INFJ(提唱者)

INFJ(提唱者)がドアスラムする理由と対処法について徹底解説!バタン!と閉めてしまう理由

秘書(ENTP)
秘書(ENTP)
INFJのドアスラムっぷりは凄いですよね。。。
管理人(INFJ)
管理人(INFJ)
私もINFJタイプだからよく分かるんだけど、人間関係が広くなりすぎたり、がっかりする面が見えると関係を整理したくなるんだ。。。どんな特徴があるのかこのページでは解説していこうか。

提唱者(INFJ型)は、MBTIの16種類の性格タイプの中で最もまれなタイプです。

提唱者は、理想主義者で思いやりがあり、人の役に立ちたいという強い想いを持っています。

しかし、提唱者は、自分の感情を表に出さずに抑え込む傾向があり、ストレスが溜まると突然心を閉ざしてしまうことがあります。これをドアスラムと呼びます。

ドアスラムは、提唱者特有の関係の切り方で、ドアをバタンと閉めるように相手との関係を絶つことを指します。

ドアスラムをされた相手は、理由がわからずに困惑したり、傷ついたりすることがあります。

この記事では、提唱者がドアスラムする理由と対処法について紹介していきます。

忙しい方向けに、本記事の内容を私がまとめると以下の通りです。

  • INFJ(提唱者)はMBTIの16種類の性格タイプの中で最もまれなタイプであり、理想主義者で思いやりがあり、人の役に立ちたいという強い想いを持っている。
  • 提唱者は自分の感情を表に出さずに抑え込む傾向があり、ストレスが溜まると突然心を閉ざしてしまうことがある。これを「ドアスラム」と呼ぶ。
  • ドアスラムは、提唱者特有の関係の切り方で、ドアをバタンと閉めるように相手との関係を絶つことを指す。
  • ドアスラムの理由として、自分の価値観に反する相手との関係に疲弊すること、自分の感情を表現できないことに苦しむこと、自分の理想に届かないことに落胆すること、感情的な疲労、過度のストレス、トラウマからの保護、自己肯定感の低さ、相手の変化の知覚、自己犠牲の限界、相手の否定的な影響、自分のニーズの無視、相手の依存、相手の非協力的な態度、自分の価値観への挑戦、内面の葛藤と限界、相手の誠実さの欠如、自分の感情の無視が挙げられる。
  • 対処法としては、提唱者の価値観や感情を尊重する、提唱者の理想や目標を応援する、提唱者の自己肯定感を高めることが挙げられる。
INFJ(提唱者)がドアスラムする理由と対処法について徹底解説!バタン!と閉めてしまう理由

提唱者型(INFJ)女性の特徴や性格、恋愛や仕事における傾向について徹底解説

INFJ(提唱者)がドアスラムする理由①自分の価値観に反する相手との関係に疲弊する

INFJ(提唱者)がドアスラムする理由①自分の価値観に反する相手との関係に疲弊する

自分の価値観に反する相手との関係に疲弊するという理由は、提唱者が自分の信念に基づいて生きるタイプであることに関係しています。

提唱者は、自分の価値観をはっきり認識しており、自分が正しいと思うことをしないと気が済まない性分です。

自分の価値観と異なる相手との関係では、自分の意見や感情を抑えて相手に合わせることが多くなります。

このように、自分を偽って生きることにストレスを感じることがあります。

また、相手の言動や態度に不快感や不信感を抱くこともあります。

このように、自分の価値観に反する相手との関係に疲弊すると、提唱者はその関係を断ち切りたいと思うようになります。

INFJ(提唱者)がドアスラムする理由②自分の感情を表現できないことに苦しむ

INFJ(提唱者)がドアスラムする理由②自分の感情を表現できないことに苦しむ

自分の感情を表現できないことに苦しむという理由は、提唱者が内向的で感情的なタイプであることに関係しています。

提唱者は、豊かな内面を持ち、人生の目的を見つけたいという深い思いを持っています。

しかし、提唱者は、自分の感情を表に出さずに内に溜め込む傾向があります。これは、自分の感情を理解してくれる相手が少ないと感じることや、自分の感情を表現することで相手に迷惑をかけると思うことなどが原因です。

このように、自分の感情を表現できないことに苦しむと、提唱者は孤独感や不満感を抱くようになります。

秘書(ENTP)
秘書(ENTP)
INFJの人は内向的さ故に疲れてしまうのでしょうか。

INFJ(提唱者)がドアスラムする理由③自分の理想に届かないことに落胆する

INFJ(提唱者)がドアスラムする理由③自分の理想に届かないことに落胆する

自分の理想に届かないことに落胆するという理由は、提唱者が理想主義者で完璧主義者であることに関係しています。

提唱者は、自分の理想を追求することに情熱を持ち、自分の能力や魅力を発揮したいと思っています。

しかし、提唱者は、自分の理想に対して、自分の現実が及ばないと感じることがあります。

これは、自分の理想が高すぎることや、自分の能力や魅力に自信が持てないことなどが原因です。

このように、自分の理想に届かないことに落胆すると、提唱者は自己否定や自責の思いに陥ることがあります。

INFJ(提唱者)がドアスラムする理由④感情的な疲労

INFJ(提唱者)がドアスラムする理由④感情的な疲労

INFJタイプは、他人の感情やニーズに深く共感し、それに対応することで知られています。

しかし、この共感的な性質は、彼らが他人の問題を自分のものとして受け止めることを意味することもあります。長期間にわたって、これは感情的な疲労やオーバーロードにつながる可能性があります。

INFJがドアスラムを行う主な理由の一つは、この感情的な疲労です。彼らはしばしば、自分たちの感情的なリソースが枯渇していることを感じ、他人との関係を断ち切ることで自己保護を図ることがあります。これは、特に彼らが感じる負担が一方的で、相互性が欠けている場合に起こります。

ドアスラムは、INFJにとって重要な自己回復の手段であり、彼らが自分自身を再充電し、感情的なバランスを取り戻すための時間を確保するために必要な場合があります。しかし、この行動はしばしば他人にとって突然で理解しがたいものであり、関係における大きな変化をもたらすことがあります。

INFJがドアスラムを避けるためには、定期的な自己反省と感情的な自己管理が鍵となります。彼らが自分の限界を認識し、適切な境界線を設定することで、感情的な疲労を防ぎ、より健全な人間関係を築くことができるでしょう。また、信頼できる友人やカウンセラーとの対話を通じて、感情的な負担を共有することも重要です。

INFJ(提唱者)がドアスラムする理由⑤過度のストレス

INFJ(提唱者)がドアスラムする理由⑤過度のストレス

INFJタイプは、内向的な直感によって強く動かされる人々であり、彼らの理想と現実の間でしばしば葛藤を感じます。

彼らは完璧主義者であり、自分自身と他人に対して高い基準を持っています。これらの高い期待は、達成が困難である場合、過度のストレスを引き起こす可能性があります。

INFJがドアスラムを行うもう一つの理由は、この過度のストレスです。彼らはしばしば、自分たちの理想を実現するために多大な努力を払いますが、それが報われないと感じたとき、彼らは深い失望と疲れを感じることがあります。このような状況では、INFJは自分自身を守るために、他人との関係を終わらせることを選ぶことがあります。

過度のストレスは、INFJにとって自分自身や他人に対する感情的な反応をコントロールすることが難しくなるため、ドアスラムは自己防衛の手段として使用されます。彼らは、自分たちの感情的な平穏を取り戻し、ストレスの源泉から距離を置くために、関係を断ち切ることが必要だと感じるのです。

INFJがストレスを管理し、ドアスラムを避けるためには、自己ケアを優先し、リラクゼーション技術やマインドフルネスを実践することが重要です。また、彼らの感情やストレスを適切に表現し、信頼できる人々と共有することで、感情的な負担を軽減し、健康的な人間関係を維持することができます。

INFJ(提唱者)がドアスラムする理由⑥トラウマからの保護

INFJ(提唱者)がドアスラムする理由⑥トラウマからの保護

INFJタイプは、過去のトラウマや傷ついた経験から自分を守るために、ドアスラムという行動を取ることがあります。

彼らは非常に敏感であり、過去に受けた傷が癒えにくいことが多いため、再び同じような痛みを経験することを避けたいと強く願っています。

このようなINFJは、人間関係において非常に慎重になり、信頼できる人とだけ深い絆を築こうとします。しかし、一度信頼を裏切られたり、過去のトラウマを思い出させるような出来事があった場合、彼らは自己防衛のためにその人との関係を断ち切ることを選ぶことがあります。

ドアスラムは、INFJにとっては自己保護の手段であり、トラウマからの回復を助け、自分自身を再び同じような傷つける可能性のある状況から遠ざけるために必要な行動です。これにより、彼らは自分の感情的な安全を確保し、心の平穏を保つことができます。

INFJがトラウマからの保護としてドアスラムを行わないようにするためには、過去の経験を健康的に処理し、トラウマを乗り越えるためのサポートを受けることが重要です。カウンセリングやセラピーを受けることで、彼らは過去の傷を癒し、より強く、より健全な人間関係を築くことができるでしょう。また、自分自身の感情や経験に対する理解を深めることで、未来の関係においてより良い選択をすることができます。

管理人(INFJ)
管理人(INFJ)
年齢を重ねてくると、過去の経験から未来が読めてしまってそれから自分を守る為に自分から離れてしまうってことはあると思う。

INFJ(提唱者)がドアスラムする理由⑦自己肯定感の低さ

INFJ(提唱者)がドアスラムする理由⑦自己肯定感の低さ

INFJタイプは、自己肯定感の低さによってドアスラムを行うことがあります。

彼らはしばしば、自分の価値や貢献が十分に認識されていないと感じることがあります。このような感覚は、他人からの批判や否定的なフィードバックに対して特に敏感になることで、さらに強化されることがあります。

INFJが自己肯定感の低さを感じると、彼らは自分の内面の世界に引きこもりがちで、他人との関係を断ち切ることで、自分を守ろうとします。彼らは、自分の感情やアイデンティティが否定されることを避けるために、ドアスラムを使用することがあります。

この行動は、INFJにとっては自己保護の手段であり、自分の感情やアイデンティティを守るために必要な場合があります。しかし、これはしばしば他人にとっては理解しがたいものであり、関係における大きな変化をもたらすことがあります。

INFJが自己肯定感を高め、ドアスラムを避けるためには、自己受容と自己愛を育むことが重要です。自分自身の価値を認識し、自分の感情やニーズに正直であることで、彼らはより健全な人間関係を築くことができます。また、ポジティブな自己対話やアファメーションを実践することで、自己肯定感を強化し、他人からの否定的な影響に対する耐性を高めることができるでしょう。

INFJ(提唱者)とは?関連記事一覧はこちら

INFJ(提唱者)がドアスラムする理由⑧相手の変化の知覚

INFJ(提唱者)がドアスラムする理由⑧相手の変化の知覚

INFJタイプは、人との深いつながりを大切にする一方で、相手の変化を敏感に察知します。

彼らは、人が変わったと感じると、その人との関係を見直すことがあります。特に、相手の価値観や行動がINFJの理想や信念と大きく異なる方向に変わった場合、INFJはその人との関係を終わらせることを選ぶかもしれません。

このような変化の知覚は、INFJにとって非常に重要な意味を持ちます。彼らは、自分の内面の価値観に忠実でありたいと強く願っており、相手の変化が自分の価値観と合わなくなったと感じたとき、関係を続けることが自分自身にとって不誠実な行為であると感じることがあります。

ドアスラムは、INFJにとっては、自分の価値観や信念を守るための手段です。相手の変化が自分にとって受け入れがたいものである場合、関係を断ち切ることで、自分の内面の世界を守り、自己一致を保つことができます。

INFJが相手の変化に対処し、ドアスラムを避けるためには、コミュニケーションが鍵となります。相手との対話を通じて、変化に対する自分の感情や考えを共有し、理解し合うことが重要です。また、相手の変化を受け入れることができる柔軟性を持つことも、健全な人間関係を維持するために役立ちます。しかし、最終的には、自分の価値観に忠実でいることが、INFJにとって最も重要なことであると言えるでしょう。

INFJ(提唱者)がドアスラムする理由⑨自分への過度な要求

INFJ(提唱者)がドアスラムする理由⑨自分への過度な要求

INFJイプは、しばしば自己実現と成長に向けて高い目標を設定しますが、これが過度な自己要求につながることがあります。

彼らは自分自身に厳しく、常により良い自分を目指して努力しますが、時にはそのプレッシャーが大きすぎて自分を追い詰めてしまうことがあります。

このような状況では、INFJは自分の内面の声に耳を傾け、自分自身に課している過度な要求から距離を置く必要があると感じるかもしれません。彼らは、自分の限界を超えてしまう前に、関係や環境から一時的に離れることで、自己保護を図ることがあります。

ドアスラムは、INFJにとって過度な自己要求からの逃避であり、自分自身を再評価し、リセットするための時間を確保する手段です。これにより、彼らは自分のニーズに焦点を当て、自己受容と自己愛を育むことができます。

INFJが自分への過度な要求を避けるためには、リアリスティックな目標設定と自己寛容が鍵となります。自分自身の進歩を認め、小さな成功を祝うことで、彼らは自己肯定感を高め、自己疲労を防ぐことができます。また、自分の限界を認識し、必要なときには休息を取ることで、長期的な健康と幸福を維持することができるでしょう。

INFJ(提唱者)がドアスラムする理由⑩相手の理解不足

INFJ(提唱者)がドアスラムする理由⑩相手の理解不足

INFJタイプは、深い理解と意味のあるつながりを求める人々です。

彼らは、自分の思考や感情を深く理解し、共感してくれる人との関係を重視します。しかし、相手がINFJの複雑な内面や動機を理解しない場合、INFJは孤独や誤解されていると感じることがあります。

相手の理解不足は、INFJにとって大きなストレス源となり得ます。彼らは、自分の本質が見過ごされたり、価値観が共有されないと感じると、関係を維持することが困難になることがあります。このような状況では、INFJは自己保護のためにドアスラムを行うことがあります。

ドアスラムは、INFJにとっては、自分の感情やアイデンティティを守るための手段です。相手によって自分が理解されていないと感じた場合、関係を断ち切ることで、自分の内面の世界を守り、自己一致を保つことができます。

