16タイプ性格診断

MBTI診断の本物とは?公式と非公式の違いと信頼性について徹底解説!

MBTIという言葉を聞いたことはありませんか?

MBTIとは、人の性格を16種類に分類する方法です。

自分の性格タイプを知ることで、自分の強みや弱み、恋愛傾向などを理解することができます。

また、相性の良い相手のタイプもわかります。

しかし、ネット上にはMBTIと名乗るさまざまな性格診断があります。

これらは本当にMBTIなのでしょうか?

MBTI診断 本物とは何なのでしょうか?この記事では、MBTI診断の公式と非公式の違いと信頼性について解説します。

【MBTI診断の本物】MBTI診断の公式と非公式の違い

MBTI診断の公式と非公式の違いは、以下のようになります。

  • 公式MBTI診断とは、Myers & Briggs Foundation incが提供するタイプ指標 (the Myers-Briggs Type Indicator®MBTI)のことです。公式MBTI診断は、心理学者のカール・ユングの理論をもとに、キャサリン・クック・ブリッグスとイザベル・ブリッグス・マイヤーズが開発した性格診断法です。公式MBTI診断は、93項目の質問に回答することで、自分の性格タイプを判定します。 公式MBTI診断は、有料で、専門のコンサルタントやカウンセラーによる解説が付きます。
  • 非公式MBTI診断とは、公式MBTI診断を元に作られた性格診断のことです。 非公式MBTI診断は、公式MBTI診断と同じ16タイプの分類を用いることが多いですが、質問の内容や数、判定の方法などは異なります。 非公式MBTI診断は、無料で、オンラインで受けられることが多いです。

【MBTI診断の本物】MBTI診断の信頼性

MBTI診断の信頼性は、公式と非公式で異なります。

  • 公式MBTI診断の信頼性は、高いと言えます。公式MBTI診断は、長年の研究と改良によって、信頼性と妥当性が確立されています。 公式MBTI診断は、自分の性格タイプだけでなく、自分の心理機能やタイプの発達段階なども詳しく分析します。 公式MBTI診断は、専門のコンサルタントやカウンセラーによる解説が付くので、自分の性格や行動の理解を深めることができます。
  • 非公式MBTI診断の信頼性は、低いと言えます。非公式MBTI診断は、公式MBTI診断と同じ基準や方法で作られているとは限りません。 非公式MBTI診断は、質問の内容や数が少なかったり、判定の方法が曖昧だったりすることがあります。 非公式MBTI診断は、自分の性格タイプの説明が簡単だったり、解説がなかったりすることがあります。

【MBTI診断の本物】自己申告形式の性格検査の特徴①結果が自己評価に影響される

MBTI診断は、個人が自分自身について答える質問に基づいています。

この自己申告形式の性格検査では、回答者の自己認識が結果に大きく影響を与えることが特徴です。この特徴は、以下のような点で重要です。

主観性の影響

回答者の自己評価が結果に反映されるため、MBTI診断は個人の主観性に大きく依存します。これにより、自己認識が正確でない場合、結果の信頼性に影響を及ぼす可能性があります。

状況による変動

個人の気分やその時の状況によって、回答が変わることがあります。したがって、異なる時期に診断を受けると、結果が異なる場合があります。

成長と変化

人は時間とともに成長し、変化します。そのため、MBTI診断の結果も、時間の経過と共に変わる可能性があります。これは、個人の発展を反映するものと考えることができます。

自己洞察の契機

自己評価に基づく結果は、個人が自己洞察を深める機会を提供します。自分自身について考え、理解を深めることは、自己成長のために非常に有益です。

MBTI診断の結果が自己評価に影響されることは、その有効性と限界を理解する上で重要なポイントです。この診断を利用する際には、自己認識の正確さを高めることが、より信頼性の高い結果を得るための鍵となります。また、診断結果はあくまで一つの指標であり、個人の全てを表すものではないことを認識することが重要です。自己評価に基づく性格検査は、自分自身をより深く理解するための出発点として有効に活用することができます。

【MBTI診断の本物】自己申告形式の性格検査の特徴②当たりやすいが信頼性に欠ける

MBTI診断は、多くの人々にとって当たりやすいと感じられることがありますが、その信頼性には議論があります。

この自己申告形式の性格検査は、以下のような理由で信頼性に欠けると考えられることがあります。

バーナム効果

MBTI診断の結果は、多くの人に当てはまるような一般的な記述を含むことがあります。これはバーナム効果と呼ばれ、個人が自分に関するあいまいな情報を正確なものと誤認する心理現象です。

再現性の問題

同一人物がMBTI診断を複数回受けた場合、異なる結果が出ることがしばしば報告されています。これは、テストの再現性に疑問を投げかけるものです。

科学的根拠の欠如

MBTIは科学的な厳密さを欠いているとの批判があり、その理論的基盤や統計的妥当性については、専門家の間で意見が分かれています。

状況依存性

人々の行動や反応は、特定の状況やコンテキストによって変わることがあります。MBTI診断は、このような状況依存性を十分に考慮していないと指摘されることがあります。

MBTI診断の結果は、自己理解や自己受容の一助として有用である可能性がありますが、その結果を絶対的なものとして受け取るべきではありません。個人の性格や能力を多面的に理解するためには、MBTI診断以外の方法も併用することが推奨されます。また、自己申告形式の性格検査は、個人の自己認識に大きく依存するため、その結果を他の客観的な評価と照らし合わせることが重要です。このような検査は、自己理解の手段の一つとして利用することで、個人の成長や発展に寄与することができるでしょう。

【MBTI診断の本物】自己申告形式の性格検査の特徴③質問に答える形の欠点

MBTI診断の自己申告形式は、個人が一連の質問に答えることによって性格タイプを特定する方法です。

このアプローチは手軽で直感的ですが、いくつかの欠点もあります。質問に答える形式の主な欠点は以下の通りです。

社会的望ましさのバイアス

回答者は、自分をより良く見せたいという意識から、社会的に望ましいとされる方法で質問に答える傾向があります。これにより、実際の性格よりも理想化された自己像が反映される可能性があります。

自己認識の限界

個人は自分の行動や感情を完全には理解していないことが多く、自己認識の限界によって正確な自己報告が妨げられることがあります。

瞬間的な気分や状況の影響

回答者のその時の気分や状況が質問への回答に影響を与えることがあり、一時的な感情が長期的な性格特性と混同されることがあります。

質問の解釈の違い

質問の意図が回答者によって異なる解釈をされることがあり、同じ質問に対しても人によって異なる回答が得られることがあります。

これらの欠点を理解することは、MBTI診断の結果を解釈する際に重要です。個人が自己申告形式の性格検査を利用する際には、これらの制限を意識し、結果を一つの参考情報として活用することが推奨されます。また、MBTI診断は自己理解のためのツールであり、個人の全てを定義するものではないという点を忘れてはなりません。自己申告形式の性格検査は、個人の自己認識を促進し、自己成長のための洞察を提供することができますが、その結果は他の客観的な評価と照らし合わせて考えることが重要です。

【MBTI診断の本物】自己申告形式の性格検査の特徴④他の性格診断との類似点

MBTI診断は、他の多くの自己申告形式の性格検査といくつかの類似点を持っています。

これらの類似点は、性格検査が個人の自己理解を深めるためにどのように設計されているかを示しています。MBTI診断と他の性格診断との主な類似点は以下の通りです。

理論的枠組み

多くの性格検査は、特定の心理学的理論に基づいており、MBTIもカール・ユングの心理型理論に基づいています。これらの理論は、人間の行動や傾向を分類し理解するための枠組みを提供します。

自己認識の促進

MBTIを含む多くの性格検査は、個人が自分自身の行動、嗜好、価値観をよりよく理解することを目的としています。これにより、自己認識が高まり、自己成長につながります。

二分法の使用

MBTI診断は、思考と感情、内向と外向などの二分法を使用して性格を分類します。他の多くの性格検査も、類似の二分法を用いて個人の特性を評価します。

発展性

MBTIを含む性格検査は、個人が時間とともに変化し成長することを認識しており、一時的なスナップショットではなく、進行中の自己理解のプロセスとして位置づけられています。

これらの類似点により、MBTI診断は他の性格検査と共通の目的を共有しており、個人が自分自身をより深く理解し、自己成長を促進するための有効なツールとなっています。ただし、各検査は独自の特徴を持ち、個人によって異なる洞察を提供することができます。したがって、MBTI診断の結果は、他の性格検査の結果と併せて考慮することで、より包括的な自己理解につながる可能性があります。性格検査は、自己認識を高めるための一つの手段であり、個人の成長と発展を支援するための多くのツールの中の一つです。

【MBTI診断の本物】自己申告形式の性格検査の特徴⑤自己認識の向上

MBTI診断は、個人が自己理解を深めるための強力なツールです。

自己申告形式のこの性格検査を通じて、人々は自分の行動パターン、優先順位、価値観をより明確に認識することができます。自己認識の向上は、以下のような複数の利点をもたらします。

意思決定の改善

自分の性格タイプを理解することで、個人は自分にとって最適な選択をしやすくなります。これにより、キャリアの選択や人間関係の構築において、より良い決定ができるようになります。

ストレス管理

自己認識が高まると、ストレスの原因となる状況を予測し、適切な対処法を見つけることが容易になります。これにより、個人はストレスを効果的に管理し、精神的な健康を維持することができます。

人間関係の向上

自分自身と他者の性格タイプを理解することで、コミュニケーションがスムーズになり、対人関係が改善されます。相互理解が深まることで、より充実した人間関係を築くことが可能になります。

自己成長

自己認識を通じて、個人は自分の強みと弱みを知り、それを基に自己成長のための計画を立てることができます。自分の可能性を最大限に引き出すことで、個人の潜在能力が開花します。

MBTI診断は、自己認識を高めることで、個人がより充実した人生を送るためのサポートを提供します。自分自身を深く理解することは、幸福と成功への第一歩です。この診断を活用することで、個人は自分自身の性格を受け入れ、それを生かした生活を送ることができるようになります。

【MBTI診断の本物】自己申告形式の性格検査の特徴⑥自己成長の促進

MBTI診断は、個人の自己成長を促進するための有効なツールです。

この性格検査によって、個人は自分の強みと弱みを客観的に理解し、それを生活や仕事に活かす方法を見つけることができます。自己成長の促進は、以下のような方法で実現されます。

強みの活用

MBTI診断を通じて明らかになった強みを、日常生活や職場で積極的に活用することで、個人は自信を持って行動することができます。これにより、生産性の向上や、より良い成果を出すことが可能になります。

弱みの克服

自分の弱点を知ることで、それを改善するための具体的なステップを踏むことができます。個人は自己成長のための目標を設定し、継続的な努力を通じて自己改善を図ることができます。

目標設定

自己認識が高まることで、個人は自分に合った現実的な目標を設定することが容易になります。これにより、モチベーションの維持や、目標達成に向けた意欲が高まります。

人生の方向性

MBTI診断は、個人が自分の人生の方向性を見つける手助けをします。自分の性格タイプに合ったキャリアや人間関係を築くことで、より満足のいく人生を送ることができます。

MBTI診断を利用することで、個人は自分自身の理解を深め、自己成長のための具体的な行動計画を立てることができます。自分の性格を知ることは、自分自身をより良くするための第一歩であり、個人の潜在能力を最大限に引き出すための重要なステップです。この診断を活用することで、個人は自分の強みを生かし、弱みを克服することによって、より充実した人生を送ることができるでしょう。

