ性格タイプです。INFJタイプの人は、以下のような特徴を持ちます。

  • 理想主義で、自分の信念や価値観に基づいて行動する
  • 深い洞察力と想像力を持ち、物事の本質や意味を探求する
  • 人間関係や社会問題に敏感で、他人の感情やニーズに配慮する
  • 独立心が強く、自分のペースで物事を進める
  • 完璧主義で、自分や他人に高い基準を求める
  • 内省的で、自分の感情や考えを分析する

INFJタイプは、人口の約1%しかいないと言われる、非常に珍しい性格タイプです。そのため、INFJタイプの人は、自分が周囲と違うと感じることが多く、孤独感や理解されないという感覚に苛まれることがあります。

INFJタイプがSNSが苦手な理由

INFJタイプの人は、SNSを使うことに対して、以下のような理由で苦手意識を持つことがあります。

  • SNSは表面的で、物事の本質や意味を見失いやすいと感じる
  • SNSは自分の価値観や信念と合わない意見や情報に触れることが多く、ストレスを感じる
  • SNSは他人との比較や評価が目につきやすく、自分の不十分さや劣等感を煽る
  • SNSは他人の感情やニーズに応えることが難しく、自分の配慮が足りないと自責する
  • SNSは自分のプライバシーや時間を侵害すると感じる

INFJタイプの人は、SNSを使うことで、自分の理想や感情に反することに直面することが多くなります。その結果、自分の内面との葛藤や疲労を感じることがあります。また、INFJタイプの人は、自分の感情や考えを表現することが苦手なこともあります。そのため、SNSで自分を表現することに抵抗感や不安を感じることがあります。

INFJタイプがSNSを使う上での対処法

INFJタイプの人がSNSを使う上で、以下のような対処法が有効です。

  • SNSを使う目的や期待値を明確にする
  • SNSを使う時間や頻度を制限する
  • SNSを使う前後にリラックスする方法を見つける
  • SNSでのコミュニケーションは、自分のペースで行う
  • SNSでの評価や比較に惑わされず、自分の価値観や信念を大切にする
  • SNSでの意見や情報に対して、批判的に考える
  • SNSでのトラブルやストレスに遭った場合は、適切に対処する

INFJタイプの人は、SNSを使うことで、自分の内面との調和や平和を乱されることがあります。そのため、SNSを使うことに対して、自分の目的や期待値を明確にし、自分のペースや限界を守ることが大切です。また、SNSを使うことで得られるメリットや楽しみも見逃さないようにしましょう。SNSは、自分の興味や関心に合った情報や人と出会うことができる素晴らしいツールです。INFJタイプの人は、SNSを使うことで、自分の理想や感情を共有できる仲間や支援者を見つけることができるかもしれません。

INFJタイプはなぜSNSが苦手なのか?その理由と対処法について徹底解説!まとめ

INFJタイプは、理想主義で深い洞察力と想像力を持つ性格タイプです。

しかし、SNSを使うことに対して、苦手意識やストレスを感じることがあります。

その理由は、SNSが自分の価値観や信念と合わないことに直面することが多いからです。

INFJタイプの人がSNSを使う上での対処法は、SNSを使う目的や期待値を明確にし、自分のペースや限界を守ることです。

INFJ(提唱者)とは?関連記事一覧はこちら

 

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー取得。現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)