その他

MBTIのNとSの違いとは?直感型と現実型の特徴と相性について徹底解説!

MBTIとは、人間の性格を16種類に分類する心理学的指標の一つです。

MBTIでは、人間の性格は4つの次元に分けられます。

そのうちの一つが、情報の受け取り方となる直感型(N)現実型(S)です。

直感型と現実型は、どのような特徴を持ち、どのような相性を持つのでしょうか?

この記事では、直感型と現実型の定義、特徴、長所、短所、相性について解説します。

MBTIのNとSは何を表すのか?直感型と現実型の定義

直感型と現実型は、MBTIの第2の次元である「情報の受け取り方」を表します。 情報の受け取り方とは、外部からの刺激や情報をどのように認識し、理解し、記憶するかということです。 直感型と現実型は、以下のように定義されます。

  • 直感型(N):抽象的で概念的な情報を好むタイプ。未来や可能性に興味がある。想像力や創造力が豊かで、新しいアイデアやインスピレーションを得るのが得意。
  • 現実型(S):具体的で実際的な情報を好むタイプ。現在や現実に注目する。観察力や実行力が高く、既存の事実や経験に基づいて行動するのが得意。

直感型と現実型は、対立する概念ではありません。 どちらも人間に備わっている能力であり、状況に応じて使い分けることができます。 しかし、MBTIでは、自分がより自然に使いやすい方を自分のタイプとしています。

MBTIのNとSは何を表すのか?直感型の特徴

直感型の人は、抽象的で概念的な情報を好みます。

物事の背景や意味を探ったり、未来や可能性を考えたりするのが得意です。 想像力や創造力が豊かで、新しいアイデアやインスピレーションを得るのが得意です。 変化や挑戦を好み、自分のビジョンや理想を実現するために努力します。 しかし、現実や細部に無関心であることもあり、現実的な問題や実務的な作業に苦手意識を持ったり、計画性や整理性に欠けたりすることもあります。

直感型の長所と短所は、以下のようになります。

  • 長所:想像力が高い、創造力が高い、先見の明がある、変化に対応できる、ビジョンがある、理想が高い
  • 短所:現実に無関心、細部に無関心、現実的な問題に弱い、実務的な作業に弱い、計画性がない、整理性がない

MBTIのNとSは何を表すのか?現実型の特徴

現実型の人は、具体的で実際的な情報を好みます。

物事の表面や事実を見たり、現在や現実に注目したりするのが得意です。 観察力や実行力が高く、既存の事実や経験に基づいて行動するのが得意です。 安定や秩序を好み、自分の環境や状況を改善するために努力します。 しかし、抽象的な概念や新しいアイデアに無関心であることもあり、想像力や創造力に欠けたり、変化や挑戦に抵抗感を持ったりすることもあります。

現実型の長所と短所は、以下のようになります。

  • 長所:観察力が高い、実行力が高い、現実的、合理的、安定志向、秩序志向
  • 短所:抽象的な概念に無関心、新しいアイデアに無関心、想像力がない、創造力がない、変化に対応できない、挑戦を避ける

MBTIのNとSは何を表すのか?直感型と現実型の相性

直感型と現実型は、情報の受け取り方が異なるので、相性が良いとは言えません。

直感型は、現実型が現実に固執していると感じて、退屈だったり、窮屈だったりします。 現実型は、直感型が現実から逃避していると感じて、非現実的だったり、無責任だったりします。 しかし、相性が悪いということは、決して仲良くできないということではありません。 直感型と現実型は、お互いの違いを認めて、尊重し合うことができれば、良い関係を築くことができます。 直感型は、現実型の観察力や実行力を評価して、現実的な問題や作業を任せます。 現実型は、直感型の想像力や創造力を評価して、新しいアイデアやインスピレーションを求めます。 直感型と現実型は、お互いの長所を補い合うことができれば、素晴らしいチームを作ることができます。

MBTIのNとSの違いとは?直感型と現実型の特徴と相性について徹底解説!まとめ

MBTIの直感型と現実型は、情報の受け取り方の違いを表します。

直感型は、抽象的で概念的な情報を好みます。 現実型は、具体的で実際的な情報を好みます。

直感型と現実型は、相性が良いとは言えませんが、お互いの違いを認めて、尊重し合うことができれば、良い関係を築くことができます。

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー取得。現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)