【MBTI診断の本物】自己申告形式の性格検査の特徴⑦自己受容の促進

MBTI診断は、個人が自分自身を理解し、受け入れる手助けをすることで、自己受容を促進します。

この性格検査によって、個人は自分の性格の独特な側面を認識し、それらを肯定的に捉えることができます。自己受容の促進は、以下のような利点をもたらします。

自尊心の向上

自分の性格を理解し、受け入れることで、個人は自尊心を高めることができます。これにより、自己評価が向上し、他人からの批判や否定的なフィードバックに対しても、ポジティブな態度を保つことができます。

内面の平和

自分自身の長所と短所を受け入れることで、個人は内面の平和を得ることができます。これにより、不必要な自己批判や比較から解放され、自分自身に対する満足感を感じることができます。

人間関係の改善

自己受容が進むと、他人を受け入れることも容易になります。個人は他者の違いを尊重し、よりオープンで健康的な人間関係を築くことができます。

ストレスの軽減

自分自身を受け入れることで、個人はストレスや不安を軽減することができます。自己受容は、心理的な安定感をもたらし、日々の挑戦に対処するための精神的な基盤を強化します。

MBTI診断を通じて自己受容を促進することは、個人がより幸福で満足のいく人生を送るための重要なステップです。自分自身を理解し、受け入れることは、自己成長と発展の基礎を築くことに他なりません。この診断を活用することで、個人は自分の性格を肯定的に捉え、自分らしい人生を歩むための自信を得ることができるでしょう。

【MBTI診断の本物】自己申告形式の性格検査の特徴⑧ストレス管理

MBTI診断は、個人がストレスを理解し、効果的に管理する手助けをします。

この性格検査を通じて、個人はストレスの原因となる状況や反応のパターンを特定することができます。ストレス管理の特徴は、以下のような利点をもたらします。

原因の特定

MBTI診断により、個人はストレスの原因となる特定の状況や人間関係を明確に理解することができます。これにより、ストレスを引き起こす要因を避けるか、それに対処するための戦略を立てることが可能になります。

反応の理解

自分の性格タイプに基づいて、ストレスに対する自分の一般的な反応を知ることができます。これにより、ストレスを感じたときの自己管理が向上し、より健康的な対処法を選択することができます。

対処スキルの向上

MBTI診断は、ストレスに対する個人の対処スキルを向上させるための洞察を提供します。個人は、自分の性格タイプに合ったストレス解消法を見つけ、それを日常生活に取り入れることができます。

予防的アプローチ

ストレスの原因を事前に認識することで、ストレスを予防するためのアプローチを取ることができます。これにより、ストレスが生じる前に適切な対策を講じることが可能になります。

MBTI診断を利用することで、個人はストレスをより効果的に管理し、心身の健康を維持することができます。自分の性格を理解することは、ストレスに対処するための自己認識とスキルを高めるための重要なステップです。この診断を活用することで、個人はストレスフルな状況に遭遇したときに、より適切に対応することができるでしょう。

【MBTI診断の本物】自己申告形式の性格検査の特徴キャリア開発への応用

MBTI診断は、個人のキャリア開発においても有効なツールとして活用されています。

この性格検査を通じて、個人は自分の性格タイプに最も適した職業や職場環境を見つけることができます。キャリア開発への応用は、以下のような利点をもたらします。

職業選択の適性化

MBTI診断により、個人は自分の強みや興味に合った職業を見つけることができます。これにより、仕事の満足度が高まり、キャリアの成功につながります。

職場での役割の最適化

自分の性格タイプを理解することで、チーム内での最適な役割を見つけることができます。これにより、職場での貢献度が向上し、チームワークが促進されます。

キャリアパスの計画

MBTI診断は、長期的なキャリアパスを計画する際の指針となります。個人は自分の性格に合った目標を設定し、それに向かって効果的に進むことができます。

職場の人間関係の改善

自分と他者の性格タイプを理解することで、職場でのコミュニケーションがスムーズになります。これにより、職場の人間関係が改善され、より良い職場環境が形成されます。

MBTI診断をキャリア開発に応用することで、個人は自分に合った仕事を見つけ、職場でのパフォーマンスを最大化することができます。自分の性格を理解することは、充実した職業生活を送るための重要なステップです。この診断を活用することで、個人は自分のキャリアを積極的に形成し、長期的な職業的満足を得ることができるでしょう。

