INFJ(提唱者)

INFJの男が少ないというのは本当か?提唱者タイプについて徹底解説!!

世界の多様な性格タイプの中で、INFJタイプは特にユニークな存在です。

その理由の一つは、その希少性にあります。

特に男性においては、INFJタイプは非常に珍しいとされていますが、それは本当なのでしょうか?

この記事では、INFJタイプの男性がなぜ少ないのか、その希少性を活かせる職業、そしてINFJ男性の特徴について詳しく解説します。

INFJの男が少ない

INFJタイプの男性が世の中で本当に少ないのか?

MBTIにおけるINFJタイプは、全体の人口に対して約1〜3%と言われており、その中でも男性はさらに少ないとされています。

この数字は、他の性格タイプと比較しても明らかに少数派であることを示しています。

INFJタイプが少ない理由は、その性格特性が社会的な期待や役割と異なることが影響していると考えられます。

例えば、INFJタイプは内省的で感受性が強く、直感的な思考を重視するため、より外向的で競争を好む社会では目立たないことがあります。

INFJタイプ男性の希少性を活かせる仕事

INFJタイプの男性に向いている職業は以下の通りです。

カウンセラーや心理療法士

INFJタイプは深い洞察力と共感力を持っているため、人の心に寄り添い、その問題を理解し解決へ導くことができます。

クリエイティブライター

独自の視点と豊かな内面世界を持つINFJタイプは、創造的な文章や物語を生み出す才能があります。

非営利団体でのリーダーシップポジション

理想を追求し、人々を助けることに情熱を持つINFJタイプは、非営利団体でのリーダーとして大きな影響力を発揮できます。

INFJタイプの男性の希少性を活かせる特徴

INFJタイプは世の中において希少な存在ですが、それを活かせる特徴も持ち合わせています。

内省的で思慮深い

自己分析や内面の探求を重視し、自分自身や周囲の世界について深く考える傾向があります。

共感力が高い

他人の感情を察知し、共感する能力が非常に高く、人々の苦しみや喜びを自分のことのように感じ取ることができます。

直感的

抽象的な概念や未来の可能性を見通す力があり、直感に従って行動することが多いです。

価値観が強い

個人の価値観や信念に基づいて行動し、それらを妥協することなく守ります。

創造的

新しいアイデアや解決策を生み出すことに長けており、独自の視点から物事を捉えることができます。

INFJの男が少ないに関する実体験エピソード【学校編】

私が学校でINFJタイプの男性としての経験は、まさに希少性の体現でした。

学生時代、私はしばしば周囲と異なる感覚を持っていることに気づきました。クラスメートが集団で活動する中、私は一人で深い思索にふけることを好みました。例えば、休憩時間に他の生徒がサッカーをしている間、私は図書室で文学作品に没頭していることが多かったです。

ある日、心理学の授業でMBTIについて学び、自分がINFJであることを知りました。その瞬間、自分の内向的な性格や直感、強い価値観が、この希少な性格タイプの特徴であることが理解できました。それ以来、私は自分の性格をより受け入れ、自分の強みを活かす方法を探求するようになりました。

学校でのプロジェクトやグループワークでは、私の共感力と洞察力が光りました。他の生徒が見落としがちなチームメンバーの感情やニーズに気づき、それに応じて行動することで、チームの調和と効率を高めることができました。しかし、その一方で、競争が激しい環境や表面的な交流では、私の性格はしばしば理解されにくいものでした。

INFJの男性が少ないという事実は、学校生活の中で私にとって二重の意味を持ちました。一つは、自分が他の人とは異なるユニークな存在であるという自負です。もう一つは、時に孤独を感じることもあるという現実です。しかし、この希少性が私にとっては、自分自身を深く理解し、自分の道を切り開く強い動機となりました。ですから、INFJの男性としての私の学校での経験は、自己発見と成長の旅でした。

INFJの男が少ないに関する実体験エピソード【職場編】

職場での私の実体験エピソードとして、INFJの男性が少ないという現象についてお話しします。

私はINFJの男性で、以前勤めていた会社では、その稀少性が特に顕著でした。INFJは全人口の約1〜3%を占めると言われており、特に男性ではその割合がさらに低いとされています。

私の職場では、多くの同僚が実務的で目標指向の性格を持っていました。一方で、INFJの私は、ビジョンを持ち、人々の成長を重視する傾向があります。このため、チームの中で私はしばしば異質な存在と感じられました。

例えば、プロジェクトの目標設定の際、私はより長期的な視点と人間関係の調和を重視する提案をしましたが、それは即座の成果を求める同僚たちには受け入れられにくいものでした。しかし、私の提案がチームの士気や協力関係に良い影響を与えることもあり、徐々に私のアプローチが評価されるようになりました。

この経験から、INFJの男性が少ない職場では、その独特な視点が新たな価値を生み出す可能性があると感じました。また、異なる性格タイプの人々と協力することで、お互いの強みを活かし、より豊かな職場環境を築くことができると学びました。私のようなINFJの男性は、少数派であるかもしれませんが、その希少性がむしろチームにとって貴重な資源となることもあるのです。

INFJの男が少ないに関するSNS投稿

  • infj思ってる以上に少ない
  • INFJって少ないんだ……私が探しているのに…彼氏ができないのはそういうことなんですか……(?)
  • INFJなんだけど少ない友達みんな相性が良いMBTIで本当にみんな好き

INFJの男が少ないというのは本当か?提唱者タイプについて徹底解説!!まとめ

INFJタイプの男性は、その希少性と独特の性格特性により、多くの場面でその才能を発揮することができます。

彼らは、深い共感力と直感、強い価値観を持ち合わせており、これらを活かした職業に就くことで、自分自身だけでなく、社会にも大きな貢献をすることが可能です。

INFJタイプの男性が少ないという事実は、彼らが持つユニークな視点や能力をより価値あるものにしています。ですから、INFJタイプの男性は、自分の希少性を理解し、それを力に変えていくことが大切です。

ABOUT ME
この記事の監修者
MBTIラボ編集部。2015年から心理学を学習。心理カウンセラー資格取得。 現在はMBTIについて専門とする「MBTIラボ」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者) X(旧Twitter):@jp_16labo

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA