その他

日本語でMBTI診断を受けるためのウェブサイトガイド!

MBTI診断は、自己理解を深めるための有効なツールとして世界中で利用されています。

日本においても、この診断を日本語で受けられるウェブサイトがいくつか存在します。これらのサイトは、自分自身や他者の性格タイプを理解するのに役立ちます。

今回は、日本語でMBTI診断が可能なウェブサイトを紹介し、各タイプの特徴を簡潔に解説します。

【日本語でMBTI診断】16Personalities – 総合的な性格診断

性格MBTIとは、マイヤーズ=ブリッグスタイプ指標(MBTI)に基づいた性格診断ツールの一つです。

この簡易版ツールは、個人の性格タイプを理解するために設計されており、通常、質問に答えることで利用者のMBTIタイプを特定します。MBTIは16種類の性格タイプに分けられ、各タイプは特定の性格特性、嗜好、行動様式を示します。

簡易版MBTI診断ツールは、通常、以下の4つの二項対立から成り立っています:

外向性(E) 対 内向性(I)

社交的か、それとも独りでいることを好むか。

感覚(S) 対 直観(N)

具体的な情報を好むか、抽象的な概念を好むか。

思考(T) 対 感情(F)

論理的な判断を好むか、人間関係を重視するか。

判断(J) 対 知覚(P)

計画を立てることを好むか、柔軟であることを好むか。

これらの次元を通じて、個人の傾向や自然な行動様式を把握し、自己理解や人間関係の改善に役立てることができます。ただし、MBTIはあくまで一つのツールであり、人間の複雑な性格を完全に捉えるものではありません。個々の結果は、自己認識の出発点として有用ですが、個人を狭い枠にはめるものではないということを理解することが重要です。

【日本語でMBTI診断】性格MBTI – 簡易版MBTI診断ツール 性格MBTI

16Personalitiesは、日本語を含む多言語で利用可能なMBTI診断のウェブサイトです。このサイトは、NERIS Type Explorer®という独自の性格診断テストを提供しており、ユーザーは自分の性格タイプを明らかにするために一連の質問に答えます。診断結果は、個人の性格タイプが人生の多くの分野にどのような影響を与えるかを理解するのに役立ちます。

16Personalitiesの診断テストは、無料でアクセスでき、オプションのプレミアム教材を通じて、自己成長のためのさらなるアドバイスや詳細な分析を受けることができます。このサイトは、性格タイプに基づいた人間関係やキャリアのアドバイスも提供しており、自分自身や他人をより深く理解するためのリソースとして非常に価値があります。

16Personalitiesの特徴は、ユーザーが自分の性格タイプを学び、それを自己成長や人間関係の改善に活かすことができる点にあります。また、性格診断後には、各性格タイプの詳細な説明とともに、そのタイプの人々が直面する一般的な強みや弱みについての洞察を提供しています。これにより、ユーザーは自分の性格をより深く理解し、日常生活や職場での対人関係において自分の強みを活かす方法を見つけることができます。

16Personalitiesは、自己理解と個人的な成長を目指す人々にとって、有用なツールとなるでしょう。ただし、MBTI診断の結果はあくまで一つの指標であり、個々の性格の多様性を尊重し、診断結果を絶対視しないことが重要です。自己理解の一助として、このツールを活用することをお勧めします。

【日本語でMBTI診断】JPP Web Service – 日本MBTI協会認定

JPP Web Service(JWS)は、日本MBTI協会によって認定されたオンラインでMBTIアセスメントを受けることができるサービスです。このサービスは、個人が自分自身の性格タイプを理解し、自己成長や人間関係の改善に役立てることを目的としています。JWSでは、MBTIの様々な資料や検査が提供されており、心理検査の専門家や認定を受けたユーザーが利用できるようになっています。

JWSは、心理検査の専門家によって設立された出版社であり、MBTIをはじめとする標準化された心理検査のWeb版を専門に扱っています。MBTIについては、ユングのタイプ論を基にした国際規格に基づいた性格検査であり、個人をタイプに分類したり性格を診断するのではなく、個人が自分の心を理解し、より生かすための座標軸として用いることが目的です。

また、JWSは日本で唯一のオンラインMBTIシステムであり、ZOOMなどのビデオ会議ツールを使ってリアルタイムでのコミュニケーションを取りながら、MBTIの検査やセッションを行うことが可能です。これにより、利用者は自宅やオフィスなど、どこからでもMBTIアセスメントを受けることができるようになっています。

日本語でMBTI診断を受けた実体験エピソード

もちろんです。学校生活での私のMBTI診断の実体験を共有します。

私は高校生の頃、MBTI診断を受ける機会がありました。当時、自分自身について深く理解したいと思っていたので、興味津々でテストを受けました。

診断結果は、私がINFJタイプであることを示していました。初めてそのタイプを知ったとき、いくつかの驚きと納得がありました。以下に、私が感じたことを詳しく述べてみましょう。

  1. 内向的な性格:
    • INFJは内向的で、内面に向かってエネルギーを向ける傾向があります。私は社交的ではなく、一人で考える時間を大切にしていました。この特性は、学業に集中する際に役立ちました。
  2. 直感的な判断:
    • INFJは直感的に物事を理解し、未来の展望を持つ能力に優れています。私は常に直感に頼り、新しいアイデアやプロジェクトに取り組むことが多かったです。
  3. 感受性と共感力:
    • INFJは感受性が豊かで、他人の感情に敏感に反応します。私は友人や家族の気持ちを理解し、共感することができました。
  4. 完璧主義:
    • INFJは自分自身や他人に対して高い基準を持ちます。私は学業やプロジェクトにおいても完璧を求め、細部にまで気を配りました。
  5. 人々を救いたい:
    • INFJは他人の幸福や成長を重視します。私は友人やクラスメートのサポートに力を入れ、人々を助けることに喜びを感じました。

学校生活でのINFJの特性は、私が自分自身を理解し、他人と深くつながる手助けとなりました。また、この診断を通じて、異なるタイプの人々とのコミュニケーションを改善する方法を学びました。

日本語でMBTI診断を受けるためのウェブサイトガイド!まとめ

日本語でMBTI診断を受けることができるウェブサイトは複数あります。

16Personalitiesは総合的な性格分析を提供し、性格MBTIは簡易版の診断を、JPP Web Serviceは公式な診断を受けることができます。これらのサイトを利用することで、自己理解を深め、人間関係やキャリアの発展に役立てることができます。MBTI診断は自己成長の一助となるツールですが、個々の性格の多様性を尊重し、診断結果を絶対視しないことが重要です。

各タイプの特徴を理解し、それを自己成長に活かしていきましょう。

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー取得。現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)