【MBTI診断の本物】自己申告形式の性格検査の特徴簡単に診断できる

MBTI診断は、その利便性とアクセシビリティにおいても優れています。

自己申告形式のこの性格検査は、簡単かつ迅速に行うことができ、個人が自分自身の性格タイプを理解するための手軽な方法を提供します。簡単に診断できる特徴は、以下のような利点をもたらします。

時間の節約

MBTI診断は、短時間で完了することができ、忙しい日常の中でも容易に取り組むことが可能です。これにより、多忙な人々でも自己理解を深める機会を持つことができます。

即時のフィードバック

診断後すぐに結果を得ることができるため、個人は自分の性格についての洞察を即座に得ることができます。これにより、自己認識を高め、必要に応じて即時の行動変更を行うことができます。

簡単なアクセス

オンラインで利用できるMBTI診断ツールは、世界中のどこからでもアクセスすることができます。インターネットがあれば、誰でも自分の性格タイプを探求することができます。

ユーザーフレンドリー

MBTI診断は、専門的な知識がなくても理解しやすい質問で構成されています。これにより、幅広い年齢層や背景を持つ人々が、自分自身について学ぶことができます。

MBTI診断の簡単さは、多くの人々が自己理解を深めるための第一歩として利用する理由の一つです。この診断を通じて、個人は自分の性格の特徴を迅速に把握し、それを日々の生活や職業選択に活かすことができます。自分自身を知ることは、より充実した人生を送るための基盤を築くことに他なりません。この手軽で効果的なツールを活用することで、個人は自分の強みを最大限に活かし、人生の様々な分野で成功を収めることができるでしょう。

【本物】MBTIの性格診断の目的

MBTIの性格診断には、以下の目的があります。

自己認識と社会認識の理解

MBTIの性格診断を通じて、クライエントは自分自身の性格や社会の認識について理解を深めることができます。自己の内面を知ることで、自分の強みや弱み、傾向を把握することができます。また、他者との関係性やコミュニケーションスタイルなど、社会的な認識も向上させることができます。

検査結果の鵜呑みにしない

MBTIの性格診断結果を鵜呑みにすることは避けるべきです。検査結果はあくまで参考情報であり、必ずしも正確な性格を反映しているわけではありません。自己の経験や他の情報と照らし合わせながら、客観的な視点で性格を見つめ直すことが重要です。

専門家との対面が重要

MBTIの性格診断をより意義あるものにするためには、専門家との対面セッションが重要です。専門家はクライエントとの対話を通じて、性格の特徴や傾向をより深く理解し、適切なアドバイスを提供することができます。

クライエントとの意義ある対話

MBTIの性格診断は、クライエントとの意義ある対話を促すために使用されます。診断結果を基に、クライエントと専門家はクライエントの将来の幸福について話し合い、クライエントがより充実した人生を送るための行動計画を立てることができます。

MBTIを本物を体験する

MBTIはネット上のものとは異なります。ネット上のMBTIは正式なものではありません。

そこで、本物のMBTIを体験したい方には、有料のMBTI体験セッションを紹介します。

これらのセッションでは、専門家から直接MBTIの診断結果を受け取ることができます。ネット上のMBTIとは違い、専門家との対面セッションによってより正確な結果を得ることができます。

また、セッションを通じてネット上のMBTIとの違いを体感することもできます。セッションでは、質問に答えるだけでなく、対話を通じて性格の特徴や傾向を深く理解することができます。

