その他

MBTIと心理機能診断が違う点とは?今人気の心理テストについて徹底解説!

MBTI(Myers-Briggs Type Indicator)と心理機能診断は、どちらも人格の理解や自己認識を深めるためのツールですが、異なるアプローチを取っています。

ここでは、MBTIと心理機能診断の違いを詳しく解説し、現在人気の心理テストについても紹介します。

【MBTIと心理機能診断が違う点とは?】1. MBTIとは?

MBTIは、カール・グスタフ・ユングの心理学理論を基にした人格タイプ指標です。

16のタイプに分類され、それぞれのタイプは4つの心理機能(感覚、直感、思考、感情)の組み合わせで表されます。

MBTIの特徴

カテゴリ型: 16の固定されたタイプに分類される。

外向・内向: タイプは外向型(E)または内向型(I)に分かれる。

【MBTIと心理機能診断が違う点とは?】2. 心理機能診断とは?

心理機能診断は、カール・グスタフ・ユングの心理学理論に基づいて、個々の心理機能を評価するツールです。

8つの心理機能(感覚、直感、思考、感情、外向、内向、判断、知覚)を評価し、個人の特性を分析します。

心理機能診断の特徴

連続的: 各心理機能は連続的なスペクトラムで評価される。

個別的: 個々の心理機能を評価する。

3. 他人気の心理テスト

  • 現在、人気の心理テストには以下があります:
    • Big Five(五因子モデル): 人格を5つの因子(外向性、協調性、誠実性、感情起伏、開放性)で評価します。
    • Enneagram(エニアグラム): 9つのタイプに分類され、個人の基本的な欲求や特性を分析します。

MBTIと心理機能診断が違う点に関する実体験エピソード

学生時代、心理学の講義でMBTIと心理機能診断について学ぶ機会がありました。講師は、それぞれのツールのアプローチや特性について詳しく解説していました。

  1. MBTIの授業:
    • 具体的なタイプ: MBTIでは16の固定されたタイプに分類されます。私はINTJ(分析家型)でした。
    • カテゴリ型: MBTIはカテゴリ型であり、外向型(E)または内向型(I)に分かれます。
    • 自己理解の深まり: MBTIを学ぶことで、自己理解が深まりました。自分のタイプを知ることで、自分の強みや弱みを把握し、人間関係を改善する手助けになりました。
  2. 心理機能診断の授業:
    • 連続的なスペクトラム: 心理機能診断は連続的なスペクトラムで各心理機能を評価します。私は感覚と直感のバランスが取れたタイプでした。
    • 個別的な評価: 各心理機能を個別に評価することで、自分の特性を深く理解しました。
    • 自己成長への意識: 心理機能診断を通じて、自己成長への意識が高まりました。自分の強みを活かす方法や、改善すべき点を知ることができました。

このような授業を通じて、MBTIと心理機能診断の違いを理解し、自己理解を深めることができました。

MBTIと心理機能診断が違う点とは?今人気の心理テストについて徹底解説!まとめ

MBTIと心理機能診断は、それぞれ異なるアプローチを取り、個人の人格を理解するための有用なツールです。

自己理解を深めるために、複数の心理テストを試してみることをおすすめします。

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー取得。現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)