INFJが相手の理解不足に対処し、ドアスラムを避けるためには、オープンなコミュニケーションが鍵となります。自分の感情や考えを率直に表現し、相手に自分を理解してもらうための努力をすることが重要です。また、相手の視点を理解し、共感を示すことで、より深いつながりを築き、健全な人間関係を維持することができます。しかし、最終的には、自分の感情や価値観に忠実でいることが、INFJにとって最も重要なことであると言えるでしょう。

INFJ(提唱者)がドアスラムする理由⑪自己犠牲の限界

INFJ(提唱者)がドアスラムする理由⑪自己犠牲の限界

INFJタイプは、他人を助けるために自分を犠牲にすることが多いですが、その自己犠牲が限界に達すると、ドアスラムを行うことがあります。

彼らは、他人のために自分のニーズや感情を抑えることが多く、それが長期にわたると自分自身のウェルビーイングに悪影響を及ぼすことがあります。

このような状況では、INFJは自分の感情や健康を守るために、他人との関係を終わらせることを選ぶことがあります。彼らは、自分のエネルギーを守り、自己回復のためのスペースを確保するために、ドアスラムを使用することがあります。

ドアスラムは、INFJにとっては自己犠牲の限界を超えないための手段であり、自分自身を再優先するための行動です。これにより、彼らは自分のニーズに焦点を当て、自己受容と自己愛を育むことができます。

INFJが自己犠牲の限界を避けるためには、自分のニーズを認識し、それらを大切にすることが重要です。自分自身の感情や健康を第一に考え、適切な境界線を設定することで、彼らは自己疲労を防ぎ、より健全な人間関係を築くことができます。また、自分の限界を超えたと感じたときには、適切なサポートを求めることで、長期的なウェルビーイングを維持することができるでしょう。

INFJ(提唱者)がドアスラムする理由⑫相手の誠実さの欠如

INFJ(提唱者)がドアスラムする理由⑫相手の誠実さの欠如

INFJタイプは、関係において誠実さを非常に重視します。

彼らは、相手が真実を語り、約束を守り、一貫した行動を取ることを期待しています。しかし、相手がこれらの期待に応えられない場合、INFJは失望と信頼の喪失を感じることがあります。

相手の誠実さの欠如は、INFJにとって大きなストレスとなり、彼らの信頼と尊敬を損なう原因となります。彼らは、自分の価値観や信念に反する行動を目の当たりにすると、その人との関係を見直すことがあります。特に、相手が繰り返し不誠実な行動を取る場合、INFJはその人との関係を終わらせることを選ぶかもしれません。

ドアスラムは、INFJにとっては、自分の価値観や信念を守るための手段です。相手の不誠実な行動が自分にとって受け入れがたいものである場合、関係を断ち切ることで、自分の内面の世界を守り、自己一致を保つことができます。

INFJが相手の誠実さの欠如に対処し、ドアスラムを避けるためには、オープンなコミュニケーションが鍵となります。相手との対話を通じて、誠実さに対する自分の期待や感じている失望を共有し、理解し合うことが重要です。また、相手に二度目のチャンスを与えることで、関係を修復し、より深いつながりを築くことができる場合もあります。しかし、最終的には、自分の価値観に忠実でいることが、INFJにとって最も重要なことであると言えるでしょう。

INFJ(提唱者)とは?関連記事一覧はこちら

INFJ(提唱者)がドアスラムする理由⑬感情的な負担

INFJ(提唱者)がドアスラムする理由⑬感情的な負担

INFJタイプは、他人の感情を深く理解し、共感する能力がありますが、これが時には重い感情的な負担となることがあります。

彼らは、周囲の人々の感情や問題を自分のものとして感じ取り、それによって過度に消耗することがあります。

このような感情的な負担は、INFJが自分の感情的なエネルギーを守るためにドアスラムを行う大きな理由の一つです。彼らは、他人の問題に対して深く関わりすぎることで、自分自身の感情的なウェルビーイングが脅かされると感じたとき、関係を終わらせることを選ぶことがあります。

ドアスラムは、INFJにとっては、感情的な負担からの逃避であり、自分自身を再評価し、リセットするための時間を確保する手段です。これにより、彼らは自分のニーズに焦点を当て、自己受容と自己愛を育むことができます。

INFJが感情的な負担を避けるためには、自分の感情的な限界を認識し、適切な境界線を設定することが重要です。自分自身の感情や健康を第一に考え、必要なときには休息を取ることで、彼らは自己疲労を防ぎ、より健全な人間関係を築くことができます。また、信頼できる人々との対話を通じて感情的な負担を共有することで、長期的なウェルビーイングを維持することができるでしょう。