さらに、信頼性の高いMBTIを行うためには、専門家との対面セッションが重要です。専門家はクライエントとの対話を通じて、より正確な結果を提供し、適切なアドバイスを提供することができます。

まとめると、ネット上のMBTIは本物ではないため、本物のMBTIを体験したい方には有料のMBTI体験セッションをおすすめします。専門家との対面セッションによって、より正確な結果を得ることができ、自己の性格をより深く理解し、将来の幸福についての対話をすることができます。

【MBTI診断の本物】 性格検査の本来の目的

性格検査の本来の目的は、自己を知ることと自己を活かすことの違いを理解することです。

自己を知ることは、自分の内面や強み、弱み、傾向を把握することです。これにより、自己の理解を深めることができます。

一方、自己を活かすことは、自己の特性や性格を活かし、自分自身をより良い方向に向けて行動することです。性格検査の結果を基に、自己の活かし方や生き方を考えることが重要です。

性格検査の目的の重要性は、自己の認識と社会の認識を向上させることです。自己を知ることで、自分自身の性格や特徴を客観的に理解することができます。また、他者との関係性やコミュニケーションスタイルなど、社会的な認識も高めることができます。

さらに、性格検査の結果を行動に落とし込む意味は、自己の特性や性格を活かし、自分自身を成長させるためです。性格検査の結果を参考に、具体的な行動計画を立てることで、自己の成長や目標の達成に向けた行動を取ることができます。

MBTI性格検査のメリットとデメリット

性格検査には、自己理解の手助けや他者とのコミュニケーション改善といったメリットがありますが、信頼性の問題や結果への過度な固執といったデメリットも存在します。

メリット①自己理解の手助け

性格検査は、自己理解の手助けになります。自分の内面や強み、弱み、傾向を把握することで、自己の理解を深めることができます。自己を知ることで、自分の性格に合わせた適切な行動や生き方を見つけることができます。

メリット②他者とのコミュニケーション改善

性格検査は、他者とのコミュニケーション改善にも役立ちます。自己の性格や特徴を客観的に理解することで、他者との関係性をより良いものにすることができます。相手の性格やコミュニケーションスタイルを理解し、適切なコミュニケーションをとることができます。

デメリット①信頼性の問題

性格検査のデメリットの一つは、信頼性の問題です。自己申告形式の性格検査は、受検者自身の回答に基づいて結果が出るため、その信頼性には疑問があります。自己評価に影響されるため、客観的な性格の特徴を正確に測ることは難しいです。

デメリット②結果への過度な固執

性格検査のもう一つのデメリットは、結果への過度な固執です。検査結果を鵜呑みにすることは避けるべきです。結果はあくまで参考情報であり、必ずしも正確な性格を反映しているわけではありません。自己の経験や他の情報と照らし合わせながら、客観的な視点で性格を見つめ直すことが重要です。

MBTI診断の本物を受けてみた実体験①

MBTI診断を受ける経験は、自己理解を深めるための興味深いプロセスです。以下に、私がMBTI診断を受けた際の実体験を述べます。

まず、正式なMBTI診断を受けるには、認定されたプロフェッショナルや公式のウェブサイトを通じて行う必要があります。私が診断を受けた際には、多くの質問に答えることで、自分の性格タイプを理解することができました。

診断では、具体的な状況や反応に関する質問が多く、自分の行動や思考のパターンを振り返る良い機会となりました。例えば、「グループでのプロジェクトと個人での作業、どちらが好きですか?」や「意思決定をする際に、感情と論理、どちらを重視しますか?」などの質問がありました。

診断結果はINTJタイプであり、これは「内向的思考型」とも呼ばれるタイプです。INTJは独立心が強く、論理的で戦略的な思考を持つことが特徴で、新しいアイデアや複雑な問題に対する挑戦を楽しむ傾向があります。

