その他

MBTIの現実型とは?感覚型(S型)の特徴とメリット・デメリットについて徹底解説!

MBTIとは、人の性格を16種類に分類する性格診断テストです。

MBTIの診断項目には、感覚型(S型)と直観型(N型)というものがあります。

感覚型(S型)は、現実主義で、事実をそのまま受け取る性格です。

直観型(N型)は、理想主義で、未来や概念を重視する性格です。この記事では、MBTIの現実型と呼ばれる感覚型(S型)の特徴とメリット・デメリットについて紹介していきます。

MBTIの現実型とは?感覚型(S型)の特徴

感覚型(S型)の人は、以下のような特徴を持っています。

  • 五感を通して物事を観察し、具体的な事実や詳細にこだわる
  • 現在や過去の経験に基づいて判断し、実際的で現実的なアプローチを取る
  • 既存のやり方に従い、計画的で継続的に物事を進める
  • 規則や習慣を重んじ、安定や安心を求める
  • 実践的で堅実なスキルや知識を身につける
  • 五感で感じることを楽しみ、具体的な成果や報酬を得ることに満足する

感覚型(S型)の人は、自分の周りの世界を認識したり観察したりデータを集めたりするとき、かなり具体的な事実にこだわります。実際的・現実的で、五感で感じることを楽しむ方で、ある状況を実地に経験するほうに関心があります。自分の前で物事が厳密かつ継続的にに展開するのを好み、もっぱら五感に頼って情報を集めたりします。感覚型(S型)は事実と詳細にこだわり、どういう意味なのかをあまり考えないことが多いです。

MBTIの現実型とは?感覚型(S型)のメリット

感覚型(S型)の人は、以下のようなメリットを持っています。

  • 現実に即した判断や行動ができる
  • 豊富な経験や記憶を活用できる
  • 物事の細部に気づき、正確さや正しさを重視できる
  • ルーティンや手順に従って物事をこなせる
  • 実用的なスキルや知識を習得しやすい
  • 具体的な成果や報酬に対してモチベーションが高まる

感覚型(S型)の人は、現実に即した判断や行動ができるので、問題解決や目標達成に向いています。豊富な経験や記憶を活用できるので、過去の成功事例や失敗事例から学ぶことができます。物事の細部に気づき、正確さや正しさを重視できるので、ミスやトラブルを防ぐことができます。ルーティンや手順に従って物事をこなせるので、計画的で継続的に作業を進めることができます。実用的なスキルや知識を習得しやすいので、自分の能力や価値を高めることができます。具体的な成果や報酬に対してモチベーションが高まるので、やりがいや達成感を感じることができます。

MBTIの現実型とは?感覚型(S型)のデメリット

感覚型(S型)の人は、以下のようなデメリットを持っています。

  • 新しいことや変化に対して抵抗感や不安感を抱きやすい
  • 抽象的な概念や理論に対して興味や理解が薄い
  • 可能性や創造性に対して閉鎖的や否定的になりやすい
  • 現状に満足しやすく、自分の成長や変化に無関心になりやすい
  • 他者の感情や価値観に対して鈍感や無関心になりやすい
  • 自分の意見や感情を表現しにくく、コミュニケーションに困難を感じやすい

感覚型(S型)の人は、新しいことや変化に対して抵抗感や不安感を抱きやすいので、柔軟性や適応力に欠けることがあります。抽象的な概念や理論に対して興味や理解が薄いので、深い思考や洞察に乏しいことがあります。可能性や創造性に対して閉鎖的や否定的になりやすいので、革新的なアイデアや発想に気づきにくいことがあります。現状に満足しやすく、自分の成長や変化に無関心になりやすいので、自己啓発や挑戦に消極的になることがあります。他者の感情や価値観に対して鈍感や無関心になりやすいので、人間関係やコミュニケーションに問題を抱えることがあります。自分の意見や感情を表現しにくく、コミュニケーションに困難を感じやすいので、自己主張や自己表現に苦手意識を持つことがあります。

MBTIの現実型とは?感覚型(S型)の特徴とメリット・デメリットについて徹底解説!まとめ

以上が、MBTIの現実型とは?感覚型(S型)の特徴とメリット・デメリットという記事でした。

MBTIは、人の性格を16種類に分類する性格診断テストです。

MBTIの診断項目には、感覚型(S型)と直観型(N型)というものがあります。

感覚型(S型)は、現実主義で、事実をそのまま受け取る性格です。

直観型(N型)は、理想主義で、未来や概念を重視する性格です。

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー取得。現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)