INFJ(提唱者)がドアスラムする理由⑭自分のニーズの無視

INFJ(提唱者)がドアスラムする理由⑭自分のニーズの無視

INFJタイプは、他人のニーズに対して非常に敏感であり、しばしば自分のニーズを後回しにしてしまいます。

彼らは、周囲の人々を支援し、彼らの期待に応えることに多くのエネルギーを注ぎますが、それが自分自身のニーズを無視する結果につながることがあります。

このような自己犠牲は、INFJが自分の感情や健康を顧みることなく他人を優先することを意味することが多く、長期にわたると感情的な疲労やストレスを引き起こす可能性があります。彼らは、自分のニーズが継続的に無視されると感じたとき、ドアスラムを行うことで、自己保護の手段として利用することがあります。

ドアスラムは、INFJにとっては、自分自身を優先し、自己回復のためのスペースを確保するための行動です。これにより、彼らは自分のニーズに焦点を当て、自己受容と自己愛を育むことができます。

INFJが自分のニーズを無視することなく生きるためには、自己ケアを優先し、自分の感情や健康を大切にすることが重要です。自分自身のニーズを認識し、それらを満たすための時間を確保することで、彼らは感情的なバランスを保ち、より健全な人間関係を築くことができます。また、自分の限界を超えたと感じたときには、適切なサポートを求めることで、長期的なウェルビーイングを維持することができるでしょう。

INFJ(提唱者)がドアスラムする理由⑮相手の依存

INFJ(提唱者)がドアスラムする理由⑮相手の依存

INFJタイプは、他人を支援し、助けることに深い喜びを感じますが、相手の過度な依存は彼らにとって重荷となることがあります。

彼らは、自立を促進し、相手が自分の力で成長することを望んでいますが、相手が自分に依存し続けると、INFJは自分自身のエネルギーが枯渇していくのを感じることがあります。

このような一方的な依存関係は、INFJにとっては持続不可能なものであり、彼らは自分の感情やエネルギーを守るために、関係を終わらせることを選ぶことがあります。ドアスラムは、自分自身を再優先し、自己回復のためのスペースを確保するための行動です。

INFJが相手の依存から逃れるためには、自分の限界を認識し、適切な境界線を設定することが重要です。自分自身のニーズを認識し、それらを満たすための時間を確保することで、彼らは感情的なバランスを保ち、より健全な人間関係を築くことができます。また、相手に自立の重要性を伝え、必要なサポートを提供しながらも、過度な依存を防ぐための努力をすることが役立ちます。しかし、最終的には、自分の感情やエネルギーに忠実でいることが、INFJにとって最も重要なことであると言えるでしょう。

INFJ(提唱者)がドアスラムする理由⑯相手の否定的な影響

INFJ(提唱者)がドアスラムする理由⑯相手の否定的な影響

INFJタイプは、自分や周囲の人々に対して肯定的な影響を与えることを重視します。

彼らは、自分の価値観や目標に沿った生活を送ることを望んでおり、他人からの否定的な影響はその実現を妨げるものと捉えています。

相手からの否定的な影響が継続する場合、INFJは自分の感情や精神的なウェルビーイングが脅かされると感じることがあります。このような状況では、彼らは自己保護のために、その人との関係を終わらせることを選ぶことがあります。ドアスラムは、自分自身を守り、自分の価値観や目標に忠実でいるための手段となります。

INFJが相手の否定的な影響から逃れるためには、自分の感情や価値観に忠実でいることが重要です。自分自身のウェルビーイングを最優先し、肯定的な環境を選ぶことで、彼らは感情的なバランスを保ち、自己実現に向けて前進することができます。また、適切な境界線を設定し、必要なときにはサポートを求めることで、長期的な健康と幸福を維持することができるでしょう。

INFJ(提唱者)とは?関連記事一覧はこちら

INFJ(提唱者)がドアスラムする理由⑰自分の感情の無視

INFJ(提唱者)がドアスラムする理由⑰自分の感情の無視

INFJタイプは、他人の感情に対して非常に敏感であり、しばしば自分の感情を無視してしまう傾向があります。

彼らは、他人のニーズや問題に対して共感し、支援することに多くのエネルギーを注ぎますが、それが自分自身の感情を軽視する結果につながることがあります。

このような自己犠牲は、INFJが自分の感情やニーズを十分に認識し、表現することを難しくすることが多く、長期にわたると感情的な疲労やストレスを引き起こす可能性があります。彼らは、自分の感情が継続的に無視されると感じたとき、ドアスラムを行うことで、自己保護の手段として利用することがあります。

ドアスラムは、INFJにとっては、自分自身を優先し、自己回復のためのスペースを確保するための行動です。これにより、彼らは自分の感情に焦点を当て、自己受容と自己愛を育むことができます。

INFJが自分の感情を無視することなく生きるためには、自己ケアを優先し、自分の感情や健康を大切にすることが重要です。自分自身の感情を認識し、それらを表現するための時間を確保することで、彼らは感情的なバランスを保ち、より健全な人間関係を築くことができます。また、自分の限界を超えたと感じたときには、適切なサポートを求めることで、長期的なウェルビーイングを維持することができるでしょう。

INFJ(提唱者)がドアスラムする理由⑱相手の非協力的な態度

INFJ(提唱者)がドアスラムする理由⑱相手の非協力的な態度

INFJタイプは、協力的で調和のとれた関係を重視します。

彼らは、相手との協力を通じて共通の目標に向かって努力することに深い価値を見出します。しかし、相手が非協力的であると感じると、INFJは関係におけるバランスと調和が崩れていると感じることがあります。

相手の非協力的な態度は、INFJにとっては関係を維持する上での大きな障害となります。彼らは、自分の努力や意見が無視されたり、価値観が共有されないと感じると、その人との関係を見直すことがあります。特に、相手が繰り返し非協力的な態度を取る場合、INFJはその人との関係を終わらせることを選ぶかもしれません。

ドアスラムは、INFJにとっては、自分の価値観や目標に忠実でいるための手段です。相手の非協力的な態度が自分にとって受け入れがたいものである場合、関係を断ち切ることで、自分の内面の世界を守り、自己一致を保つことができます。

INFJが相手の非協力的な態度に対処し、ドアスラムを避けるためには、オープンなコミュニケーションが鍵となります。相手との対話を通じて、協力の重要性や感じているフラストレーションを共有し、理解し合うことが重要です。また、相手に協力的な関係を築くための具体的な方法を提案することで、関係を改善し、より深いつながりを築くことができる場合もあります。しかし、最終的には、自分の価値観に忠実でいることが、INFJにとって最も重要なことであると言えるでしょう。

INFJ(提唱者)がドアスラムする理由⑲自分の価値観への挑戦

INFJ(提唱者)がドアスラムする理由⑲自分の価値観への挑戦

INFJタイプは、自分の価値観を非常に大切にしており、それらが挑戦されると、深い不快感や葛藤を感じることがあります。

彼らは、自分の信念や原則に基づいて生きることを重視し、相手がこれらの価値観に反する行動を取る場合、関係を続けることが困難になることがあります。

相手による価値観への挑戦は、INFJにとっては自己同一性と調和を保つ上での大きな障害となります。彼らは、自分の内面の世界と外界との間に一貫性を持たせることを望んでおり、そのバランスが崩れると、自分自身を守るためにドアスラムを行うことがあります。

ドアスラムは、INFJにとっては、自分の価値観や信念を守るための手段です。相手の行動が自分の価値観に深く反する場合、関係を断ち切ることで、自分の内面の世界を守り、自己一致を保つことができます。

INFJが自分の価値観への挑戦に対処し、ドアスラムを避けるためには、自分の価値観を明確にし、それらに忠実であることが重要です。また、相手との対話を通じて、自分の価値観を共有し、理解し合うことが重要です。しかし、最終的には、自分の価値観に忠実でいることが、INFJにとって最も重要なことであると言えるでしょう。

INFJ(提唱者)がドアスラムする理由⑳内面の葛藤と限界

INFJ(提唱者)がドアスラムする理由⑳内面の葛藤と限界

INFJタイプは、自分自身との内面の葛藤を深く感じることがあります。

彼らは理想と現実の間でしばしばバランスを取ることに苦労し、自分の内面の声に耳を傾けることが重要です。しかし、この内面の声が他人との関係や外界の期待と衝突すると、INFJは大きなストレスを感じることがあります。

このような内面の葛藤は、INFJが自分の限界を認識し、自己保護のためにドアスラムを行う大きな理由の一つです。彼らは、自分の感情や価値観を尊重し、自分自身にとって有害な関係や環境から距離を置くことが必要だと感じることがあります。

ドアスラムは、INFJにとっては、内面の葛藤と限界を超えないための手段であり、自分自身を再優先するための行動です。これにより、彼らは自分の感情に焦点を当て、自己受容と自己愛を育むことができます。

INFJが内面の葛藤と限界を避けるためには、自己ケアを優先し、自分の感情や健康を大切にすることが重要です。自分自身の感情を認識し、それらを表現するための時間を確保することで、彼らは感情的なバランスを保ち、より健全な人間関係を築くことができます。また、自分の限界を超えたと感じたときには、適切なサポートを求めることで、長期的なウェルビーイングを維持することができるでしょう。

INFJ(提唱者)とは?関連記事一覧はこちら

提唱者(INFJ)がドアスラムする期間は

提唱者(INFJ)がドアスラムを行う期間は、一般的には永続的なものとされています。

ドアスラムは、INFJが他の対立解決手段を試みた後、最終的な手段として行われることが多いです。したがって、ドアスラムは感情的な傷が深く、回復が困難である場合に限定されることがあります。これは、INFJが自己保護のために、もはや関係を維持することができないと感じたときに起こります。

ドアスラムは、INFJにとって重要な個人的境界を確立する行為であり、自分自身の精神的な健康を守るために必要な場合があります。しかし、この行為は他人にとっては突然であったり、予期せぬものであったりすることがあります。INFJがドアスラムを行うと、その人との関係は通常、完全に断絶されます。

提唱者(INFJ) にとって人付き合いとは

提唱者(INFJ)にとっての人付き合いは、深い意味と目的を持ったものです。

INFJタイプは、内向的ながらも他人への深い共感と理解を持ち、人との関係を大切にします。彼らにとって、人付き合いは単なる社交以上のものであり、相手の成長を支援し、ポジティブな変化を促す機会となります。

人付き合いにおけるINFJの特徴:

  • 深い共感: INFJは他人の感情や動機に敏感であり、その理解を通じて人々との強い絆を築きます。
  • 助けたいという願望: 他人を助け、支援することに喜びを感じ、しばしばカウンセリングや教育の分野で活躍します。
  • 質の高い関係を求める: 表面的な関係よりも、意味のある深いつながりを重視します。
  • 影響力を持つ: 自分の価値観やビジョンを共有し、周囲にインスピレーションを与えることを重要視します。

人付き合いにおけるINFJの課題:

  • 過度な共感: 他人の感情に過度に共感しすぎることで、自分自身の感情を犠牲にすることがあります。
  • 理想と現実のギャップ: 高い理想を持つがゆえに、現実とのギャップに苦しむことがあります。
  • エネルギーの消耗: 人と深く関わることで、エネルギーを大きく消耗しやすいです。

INFJにとって人付き合いは、自己実現と他者への貢献を同時に果たす重要な手段です。彼らは、人々との関係を通じて、より良い世界を築くことを目指しています。ただし、自分自身のエネルギー管理にも注意が必要です。

提唱者(INFJ)がドアスラムする対処法

提唱者がドアスラムする対処法は、主に以下の3つが考えられます。

  • 提唱者の価値観や感情を尊重する
  • 提唱者の理想や目標を応援する
  • 提唱者の自己肯定感を高める

提唱者の価値観や感情を尊重するという対処法は、提唱者が自分の信念に基づいて生きるタイプであることを理解することです。提唱者は、自分の価値観や感情を大切にしており、それを否定されると傷つきます。そのため、提唱者の価値観や感情を尊重することで、提唱者は安心感や信頼感を得ることができます。具体的には、提唱者の意見や感情を聞いて理解しようとすることや、提唱者の意見や感情を認めて受け入れることなどが挙げられます。また、提唱者の価値観や感情に反する言動や態度を避けることも大切です。

提唱者の理想や目標を応援するという対処法は、提唱者が理想主義者で完璧主義者であることを理解することです。提唱者は、自分の理想や目標に向かって努力することに情熱を持っており、それを達成することで達成感や満足感を得ます。そのため、提唱者の理想や目標を応援することで、提唱者は喜びや感謝の気持ちを得ることができます。具体的には、提唱者の理想や目標を聞いて興味を持つことや、提唱者の理想や目標を称賛や励ましの言葉で支えることなどが挙げられます。また、提唱者の理想や目標に対する批判や否定は避けることも大切です。

自己肯定感を高めることによって、自分に自信を持ち、自分の能力や魅力を発揮することができます。また、自己肯定感が高い人は、健康や幸福感、人間関係や学業・職業などの様々な分野で良い成果を得ることができます。自己肯定感を高める方法は、自分を知ること、自分を受け入れること、自分にOKを出すこと、自分にYESと言うこと、自分を信じることなどがあります。自己肯定感を高める方法は、一朝一夕にできるものではありませんが、日々の習慣や思考の改善によって、少しずつ実践することができます。具体的には、以下のような方法があります。

  • 自分の長所や強みを見つける
  • 自分の短所や弱みを受け入れる
  • 自分の感情や欲求を大切にする
  • 自分の意見や判断を尊重する
  • 自分の行動や選択に責任を持つ
  • 自分のやりたいことや好きなことを積極的に行う
  • 自分の成長や成功を認めて褒める
  • 自分の失敗や挫折を許して学ぶ
  • 自分の価値観や目標を明確にする
  • 自分の理想や夢に向かって努力する

提唱者(INFJ)が執着してしまうこと

提唱者(INFJ)が執着する傾向にあるのは、彼らが持つ理想主義と完璧主義に根ざしています。

INFJは、自分の価値観や目標に対して非常に情熱的であり、それらを実現するためには大きなエネルギーを注ぎます。このため、一度何かに心を奪われると、その対象に深く執着することがあります。

INFJが執着するもの:

  • 人間関係: INFJは深い人間関係を築くことを重視し、一度築いた絆を大切にします。しかし、これが逆に強い執着につながることがあります。
  • 理想と目標: 高い理想を持ち、それを達成するためには強い執着心を示すことがあります。完璧を求めるあまり、現実とのギャップに苦しむことも。
  • 価値観: INFJは自分の信念や価値観に非常に忠実であり、それらを守るためには強い執着を見せることがあります。

執着の影響:

INFJの執着は、彼らの生活や人間関係に大きな影響を与えることがあります。理想を追求するあまり、現実を見失ったり、人間関係において相手に過度な期待を抱いたりすることがあります。また、INFJは感情のコントロールに長けているとされますが、執着が強すぎると感情のバランスを崩す原因にもなり得ます。

対処法:

INFJが執着から解放されるためには、自己受容と現実との折り合いをつけることが重要です。また、自分の感情や価値観を他人に押し付けることなく、相手を尊重する姿勢を持つことも大切です。INFJは自分の内面を理解し、感情を適切に表現することで、健康的な人間関係を築くことができます。

提唱者のドアスラムに関する実体験エピソード①

私が学校にいた頃のことです。MBTIタイプのINFJとして、私は感情を深く内省する傾向がありました。

ある日、クラスメートとの間に深刻な誤解が生じ、私の価値観と強く衝突しました。その結果、私は「ドアスラム」を経験しました。

これは、INFJが関係を断ち切り、その人を自分の人生から完全に排除することを意味します。

私はそのクラスメートとの関係を静かに、しかし決定的に終わらせました。それは簡単な選択ではありませんでしたが、自分自身との誠実さを保つために必要なことでした。

この経験は、私にとって大きな学びであり、自分の感情とどのように向き合うかを理解する重要なステップでした。

提唱者のドアスラムに関する実体験エピソード②

職場でのドアスラムの経験は、私にとって忘れがたいものでした。

INFJタイプとして、私は通常、人々と深いつながりを築くことを重視しています。

しかし、あるプロジェクトでの深刻な倫理的対立が発生しました。私の同僚の一人が不正行為に手を染めていることが明らかになり、私はその行動を受け入れることができませんでした。

私は、その同僚との全ての個人的な関係を断ち切る決断をしました。これは、INFJのドアスラムとして知られている行動で、私にとっては自己保護の手段でした。

この出来事は、私が自分の価値観と誠実さをどれだけ大切にしているかを改めて確認する機会となりました。

また、職場での人間関係の複雑さと、それをナビゲートする際の自分の限界についても学ぶことができました。

提唱者のドアスラムに関するQ&A

Q.提唱者がドアスラムすることは悪いのでしょうか?

A.提唱者がドアスラムをすることは、必ずしも悪いことではありません。これは自己防衛の手段として、または自分の価値観を守るための行動として起こり得ます。

Q.提唱者がドアスラムしたくなったら相手を傷づけますか?

A.相手を傷つける可能性があるため、慎重に行う必要があります。

Q.私は提唱者タイプです。ドアスラムするとスッキリするのですがおかしいですか?

A.提唱者タイプのあなたがドアスラムをしてスッキリするのは、感情的な負担から解放されるためであり、必ずしもおかしいことではありません。大切なのは、その行動が自分にとって健全な選択であるかどうかを見極めることです。

提唱者のドアスラムに関するSNS投稿

  • てかドアスラムって認識あってたらそうなんだろうけど 改めてドアスラムって何ぞ…?提唱者限定?
  • ドアスラムってINFJがよくするからINFJのこと言ってるみたいになっちゃってるけど私の中でドアスラムするの提唱者だけじゃないし普通に提唱者タイプで大好きなお友達たくさんいるので勘違いしないでおくれ

INFJ(提唱者)がドアスラムする理由と対処法について徹底解説!バタン!と閉めてしまう理由まとめ

以上が、提唱者がドアスラムする理由と対処法という記事でした。提唱者は、MBTIの16種類の性格タイプの中で最もまれなタイプで、理想主義者で思いやりがあり、人の役に立ちたいという強い想いを持っています。しかし、提唱者は、自分の感情を表に出さずに抑え込む傾向があり、ストレスが溜まると突然心を閉ざしてしまうことがあります。これをドアスラムと呼びます。ドアスラムは、提唱者特有の関係の切り方で、ドアをバタンと閉めるように相手との関係を絶つことを指します。ドアスラムをされた相手は、理由がわからずに困惑したり、傷ついたりすることがあります。提唱者がドアスラムする理由と対処法について紹介しました。提唱者がドアスラムする理由は、以下のようなものがあります。

  • 自分の価値観に反する相手との関係に疲弊する
  • 自分の感情を表現できないことに苦しむ
  • 自分の理想に届かないことに落胆する

提唱者がドアスラムする対処法は、以下のようなものがあります。

  • 提唱者の価値観や感情を尊重する
  • 提唱者の理想や目標を応援する
  • 提唱者の自己肯定感を高める

INFJ(提唱者)とは?関連記事一覧はこちら

ABOUT ME
この記事の監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー資格取得。 現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者) X(旧Twitter):@jp_16labo

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です