この結果を受けて、自分の行動や選択がなぜそのようになるのか、また、他人とのコミュニケーションにおいてどのような点に注意すべきかを考えるきっかけになりました。また、自分の強みを活かし、弱点を改善するための具体的な方法を考えることもできました。

MBTI診断は、自分自身だけでなく、他人との関係性を理解するための有用なツールとなり得ます。自分のタイプを知ることで、他のタイプの人々との相互作用をよりスムーズにし、効果的なコミュニケーションを図ることができるようになります。

このように、MBTI診断は自己発見の旅であり、自分の性格を客観的に見つめ直す機会を提供してくれます。それは自己成長につながる貴重な経験と言えるでしょう。もちろん、MBTIはあくまで一つの指標であり、人間の複雑さや多様性を完全には捉えきれないことも理解しておく必要があります。診断結果を参考にしつつも、柔軟な思考を持ち続けることが大切です。

MBTI診断の本物を受けてみた実体験②

学校でMBTI診断を受けた経験は、私にとって非常に印象深いものでした。以下にそのエピソードをご紹介します。

ある日、私たちのクラスはキャリアカウンセリングの一環としてMBTI診断を行うことになりました。私たちは、自分の性格タイプを理解し、将来の職業選択に役立てることを目的としていました。

診断を始める前に、カウンセラーからMBTIの基本的な概念や、それがどのように個人の性格を分類するのかについての説明を受けました。そして、私たちは一連の質問に答えていきました。質問は、日常生活の選択や反応に関するもので、自分自身について深く考える良い機会となりました。

私が最も興味深く感じたのは、診断結果を通じてクラスメートたちの多様性を知ることができた点です。私たちは同じ環境で学んでいるにも関わらず、それぞれが異なる性格タイプを持っており、それがどのように行動やコミュニケーションに影響を与えるのかを理解することができました。

私の結果はINTJタイプでした。この結果を受けて、私は自分の内向的で思考志向の性格が、どのように学業や将来のキャリアに影響を与える可能性があるのかを考えるようになりました。また、他のタイプの人々とのコミュニケーションを改善するための洞察を得ることができました。

この診断を通じて、私たちは自分自身と他人をより深く理解することができ、それがクラス全体のコミュニケーションと協力に肯定的な影響を与えました。MBTI診断は、私たちが互いの違いを尊重し、より効果的に協力するための基盤を提供してくれたのです。

この経験から、私はMBTI診断が個人だけでなく、グループのダイナミクスを理解するための有効なツールであると感じました。また、自己理解と他者理解を深めることは、個人の成長だけでなく、集団としての成長にも寄与することを学びました。MBTI診断は、自分自身の性格を探求し、他人との関係を築くための貴重な手段となり得るのです。もちろん、MBTI診断の結果はあくまで一つの指標であり、それに固執することなく、柔軟な思考を持ち続けることが重要です。診断結果を参考にしながらも、常に自分自身を成長させるための機会として捉えることが大切だと思います。

MBTI診断の本物に関するSNS投稿について

  • 僕がネットIQ診断をしないのは、MBTI公式受講済み方がその結果よりもハニホー等を信じてハニホー等結果方をプロフに記載することが無いと一緒ですね。病院で受けたうぇいすの知能指数よりネット診断を信じるのは率直に言うなら本物バカですよ
  • 本物MBTIはネットで診断できるものではないので、ネットにあるMBTI診断は全部MBTIもどき

MBTI診断の本物とは?公式と非公式の違いと信頼性について徹底解説!まとめ

MBTI診断 本物とは、Myers & Briggs Foundation incが提供するタイプ指標 (the Myers-Briggs Type Indicator®MBTI)のことです。

MBTI診断の公式と非公式の違いは、質問の内容や数、判定の方法、解説の有無などにあります。MBTI診断の信頼性は、公式は高く、非公式は低いと言えます。

自分の性格を深く知りたいなら、公式MBTI診断を受けることをおすすめします。

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー取得。現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)