その他

MBTIのNとSの違いとは?直感型と現実型の特徴と相性について徹底解説!

MBTIとは、人間の性格を16種類に分類する心理学的指標の一つです。

MBTIでは、人間の性格は4つの次元に分けられます。

そのうちの一つが、情報の受け取り方となる直感型(N)現実型(S)です。

直感型と現実型は、どのような特徴を持ち、どのような相性を持つのでしょうか?

この記事では、直感型と現実型の定義、特徴、長所、短所、相性について解説します。

忙しい方向けに、本記事の内容を私がまとめると以下の通りです。

  • MBTIのN(直感型)とS(現実型)は情報の受け取り方を表す。
  • 直感型(N)は抽象的で概念的な情報を好み、未来や可能性に興味があり、想像力や創造力が豊か。
  • 現実型(S)は具体的で実際的な情報を好み、現在や現実に注目し、観察力や実行力が高い。
  • 直感型と現実型は対立する概念ではなく、状況に応じて使い分けることができる。
  • 直感型と現実型の相性は良いとは言えず、違いを認め合い尊重することで良好な関係を築ける。
  • 直感型の特徴には想像力が高いが現実に無関心などの短所もあり、現実型は観察力が高いが抽象的な概念に無関心などの短所がある。

MBTIのNとSは何を表すのか?直感型と現実型の定義

直感型と現実型は、MBTIの第2の次元である「情報の受け取り方」を表します。 情報の受け取り方とは、外部からの刺激や情報をどのように認識し、理解し、記憶するかということです。 直感型と現実型は、以下のように定義されます。

直感型(N)

抽象的で概念的な情報を好むタイプ。未来や可能性に興味がある。想像力や創造力が豊かで、新しいアイデアやインスピレーションを得るのが得意。

現実型(S)

具体的で実際的な情報を好むタイプ。現在や現実に注目する。観察力や実行力が高く、既存の事実や経験に基づいて行動するのが得意。

直感型と現実型は、対立する概念ではありません。 どちらも人間に備わっている能力であり、状況に応じて使い分けることができます。 しかし、MBTIでは、自分がより自然に使いやすい方を自分のタイプとしています。

MBTIのNとSは何を表すのか?直感型の特徴

直感型の人は、抽象的で概念的な情報を好みます。

物事の背景や意味を探ったり、未来や可能性を考えたりするのが得意です。 想像力や創造力が豊かで、新しいアイデアやインスピレーションを得るのが得意です。 変化や挑戦を好み、自分のビジョンや理想を実現するために努力します。 しかし、現実や細部に無関心であることもあり、現実的な問題や実務的な作業に苦手意識を持ったり、計画性や整理性に欠けたりすることもあります。

直感型の長所と短所は、以下のようになります。

  • 長所:想像力が高い、創造力が高い、先見の明がある、変化に対応できる、ビジョンがある、理想が高い
  • 短所:現実に無関心、細部に無関心、現実的な問題に弱い、実務的な作業に弱い、計画性がない、整理性がない

MBTIのNとSは何を表すのか?現実型の特徴

現実型の人は、具体的で実際的な情報を好みます。

物事の表面や事実を見たり、現在や現実に注目したりするのが得意です。 観察力や実行力が高く、既存の事実や経験に基づいて行動するのが得意です。 安定や秩序を好み、自分の環境や状況を改善するために努力します。 しかし、抽象的な概念や新しいアイデアに無関心であることもあり、想像力や創造力に欠けたり、変化や挑戦に抵抗感を持ったりすることもあります。

現実型の長所と短所は、以下のようになります。

  • 長所:観察力が高い、実行力が高い、現実的、合理的、安定志向、秩序志向
  • 短所:抽象的な概念に無関心、新しいアイデアに無関心、想像力がない、創造力がない、変化に対応できない、挑戦を避ける

MBTIのNとSは何を表すのか?直感型と現実型の相性

直感型と現実型は、情報の受け取り方が異なるので、相性が良いとは言えません。

直感型は、現実型が現実に固執していると感じて、退屈だったり、窮屈だったりします。 現実型は、直感型が現実から逃避していると感じて、非現実的だったり、無責任だったりします。 しかし、相性が悪いということは、決して仲良くできないということではありません。 直感型と現実型は、お互いの違いを認めて、尊重し合うことができれば、良い関係を築くことができます。 直感型は、現実型の観察力や実行力を評価して、現実的な問題や作業を任せます。 現実型は、直感型の想像力や創造力を評価して、新しいアイデアやインスピレーションを求めます。 直感型と現実型は、お互いの長所を補い合うことができれば、素晴らしいチームを作ることができます。

MBTIのNとSの違いに関する実体験エピソード

MBTIのNとSの違いを学校での実体験を通して説明すると、私はS型(感覚型)の特徴を持つ生徒でした。具体的な事実やデータに基づいて物事を考え、現実的な状況や制約を考慮して判断する傾向がありました。例えば、化学の実験では、観察した色の変化や温度の変動など、目に見える結果に基づいて結論を導き出すことに集中していました。

一方、私の友人であるN型(直観型)の生徒は、抽象的な概念や理論に興味を持ち、物事の意味や可能性を探求する傾向がありました。彼は歴史の授業で、単なる事実の暗記ではなく、歴史的な出来事の背後にある意味や文化的なパターンを理解しようと努力していました。

私たちは、あるプロジェクトでペアを組んだ時、この違いが明確に現れました。私はプロジェクトの計画段階で具体的なスケジュールやリソースの管理に焦点を当てましたが、彼はプロジェクトの目的や長期的な影響について考えることに時間を費やしました。この経験から、私たちはお互いの強みを理解し、補完しあうことで、より効果的なチームワークを築くことができました。123456789

MBTIのNとSの違いとは?直感型と現実型の特徴と相性について徹底解説!まとめ

MBTIの直感型と現実型は、情報の受け取り方の違いを表します。

直感型は、抽象的で概念的な情報を好みます。 現実型は、具体的で実際的な情報を好みます。

直感型と現実型は、相性が良いとは言えませんが、お互いの違いを認めて、尊重し合うことができれば、良い関係を築くことができます。

無料書籍でMBTIを知る

【完全版】MBTIとは何か?わかりやすく解説 Kindle Unlimitedへ加入すると、無料で課金せずに、70近いMBTI本やその他漫画雑誌が読み放題!!
※1か月間の無料期間内で解約した場合に限ります。

MBTI性格診断のランキング・あるある

MBTI 性格悪い ランキング MBTI 生きづらさランキング MBTI 性格良いランキング
MBTI 嫌われる ランキング MBTI 怒ると怖い ランキング MBTI 珍しいランキング
MBTI ランキングいろいろ MBTI メンタルランキング MBTI 可愛いランキング

MBTIに関する注目記事

ペルソナ診断 領事館 MBTI INFP-T やばい
INTJ 殺意の目 ISTP 女 特徴 INFJ女性 特徴
ENTP 頭おかしい INFJ-T やばい ESTP 頭おかしい
ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー資格取得。 現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)